Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『メイド・イン・ホンコン/香港製造』あらすじとキャスト【フルーツ・チャン監督】

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

1997年に制作され日本公開が1999年にされた香港映画『メイド・イン・ホンコン/香港製造』

本作の製作総指揮はアンディ・ラウがおこなっていて、2017年には新たにデジタル・リマスター版として、第30回東京国際映画祭ワールドフォーカス部門でも上映されました。

行き場を失った少年と少女の激して美しい姿を返還直前の香港のリアルな息遣いで描くも、スタイリッシュな青春としても観ることができるでしょう。

スポンサーリンク

1.映画『メイド・イン・ホンコン/香港製造』の作品情報


(C)Teamwork Production House Ltd./Nicetop Independent Ltd.

【公開】
1999年(香港)
*2018年にデジタルリマスター版公開

【原題】
香港製造 Made in Hong Kong

【製作総指揮】
アンディ・ラウ

【脚本・監督】
フルーツ・チャン

【キャスト】
サム・リー、ネイキー・イム、ウェンダース・リー、エイミー・タム

【作品概要】
香港が中国に返還にされることに揺れる街中を舞台に、社会の底辺で生きる若者たちの姿を描いた青春映画。

日本では1999年に劇場公開。2018年3月に4Kレストア・デジタル・リマスター版でリバイバル公開。

2.フルーツ・チャン監督のプロフィール

フルーツ・チャンの(陳果)は、1959年4月15日に中国・広東省で生まれています。

1981年から香港フィルムカルチャーセンターで映画を学び、1984年にゴールデンハーべスト社に入社すると、助監督や製作コーディネーターを数多くの作品で務めます。

1991年の初監督作品『大閙廣昌隆/Finale in Blood(未公開)』にてデビューを果たします。

第2作目となる『メイド・イン・ホンコン/香港製造』は、はじめ一般公開のされる予定が立ちませんでした。

しかし海外のロカルノやナントなどといった国際映画祭での高評価が後押しとなり、第17回香港電影金像奨で最優秀作品・監督・新人賞の3部門を受賞

「香港返還三部作」後には「娼婦三部作」となる『ドリアンドリアン』(2000)『ハリウッド★ホンコン』(2001)『トイレはどこですか?』(2002)のほか、『美しい夜、残酷な朝』のエピソード『香港篇:dumplings』(2004)や『ミッドナイト・アフター』(2014)などを発表します。

2010年に中田秀夫監督『女優霊』のリメイク版『THE JOYUREI 女優霊』でハリウッド進出も果たしています。

スポンサーリンク

3.映画『メイド・イン・ホンコン/香港製造』のあらすじ


(C)Teamwork Production House Ltd./Nicetop Independent Ltd.

1997年、中国に返還される目前の香港…。

中学校を中退して闇社会のメンバーであるウィン兄貴の借金の取り立てを行なっている青年チャウ。

中国大陸生まれの愛人のもとに走った父親が家出した後、低所得者用公団にパート勤めの母親と2人暮らしのチャウは、富裕層の学生たちにイジメを受ける知的に障がいのあるロンの兄貴として、彼を守っていました。

ある日、チャウは借金の取り立てに行った公団で、16歳の少女ペンと出会いました。

一方で飛び降りの自死をした女子学生サンの現場に、偶然立ち合ってしまったロンは、彼女の血に染まる2通の遺書を拾います。

ペンと再会した病院で、それを手にしたチャウは、その晩からサンの夢を見ては、夢精する不思議な現象に襲われる。

そこでチャウは「友達になってほしい」というペンとロンを連れ、サンの遺書を宛先が書かれた相手に渡しに行くことを決意します。

1通目は彼女と付き合っていた恋人。彼は彼女が通っていた女子校の体育教師だったが、遺書の内容を見ずに破り捨ててしまった。

残る1通は彼女の両親宛てだったが、家の様子を伺っているときに彼らに見つかった3人は、思わず逃げ出してしまいます。

だがそのとき、ペンが腎臓病に侵されていて、移植手術ができなければ、余命わずかであるという事実を知るチャウ。

その日からペンに対する想いが愛情に変わったチャウは、彼女のために臓器移植のドナーになり、母親から盗んだ金で彼女の手術費と家の借金を肩代わりしようとします。

しかし、それを知った母親が家を出てしまいます。

やがて、ペンを入院している病院から連れ出し後、高台にある墓地に行ったチャウは、「私が死ぬとき抱きしめて」と言うペンに、優しくキスをしました。

チャウは以前からウィン兄貴に言われていた中国大陸から来た商売敵の殺める仕事を引き受けますが…。

4.映画『メイド・イン・ホンコン/香港製造』の感想と評価

本作の製作総指揮を果たしたのは、ジャッキー・チュンやアーロン・クオック、そしてレオン・ライとともに四大天王と呼ばれ、一時代を築いた俳優のアンディ・ラウ。

『メイド・イン・ホンコン/香港製造』の演出を務めたのはフルーツ・チャンは、中国返還を前に生きる若者たちを生々しいの姿を描き、第17回香港電影金像奨では最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀新人賞を受賞。

そのほか、海外の映画祭でも高い評価を立て続けに獲得した作品で、ロカルノ国際映画祭審査員特別賞・欧州芸術映画館連盟大賞・欧州青年観客賞。ナント三大陸映画祭グランプリ・青年審査員賞。ベルギーNOVO映画祭グランプリ・監督賞。

スペインGIJON国際青年映画祭グランプリ・最優秀脚本賞。韓国の釜山国際映画祭国際批評家協会賞。台湾金馬奨監督賞・オリジナル脚本賞と話題と注目を集めました。

スポンサーリンク

まとめ

スクリーンデビューを果たしたサム・リー演じるチャウ…。ウェンバース・リー演じるチャウの弟分ロン…。

ネイキー・イム演じる病気に侵された少女ペン…。3人の運命の歯車はどのような退廃的な展開を見せたのか注目してください。

映画『メイド・イン・ホンコン/香港製造』のデジタル・リマスター版は、2018年3月10日より東京・YEBISU GARDEN CINEMA、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて順次ロードショー

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

大杉漣映画『教誨師』ネタバレ感想。キャスト俳優として遺作の結末に込めた真意とは⁈

2018年2月21日に亡くなった名バイプレイヤー大杉漣の最初で最後のプロデュース作品にして最後の主演作となった映画『教誨師』。 先進国でどんどん廃止されてきている死刑制度。死刑制度を残している日本の司 …

ヒューマンドラマ映画

映画『アマンダと僕』ネタバレ感想と評価レビュー。ラストでテロによる喪失と向き合う少女の強さから学ぶ

消えない悲しみへの寄り添い方。 笑顔を取り戻す時まで。 パリに暮らす幸せな家族を襲った突然の事件。残された24歳のダヴィッドと、その姪のアマンダ、7歳。 大切な人を失った悲しみも癒されないうちに、厳し …

ヒューマンドラマ映画

映画『エレファント』ネタバレ感想とラスト結末のあらすじ。タイトルの意味解説とガス・ヴァン・サントは日常の闇を如何に描いたか

“キスも知らない17歳が銃の撃ち方は知っている”…ガス・ヴァン・サント監督の代表作のひとつ映画『エレファント』。 ガス・ヴァン・サント監督の演出による映画『エレファント』は、2003年の第56回カンヌ …

ヒューマンドラマ映画

映画『月と雷』女優・初音映莉子(泰子/やすこ)の演技力と評価は?

2017年10月7日(土)よりテアトル新宿やテアトル梅田などで全国公開される、映画『月と雷』はの予告編が解禁となりました。 映画の原作は直木賞作家の角田光代の同名小説。キャストにダブル主演で初音映莉子 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』あらすじ感想と評価解説。歌手Siaが映画音楽にて“人生の再起”の喜びを託す

映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』は、2022年2月25日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国順次ロードショー。 映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』は、ソウルフルな歌声と独創的なミュージックビデオ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学