Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2018/12/13
Update

映画『十二人の死にたい子どもたち』7番アンリ役は杉咲花。演技力とプロフィール紹介

  • Writer :
  • YUMIKO

『天地明察』で知られるベストセラー作家の冲方丁(うぶかた・とう)の小説を原作とした映画『十二人の死にたい子どもたち』が2019年1月25日に公開されます。

監督は『イニシエーション・ラブ』『トリック』などヒット作を数多く持つ堤幸彦

”12人の子どもたち”を演じるキャストも発表され、話題を呼んでいます。

この記事では、7番アンリ役を演じる杉咲花について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『十二人の死にたい子どもたち』の作品情報


(C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
冲方丁『十二人の死にたい子どもたち』(文藝春秋)

【監督】
堤幸彦

【キャスト】
杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜、吉川愛、萩原利久、渕野右登、坂東龍汰、古川琴音、竹内愛紗

【作品概要】
『天地明察』『光圀伝』といった時代小説や『マルドゥック・スクランブル』などのSF小説で人気の冲方丁が、初めて現代を舞台に描いたミステリー小説を実写映画化。

閉鎖された病院を舞台に、それぞれの理由で安楽死をするため集まった12人の少年少女が、そこにいるはずがない13人目の少年の死体を見つけたことから始まる犯人捜しと、その過程で少年少女たちの死にたい理由が徐々に明らかになっていくことで、変化していく人間関係や心理を描いています。

出演には杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜ら人気若手俳優がそろいました。

脚本は岸田國士戯曲賞受賞経歴を持つ劇作家の倉持裕。

監督はドラマ『池袋ウエストゲートパーク』をはじめ『SPEC』シリーズ、『イニシエーション・ラブ』を手がけた堤幸彦氏が務めます。

映画『十二人の死にたい子どもたち』のあらすじ


(C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会

廃業した病院にやってくる、十二人の未成年たち。

建物に入り、金庫をあけると、中には1から12までの数字が並べられていました。

この場へ集う十二人は、一人ずつこの数字を手にとり、「集いの場」へおもむく決まり。

初対面同士の子どもたちの目的は、みなで安楽死をすること。

十二人が集まり、すんなり「実行」できるはずでした。

しかし、「集いの場」に用意されていたベッドには、すでに生温かい死体が横たわっていたんです。

この死体は一体誰なのか。

自死か、他殺か。

このまま「実行」してもよいのか。

この集いの原則「全員一致」にのっとり、子どもたちは多数決を取ります。

不測の事態を前に、議論し、互いを観察し、状況から謎を推理していく彼らが辿り着く結論は。

そして、この集いの本当の目的は…。

スポンサーリンク

映画『十二人の死にたい子どもたち』7番アンリ役は杉咲花

参考映像:映画『湯を沸かすほどの熱い愛』(2017)

映画『十二人の死にたい子どもたち』で7番アンリ役を演じる杉咲花は1997年10月2日生まれの21歳。東京都出身。研音所属。

女優になりたいという思いから、憧れの女優・志田未来さんのいる事務所・研音のオーディションに応募たそうです。

もとの芸名は「梶浦花」。2011年より研音に所属し、現在の「杉咲花」に改名して活動を開始します。

ドラマ『ドン★キホーテ』で初出演。

味の素Cook DoのCMで”回鍋肉をおいしそうに食べる美少女”として、大きな注目を集めます。

2013年ドラマ『夜行観覧車』での家庭内暴力少女を熱演。その後も『MOZU』ほか多数のドラマに出演し、2014年日経トレンディでは「2015年の顔」に選ばれました。

2016年にNHK朝ドラ『とと姉ちゃん』でヒロインの妹・美子役を好演。

2016年映画『湯を沸かすほどの熱い愛』では、複雑な生い立ちを持つ少女という難役を演じ、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞ほか各映画賞で多数受賞しました。

2018年TBSドラマ『花のち晴れ~花男Next Season~』で連続ドラマに初主演。

参考映像:『パーフェクトワールド 君といる奇跡』(2018)

同年『パーフェクトワールド 君といる奇跡』で映画初出演。

ほかに『トイレのピエタ』『無限の住人』『十年 Ten years japan「DATA」』などに出演。

2019年NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』にも出演予定。時代のトップを走る若手女優です。

携帯電話SoftbankのCMでの「新・家族」の娘役でも人気を博しています。

お母様は歌手のチエ・カジウラ。

現在の芸名「杉咲花」は気に入っているそうですが、”花粉症みたい”と言われてしまうこともあるとのこと。

特技は乗馬、書道。

映画『十二人の死にたい子どもたち』7番アンリはどんな役?


(C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会

映画『十二人の死にたい子どもたち』の7番アンリは、全身黒をまとった17歳。高校3年生。

高度な知性の持ち主。クールで知的で、大人びた少女です。

とにかく実行したがっており、11人を論破しようとします。

アンリの上から目線に反抗するメイコと対立します。

アンリが実行したい理由は、生まれてくることも死ぬことも安楽死も認められる社会にしたいというものでした。

母が梅毒にかかったまま生んだため、アンリは生まれついて病気がありました。

現在完治したとはいえ、母を許せないアンリ。

アンリは、両親のせいで生まれたことで苦しむ子供がなくなるようこの制度を社会に認めさせたい、そもそも私たちは生まれるべきではなかったと熱弁しますが、その言葉に11人は反感を抱き…。

スポンサーリンク

杉咲花の演技力の評価は


©2018「パーフェクトワールド」製作委員会

若手女優の中で一番演技力があるという声も聞かれる実力派の杉咲花。

2016年の映画『湯を沸かすほどの熱い愛』では日本アカデミー賞・ブルーリボン賞など各映画賞の助演女優賞を総なめしています

複雑な生い立ちを持ち、学校でもいじめに遭うという難しい役を演じましたが、多くの人々がその演技力の高さに驚かされ、胸を打たれました。

実力が評価され始めたのは、2013年のドラマ『夜行観覧車』での家庭内暴力に荒れる娘役の演技がきっかけでした。観るものに恐怖すら与えるほどの演技力で世の中を圧倒しました。

本作の堤幸彦監督は、「モナリザもびっくりの、怒っているとも泣いているともとれる表情が圧巻」と評しています。

業界では、感情の切り替えが上手いという高評価を得ているそうです。

杉咲花の公式SNSの紹介

杉咲花の公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

【杉咲花公式Instagram】

まとめ


(C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会

衝撃的なタイトルからも大きな話題を呼んでいる映画『十二人の死にたい子どもたち』

”十二人の子ども”を演じるキャストには、杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、黒島結菜といった若手の実力派が勢ぞろいしています。

4番目のキャストについて詳細が未発表。謎が多いことにも話題が集まっています。

鬼才・堤幸彦監督が「人に観せたくないほど面白い」と公言しており、作品への期待がすます大きく膨らんでいる本作。

6番アンリ役を務める、若手実力ナンバーワンの呼び声も高い杉咲花の演技は必見です。

衝撃的な密室サスペンス映画『十二人の死にたい子どもたち』は2019年1月25日より全国ロードショーです。

関連記事

サスペンス映画

映画『ヴィレッジ』ネタバレ考察と評価解説。シャマラン監督おすすめの“悲しい過去”を閉じ込めた「理想郷の真実」

「語ってはならぬ物」との協定で平和が約束された村。小さな掟破りが増幅させる恐怖と愛する者を守りたい、無垢な勇気が起こす奇跡の物語。 映画『ヴィレッジ』を手掛けたのは、M・ナイト・シャマラン監督。『シッ …

サスペンス映画

映画『ダンケルク』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【クリストファーノーラン代表作おすすめ】

公開以前から各メディアでも取り上げられ、映画ファンからはバッドマンシリーズのクリストファー・ノーラン監督の最新作と期待が高まり、そうでない人でも全く見たことの無いようなジャンルの映画であると告知され、 …

サスペンス映画

映画『キー・ラーゴ』ネタバレ感想と結末あらすじ解説。フィルムノワール×アクションで描くギャングと復員兵の対決

ハンフリー・ボガートのハードボイルドな演技が光る『キー・ラーゴ』 『マルタの鷹』でハンフリー・ボガートとタッグを組んだジョン・ヒューストン監督が手掛けるフィルム・ノワール映画。 撮影当時はハンフリー・ …

サスペンス映画

映画『ブレインゲーム』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『ブレイン・ゲーム』は10月6日から新宿武蔵野館ほか全国順次上映中です。 完全犯罪と思われた連続殺人事件に、FBIが捜査協力を依頼したのは、特殊能力を持つ医師のジョン・クランシー博士でした。 主人 …

サスペンス映画

映画『ウトヤ島、7月22日』あらすじネタバレと感想。実在の事件を長回しで追体験させる衝撃作

2019年3月8日公開の映画『ウトヤ島、7月22日』 2011年にノルウェーで起きた凶悪テロ事件。 69人の命が奪われた銃撃事件を、72分間の驚異の長回しで描く衝撃の一作『ウトヤ島、7月22日』。 観 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学