Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2017/05/01
Update

破裏拳ポリマー2017あらすじと原幹恵アクションコスプレ画像!

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

多くの原幹恵ファンは公開がまもなくとなった映画『破裏拳ポリマー』を楽しみにしてますよね。

今回はタツノコプロ創立55周年を記念して公開される映画『破裏拳ポリマー』のリケジョ役を演じる原幹恵に注目します!

スポンサーリンク

1.映画『破裏拳ポリマー』の作品情報

【公開】
2017年(日本映画)

【監督】
坂本浩一

【キャスト】
溝端淳平、山田裕貴、原幹恵、柳ゆり菜

【作品概要】
タツノコプロ創立55周年記念して制作された作品。1974年にタツノコプロ制作のTVアニメ『破裏拳ポリマー』の完全実写映画化。

元ストリートファイターで探偵の鎧武士は奥義“破裏拳”の達人として活躍する姿を描いたSFアクション。

2.映画『破裏拳ポリマー』のあらすじ


(C)2017「破裏拳ポリマー」製作委員会

都会の激増化する暴力や過激化する組織犯罪に対抗するため、警視庁と防衛省は極秘裏に提携を行なってきました。

それは重火器の無効化と組織に対する単体での攻撃力を高めようとした計画を模索するものでした。

また、それによって機動力を兼ね備えた特殊装甲スーツである“ポリマースーツ”開発に尽力を傾けていました。

しかし、この計画によって軍隊すら破壊することを可能にさせる絶大な兵器であることをを危惧した、当時の警視総監は開発の中止を命令を下しました。

しかし、すでに“ポリマースーツ”は完成されていて、その事実は計画の中止とともに闇へと封印。

やがて数年後、新たに警視総監就任した指令により、“ポリマースーツ”の計画開発が再開されます。

だが、そんな折、テスト制作されたのパイロット版の“ポリマースーツ”のうち3体が何者かによって盗まれてしまう…。

都会では“ポリマースーツ”の強大な兵器力を使った犯罪が頻発。盗まれて悪事が繰り返される“ポリマースーツ”を撃退し、そのスーツを確保するため、ある決断が実行されます。

かつて封印されたオリジナル版であり、紅きポリマースーツの完全版を使用することです。

特定の声によるダイアローグコードによってのみ、その封印を解かれ、最強の“ポリマースーツ”を起動させられる…。

世界でただ1人とは一体誰なのか…。

スポンサーリンク

3.美貌のリケジョ稗田玲役の原幹恵の画像


(C)2017「破裏拳ポリマー」製作委員会

映画『破裏拳ポリマー』のヒロインに選ばれた腹幹恵の役柄は、美貌のリケジョである稗田玲役です。

画像に見られるタイトスカートの似合う、やや肉感的な理系女子は原幹恵ファンにはありがたい役柄といっても良いでしょう。

原幹恵は1987年7月3日生まれの新潟県村上市出身のオスカープロモーションに所属する女優やグラビアアイドルとして活躍しています。

彼女は2017年で29歳になりましたが、やはりこの手のアクション&お色気の不可欠な作品では、原幹恵の存在は圧倒的です。


(C)2017「破裏拳ポリマー」製作委員会

今作を演出するアクション出身の坂本浩一監督とは何度も仕事をする間柄。原幹恵を起用した信頼感は映画の大きな成功の鍵だということを物語っていますね。

原幹恵は幼い頃から女優に憧れて、2003年に雑誌『Audition』に掲載された「第9回全日本国民的美少女コンテスト」に自身で応募。

その本選で「グラビア賞」を受賞して芸能界デビュー。グラビアアイドルとしてトップの人気を博すまでになった彼女が、リケジョの研究者だという設定だけで、映画『破裏拳ポリマー』に大きく貢献していることがわかりますね。

しかし!原幹恵ファンはやはりアクションスーツが見たい!

それでも原幹恵ファンとしては、テレビ東京のドラマ『キューティーハニー THE LIVE』にて、ドラマ初出演で初主演を果たした記憶が忘れられません

多くのキューティーハニーの実写化を望んでいたファンをその美貌で虜にしました。

やはり彼女のアクションスーツが見たいですよね。

4.待ってました!ポリマーアルテミスの原幹恵!

美貌のリケジョだけではないアクションスーツもバッチリある!


(C)2017「破裏拳ポリマー」製作委員会

『破裏拳ポリマー』の物語の中で、理系女子の稗田玲としてだけではなく、原幹恵はポリマーアルテミスとしてファンを満足させ期待に応えてくれますよ

セクシーすぎるポリマーアルミテス。もう言葉入りませんね。画像をお楽しみください!


(C)2017「破裏拳ポリマー」製作委員会


(C)2017「破裏拳ポリマー」製作委員会


(C)2017「破裏拳ポリマー」製作委員会


(C)2017「破裏拳ポリマー」製作委員会

やはり、原幹恵はアクションスーツがとても似合うようですね。

個人的にはスーパーガールやワンダーウーマンにも決して劣ってはいない存在、それが原幹恵なのではないでしょうか。

映画『破裏拳ポリマー』でどのような活躍を原幹恵がしてくれるのか、劇場公開が楽しみですね。

スポンサーリンク

5.原幹恵に会える!映画『破裏拳ポリマー』初日舞台挨がある!

映画『破裏拳ポリマー』の2017年劇場公開を記念して、なんと!原幹恵も舞台挨拶に登場してくれる予定です。

もう、すでにファンの方はご存知かもしれませんが、初日舞台挨拶の予定を記載しておきましょう。

5月13日(土)@新宿バルト9(新宿三丁目)
 13:00の回上映終了後 / 16:05の回上映前
 登壇予定者:溝端淳平/山田裕貴/原幹恵/柳ゆり菜/長谷川初範/坂本浩一監督
5月13日(土)@T・ジョイSEIBU大泉(西武池袋線大泉学園)
 15:45の回上映終了後
 登壇予定者:溝端淳平/山田裕貴/原幹恵/柳ゆり菜/坂本浩一

<販売方法>
チケットぴあ」で発売中です!
 先行抽選プレミアム: 4/27 11:00~5/1 11:00
 先行抽選: 4/29 11:00~5/2 11:00
 一般発売: 5/3 10:00~

申し訳ありませんが、詳細についてはチケットぴあや各劇場などにお問い合わせのうえご確認をしてください。

6.原幹恵まとめ

映画『破裏拳ポリマー』スペシャル映像はこちら!

原幹恵は理系女子として特殊装甲のポリマースーツの研究開発者。しかし、スーツをまとった彼女は“ポリマーアルテミス”に変身する謎の美女。

果たして主人公の味方か?敵か?その正体不明という設定もこの物語のキーマンのようです。

映画公開にあたり、前宣伝の写真で豊かな胸元や太ももを惜しげもなくさらして物語だけでなく、大きく貢献しているのが原幹恵なのです。

メタリックブルーのアクションスーツに身をかためて、凛々しい表情をみせる彼女は女優としてこれから見守り続けたい存在なのではないでしょうか。

映画『破裏拳ポリマー』に出演する女優・原幹恵の活躍を劇場の大きなスクリーンでご堪能、ご鑑賞ください。

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

SF映画

ワンダーウーマン公開日とあらすじ!主演女優ガル・ガドット紹介も

2017年8月25日公開の『ワンダーウーマン』が凄すぎる! あなたはこの美しすぎる予告編を目にしているだろうか。 スポンサーリンク CONTENTS1.映画『ワンダーウーマン』の作品情報2.映画『ワン …

SF映画

映画『ザ・プレデター』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【2018年公開作】

2018年公開の映画『ザ・プレデター』のプレデターは一味違う⁈ 1987年の名作SFホラー『プレデター』の正統続編。今回も宇宙からやってきた誇り高き戦闘種族プレデターが大暴れします。 より強い敵を求め …

SF映画

映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL』ネタバレと感想

新クールと前クールをクロスオーバーさせる仮面ライダー劇場版シリーズの最新作『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINALビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』。 今回は2017年現在 …

SF映画

杉咲花が映画『十年』の「DATA」で見せた演技力の感想。是枝裕和監修オムニバス【十年Ten Years Japan】

是枝裕和監督が才能を認めた、5人の新鋭監督たちが描く、十年後の日本の姿。 高齢化、AI教育、デジタル社会、原発、徴兵制…。 私たちの”未来”は変えることが出来るのか。 映画『十年Ten Years J …

SF映画

『ビルとテッドの大冒険』ネタバレあらすじとラストまでの感想考察。SFタイムトラベル映画でキアヌリーブスの人気を確立したコメディ!

キアヌ・リーブスを一躍スターにした、伝説のSFコメディシリーズ第1弾 レンタルビデオにアーケードゲーム、ミュージック・ビデオやMTVなど新たに誕生したポップカルチャーがアメリカと、全世界を席巻しようと …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学