Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/04/04
Update

映画『ポルトガル、夏の終わり』あらすじと感想レビュー。キャストの主演女優イザベル・ユペールが監督へのラブコールで実現した秀作

  • Writer :
  • 咲田真菜

映画『ポルトガル、夏の終わり』は2020年8月14日より公開。

映画『ポルトガル、夏の終わり』は、アイラ・サックス監督の2014年の映画『人生は小説よりも奇なり』に感銘を受けたイザベル・ユペールが、監督に直接ラブコールしたことで実現した作品です。

自らの死期を悟った女優が、夏の終わりにこの世のエデンと称されるポルトガルのシントラに親族と親友を呼び寄せたことから、それぞれの人生が動き出します。

映画『ポルトガル、夏の終わり』をあらすじや見どころをご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ポルトガル、夏の終わり』の作品情報


(C)2018 SBS PRODUCTIONS / O SOM E A FÚRIA (C)2018 Photo Guy Ferrandis / SBS Productions Productions

【日本公開】
近日公開(フランス・ポルトガル合作映画)

【原題】
Frankie

【監督】
アイラ・サックス

【キャスト】
イザベル・ユペール、ブレンダン・グリーソン、マリサ・トメイ、ジェレミー・レニエ、パスカル・グレゴリー、ヴィネット・ロビンソン、アリヨン・バカレ、グレッグ・キニア、セニア・ナニュア、カルロト・コッタ

【作品概要】
『ピアニスト』『未来よ こんにちは』『エル ELLE』などで知られるイザベル・ユペールが主演を務め、ポルトガルの世界遺産の街シントラを舞台で描いたヒューマンドラマ。

共演に『ロンドン、人生はじめます』のブレンダン・グリーソン、「スパイダーマン」シリーズのマリサ・トメイ、『2重螺旋の恋人』のジェレミー・レニエ。脚本と演出は、映画ファンの間では隠れた秀作として知られる『人生は小説よりも奇なり』のアイラ・サックス監督。2019年に第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品されました。

映画『ポルトガル、夏の終わり』のあらすじ


(C)2018 SBS PRODUCTIONS / O SOM E A FÚRIA (C)2018 Photo Guy Ferrandis / SBS Productions Productions

ヨーロッパを代表する女優フランキーは、重い病に侵され自身の余命を悟ります。おそらく最後になるであろう夏の休暇を家族や親友と過ごそうと、世界遺産の街ポルトガル・シントラに呼び寄せます。

その裏には自分の亡きあとに愛する者たちが迷うことなく暮らしていけるよう段取りをつけようとする計らいもありました。しかしフランキーの思惑とは別に、それぞれ問題を抱えている家族の想いは一筋縄ではいきません。

フランキーをはじめとして、彼女の家族や友人がそれぞれの人生模様を描いていく、ある夏の1日の物語です。

スポンサーリンク

映画『ポルトガル、夏の終わり』の感想と評価

イザベル・ユペールの憂いのある表情


(C)2018 SBS PRODUCTIONS / O SOM E A FÚRIA (C)2018 Photo Guy Ferrandis / SBS Productions Productions

本作は、アイラ・サックス監督の『人生は小説よりも奇なり』に共感したイザベル・ユペールからのラブコールで実現したといいます。

サックス監督は、ユペールとメールのやり取りや直接会って話をしたのち、彼女を念頭に脚本を執筆しました。作品を通して、ユペールのさまざまな魅力が前面に出ているのは、こうした2人の綿密なやりとりがあったからでしょう。

物語の冒頭で、イザベル・ユペールが演じる大女優フランキーは、トップレスでホテルのプールで泳いでいます。義理の孫に注意を促されても言うことを聞かないフランキーは、自由奔放で私生活では家族を意のままにあやつる女性なのかもしれません

そんな彼女は自身の死期を悟り、どうにもならない苛立ちを家族や元夫にぶつける場面もあります。

物語を通して、フランキーは自身の死期を悟っているとは思えない美しさがあるのですが、その表情はどことなく寂しげです。印象的なのは、森の中を散策している時に出会ったフランキーのファンだという80歳の誕生日パーティーを開いていた老女との場面。

「あなたの大ファン。ぜひ参加して」と誘われたフランキーは、戸惑いながらも応じます。おそらく次の誕生日を迎えられないフランキーにとって、パーティーに参加するだけでも酷なのに、悪気はないとはいえ、老女の語り掛ける言葉にフランキーの表情は徐々にこわばっていきます。

哀しみでもない、怒りでもない、なんともいえないフランキーの複雑で憂いのある表情と、太陽の光が降り注ぐ明るいシントラの街とのミスマッチが、観ている者を切ない気分にさせるのです。

世界遺産の街シントラの美しい風景


(C)2018 SBS PRODUCTIONS / O SOM E A FÚRIA (C)2018 Photo Guy Ferrandis / SBS Productions Productions

物語の舞台となっている世界遺産の街シントラの美しい風景は、本作品の大きな見どころとなっています。フランキーと彼女を取り巻く人たちの人生模様が美しいシントラの街とともに描かれていきます。

フランキー一家が滞在しているホテル「キンタ・デ・サン・ティアゴ」、フランキーの義理の孫が一人で訪れるマサンス海岸、フランキーの息子・ポールと義理の娘・シルヴィアが密会するぺーナ宮殿、そして圧巻のラストシーンの舞台となるペニーニャの聖域など、まるでフランキー一家と一緒に旅をしているような感覚を味わえます。

しかし美しい風景を背景に描かれるのは、シビアな人間模様です。時にはシントラで言い伝えられている伝説をあざ笑うかのような現実も突き付けられ、美しい景色とのギャップが際立ちます。

そんな中で救われるのは、フランキーの義理の孫・マヤが、通称リンゴの浜と呼ばれているマサンス海岸で甘い恋に落ちるところです。演じているセニア・ナニュアのみずみずしい水着姿を見て、若いっていいなあと思わずつぶやいてしまう人もいるのではないでしょうか。

家族や友人が向き合うさまざまな問題


(C)2018 SBS PRODUCTIONS / O SOM E A FÚRIA (C)2018 Photo Guy Ferrandis / SBS Productions Productions

フランキーに呼び出され、シントラに集まった家族たちは、それぞれ問題を抱えています。ジェレミー・レニエが演じるフランキーが前の夫との間に授かった息子・ポールは、2年前に別れた女性に未練たらたらで、心に深い傷を負っているようです。見ているこちらもイライラしてしまうほど、情けない男性です。

ヴィネット・ロビンソンが演じるフランキーの現在の夫の娘・シルヴィアは、夫と不仲で離婚を考えているのですが、その気配を察した娘・マヤの反抗期に手を焼いています。

家族旅行の最中にも関わらず、こそこそと別居するための家を探しをしているシルヴィアも自分のことだけを考えている勝手な女性に映ります。

そしてマリサ・トメイが演じるフランキーが心を許している親友で、ヘアメイクアップアーティストのアイリーンは、恋人のゲイリーとともにシントラへやってきましたが、ゲイリーからの突然のプロポーズに戸惑いをみせます。

集まった全員がフランキーの病状を知って落ち込み、涙を流しながらも、フランキーがこの世からいなくなったあとも続く自分自身の人生をどう生きていくか、模索するのに必死なのです。

まとめ


(C)2018 SBS PRODUCTIONS / O SOM E A FÚRIA (C)2018 Photo Guy Ferrandis / SBS Productions Productions

自分自身の余命がいくばくもないと知った時に、人は何を感じてどのような行動をとるのか、また自分の身近な人が余命いくばくもないと知った時に、人は何を思うのか。この映画はそうしたシビアな現実を淡々と描いていきます。

フランキーの現在の夫ジミーは、愛情深く彼女に寄り添い、元夫・ミシェルもフランキーのことを思いやる気のいい男性です。2人の男性に思われるフランキーは、やはり女性として魅力あふれる人なのかもしれません。

そしてフランキーが向き合っている現実に心を痛めているのは、親友のアイリーンです。アイリーンはフランキーよりもずいぶん年下ですが、フランキーが彼女を慕い、尊敬し、何より友人として愛していることがひしひしと伝わってきます。それはアイリーンにとってのフランキーの存在も同じだといえるでしょう。

しかし一方で、フランキーの息子・ポールは、幼い頃からフランキーに対して不満を持っているのか、屈折したところがあり、フランキーと二人きりで話していても、どこか斜に構えているところがあります。

母親の人生が終わろうとしていることを分かってはいるものの、これまでの母親との溝は簡単に埋められないと感じているのかもしれません。義理の娘・シルヴィアにいたっては、血のつながりがないからか、フランキーが亡くなったあとのことまで口にしてしまうほど現実的な面を見せます。

人生の最後に誰が寄り添ってくれるのか、それはその人が関わってきた人々や歩んできた人生がダイレクトに投影されるものなのだと本作品を観てしみじみ感じました。

そして自分の存在がこの世から消えても、世界は変わらず動き続けていくのです。シントラの美しい風景とともに、今一度自身の人生を考え直すきっかけになる作品となるのではないでしょうか。

映画『ポルトガル、夏の終わり』は2020年8月14日(金)よりBunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵館ほかにて全国順次公開されます。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

ピッチ・パーフェクト ラストステージ|あらすじとキャスト。上映館情報も紹介

映画『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』は10月19日(金)は、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー! あの「ピッチ・パーフェクト」シリーズがついに完結!学生から社会人になったベラーズのネク …

ヒューマンドラマ映画

映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

“心も涙も、美しかった思い出も。すべてを置いてきたこの街で、また歩き始める。” ケイシー・アフレックが第89回アカデミー主演男優賞、監督・脚本のケネス・ロナーガンが脚本賞に見事輝いた感動のドラマ『マン …

ヒューマンドラマ映画

映画『空母いぶき』感想評価と解説レビュー。豪華なキャストで“戦争と平和”を真正面から描く

2019年5月24日(金)に公開される映画『空母いぶき』 「空母」が存在する近未来の日本を舞台に、決して絵空事などではない危機を克明に描いた映画『空母いぶき』。 『ホワイトアウト』『沈まぬ太陽』など多 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ファーザー』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ラストのアンソニー・ホプキンス演じる誇り高く知性に溢れた父親は必見

数々の栄誉に輝く傑作舞台を映画化。第93回アカデミー賞で脚色賞、主演男優賞の二冠に輝く! 映画『ファーザー』は、2012年パリで初演されて以来、ロンドン、ニューヨーク、日本など30カ国以上で上演され、 …

ヒューマンドラマ映画

映画『記者たち 衝撃と畏怖の真実』あらすじネタバレと感想。評価されるべきジャーナリズムの在り方をロブ・ライナーが魅せる

真実は誰のためにあるのか?! 政府は大量破壊兵器を持つイラクを攻撃しなくてはならないというが、本当に大量破壊兵器は存在するのか? 国民に真実を伝えるために、アメリカ政府の巨大な噓に立ち向かった新聞記者 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学