Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2017/09/02
Update

三度目の殺人|若手弁護士・川島輝役は満島真之介!演技評価と感想

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

是枝裕和の最新映画『三度目の殺人』が、2017年9月9日(土)に公開。

弁護士が殺人犯の心の奥底に潜む真意を、弁護する立場から見つめる姿によって、新たな真実を想像する法廷サスペンス。

キャストは是枝監督と2度目のタッグとなる福山雅治が弁護士を演じ、同僚の若手弁護士には大注目の若手俳優の満島真之介も出演!

スポンサーリンク

1.映画『三度目の殺人』の作品情報


(C)2017 フジテレビジョン アミューズ ギャガ

【公開】
2017年(日本映画)

【原案・脚本・編集・監督】
是枝裕和

【キャスト】
福山雅治、役所広司、広瀬すず、斉藤由貴、吉田鋼太郎、満島真之介、松岡依都美、市川実日子、橋爪功

【作品概要】
『そして父になる』の是枝裕和監督と福山雅治が、ふたたびタッグを組んだ作品で、是枝監督自らオリジナル脚本で挑んだ法廷心理ドラマ。

第74回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門に正式出品。

是枝組には初参加となる役所広司が殺人犯の三隅役で福山雅治と初共演を果たしました。また、『海街diary』の広瀬すずが重要な鍵を握る被害者の娘役を演じています。

2.『三度目の殺人』の満島真之介(川島輝 役)

福山雅治演じる重盛朋章と、同じ弁護士事務所に所属する若手弁護士の川島輝を演じた満島真之介

重盛は容疑者の抱えた真実にはまったく興味がなく、自分の担当する裁判の勝利のみにこだわっている人物。

一方でそんな重盛に「無駄な命なんてどこにもない」と反発するかのように、弁護に対して熱い心を持った川島輝は、重盛とはしばしば主張がすれ違いを見せます。

そんな好感の持てる人物を満島真之介は演じています。

また、彼にとって2017年は映画の当たり年。

『無限の住人』(2017)にも出演!

今作『三度目の殺人』の他にも、木村拓哉主演の『無限の住人』には凶戴斗として出演、大野智主演の『忍びの国』では下山次郎兵衛役を演じています。

もちろん、あなたもご存知とは思いますが、満島真之介の姉は女優の満島ひかりです。

演技派女優の姉と同様に、俳優としての活躍が今後期待される満島真之介にとって、重盛役の福山雅治、三隅役の役所広司との共演は大きな俳優として軌跡になるでしょう。

さらには、今作は第74回ヴェネチア国際映画祭コンペ正式出品も決まり、現地時間の9月9日には映画賞の発表もあります。

満島真之介の俳優人生にとって今後大きな夢とを描く作品になりそうですね。

スポンサーリンク

3.映画『三度目の殺人』のあらすじ

法廷の弁護の勝訴にこだわりを持つ弁護士の重盛が、弁護を担当することになってしまったの容疑者の三隅。この容疑者には30年前にも殺人前科がある人物でした。

仕事を解雇された工場の社長を殺めて、その死体に火をつけた容疑で起訴された三隅。彼は犯行も自供し、死刑はほぼ確実でした。

しかし、調査を進めるにつれ、弁護士の重盛には違和感のようなものが芽生えていきます。

三隅と会うたびに動機が曖昧に変わり、なぜ殺したのか…?本当に彼が殺したのか…?謎の多い三隅に呑まれているのか…?

他人の弁護に真実などは必要ないと信じていた弁護士の重盛が、初めて容疑者の心の真実を知りたいと願うようになります。

やがて、三隅と被害者の娘の咲江に接点があることが明らかになるのです…。

まとめ

弁護士重盛役に福山雅治、対峙する容疑者に役所広司、物語の鍵を握る被害者一家の斎藤由貴と広瀬すずと演技派俳優の共演が見どころな作品となっています。

その重盛の事務所に所属する若手弁護士に満島真之介です。満島ファンのあなたなら、ぜひ大きなスクリーンで映画を堪能したいですね。

容疑者三隅の口から語られる人間模様の糸口を一つ一つ解いて先に、それまで見えていた事実が次々と変容していくこととは何か?

熱く正義感のある満島真之介演じる川島輝は何を見たのか?

是枝裕和監督の映画『三度目の殺人』は、2017年9月9日(土)より全国公開です。

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

サスペンス映画

映画『サバイバルデスゲーム』ネタバレ感想と結末のあらすじ解説。殺し合いのホラーナイトショーで賞金を懸けて闘う!

選ばれし9人が賞金を賭けて殺し合うサスペンス・スリラー エロス・ダントナが脚本・監督を務めた、2017年製作のイタリアのサスペンス・スリラー映画、『サバイバル・デスゲーム』。 離婚した元妻に娘を奪われ …

サスペンス映画

『ジュラシックパーク』ネタバレ結末あらすじと感想解説。恐竜!最強絶滅⁈テーマパークを描いたスピルバーグ作品

1993年制作のスティーブン・スピルバーグ映画『ジュラシック・パーク』 続編を製作すると年間興行収入ランキングで必ず上位に入る、とさえ言われる「ジュラシック」シリーズ。 長年続く大人気のこのシリーズは …

サスペンス映画

映画『バグダッド・スキャンダル』あらすじと感想。実話が原作の社会派サスペンスに隠されたものとは

国連主導の人道支援プロジェクトが、国連史上最悪の汚職事件になってしまったという、2003年のスキャンダルを描く映画『バグダッド・スキャンダル』は、11月3日(土)よりシネマカリテほか全国順次公開されま …

サスペンス映画

映画『15キリングス』ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。サイコパスの殺人遍歴と人知れない“彼の苦悩”

脳科学者が連続殺人犯の過去と犯行動機を暴くサスペンス・ホラー ジョン・ドラコスが監督・脚本を務めた、2019年製作のアメリカのサスペンス・ホラー映画、『15キリングス』。 何が彼を、殺人に駆り立ててい …

サスペンス映画

『たぶん悪魔が』ネタバレあらすじ感想と結末ラストの評価解説。ロベール・ブレッソン監督がベルリン映画祭で銀熊賞した“死に取り憑かれた美しき青年”

第27回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(審査員特別賞)を受賞した名作映画『たぶん悪魔が』。 1977年に、ひとりの若者の死と生を見つめ、社会への批判を描いたロベール・ブレッソン監督の映画『たぶん悪魔が』。 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学