Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2017/03/07
Update

映画『ジャッカルの日』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • リョータ

ド・ゴール大統領暗殺を目論む冷酷非情な殺し屋“ジャッカル”…

彼を追うフランス司法警察の腕利き刑事ルベル…

2人の息詰まる攻防戦を描いたフレッド・ジンネマン監督後期の傑作『ジャッカルの日』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ジャッカルの日』の作品情報

【公開】
1973年(イギリス・フランス合作)

【原題】
The Day of the Jackal

【監督】
フレッド・ジンネマン

【キャスト】
エドワード・フォックス、マイケル・ロンズデール、デルフィーヌ・セイリグ、エリック・ポーター、シリル・キューザック、オルガ・ジョルジュ=ピコ、アラン・バデル、デレク・ジャコビ、 ミシェル・オークレール、バリー・インガム、ティモシー・ウェスト

【作品概要】
フレデリック・フォーサイスのベストセラー小説『ジャッカルの日』(1971)をフレッド・ジンネマンが監督した傑作サスペンス・スリラー。エドワード・フォックスが冷酷な殺し屋“ジャッカル”を演じ、彼の出世作としても有名な作品。

第46回アカデミー賞(1974年)編集賞(ラルフ・ケンプレン)ノミネート作品。他にも、第31回ゴールデングローブ賞(1974年)ドラマ部門最優秀作品賞、最優秀監督賞(フレッド・ジンネマン)、最優秀脚本賞(ケネス・ロス)でノミネートしている。

映画『ジャッカルの日』のあらすじとネタバレ

1962年8月、アルジェリア独立を認めた仏大統領シャルル・ド・ゴールを暗殺すべくOAS(秘密軍事組織)は、ペティ・クラマール郊外に潜伏していました。

わずか7秒間の襲撃で大量の銃弾がド・ゴール一行を乗せた車を襲ったにもかかわらず、暗殺に失敗したOASの一行。

6ヶ月後。大統領暗殺未遂の主犯であったOASのジャン=マリー・バスティアン・ティリーが当局に捕らえられ、銃殺刑に処されます。

その後、OASの他のメンバーも次々に逮捕され、組織はほぼ根絶やしに。

そこからさらに3ヶ月後。逮捕を免れたOASの指導者ロダン大佐らはウィーンのホテル・クライストに潜伏していました。

いまだにド・ゴール暗殺を諦めていない彼らは、フランスで活動歴のない暗殺者を雇おうと試みます。

6月15日。多数の候補の中から選ばれたイギリス人の殺し屋がロダンの下を訪れました。彼はド・ゴール暗殺は可能だが、問題はその後だと話を切り出します。そこから逃げ出すことが出来なければ成功とはいえないというのです。

そのためには多くの時間と資金が必要になると男。「50万」とロダンに告げました。「ポンドか?」と尋ねると「ドル」だと男は言います。

もはや壊滅状態にあったOASにとって50万ドルもの大金を要することは非常に困難でしたが、渋々ながらその要求を呑みました。

前金として半額がスイスの銀行口座に振り込まれた時点で行動を開始するという男に「君をなんと呼べばいい?」とロダン。

「ジャッカル」と言って男は去っていきました。

その後、フランス各地の銀行などを襲うことで資金を調達するOAS。一方、フランス当局のローラン大佐はローマに移動したダガンらの動きを掴んでいましたが、肝心の目的まで把握できず、監視体制を強化するのでした。

イギリス、ロンドン。ポール・ダガンという名で偽のパスポートを取得したジャッカル。ダガンという人間は2歳でこの世を去っており、今は存在しない男です。

さらに空港でデンマーク人のパスポートを奪い、その男にも成り済ます準備を整えます。

その頃、半金の25万ドルが入金されたことを知ったジャッカルは“ヴァルミ”という人間が連絡員で、今後はこの男を通じて接触を図るようOASから連絡を受けました。

イタリア、ジェノバ。ロダンらの動きを監視していたローラン大佐は彼らがホテルに籠り全く動きを見せないことに不穏な空気を察知します。

唯一外出するのは副官のウォレンスキただ一人で、奪われないようにするためか、アタッシュケースを手錠で自らの腕につないでいる姿が度々目撃されているのです。

ローラン大佐はこの件をコルベール将軍へ報告しました。

一方、OASの連絡員ヴァルミは、組織の一員である女性のデニースにド・ゴールの側近であるサンクレールに近づいて、情報を入手するよう命じます。

その頃、ジャッカルはジェノバにいるガンスミスの下を訪れていました。軽量で扱いやすく、組み立て式の銃の製造を依頼しに来たのです。

アルミ製でサイレンサーと照準器付き、距離は120mを越すことはないとジャッカル。弾は炸裂弾が良いとのことで、水銀にしようということで話が付きました。

彼が続いて訪れたのは偽造屋。各種IDなどを製造するよう依頼し、撮った写真はネガも含めて全て引き渡すようきつく言い渡します。

その後、パリへと向かったジャッカル。暗殺に適した場所を探し、ある建物に目を付けます。管理人の隙をついて鍵の型を取りその場を去りました。

一方のデニースはド・ゴールの側近サンクレールに近づくべく、ある作戦を仕掛けました。乗馬中に犬をけしかけ、落馬させたのです。

謝罪するデニースに仕方がないことだからと気にしていない様子のサンクレール。どうやら腰を痛めたようで、デニースは彼を介抱するという名目で近づくことに成功します。

その頃コルベール将軍は、不審な動きをしていたウォレンスキを捕らえるようローラン大佐に命じてました。拷問し、全てを吐かせようというのです。

1963年8月14日。ウォレンスキが漏らした言葉を分析中、「ジャッカル」という言葉と「ホテル・クライスト」という言葉を聞き取ったローラン大佐。

どうやら再びド・ゴール暗殺計画が進行中で、その暗殺者がジャッカルであると判明し、内務大臣へ報告します。

当のジャッカルはその頃ジェノバの偽造屋の下を訪れていました。出来上がったIDなどを受け取るも、全て引き渡せと言っていたはずのネガなどを渡そうとしない偽造屋。

どうやらデカいヤマだと踏んだらしく、ジャッカルから強請ってやろうという魂胆でした。必要以上の金を要求する偽造屋に笑顔を浮かべるジャッカルは、どてっ腹をぶん殴り、首を折って殺害します。

その後、ガンスミスの下へ向かったジャッカル。アルミ製だとどうしても曲がってしまうので、ステンレスにしたが軽さは問題ないとガンスミス。ジャッカルもその出来栄えに満足したようでした。

ローラン大佐からの情報を受けて、会議を招集した内務大臣。暗殺の手が迫っているということを説明したにもかかわらず、大統領は頑なに公式行事に参加すると言ってきかないのだとか。

となると事前に暗殺を阻止するほかはないのですが、肝心の暗殺者の情報がほぼ皆無という状況に警視総監のベルティエも困り顔でした。

とにかくそのジャッカルという暗殺者をまず特定しなければ捕まえようもないということで、最高の刑事だと称されるルベル警視が捜査責任者としてベルティエに指名されます。

早速捜査を開始したルベルと助手のキャロン警部。まず最優先にしたのはフランス国内で活動経験のある殺し屋探しでした。

内務大臣が招集した会議にはサンクレールも出席していました。その頃すでに同棲関係ににあったデニースは彼からジャッカルの捜査が開始されたという情報を得て、ヴァルミに知らせます。

ルベルが当たったフランス国内の殺し屋は全て外れたため、スコットランドヤード(ロンドン警視庁)やアメリカFBIなど主要国の警察機構に殺し屋のリスト作成を依頼しました。

連絡を受けたスコットランドヤードのマリンソンは、部下のトーマス警視にこの件を命じます。その後の捜査で彼が諜報部から得た情報で事態は動き出しました。

1961年にドミニカの独裁者暗殺に関与した男“チャールズ・ハロルド・カルスロップ”というイギリス人の存在を掴んだのです。

この男がレーダーにかかったのにはある理由がありました。“Jackal”をフランス語に直すと“CHACAL”。

“CHARLES(チャールズ)”の最初の3文字“CHA”と、“CALTHROP(カルスロップ)”の最初の3文字“CAL”を組み合わせたものなのではと考えられたからだったのです。

以下、『ジャッカルの日』ネタバレ・結末の記載がございます。『ジャッカルの日』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

“チャールズ・ハロルド・カルスロップ”という人物は23名存在し、一人一人当たっていったトーマス警視は、その中の一人が外国へ良く旅行に出かけるという情報を得ました。

令状を取り、早速室内を捜索します。するとそこにドミニカに入国したというスタンプがあるにもかかわず出国した記録のないパスポートを発見します。

こいつがジャッカルに違いないと踏んだトーマス警視はすぐにルベルに連絡しました。

しかし、自室にパスポートがあるということを不審に思っていたトーマスは、ジャッカルが偽造パスポートを使っているに違いないと睨み、過去3ヶ月の間に新規でパスポートを申請した人間とすでに死亡している人間を照合するよう部下に命じました。

一方、ジェノヴァで準備万端に整えていたジャッカルは白のアルファロメオで一路フランスを目指して走行中。

ロンドンでは、トーマスの部下の一人が7月にたった2歳で死亡したポール・ダガンという人間がパスポートを取得していることを突き止め、ルベルに急ぎ知らせます。

ちょうどその頃、国境の検問所に差し掛かったジャッカル。パスポートや荷物をチェックされるも問題なくフランス国内に入り込むことに成功しました。

すでにフランス国内にジャッカルが入り込んでいるとは露知らず、ルベルはポール・ダガンの名で行動しているこを知り、内務大臣に状況を知らせます。

連絡員のヴァルミから捜索が開始されているという情報を得たジャッカルは、一瞬逡巡しながらもパリを目指して再び走り出しました。

その後、南仏のグラースヘと辿り着いたジャッカルは、宿泊したホテルで美しい女性と出会います。そして、フロントの隙をついて宿泊名簿からその女性(モンペリエ男爵夫人)の名前と住所を確認したジャッカル。

その夜、彼女の部屋を訪れ一夜を共にします。

一方のルベルは、すでにフランス国内にジャッカルが潜入しており、グラースのホテルに宿泊しているという情報を得ました。

彼が急いで現地に向かうも時すでに遅し。すでにジャッカルの姿はありませんでした。

従業員への聞き込みで、彼がモンペリエ男爵夫人と親しい様子だったという情報を得たルベルは、一路彼女の下へと向かいますが、特にこれといった情報は得られませんでした。

その頃ジャッカルは、白のアルファロメオに乗っていることがバレているということをヴァルミから聞き及び、車体を青に塗り替えます。

その後走行中に対向車と接触事故を起こしてしまったジャッカル。自らは軽傷で済みましたが、相手は死亡した模様。彼はこの機会を好機と捉え、死亡した相手の車に乗り換えてモンペリエ男爵夫人の下へと向かいます。

彼女の屋敷に到着したジャッカル。すでにルベルから真相を聞かされていた夫人でしたが、ジャッカルに惹かれるあまり警察には通報せず、彼を受け入れてしまいます。

しかし、夫人がすでに警察と話していたことを知ったジャッカルは彼女を殺し、ポール・ダガンの変装からデンマーク人教師の変装へと切り替えることに。

その後、列車でパリへと向かったジャッカル。一方のルベルは、モンペリエ男爵夫人が殺されたことを知り、公開捜査を開始します。

そして夫人の車が駅近くで発見された事から、列車でパリに向かったことを知ったルベルは、キャロンと共にオステルリッツ駅へと急行。

しかし、その駅にはルベルらよりも早くジャッカルが到着していました。彼がタクシーでサウナに行くよう指示して駅を出ます。ジャッカルはサウナで出会った一人のゲイの家に潜伏することとしました。

いまだにデンマーク人の名前を掴んでいなかったキャロンは、パスポートを盗むには空港に行くしかないと睨み、ここ最近パスポートの紛失の届け出があったデンマーク人を洗い出すことに。

すると大使館から報告があり、デンマーク人教師の“ペーア・ルンドクビスト”という人間がパスポートを紛失したとして届けが出ているという情報を入手したキャロン。

早速ルベルと共にホテルの宿泊者名簿をあたりますが、該当する人物はおらず途方に暮れていしまうのでした。

ルベルはどうも内部から情報が洩れているようだと感じており、会議に出席していた全員の家に盗聴器を仕掛けます。

すると、一人の人物があぶり出されました。入手した録音テープを会議の席上で皆に聞かせるルベル。内容は、「デンマーク人教師を捜索している」と電話で話す女性の声。

するとサンクレールがすくっと立ち上がり、「申し訳ありません。それは私が同棲している女性です」とうなだれながら告白し、その場を去っていきました。

情報の漏洩源が消えた後、ルベルはジャッカルの暗殺予定日が分かったと内務大臣に伝えます。それは、8月25日のパリ解放記念式典。今から2日後のことです。

あと2日間、全力を挙げて捜査することを会議の出席者に誓い、ルベルは退席しました。

その後、サンクレールは自殺。発見したデニースは逮捕されます。

そして運命の日、8月25日。パリ解放記念式典当日。

厳戒態勢が敷かれる中、片足を失った松葉杖の退役軍人(ジャッカル)が事前に目を付けていたアパートへと向かっていました。

警備についていた警官を騙し、何とか潜入することに成功したジャッカル。アパートの管理人を殺し、最上階の窓からド・ゴールを狙撃すべく準備を整えます。

一方、周囲を捜索中に松葉杖の男のことを知ったルベルは、そいつがジャッカルに違いないと思い、警官と共にアパートへと急行しました。

大統領が到着し、式典が始まった午後4時。ド・ゴールの頭に狙いを定めていたジャッカルが銃弾を放つも、ド・ゴールが運よく下を向いたことで狙いが外れてしまいます。

2発目を放とうと弾丸を込めようとしたその時、ドアを蹴破りルベルと警官が押し入ります。同行した警官が射殺されるも、ルベルの放った一撃でジャッカルは倒れ、死亡しました。

こうして暗殺計画を未然に防がれたのですが、ロンドンでは奇妙な事態が起こっていました。チャールズ・ハロルド・カルスロップ本人が家に戻ってきたというのです。

結局、ジャッカルの正体は全くの不明のまま、彼の遺体は共同墓地へと埋葬されるのでした。

スポンサーリンク

映画『ジャッカルの日』の感想と評価

フレデリック・フォーサイスの同名小説を基にした傑作サスペンス・スリラー『ジャッカルの日』。

この作品は史実に基づいた部分が非常に大きいので、その辺りを知っておくとより楽しめると思いますので、ごく簡単に説明させて頂きます。(もちろん知らなくても十分面白いのですが…)

OAS(Organisation de l’armée secrète)というのは実在したフランス極右民族主義組織の名称で、当時フランスの支配下にあったアルジェリアは自国の領土であると信じ、その独立を阻止しようと武装闘争を行っていました。

こういった情勢の下、アルジェリア独立を支持したのが当時のフランス大統領シャルル・ド・ゴール。彼を排除すべく、1962年8月のOASによる暗殺未遂事件(プティ=クラマール事件)が起こったのです。

そして首謀者だったジャン=マリー・バスティアン・ティリーが逮捕され、銃殺。それに伴いOASはほぼ壊滅状態に。

ここまでが冒頭部分で、ここから先がフィクション部分に当たる所です。この作品が素晴らしいのは、こういった歴史的背景の説明をしなければけない場合でも、決して過剰になることがなく、スムーズに観客の頭の中に情報が植え付けられるという所にあると思います。

こういった演出が監督のフレッド・ジンネマンの巧みな所です。シンプルだけれども効果的に情報を提供しながらも、テンポよくサクサクと進行させることで、決してダレることがないのは偏に彼の手腕による所が大きいでしょう。

特にテンポの良さというのはこの作品で際立っていて、ポンポンポンと切り替わっていく場面転換が心地よいスピード感を生み出し、そのスピード感は徐々に徐々に高まって緊張感をさらに加速させる役割を担っているのです。

また、こういったスピード感を大事にしながらも、ジャッカル側の視点もルベル側の視点もどちらも非常に緻密に描かれているという点は特筆すべき所ではないでしょうか。

克明になおかつ詳細に表現されるルベルの捜査状況。一方のジャッカルは、一つ一つの準備状況をしっかりと見せながら(それに対する口頭での説明はない)、それが後々の彼の行動にしっかりと繋がってくるという見せ方は本当に「巧い!」の一言です。

このように、シンプルだがテンポよく緻密に構成された『ジャッカルの日』。監督の手腕に加えてキャスト陣も魅力で、何といっても主人公ジャッカル(エドワード・フォックス)の存在は外せません。

冷酷非情という言葉がこれほどピタリと当てはまるキャラクターは他に類を見ないのではないでしょうか。

目的のためなら手段を選ばず、殺す必要があれば殺すし、そうでなければ殺さないという何とも合理的かつ論理的思考に基づいて行動しているジャッカルという人間を、エドワード・フォックスが見事に演じていますね。

他にも、常に疲れた表情を浮かべながらも決して明晰さを失わないルベル警視を演じたマイケル・ロンズデール。そして、少ない出番ながらも美しきインパクトを残したデルフィーヌ・セイリグ(モンペリエ男爵夫人役)も魅力的ですね。

スポンサーリンク

まとめ

『ジャッカルの日』は、後に『ジャッカル』(1997)としてマイケル・ケイトン=ジョーンズ監督、リチャード・ギア&ブルース・ウィリス主演でリメイクされました。

しかしこの作品、リメイクとは名ばかりで全く別の作品(商業主義の臭いがプンプンする単なるアクション映画)になってしまっているのです。

元々は同名タイトルの『The Day Of The Jackal』としてスタートしたものの、フレッド・ジンネマンにもフレデリック・フォーサイスにもクレームを付けられて、タイトルを『ジャッカル(The Jackal)』に変更せざるを得なくなったんだとか。

元々の『ジャッカルの日』がかなり原作を忠実に再現したものだっただけに、リメイクを名乗るはちと無理があったかなと言わざるを得ませんね。

そして何より、商業主義的作品に批判的だったフレッド・ジンネマンが亡くなった1997年に『ジャッカル』が発表されたという点は、悲しいかな、人生というものの皮肉さを痛感させられるばかりです。

スポンサーリンク

関連記事

サスペンス映画

映画『娘よ』ネタバレあらすじと感想!ラスト結末も

今回ご紹介する映画『娘よ』は、日本で初めて公開されるパキスタン映画。 世界の片隅では、今だ起き続ける紛争に巻き込まれた少女や、少年の哀しみをネットでよく見かけます。また昨今は、過激な発言で一部の国民を …

サスペンス映画

映画『アンブレイカブル』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

『シックス・センス』で一躍その名を馳せたM・ナイト・シャマラン監督。そんな傑作に続いて彼が打ち出したのはなんとヒーローもの?! サミュエル・L・ジャクソンの怪演が光る『アンブレイカブル』をご紹介します …

サスペンス映画

映画『愚行録』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

ー仕掛けられた3度の衝撃。あなたの日常が壊される。ー 第135回直木賞の候補になった貫井徳郎の小説『愚行録』を映画化! 妻夫木聡主演、日本が誇る戦慄の群像ミステリー『愚行録』を紹介します! スポンサー …

サスペンス映画

三度目の殺人の撮影ロケ地とメイキング舞台裏【福山雅治主演映画】

9月9日(土)より全国の劇場にて上映される映画『三度目の殺人』。 2013年に『そして父になる』でカンヌ国際映画祭審査員賞を獲得した、是枝裕和監督と福山雅治主演という再タッグに、世界的に知られる大御所 …

サスペンス映画

映画『お嬢さん』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

韓国映画の勢いが止まりません。中でもパク・チャヌク監督の『お嬢さん』に注目です。サラ・ウォーターズの小説『荊の城』を原作に、舞台を19世紀のイギリスから日本統治下の朝鮮半島に置き換え、豪奢でエキサイテ …

映画専門サイトライター募集中