Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2018/10/25
Update

杉咲花が映画『十年』の「DATA」で見せた演技力の感想。是枝裕和監修オムニバス【十年Ten Years Japan】

  • Writer :
  • 石井夏子

是枝裕和監督が才能を認めた、5人の新鋭監督たちが描く、十年後の日本の姿。

高齢化、AI教育、デジタル社会、原発、徴兵制…。

私たちの”未来”は変えることが出来るのか。

映画『十年Ten Years Japan』は2018年11月3日(土)テアトル新宿、シネ・リーブル梅田他全国順次公開です。

本記事では映画『十年Ten Years Japan』のなかの一編、杉咲花主演作『DATA』について触れて行きます。

スポンサーリンク

映画『十年Ten Years Japan』作品情報


(C)2018 “Ten Years Japan” Film Partners

【公開】
2018年 (日本映画)

【エグゼクティブプロデューサー】
是枝裕和

映画『十年Ten Years Japan』とは

香港で社会現象となったオムニバス映画『十年』を元に、新鋭監督達が自国の抱える問題点を軸に10年後の社会・人間を描く、日本、タイ、台湾の国際共同プロジェクト「Ten Years International Project」。

釜山国際映画祭2017での製作発表以来、世界中のメディアから注目され、『ブンミおじさんの森』のアピチャッポン・ウィーラセタクンが監督として参加したタイ版が、第71回カンヌ国際映画祭で特別招待作品として選出されるなど、世界から注目されている本プロジェクト。

日本版のエグゼクティブプロデューサーは、日本映画界を牽引する映画監督・是枝裕和。

杉咲花、國村隼、太賀、川口覚、池脇千鶴ら実力派俳優たちが各作品に集結しました。

是枝監督の最終ジャッジのもと、脚本のクオリティ、オリジナリティ、将来性を重視して選ばれた5人の新鋭監督たちが描く”5つの未来”を通じて、今、日本が抱えている問題、これからの私たちの未来が鮮明に見えてきます。

杉咲花主演作『DATA』作品情報


(C)2018 “Ten Years Japan” Film Partners

【監督】
津野愛

【キャスト】
杉咲花、田中哲司、前田旺志郎、三浦誠己

【作品概要】
監督は本作で長編デビューした津野愛。是枝裕和が立ち上げた制作者集団「分福」に所属し、活動してきた秘蔵っこの初監督作品です。

主演は『湯を沸かすほどの熱い愛』(2016)で第40回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞した杉咲花。

共演は田中哲司。名バイプレイヤーの田中が、本作でも杉咲の父役として、温かく彼女を見守ります。

前田旺志郎、三浦誠己も物語の要を担っています。

スポンサーリンク

杉咲花主演作『DATA』あらすじ


(C)2018 “Ten Years Japan” Film Partners

女子高生の舞花(杉咲花)は父(田中哲司)と2人暮らし。母は随分前に亡くなっていて、舞花には母の記憶も思い出もありません。

父は恋人を舞花に紹介したいと言います。反対しないけれど、舞花の心中は複雑です。

父の部屋で、母の生前のデータが入った「デジタル遺産」を見つける舞花。

そこには自分と同じくらいの年齢の母の動画や、父とのデートの写真が。

あらゆるデータを見て行く舞花。

そして母のメールボックスの下書きに残された、ある一文を見つけてしまい…。

杉咲花主演作『DATA』の感想と評価


(C)2018 “Ten Years Japan” Film Partners

記録と記憶

故人のことを知りたいという欲求。

でも亡くなっているとはいえ、他人のプライバシーに立ち入る事はどこまで許されるんでしょうか。

主人公は亡き母の生前のデータを再生し、その記録を辿る事で母に近づこうとしますが、データは母の一部の記録でしか無く、そこに“母”はいないんです。

真実はわからないけれど、隣にいるだれかと繋いだ手はあたたかくて、一緒に食べるラーメンはおいしい。それは確かなこと。

現代より少し未来の、さらに情報化が進んだ世界において、主人公舞花はとてもピュアです。

キャラクターに現実感を持たせ、世界観と見事に一致させたのが、主演の杉咲花です。

揺れる杉咲花

あらゆる出演作で頭角を現している若手女優、杉咲花。

本作では、少女と大人、亡き母と新たな母になろうとする人物、友達と恋人、記録と記憶、あらゆる“間”で揺れている主人公を好演しています。

杉咲の魅力のひとつは、小さな顔に咲き誇る大きなパーツです。

どれも存在感がありながらも主張しすぎず、調和していています。

そしてそのパーツの1つひとつが、舞花の揺れる心とともに動くんです。

優柔不断な父の話を聞く時の、少しとがった唇。男友達に、動画の中の母の姿と自分が似てるか聞き、「ちょっとだけ」と言われて、恥ずかしそうに笑う目元。母の服に袖を通して街を歩く時の綻んだ頰。母の秘密を知ってしまい、ピクリと動く口元。

気持ちと身体がシンクロしていて、舞花という人物像がはっきりと伝わってきます。

杉咲は作品についてこうコメントしています。

記憶のなかにあるもの、自分だけが目にしたものは、その他のどんなものにも変えがたいかけがえのない宝物で、たったひとつの秘密で。それを誰かに教えてみたり、逆に知ったり、信じたりしながら生きてゆく私たちの命は、とても尊いものなのだな、と改めてこの「DATA」 という作品に思わせていただきました。 確かに存在したはずの小さな光にいつまでも目を向け続ける、舞花のピュアでまっすぐな人柄にとても魅力を感じました。 優しい空気の流れる津野組はとても居心地が良く、とても幸せな時間でした

彼女はピュアでまっすぐな舞花の役を正面から受け止め、舞花のリズムで呼吸していました。

だから気持ちと身体が無理なく揺れ動いていたんでしょう。

その呼吸が、舞花という人物を息づかせ、本作を色づかせていたんです。

杉咲花の呼吸

参考映像:『メアリと魔女の花』(2017)

杉咲花が役を呼吸で捉える女優ということは、米林宏昌監督のアニメ『思い出のマーニー』『メアリと魔女の花』で良く分かります。

米林監督に連続起用されている事でも、その実力と信頼は確かな杉咲花。

『思い出のマーニー』では、物語の中盤に登場し、作品を明るく照らす彩香役。

『メアリと魔女の花』では、タイトルロールの少女メアリ。

どちらも杉咲の声により、キャラクターに魂が宿り、躍動感が生まれています。

アニメの絵に違和感なく溶け込み、まるでそのキャラクターが本当に生きているのではないかと感じさせてくれる杉咲。

声とは俳優の肉体を通して出てくるもの。

杉咲の、役として嘘がなく存在できる、女優としての能力の高さを実感して下さい。

スポンサーリンク

映画『十年Ten Years Japan』各作品の作品情報

『PLAN75』

【『PLAN75』監督】
早川千絵

【『PLAN75』キャスト】
川口覚、山田キヌヲ、牧口元美

【『PLAN75』あらすじ】
上の高齢者に安楽死を奨励する国の制度『PLAN75』。

公務員の伊丹(川口覚)は、貧しい老人達を相手に”死のプラン”の勧誘にあたっています。

一方、出産を間近に控えた妻・佐紀(山田キヌヲ)は認知症の母親を抱え途方に暮れていて…。

『いたずら同盟』

【『いたずら同盟』監督】
木下雄介

【『いたずら同盟』キャスト】
國村隼、大川星哉、辻村羽来、中野龍

【『いたずら同盟』あらすじ】
AI知能により道徳教育に管理されたIT特区の小学校。

人工知能システム“プロミス”に従えば子供達は平穏な日常を過ごせます。

ある日、用務員の重田(國村隼)が世話をする老馬に殺処分の判断が下され、クラスのはみ出し者の亮太(大川星哉)はAI知能に反抗し、ある行動に出ますが…。

『DATA』

【『DATA』監督】
津野愛

【『DATA』キャスト】
杉咲花、田中哲司、前田旺志郎、三浦誠己

【『DATA』あらすじ】
母の生前のデータが入った「デジタル遺産」を、父(田中哲司)に内緒で手に入れた女子高生の舞花(杉咲花)。

データをもとに母の実像を結ぶことに喜びを感じていましたが、母の知られざる一面を見つけてしまい…。

過去のデータの存在によって揺らぐ少女の繊細な気持ちの変化を描く、記録と記憶を巡る物語。

『その空気は見えない』

【『その空気は見えない』監督】
藤村明世

【『その空気は見えない』キャスト】
池脇千鶴、三田りりや、田畑志真

【『その空気は見えない』あらすじ】
原発による大気汚染から逃れるために地下の世界に住む少女・ミズキ(三田りりや)。

「地上の世界は危険」という母(池脇千鶴)の教えを守り、地下の暮らしに何の疑問も持たずにいましたが、友人のカエデ(田畑志真)から地上の話を聞き、まだ見ぬ世界へ強い憧れを抱くようになり…。

『美しい国』

【『美しい国』監督】
石川慶

【『美しい国』キャスト】
木野花、太賀

【『美しい国』あらすじ】
徴兵制が義務化された日本。

その告知キャンペーンを担当する広告代理店マンの渡邊(太賀)は、政府からの要請で若者に親しみやすいポスターデザインに変更する為、元のデザインを担当したベテランデザイナー・天達(木野花)に謝罪しに行くことに。

そこで天達のデザインに込められたある思いを知ることになります。

まとめ


(C)2018 “Ten Years Japan” Film Partners

是枝裕和が総合監修を務めたオムニバス映画『十年Ten Years Japan』。

その5編のなかのひとつ『DATA』は、津野愛監督の長編デビュー作で、杉咲花が主演しています。

亡くなった母の記録と記憶を辿る、心あたたまる作品です。

杉咲花が、揺れ動く主人公、舞花を好演しています。

ぜひスクリーンで、役のリズムで呼吸し存在している杉咲花を目撃して下さい。

映画『十年Ten Years Japan』は2018年11月3日(土)テアトル新宿、シネ・リーブル梅田他全国順次公開です。

関連記事

SF映画

映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』あらすじとキャスト一覧。リュック・ベッソン紹介も

映画「スター・ウォーズ」シリーズにも影響を与えたとされる、名作SFコミックをリュック・ベッソン監督がついに実写映画化! 恋をしながら世界の凶悪な陰謀に立ち向かう王道ストーリー!! 斬新でかつ幻想的な映 …

SF映画

『アンシンカブル 襲来』あらすじネタバレと感想。スウェーデン製の侵略サスペンス映画を解説

世界各国から集めた選りすぐりの危険な映画たちを上映する、「モースト・デンジャラス・シネマ・グランプリ2018[MDGP2018]。 (C)2018 Crazy Pictures Productions …

SF映画

映画『レディ・プレイヤー1』あらすじとキャスト。原作者はウルトラマン好き⁉︎

VRワールド「OASIS(オアシス)」に隠された「宝の卵」を巡る冒険を描いた、新時代のアドベンチャームービー『レディ・プレイヤー1』は4月20日より全国公開。 今回はアーネスト・クライン原作の『ゲーム …

SF映画

アベンジャーズ インフィニティウォー |あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

マーベルコミック原作のヒーロー・チームが、宇宙の危機を救う為に戦う「アベンジャーズ」シリーズ第3弾。 宇宙の運命を握る、6つのインフィニティ・ストーンを巡り、最強の敵サノスとの争奪戦を描いた『アベンジ …

SF映画

ブレードランナー2049|あらすじネタバレ感想と結末考察。ラストまでの前日譚30年史とドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が描いたものとは?

SF映画の金字塔『ブレードランナー』の30年後を舞台にした続編がついに公開。 監督は今最も世界から注目を集めるドゥニ・ヴィルヌーヴ。 主演には今や世界的スターとなったライアン・ゴズリング。 今年最大の …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学