Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2023/11/20
Update

【ネタバレ】法廷遊戯|あらすじ感想と結末の評価解説。犯人の正体は?永瀬廉×杉咲花×北村匠海で描く法廷ラブサスペンス

  • Writer :
  • もりのちこ

法の下で「ゲーム」を始めよう!?
白黒の間の灰色が見えてくる。

現役弁護士でありながら、第62回メフィスト賞を受賞した五十嵐律人のデビュー作「法廷遊戯」を、深川栄洋監督が映画化。

弁護士を目指す久我清儀と幼なじみの織本美鈴が通うロースクールでは「無辜(むこ)ゲーム」と呼ばれる模擬裁判が生徒の間で流行していました。主催者は、大学在学中に司法試験に合格した唯一の人物・結城馨。

卒業後、無事に弁護士となった清儀と美鈴のもとに、馨から再び「無辜ゲーム」への招待が届きます。清儀がゲーム場所へ着いた時には、ナイフで刺され息絶えた馨と、返り血を浴びたかような美鈴の姿がありました。

「私を弁護して」……美鈴の弁護を引き受けた清儀は、とある過去の事件とのつながりを見出していきます。

法廷を舞台に「弁護士」「被告人」「死者」となった3人の真の目的とは。法廷ミステリー映画『法廷遊戯』を紹介します。

映画『法廷遊戯』の作品情報


(C)五十嵐律人/講談社(C)2023「法廷遊戯」製作委員会

【公開】
2023年(日本映画)

【原作】
五十嵐律人

【監督】
深川栄洋

【キャスト】
永瀬廉、杉咲花、北村匠海、戸塚純貴、黒沢あすか、倉野章子、やべけんじ、タモト清嵐、柄本明、生瀬勝久、筒井道隆、大森南朋

【作品概要】
2020年のミステリランキングに軒並みランクインを果たし、メフィスト賞作家にして現役弁護士・五十嵐律人による法廷ミステリー小説『法廷遊戯』が映画化。

監督は『神様のカルテ』(2011)『百夜行』(2010)の深川栄洋監督。脚本を『総理の夫』(2021)の松田沙也が手がけています。

弁護士を目指す主人公「セイギ」こと久我清儀役は『弱虫ペダル』(2020)など俳優としても活動の場を広げるKing&Princeの永瀬廉。セイギの幼なじみ・織本美鈴役は『十二人の死にたい子どもたち』(2019)の杉咲花。そして「無辜ゲーム」を司る天才・結城馨役を北村匠海が演じています。

またセイギの同級生で一癖ある藤方賢二役として、原作者・五十嵐律人と同郷である戸塚純貴が出演しています。

映画『法廷遊戯』のあらすじとネタバレ


(C)五十嵐律人/講談社(C)2023「法廷遊戯」製作委員会

駅のホームで悲鳴が聞こえ、階段から一人の男性と女子高校生が転がり落ちてきました。白黒の映像は、何年か前の古いものでした。

弁護士を目指す「セイギ」こと久我清儀は、幼なじみの織本美鈴と法都大ロースクールに通っています。

学校では最近、勉強漬けの生徒たちの息抜きとして「無辜(むこ)ゲーム」と呼ばれる模擬裁判が流行していました。「無辜」とは、罪のない事。またはその人を意味します。

ゲームの首謀者は、大学院在学中に唯一司法試験を突破したという天才・結城馨。セイギは、その存在は知っていましたが、ゲームに参加したことはありませんでした。

その日、セイギが奈倉先生に呼ばれ席を外し戻ってくると、机の上に一枚のビラが置かれてありました。周りの生徒たちもざわついています。

内容は、数年前に児童養護施設で起きた殺傷事件の記事でした。施設長を刺した16歳の少年。その少年はセイギでした。

セイギは無辜ゲームで、過去をばらした者を名誉棄損にかけます。証人として美鈴を指名したものの、美鈴の機嫌は悪そうです。美鈴もセイギと同じ児童養護施設で育ったからです。

事件記事のビラは、セイギが席を外した隙に配られたものではないと判明。セイギは、そのからくりに気付いていました。セイギが登校した時にすでに配られていた飲み会のチラシが、実は2枚重ねになっていて、めくると事件の記事が出てくるようになっていたのです。

「この飲み会のチラシを配ったものは誰ですか?」美鈴は指を差して答えます。「藤方賢二です」藤方は罪を認めましたが、学院を辞めると言い出します。

セイギは、どうしても事件記事の写真の入手方法が分かりませんでした。藤方を引き留め、問い詰めます。

「写真はロッカーに報酬と一緒に入っていただけだ。お前は何でここにいるなんだよ。殺人未遂の犯人が弁護士を目指していいのかよ」藤方は苛立ちをセイギにぶつけ出ていきました。

腑に落ちないセイギに、馨が声をかけます。「自分にも親はいない。俺に何かあったら、りんどうの花を持って墓参りにきてくれよ」セイギと馨は、法律のことで意見を交わせる友でした。

その頃、美鈴は何者かにより嫌がらせを受けていました。アパートの玄関窓には、例の事件の記事がアイスピックで刺し込まれ、郵便受けにもチラシが投げ込まれています。

犯人の動きからは、美鈴の行動を把握している様子が窺えました。セイギは、美鈴の部屋の上の空き部屋が怪しいと侵入し。案の定、そこには美鈴を盗聴していた謎の男が潜伏していました。

男は悪びれもせず「ネットで頼まれただけで、クライアントの顔も名前もしらねえよ」と白状しますが、隙をついて逃げ出します。気味の悪い嫌がらせは、それを機になくなりました。

2年後。セイギと美鈴は無事、司法試験に合格し弁護士になりました。そんな二人に、研究者として学院に残っていた馨から無辜ゲームへの誘いがきます。

「これが最後のゲームだ」と言う馨のために、ロースクールに向かうセイギ。ゲームの行われていた洞窟に着いてみると、そこには胸にナイフが刺さったまま倒れている馨の姿がありました。

そして、返り血を浴びたかのような美鈴が、震えるようにセイギに近付いてきます。

「お願い清儀。私を弁護して」

以下、『法廷遊戯』ネタバレ・結末の記載がございます。『法廷遊戯』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)五十嵐律人/講談社(C)2023「法廷遊戯」製作委員会

セイギは、あの事件の時、美鈴に守られたと感じていました。16歳の時、施設長が美鈴にわいせつ行為を行っていることを知ったセイギは、ナイフで施設長を刺してしまいます。

その後美鈴は、施設長に「自分にしたことをバラされたくなければ、セイギに暴力を振るっていたと嘘をつけ」と脅し、セイギの罪を隠蔽。セイギは、今度は自分が美鈴を守る番だと個人事務所を開設し、この事件にすべてをかける覚悟を決めます。

無罪を主張する美鈴でしたが、それ以外は一切、セイギに対しても黙秘を貫いていました。事件現場で渡された、SDカードのパスワードも教えてくれません。美鈴の意図が分からず困惑するセイギ。

セイギは馨との約束だった、りんどうの花を手に墓参りに向かいます。ふと墓に書かれた名前を見てみると、馨の父らしき人物の名は刻まれていません。父親のことを誇らしげに語っていた馨の姿が蘇ります。

セイギは馨の親戚を訪ねます。馨の母の姉だという人物から、詳しく聞くことができました。警察官だった馨の父親は、女子高校生への痴漢行為で世間を騒がせ、のちに自殺したといいます。

昔、美鈴とやっていたあるゲームの記憶が頭をよぎります。それは、美鈴が電車で痴漢に遭ったフリをし金を要求するという、小遣いほしさに始めたものでした。

ある日、警官だと知らずに仕掛け捕まりそうになった美鈴は、駅に飛び出して逃げようとしますが、階段で腕を掴まれ言い争いになります。助けに向かったセイギは、後ろから近づき、警官のかけていた鞄を引っ張りました。

腕を掴まれていた美鈴も一緒に、階段から転落。美鈴は、血を流して倒れても微笑んでいました。その時の警官の名は、佐久間悟。馨の父親でした。

セイギは美鈴に、このことを知っていたのかと問います。「これは、結城君が最後に仕組んだゲームなの。プレイヤーはあなたよ」美鈴は、どこか嬉しそうでした。

然るべく段階に入ってからSDカードのパスワードを知らせるようにと、馨から頼まれていたと言う美鈴。馨の父親の冤罪を証明するために仕組まれたゲームに協力的です。

公開された映像には、無辜ゲームの会場での馨と美鈴の様子が写っていました。馨は美鈴の罪を問う一方で、美鈴の嘘を見抜けず有罪判決を下したこの国の司法の罪を指摘していました。

馨が望むことは、父親の痴漢冤罪事件の再審請求であり、検察側がいまさら冤罪とは認めないだろうと予測した上で、美鈴に協力を求めたのです。

「裁判の日。この映像を被告人側の証拠として請求すればいい。父さんの無実と君の無実を同時に証明する。それが美鈴の役割だ」

そういうと、馨は自らの胸にナイフを当てました。止めようとする美鈴と一緒に倒れていきました。次に映し出されたのは、血まみれになった美鈴が立ち上がった様子でした。

法廷内は騒然とし、気分を悪くし倒れる人もいます。マスコミも騒ぎ出し、検察側は失態をさらしていました。これで美鈴が有罪になることはないでしょう。

それでも、セイギには向き合わなければならないことがまだありました。改めて馨の父親・佐久間悟の墓参りに行ったセイギは、そこで馨からのメッセージであろうUSBを見つけます。

最終判決の前、セイギは弁護士バッジを外し、美鈴の元へ面会に向かいました。異変に気付き、動揺する美鈴。

「美鈴、本当のことを教えてほしい」……馨が残したUSBには、日記が綴られていました。馨の計画ではナイフは急所を外し、生き残るはずでした。再審請求は、判決を下された本人か家族しかできないという決まりがあるからです。

しかし、馨は死んでしまった。美鈴の裏切りによって。「フフフフ」美鈴の笑いは次第に高笑いへと変わっていきます。

セイギは確信していました。「僕を守るため?」警官の鞄の紐を引っ張り階段から落下させたあの日、駅には馨の姿もありました。事件のなりゆきを見ていた馨は、セイギの罪も知っていたのです。

美鈴は、セイギに弁護士を続けてほしい一心でした。「清儀は私にとって正義の味方なの、生きるすべてなの」泣き叫ぶ美鈴に対して、「僕も一緒に生きたかった」という言葉を残して立ち去るセイギ。

最終判決の日。美鈴は無罪となりました。法廷からは美鈴の笑い声が響いてきました。

映画『法廷遊戯』の感想と評価


(C)五十嵐律人/講談社(C)2023「法廷遊戯」製作委員会

物語は、法律家を目指す生徒が通う法都大ロースクールから始まります。学校で流行っているゲーム「無辜ゲーム」。罪のないこと、またはその人を意味する「無辜」を冠する、生徒たちの模擬裁判に過ぎなかったこのゲームが、物語の序盤から明らかになっていく真実によって、深い意味を持ってきます

両親がおらず児童養護施設で育った主人公の清儀と幼なじみの美鈴は、そこでのわいせつ事件と殺人、その後の小遣いほしさに始めたゲームをきっかけに深まった「共犯者」としてのつながりをみせます。

死んだように生きていた美鈴にとって、そこから救い出してくれた清儀はまさにセイギの味方。自分を犠牲にしても守り抜くという偏愛は、狂気にも似ています

一方ロースクールで出会った馨は、在学中に司法試験を突破した天才であり「無辜ゲーム」の首謀者でもあります。馨が「無辜ゲーム」を始めた理由には、父親の死が原因していました。

冤罪に苦しみ、自ら命を絶った父親の無念を晴らす。それは犯人の罪を暴くだけでなく、嘘を見破れず有罪を下した司法への復讐でもありました。そして馨は、清儀と美鈴の罪を知っていました。父親を苦しめた犯人だということも。

馨が考案した「無辜ゲーム」では「同害報復」が敷かれています。「目には目を、歯には歯を」という同じ重さの罪を与えるという法では、何も解決にならないと説かれる中、馨は罪を償わせる理論だと主張します

裏を返せば「同害報復」は、相手を許すために用いることができる手段のひとつである。馨は、清儀と美鈴に罪を償わせることで許そうと考えていたのではないでしょうか

しかし、馨は死んでしまいます。「死者」となった馨。現場にいた美鈴は「被告人」に。そして美鈴を弁護する「弁護人」となった清儀。それぞれが守りたかったこと、成し遂げたかったことは叶いませんでした。清儀が、美鈴を弁護し無罪にしたこと以外は。

冒頭の駅のプラットホームでの事件の場面は、白黒映像になっていて、この事件がまさに「灰色」な事件だったということがのちに分かります。「有罪か無罪かは裁判官が決めますが、免罪かどうかは神様しか知りません」という馨の台詞が印象に残ります。

罪を犯すということ。罪を償うということ。罪を許すということこの世界には法では裁ききれない物事があるということを改めて感じました

まとめ


(C)五十嵐律人/講談社(C)2023「法廷遊戯」製作委員会

第62回メフィスト賞を受賞した五十嵐律人の本格法廷ミステリー小説の映画化、『法廷遊戯』を紹介しました。

弁護士役に初挑戦の永瀬廉。感情を爆発させる演技は必見、杉咲花。静かなる天才がハマり役、北村匠海。3人の演技バトルにも注目です。




関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『アメリカン・スリープオーバー』あらすじとキャスト。感想考察では監督デビィッド・ロバート・ミッチェルの作風を解説

2017年12月16日より、下北沢トリウッドにて「歳末青春大セール!ティーンムービー傑作選」という特集上映が行われます!  日本未公開映画の紹介、上映を企画・運営するGucchi’s Free Sch …

ヒューマンドラマ映画

映画『魔法科高校の劣等生』入場プレ第2弾はミニ色紙!第7弾まである?

2016年6月17日より大ヒット上映中『劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』。 入場者プレゼント(来場者特典)第2弾発表!! CONTENTS1.入プレ第1弾はゲットしましたか?2.『劇場版 魔 …

ヒューマンドラマ映画

映画『エス』あらすじ感想と評価解説。逮捕された経験を基に太田真博監督が描き出す“会話満載の群像劇”

映画『エス』は2024年1月19日(金)よりアップリンク吉祥寺で劇場公開! 太田真博監督の初の長編劇場デビュー作『エス』が2024年1月19日(金)よりアップリンク吉祥寺にて公開されます。 太田監督が …

ヒューマンドラマ映画

映画『Love Letter』ネタバレあらすじ結末と感想評価の解説。岩井俊二監督による恋文(ラブレター)が引き寄せた“偶然と奇跡”

映画『Love Letter』は岩井俊二監督の長編デビュー作 映画『Love Letter』は『Undo』『花とアリス』の岩井俊二監督の長編第1作。 雪山の遭難事故で恋人を亡くした女性に、彼の昔の住所 …

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ】レジェンド&バタフライ|あらすじ結末感想と評価解説。キムタク演じる信長と綾瀬はるかの濃姫を軸に“戦国時代の新解釈”として活写!

戦国時代を駆け抜けた織田信長と彼を支えた濃姫の誰も知らない物語 日本中が戦火に包まれた動乱の戦国時代。 裏切りや虐殺が日常であった戦国の世で、天下を統一し平和に導いた「戦国三英傑」の一人として「織田信 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学