Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2023/04/30
Update

【短編映画無料配信】大学生のアルバイト|あらすじ感想評価レビュー。房総半島300キロを歩く女子大生の”心の旅”《松田彰監督WEB映画12選 2023年5月》

  • Writer :
  • 谷川裕美子

「月イチ」短編WEB映画・第5弾『大学生のアルバイト』!

『つどうものたち』(2019)、『異し日にて』(2014)、『お散歩』(2006)などの作品で数々の国内外の映画賞を受賞してきた松田彰監督

そんな松田監督が“月に1度のペースで映画を完成・公開する”に挑戦した短編WEB映画・連作企画「月イチ」は、「ハンバーガーをひとつ食べ終われる程度の尺で、生活の隙間でクスリと笑ってもらえる作品を届けたい」という監督の思いから生まれました。

そのシリーズ第5弾となる『大学生のアルバイト』は、主人公の女子大生が房総半島を徒歩で動画撮影する旅を前後編で描いたロードムービーです。

主人公にアルバイトを依頼した、数年ぶりに会った叔母との関係性の変化も見どころな、2023年4月28日(金)より前編が、5月26日(金)より後編が無料配信される短編映画『大学生のアルバイト』の魅力についてご紹介します。

【連載コラム】「松田彰監督WEB映画12選」記事一覧はこちら

松田彰監督のコメント

いろんな理由から、 出来たはずなのにやらなかった事のいろいろを思ったとき、 何とも言えないやりきれなさに襲われました。 出来たはずのいろいろは自分の頭の中だけで朽ちていくだけなのか ─。 そんな感情に襲われたとき、 人はその感情とどのように向き合うべきなのでしょうか。いま思うことは、 今回の企画である 「月イチ」 とは、 まさに、 そのような自分への私なりの回答であったのではないかということ。決めたことは、 月に1度のペースで映画を完成させて公開すること。 そのために、 すこしだけ無理をすること。ただ、 それだけのことですが、 続けることの難しさは早々に分かるものです。ですが、 そのような状況であるからこそ、 視聴者様からの反響が得られれば、 喜びもひとしおで、 やりきることの原動力をいただけるのではないかと期待もしています。シリーズ全9本を予定し、 尺はハンバーガーをひとつ⾷べ終われる程度に押さえることで、 人を待つ間や通勤中の電⾞内など、 生活の隙間でクスリと笑っていただける作品を作ってお届けしたい。
どなた様でも無料でご視聴いただけますので、 お気軽にお楽しみいただければ幸いです。 また、 作品を気に入っていただけた方には、 口コミやSNS等で周囲に広めていただけると有り難いです。

映画『大学生のアルバイト』の作品情報

Web映画は無料にて配信中!

『大学生のアルバイト』前編

『大学生のアルバイト』後編

【日本公開】
2023年(日本映画)

【監督・脚本】
松田彰

【キャスト】
永野絵梨奈、椎名茉莉、上地さゆり

【作品概要】
数々の国内外の映画賞を受賞してきた松田彰監督による、月に一本製作する「月イチ」企画の短編WEB映画第5弾。

数年ぶりに会った叔母からアルバイトを頼まれた18歳の女子大生・杏奈が、房総半島をひとりテクテクと歩きながら動画を撮るロードムービーを、前後編にて描いた本作。美しい景色の中をひたすら進む杏奈の姿を見ているうちに、不思議な解放感を感じ始める一作となっています。

主人公の女子大生・杏奈を永野絵梨奈、バイトを依頼した杏奈の叔母・美優紀を椎名茉莉、会社スタッフを上地さゆりが演じます。

映画『大学生のアルバイト』のあらすじ

18歳の女子大生・杏奈は、3歳の時以来会っていなかった叔母の美優紀から“とあるアルバイト”を頼まれます。

それは、「房総半島を銚子から千葉までの300キロを約1か月かけて歩き、動画を配信する」というものでした。叔母は動画配信のコンテンツを作っていたのです。

50万円という大金を渡され、思わず仕事を受ける杏奈でしたが……。

映画『大学生のアルバイト』の感想と評価

房総をひとり歩むティーンエイジャーの心の軌跡

女子大生がテクテクと房総半島をひたすら歩き続けるロードムービー『大学生のアルバイト』。全編美しい千葉の風景が広がります

主人公の杏奈は、動画配信サイトを運営する、幼い時以来会っていない叔母の美優紀から、アルバイトとして房総の動画撮影を頼まれました。まじめな彼女は経費込みで渡された50万円という大金を手に、少しでも経費を浮かしバイト代を多く残そうと工夫しながら旅を続けます。

松田監督が「人と関わりもなく、出会いも別れもないドラマがあってもいいんじゃないでしょうか」と語っている通り、本作はドラマチックな出来事は起こらないまま、淡々と物語が進んでゆきます

杏奈も、派手さのないごく普通の女の子です。チャキチャキした性格の叔母・美優紀からは、撮影動画について「もっと何か動きを入れてくれるように」と作中言われてしまいますが、彼女のスタイルは変わりません。

誰と交わるわけでもなく、テクテクとひたすら歩く旅は、見るほどに魅力を感じさせるものとなっていきます。動画を撮ることで、ひとりきりなのに世の中とつながっている、とても不思議な旅。「こんな旅をしてみたい」といつの間にか思わされていることに気づくかもしれません。

ゆっくりと世界を見ている中で訪れる静かな感動。過酷な旅を続けるうちに、どんどん明るくオープンになっていく杏奈の表情の変化が大きな見どころとなっています

旅を通して理解し合えるようになっていく、叔母と姪の関係性にも注目です。

まとめ

美しい千葉の風景の中を、ひとり動画を撮りながら歩み続ける少女を追ったロードムービー『大学生のアルバイト』。身近な土地にこれまで知らなかった魅力が詰まっていることに気づかされる作品です。

主人公の杏奈もまさにそのことを実感しながら、歩みを進めていきます。はじめはお金を稼ぐために始めた仕事でしたが、次第に歩くことそのものに魅了されていくさまが心地よく感じ始めます。

幼い頃に会ったきりの姪にこの仕事を依頼した叔母・美優紀の深い思いにも心打たれる一作です

毎月違った味わいで楽しませてくれる松田彰監督の「月イチ」企画。どうぞ次回作にもご期待ください。

短編WEB映画『大学生のアルバイト』は2023年4月28日(金)より前編が、5月26日(金)より後編が無料配信!

Web映画は無料にて配信中!

『大学生のアルバイト』前編

『大学生のアルバイト』後編

【連載コラム】「松田彰監督WEB映画12選」記事一覧はこちら

松田彰監督の短編映画WEB配信中




関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『コンカッション』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

近年増えてきている実話を基にした映画。 ある一人の人物にフォーカスすることによって、観客もその人物の心境に近付けると思います。 ウィル・スミス主演の『コンカッション』も、実在したナイジェリア医師の苦悩 …

ヒューマンドラマ映画

映画『カポネ』あらすじと感想解説。人生の結末を史上最悪のギャングはいかに迎えたか【トム・ ハーディ主演作品】

今明かされる“暗黒街の顔役”アル・カポネの最晩年 1920年代の禁酒法下のアメリカでその悪名を轟かせた実在のギャング王、アル・カポネ。 彼の知られざる最晩年を描いた映画『カポネ』が、2021年2月26 …

ヒューマンドラマ映画

『決戦は日曜日』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。窪田正孝と宮沢りえが選挙の裏側を演じる

窪田正孝が秘書役に初挑戦!秘書の目線から見た選挙の裏側をブラックユーモアたっぷりに描き上げる! 窪田正孝と宮沢りえが初共演した映画『決戦は日曜日』。 事なかれ主義の議員秘書と、急遽白羽の矢があたり候補 …

ヒューマンドラマ映画

『椿三十郎(1962)』ネタバレあらすじ感想と評価解説。黒澤明監督が魅せるラスト血しぶきの決闘は“必見活劇”

名作『用心棒』の続編的作品で再び世界のミフネが登場 名匠・黒澤明監督による名作『用心棒』の続編ともいえる作品。前作に続き世界的人気を誇る三船敏郎が主演を務めます。 より人間味が増した三十郎が、上役の不 …

ヒューマンドラマ映画

『ミークス・カットオフ』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。西部開拓時に実在したスティーブン・ミークと“真のリーダーという問い”

西部開拓時代の移民が過酷な旅から抱く疑心を描いた作品 今回ご紹介する映画は、“現代アメリカ映画の最重要作家”と評されている、ケリー・ライカート監督の『ミークス・カットオフ』です。 ケリー・ライカート監 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学