Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

【短編映画無料配信】幸せのカタチ|あらすじ感想評価レビュー。平凡な中年男性が派手なコスプレ女性から教えられた“幸せ”とは《松田彰監督WEB映画12選 2023年1月》

  • Writer :
  • 谷川裕美子

「月イチ」企画の短編WEB映画第1弾『幸せのカタチ』が無料配信中

『つどうものたち』(2019)、『異し日にて』(2014)、『お散歩』(2006)などの作品で数々の国内外の映画賞を受賞してきた松田彰による「月イチ」企画の短編WEB映画第1弾『幸せのカタチ』が無料配信中です。

「月に1度のペースで映画を完成させて公開する」という大きなチャレンジに挑む意欲作です。ハンバーガーをひとつ食べ終われる程度の尺で、生活の隙間でクスリと笑ってもらえる作品を届けたいという松田監督の思いから生み出されました。

記念すべき第1作目である本作は、平凡な中年男性がコスプレ姿の若い女性と街なかで出会い、突飛な彼女の言動によって思いがけない時間を過ごすさまがユーモラスに描かれます。

ふんわりとした幸せな気持ちをもらえる本作の魅力についてご紹介します。

【連載コラム】「松田彰監督WEB映画12選」記事一覧はこちら

松田彰監督のコメント

いろんな理由から、 出来たはずなのにやらなかった事のいろいろを思ったとき、 何とも言えないやりきれなさに襲われました。 出来たはずのいろいろは自分の頭の中だけで朽ちていくだけなのか ─。 そんな感情に襲われたとき、 人はその感情とどのように向き合うべきなのでしょうか。
いま思うことは、 今回の企画である 「月イチ」 とは、 まさに、 そのような自分への私なりの回答であったのではないかということ。

決めたことは、 月に1度のペースで映画を完成させて公開すること。 そのために、 すこしだけ無理をすること。
ただ、 それだけのことですが、 続けることの難しさは早々に分かるものです。
ですが、 そのような状況であるからこそ、 視聴者様からの反響が得られれば、 喜びもひとしおで、 やりきることの原動力をいただけるのではないかと期待もしています。

シリーズ全9本を予定し、 尺はハンバーガーをひとつ⾷べ終われる程度に押さえることで、 人を待つ間や通勤中の電⾞内など、 生活の隙間でクスリと笑っていただける作品を作ってお届けしたい。

どなた様でも無料でご視聴いただけますので、 お気軽にお楽しみいただければ幸いです。 また、 作品を気に入っていただけた方には、 口コミやSNS等で周囲に広めていただけると有り難いです。

映画『幸せのカタチ』の作品情報

下記のWeb映画は無料にて配信中!

【公開】
2023年(日本映画)

【監督・脚本】
松田彰

【出演】
奥原さやか、木下雅之、倉田悠貴

【作品概要】
松田彰監督による、「やれなかったことの『少し』を全部やる」というコンセプトで始められた短編企画第1弾。

街を歩いていた中年男性が、偶然の出会ったコスプレ女性から小さな幸せをもらう姿が、温かなタッチで描かれます。

出演は奥原さやか、木下雅之、倉田悠貴。

映画『幸せのカタチ』のあらすじ

買い物帰りの中年男・紘汰は、道端で大声で電話している紫色の髪をしたコスプレ姿の女性の側を通り過ぎます。

彼女は電話の相手に向かって、お金を返してくれるようにと怒っていました。

その後、彼女は紘汰を追って来て声をかけ、頭を下げてある頼み事をしますが…。

映画『幸せのカタチ』の感想と評価

不思議な出会いが導く非日常の時間

ほんのちょっとした生活の隙間に訪れた不思議な出会いを、コミカルにハートフルに描いた作品です。8分間に満たない短い時間のなかで、この先どうなるのか、いったいなにが起こるのかとドキドキワクワクさせてくれます。

主人公はごく平凡な中年男性の紘汰。買い物帰りの彼は、髪を紫色に染めた派手なコスプレ姿の若い女性と出会います。

この子はまるでビックリ箱のような女の子でした。彼女との出会いによって、紘汰はエアポケットに落ちたかのように感じられたことでしょう。

彼女がなにを言いだすのか、どんな行動をするのかまったく見当がつかず、紘汰はただただ圧倒されます。その一方で、女性の言動にいつの間にか興味津々になっていくのです。

物語は、自宅に帰った紘汰と妻との会話を挟みながら展開するので、その顛末がなかなか明かされません。観ている私たちもその先が知りたいという思いから、作品にぐいぐい引き込まれていきます。

終始漂うユーモラスな空気が心地よく、主人公夫婦と一緒に気持ちがどんどん明るくなっていくのを感じることでしょう。

楽しもうという気持ちを持つだけで、幸せっていくらでも湧き出てくるものなのかもしれないと感じさせてくれる作品です。

エンディングでかかる黒木千波留のピアノのメロディが、不思議の国の住人のような女性との出会いの余韻を楽しませてくれます。

まとめ

「生活の隙間でクスリと笑ってもらえる作品」を目指した松田監督が紡いだ、「生活の隙間で出会うかもしれない小さな幸せ」の物語『幸せのカタチ』

奇抜な姿の女の子は、もし道で出会ったら思わず少しよけて歩きたくなるようなタイプです。そんな子から思いがけず話しかけられ、突飛なお願いをされてしまった主人公は、初めは困ってしまったものの次第に彼女の魅力に気付き始めます。

彼女と過ごしている時間は、まるでいつも暮らしている街から一瞬迷宮に迷い込んだかのように感じられたに違いありません。

観終えた後は、主人公と一緒に思わず幸せ探しをしたくなる素敵な作品です。

「月イチ」企画の短編WEB映画第1弾『幸せのカタチ』は無料配信中です。

【連載コラム】「松田彰監督WEB映画12選」記事一覧はこちら

松田彰監督の短編映画WEB配信中

関連記事

連載コラム

アニメ『神在月のこども』あらすじ感想と考察解説。うさぎと鬼に導かれ“宗教的な神々の世界”で生き抜く力を得る|映画道シカミミ見聞録60

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第60回 こんにちは、森田です。 今回は、2021年10月8日(金)より全国公開されるアニメーション映画『神在月のこども』を紹介いたします。 日本の八百万の神をめぐる …

連載コラム

映画『悪なき殺人』あらすじと感想レビュー。東京国際映画祭2019の会場でフランス俳優が語った愛の形とは【ティーチイン収録】|TIFF2019リポート5

第32回東京国際映画祭・コンペティション上映作品『悪なき殺人』 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭がついに2019年10月28日(月)に開会され、11月5日(火)までの …

連載コラム

映画『シェイクスピアの庭』ケネス・ブラナー監督インタビュー【シェイクスピアは真に主観的だ】FILMINK-vol.12

オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche」が連携して海外の映画情報をお届けいたします。 映画『All is True』 「FILMINK」から連載12 …

連載コラム

映画『トータルリコール(1990)』ネタバレあらすじと感想。続編もあるポールバーホーベンの謎を残した演出|すべての映画はアクションから始まる18

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第18回 日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はア …

連載コラム

村上由規乃映画『オーファンス・ブルース』感想と評価。工藤梨穂監督の描いた希望を与える光|銀幕の月光遊戯 32

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第32回 終わらない夏、汗ばむ肌、記憶が抜け落ちていく中、彼女は幼馴染を探す旅へ出かける。 「ぴあフィルムフェスティバル2018」にてグランプリを受賞した『オーファンズ・ブ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学