Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/12/10
Update

『夏、至るころ』あらすじ感想とレビュー評価。池田エライザ初映画監督作品はキャストの演技力が光る青春ムービー!

  • Writer :
  • 山田あゆみ

映画『夏、至るころ』は2020年12月4日より公開。

2020年12月4日(金)より、渋谷ホワイト シネクイント、ユナイテッド・シネマキャナルシティ13ほかにて全国順次ロードショーしている映画『夏、至るころ』。

映画『夏、至るころ』は、映画『貞子』や『ルームロンダリング』の主演女優として知られる池田エライザの初監督作品です。

映画初主演の若手俳優である倉悠貴と、新人俳優の石内呂依が高校3年の夏休みに将来にまよう青年をみずみずしく演じ切りました。

また、祖父母役にリリー・フランキーや原日出子、教師役に高良健吾が脇を固めているのも注目です。

スポンサーリンク

映画『夏、至るころ』の作品情報

(C)2020「夏、至るころ」製作委員会

【公開】
2020年(日本映画)

【監督・原案】
池田エライザ

【キャスト】
倉悠貴、石内呂依、さいとうなり、安部賢一、杉野希紀、リリー・フランキー、原日出子、高良健吾、大塚まさじ、後藤成貴

【作品概要】
「地域」「食」「高校生」をテーマにした青春映画制作プロジェクト「ぼくらのレシピ図鑑」シリーズ企画の一作品です。

監督を務めた池田エライザは、舞台となる福岡県田川市におとずれ地元の人々との座談会を通して本作の原案を構想しました。

田川市の町おこしの役目もあるので、地元の食事も堪能したそうで、本作の食卓のシーンにはその美味しそうな料理が登場します。

小学生のころから小説を書き、エッセイや短編小説を書きためてきたという池田にとって憧れだった監督デビューが念願叶った作品です。

主人公の翔役を務めたのは倉悠貴。ドラマ『トレース/科捜研の男』(2019)でデビューのち、メ~テレ『his ~恋するはずなんてなかった~』(2019)に出演しています。2021年公開予定の今泉力也監督の映画『街の上で』や、土井笑生監督の『衝動』では主演を務める新鋭俳優のひとりです。

親友の泰我役の石井呂依はオーディションで役を勝ち取った新人俳優です。ドラマ『左手一本のシュート』(2000)、『MIU404』
(2000)に出演しています。


映画『夏、至るころ』のあらすじ

(C)2020「夏、至るころ」製作委員会

舞台は福岡県の田川市。父母と祖父母、そして幼い弟と暮らす翔(倉悠貴)は、毎年地元の祭りで和太鼓を演奏していました。

高校3年の夏、和太鼓を一緒に続けてきた親友の泰我(石内呂依)が、受験に専念するために太鼓を辞めると言いだします。

いつもなにをするにも泰我と一緒だった翔は、どうしたらいいか分からなくなってしまいました。クラスでも自分のなりたいものについての話が持ち上がりますが、自分の進路ややりたいことについて見つからない翔。

そんなとき、祖父のおつかいで訪れたペットショップで不思議な女性、都(さいとうなり)に出会います。彼女は歌手の夢をあきらめて東京から帰ってきていました。

歌うことをやめようとする都と、公務員になるために受験に専念するという泰我と「自分のしあわせ」について話をするうちに、翔は少しづつ自分のこれからに向き合いはじめます。

スポンサーリンク

映画『夏、至るころ』の感想と評価

(C)2020「夏、至るころ」製作委員会

将来に悩む青年たちの葛藤

自分のなりたいものや、やりたいことが分からないという悩みほど出口のないものはありません。

目的や夢があれば、そのために努力すべきことが見えてきますが進むべき道が見えないことほど漠然とした不安にさいなまれるものはないからです。

本作は、無限の選択肢や情報があふれている現代を生きる若者の、葛藤や成長を繊細に描いた作品でした。

主人公の翔は掴みどころのない少年で、親友の泰我からもなにを考えているか分からないと言われています。

そんな翔は自分にはない才能をもつ親友を羨ましく思えば思うほど自分が見えなくなっていきます。まわりと比べてもそこに自分の良さは隠れていないのに、それに気づくのはとても難しいことです。

そんな翔が笑顔を見せたのは、教師からあるものを受け取ったシーンでした。ここから彼は自分なりの答えに突き進んでいきます。

きっかけは些細なことでも、自分のやりたいことや幸せは自分のなかにしかないと気づいたのです。

だれの青春時代にも重なるというわけではありませんが、もやもやと自分のあり方について悩んだ経験のあるひとには重なる部分を感じることが出来るはずです。

俳優の演技をロケーションが引き立てる

(C)2020「夏、至るころ」製作委員会

主人公の翔を演じた倉悠貴と親友の泰我を演じた石内呂依のふたりの瑞々しい演技なしでは本作は語れません

うつろな眼差しのなかにふいに見せる笑顔が輝く倉の演技は、翔のこれまで生きてきた人生や家族のあたたかさをも思わせるものでした。

実直で誠実な泰我を演じる石内呂依は、流れる汗まで爽やかで彼が主人公かと思う瞬間があるほど魅力的な存在感を放っていました。

このふたりの太鼓の共演はまさに青春の輝きそのもので、ほとばしる汗、力強い掛け声、太鼓にエネルギーを打ち込むそのシーンは必見です。

ふたりに影響をあたえる謎の女性、都の異質なキャラクターは映画の中に印象的な波紋を起こしたといえるでしょう。

彼女の周りだけ空気が違うような、さいとうなりの演技はつい目がいっていしまう不思議な魅力があります。

そして、舞台となった福岡の田川市の豊かな緑や昔ながらの商店街の雰囲気などが郷愁を漂わせ、俳優陣の演技を引き立てています。

学校のプールという青春時代の憧れのシチュエーションを赤色のワンピースとのコントラストで見せたシーンは美しく、印象深いです。

まとめ

(C)2020「夏、至るころ」製作委員会

リリー・フランキーと原日出子の祖父母夫婦は本作の安心感を底上げしていますが、教師役でほんの数分だけの高良健吾の登場シーンも本作のスパイスとなっています。

教師らしく諭すわけではなく、友達のような接し方で寄り添う姿がさりげなくも魅力的でした。

本作は、だれの青春時代にも重なるというわけではありませんが、もやもやと自分のあり方について悩んだ経験のあるひとには重なる部分を感じることが出来るはずです。

映画『夏、至るころ』は2020年12月4日より渋谷ホワイト シネクイント、ユナイテッド・シネマキャナルシティ13ほかにて公開2021年1月29日(金)よりシネ・リーブル梅田、2月下旬よりアップリンク京都にて全国順次公開されます。





関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ムーンライトシャドウ』ネタバレ感想と結末あらすじ内容の評価考察。小松菜奈が吉本ばなな原作の幻想的なラブストーリーを熱演

世界30カ国以上で翻訳されている吉本ばななの初期短編作品が33年の時を経て遂に映画化。 吉本ばななによる同名短編小説を、映画化したラブストーリー『ムーンライト・シャドウ』。 ヒロインを演じるのは小松菜 …

ヒューマンドラマ映画

映画『GAGARINE/ガガーリン』感想評価と解説レビュー。宇宙飛行士の名のついた公営団地取り壊しを阻止したい少年の奮闘劇

映画『GAGARINE/ガガーリン』は2022年2月25日(金)より全国ロードショー! 『GAGARINE/ガガーリン』は、公営住宅地を舞台に、一人の少年が友人らと自分の住む団地に持ち上がった解体計画 …

ヒューマンドラマ映画

映画『フロントランナー』あらすじネタバレと感想。実在の大統領選候補者をヒュー・ジャックマンの演技力で堪能する

1988年のアメリカ大統領選挙の民主党予備選の中で実際に起きたスキャンダルを映画化した『フロントランナー』。 ジョン・F・ケネディの再来と呼ばれ当時の世論のトップを走り、まさに最有力候補(=フロントラ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ペインアンドグローリー』あらすじネタバレと感想。名俳優バンデラスの演技力が8回目のペドロアルモドバル作品でも異彩を放つ

名俳優アントニオ・バンデラスは、映画『ペイン・アンド・グローリー(原題:Dolor y gloria)』で、カンヌ国際映画祭「男優賞」受賞! 映画『ペイン・アンド・グローリー』は、『オール・アバウト・ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ブルー・バイユー』ネタバレあらすじ感想と評価解説。“移民法により引き裂かれる”家族と男の不器用さ

養子としてアメリカにやってきた韓国生まれの青年が移民法により家族と引き離されてしまう悲劇を描いたドラマ 養子として3歳の時に韓国からアメリカにやってきたアントニオ(ジャスティン・チョン)。 キャシー( …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学