Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/12/01
Update

映画『メアリーの総て』あらすじとキャスト。エル・ファニング紹介や上映館情報も

  • Writer :
  • 富士野

映画『メアリーの総て』は、12月15日(土)より、シネスイッチ銀座、シネマカリテほか、全国順次ロードショー!

200年もの間愛され続けてきたゴシック小説『フランケンシュタイン』。

その作者メアリー・シェリーの激動の半生を、エル・ファニング主演で映画化。

長編デビュー作『少女は自転車にのって』が第86回アカデミー外国語映画賞にノミネートされたハイファ・アル=マンスールが監督を務めます。

スポンサーリンク

映画『メアリーの総て』の作品情報


(C)Parallel Films (Storm) Limited / Juliette Films SA / Parallel (Storm) Limited / The British Film Institute

【公開】
2017年(イギリス・ルクセンブルク・アメリカ合作)

【原題】
Mary Shelley

【監督】
ハイファ・アル=マンスール

【音楽】
アメリア・ワーナー

【キャスト】
エル・ファニング、ダグラス・ブース、スティーブン・ディレイン、ジョアンヌ・フロガット、ベン・ハーディ、メイジー・ウィリアムズ、ベル・パウリー、トム・スターリッジ

【作品概要】
ゴシック小説の金字塔、『フランケンシュタイン』を生み出したのは、なんと当時18歳の少女でした。

これまであまり語られてこなかった彼女、メアリー・シェリーの波乱に満ちた人生を、『ネオン・デーモン』などで注目を浴びるエル・ファニング主演で映画化。

監督は、サウジアラビアで初めての女性映画監督となったハイファ・アル=マンスールが務めます。

ハイファ・アル=マンスール監督のプロフィール

参考映像:『Nappily Ever After』(2018)

ハイファ・アル=マンスールは、1974年生まれのサウジアラビア出身の映画監督

1997年にカイロ・アメリカン大学を卒業。母国サウジアラビアに帰国後、8年間に3本の短編映画を制作しました。

宗教的な理由などで女性の権利や自由が制限されているイスラム国家サウジアラビアで、初めての女性映画監督となった彼女は、2012年の『少女は自転車にのって』で長編映画監督デビューを果たします。

参考映像:『少女は自転車にのって』(2012)

自転車にどうしても乗りたいと願うおてんば少女を主人公に、理不尽な因習に対する彼女の抵抗の姿を通じて、サウジアラビアの社会が抱える様々な問題を描きます。

特に女性たちの生きづらさを浮き彫りにすると共に、未来への希望を見つめたことで、2013年の英ガーディアン紙が選ぶ映画ベスト10にランクインします。

また、英国アカデミー賞外国語映画賞ノミネート、第86回アカデミー賞®外国語映画賞のサウジアラビア代表に選出されたほか、数多くの映画賞を総なめに。

次回作として、2018年のNetflixドラマ『Nappily Ever After』の公開が期待されています。

スポンサーリンク

映画『メアリーの総て』の主なキャスト

エル・ファニングのプロフィール

View this post on Instagram

👍🏼

Elle Fanningさん(@ellefanning)がシェアした投稿 –

1998年にアメリカ・ジョージア州に生まれたエル・ファニング

あの天才子役ダコタ・ファニングの妹として知られています。

幼少の頃からトッド・ウィリアムズ監督の『ドア・イン・ザ・フロア』(2004)や、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の『バベル』(2006)。

また、デヴィッド・フィンチャー監督の『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』(2008)や、ソフィア・コッポラ監督の『SOMEWHERE』(2010)。

そのほか、J・J・エイブラムス監督の『SUPER8/スーパーエイト』(2011)や、フランシス・フォード・コッポラ監督の『Virginia/ヴァージニア』(2011)などの有名監督の話題作に次々と出演しました。

参考映像:『マレフィセント』(2014)

2014年『眠りの森の美女』の悪役、マレフィセントを主役に据えた『マレフィセント』のオーロラ姫役に抜擢されます。

その後、ニコラス・ウィンディング・レフン監督の『ネオン・デーモン』(2016)や、ベン・アフレック監督の『夜に生きる』(2016)では、その可憐さにダークな面を携えた複雑な役を演じます。

そのほか、マイク・ミルズ監督の『20センチュリー・ウーマン』(2017)では、主人公を翻弄する小悪魔的な役を演じるなど、着実に演技のバリエーションを増やしています。

近年は『The Beguiled / ビガイルド 欲望のめざめ』(2017)や、『パーティで女の子に話しかけるには』(2017)などにも出演しています。

映画『メアリーの総て』のあらすじ


(C)Parallel Films (Storm) Limited / Juliette Films SA / Parallel (Storm) Limited / The British Film Institute

19世紀イギリス。小説家になることを夢見る少女、メアリーは、関係がうまくいかない継母と別れ、父の友人のもとで生活することになります。

ある夜、屋敷で読書会が開かれ、メアリーは“異端の天才詩人”と称されるパーシー・シェリーと出会います。

互いの才能に強く惹かれ合う二人でしたが、パーシーには妻子がいました。

燃え上がる恋はついに禁忌を犯し、二人は駆け落ちします。そしてメアリーは女の子を産みますが、借金の取り立てから逃げる途中で娘はなんと命を落としてしまいます。

絶望の淵に立たされたメアリーでしたが、ある日夫と共に滞在していた詩人バイロン卿の別荘で“皆で一つずつ怪奇談を書いて披露しよう”との誘いに乗ります。

その怪奇談が、彼女の運命を大きく変えることになりますが…。

スポンサーリンク

映画『メアリーの総て』の感想や評価


(C)Parallel Films (Storm) Limited / Juliette Films SA / Parallel (Storm) Limited / The British Film Institute

この作品のキーワードを決めるとしたら、“悲しみはクリエイティブの源”だという事です。

メアリーは、尊敬できる才能を持った男性と駆け落ちまでして子供を産みましたが、その子はすくすくと育つ前に亡くなってしまいます。

そのことが彼女に与えた狂おしいほどの悲しみ、「死」という出来事が、彼女に「フランケンシュタイン」を生み出すきっかけを作ります。

もし、あの子がよみがえったら…。そんな彼女の悲しみが、「もしも」のフィルターを通じて素晴らしいフィクションを生み出していく、その様を映画館で見届けてほしいです。

そして、彼女の悲しみを増幅させているのが、やはり“彼女がとてつもなく若い”ということではないでしょうか。

誰だって、子供がなくなったら絶対悲しい。けれど、それがまだいろいろな経験をしていない10代の少女だったら、その悲しみはもっともっと受け止めきれないはず。

少女が、受け止めきれない悲しみをどう乗り越えていくのか。そこが注目ポイントです。

この「少女」の可憐で未熟な空気感をまとい、かつしっかりと実力のある女優といえば、エル・ファニングで間違いありません。

デビュー当初こそ“ダコタの妹”でしたが、数々の著名な監督の作品で力をつけ、いまやれっきとした実力派若手女優の仲間入りを果たしました。

“この子があのフランケンシュタインを書いたの!?”と感じさせるにはぴったりの、少女らしいあどけなさを残しています。

まとめ


(C)Parallel Films (Storm) Limited / Juliette Films SA / Parallel (Storm) Limited / The British Film Institute

あの恐ろしい怪物“フランケンシュタイン”の物語には、少女の悲劇的な物語が込められていた。

そのもう一つの物語を、ぜひとも劇場で確かめてください。

エル・ファニングの可憐で芯の強い演技や、彼女の演じるメアリーが生きた19世紀イギリスの風景にも注目です。

また、映画を観る前にフランケンシュタインを小説で読んでみると、より作品についての理解を深めることができます。

映画『メアリーの総て』を上映する劇場情報


(C)Parallel Films (Storm) Limited / Juliette Films SA / Parallel (Storm) Limited / The British Film Institute

【北海道地区】
北海道 ディノスシネマズ札幌劇場 12月15日~

【東北地区】
青森 フォーラム八戸 順次公開

岩手 フォーラム盛岡 順次公開

宮城 チネ・ラヴィータ 1月18日~

山形 フォーラム山形 順次公開

福島 フォーラム福島 順次公開

【関東地区】
東京 シネスイッチ銀座 12月15日

東京 新宿シネマカリテ 12月15日

東京 アップリンク吉祥寺 12月15日

神奈川 シネマジャック&ベティ 12月15日

神奈川 川崎チネチッタ 12月15日

千葉 千葉劇場 1月5日

埼玉 MOVIXさいたま 12月15日

茨城 USシネマつくば 12月15日

栃木 小山シネマロブレ 2月16日

栃木 宇都宮ヒカリ座 3月2日

群馬 シネマテークたかさき 2月2日

【中部地区】
新潟 イオンシネマ新潟南 1月25日

新潟 J-MAXシアター上越 2月22日

静岡 シネ・ギャラリー 1月19日

静岡 CINEMAe_RA 1月26日

静岡 シネプラザサントムーン 2月15日

愛知 ミッドランドスクエアシネマ 12月15日

富山 J-MAXシアターとやま 2月15日

【近畿地区】
大阪 シネ・リーブル梅田 12月15日

大阪 なんばパークスシネマ 12月15日

京都 MOVIX京都 12月15日

兵庫 シネ・リーブル神戸 12月15日

奈良 ユナイテッド・シネマ橿原 1月11日

【中国・四国地区】
岡山 シネマ・クレール 1月19日

広島 広島サロンシネマ 1月18日

広島 福山駅前シネマモード 2月15日

愛媛 シネマサンシャイン大街道 1月19日

【九州・沖縄地区】
福岡 KBCシネマ 12月15日

長崎 長崎セントラル劇場 2月8日

熊本 Denkikan 1月26日

大分 シネマ5 2月9日

宮崎 宮崎キネマ館 2月2日

鹿児島 天文館シネマパラダイス 2月15日

沖縄 シネマパレット 1月18日

*上記の情報は2018年12月1日現在のものです。作品の特性からセカンド上映や全国順次公開されることが予想されます。お近くの劇場をお探しの際は必ず公式ホームページを閲覧してください。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ルージュの手紙』あらすじと感想【評価:カトリーヌ共演の考察】

2017年12月9日(土)より、シネスイッチ銀座ほか全国公開される『ルージュの手紙』。 大女優カトリーヌ・ドヌーヴは自身の生き方そのもののように、人生を謳歌する義母役を粋でチャーミングに演じています。 …

ヒューマンドラマ映画

ちょっと今から仕事やめてくる映画あらすじと小説ネタバレ!感想も

第21回電撃小説大賞・メディアワークス文庫賞を受賞、累計60万部を突破した、北川恵海の人気小説「ちょっと今から仕事やめてくる」を映画化した作品がいよいよ公開。 主演に福士蒼汰が抜擢され、共演には工藤阿 …

ヒューマンドラマ映画

アキ・カウリスマキ監督『希望のかなた』フィルム上映される劇場はどこ?

アキ・カウリスマキ監督の『希望のかなた』は、2017年のベルリン国際映画祭で観客や評論家から圧倒的支持を受け、銀熊賞(監督賞)の栄誉に輝きました。 カウリスマキ監督は、前作『ル・アーヴルの靴みがき』に …

ヒューマンドラマ映画

映画『アウトレイジ最終章』キャストとあらすじ!公開はいつから?

現在公開中の『ゴースト・イン・ザ・シェル』で公安9課の荒巻役を演じた北野武(ビート)。 「狐殺すのに兎をよこすな!」と強面を見せようとした荒巻だが、それよりよっぽど怖い北野武が見られるのが、「アウトレ …

ヒューマンドラマ映画

映画ボストン ストロング|あらすじと感想。実話キャストにジェイクの演技力は

実話映画『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』は5月11日(金)より、TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー。 2013年、実際に起きたボストンマラソン爆弾テロ事件。その被害に …

映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
【Cinemarche独占】映画『メモリーズ・オブ・サマー』映画監督アダム・グジンスキへのインタビュー【私のお手本となった巨匠たちと作家主義について】
【真宮葉月インタビュー】映画『最果てリストランテ』の女優デビューへの心がまえと学び続ける好奇心
【Cinemarche独占】映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』公開記念・小林聖太郎監督インタビュー|倍賞千恵子と藤竜也が夫婦を演じた映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の魅力を語る
【Cinemarche独占】映画『岬の兄妹』公開記念・片山慎三監督インタビュー|映画『岬の兄妹』での複雑な人間関係を上質なエンタメに仕上げた映像作家に迫る
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP