Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2021/04/07
Update

映画『ホムンクルス』ネタバレ感想と評価レビュー。カルト的な漫画原作を実写化に挑んだ清水崇監督の代表作!

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

山本英夫の同名漫画を綾野剛主演で清水崇監督が実写映画化『ホムンクルス』。

記憶と感情を失った男が「ホムンクルス」と呼ばれる存在が見えるようになり、自身の過去と対峙する事になるサイコミステリー『ホムンクルス』。

世界的にも活躍している監督の清水崇が、カルト的な人気を誇る漫画原作をもとに、独特の映像世界を生み出し、人間の深層心理に挑む。

名越役を綾野剛が演じるほか、伊藤役を成田凌が務めています。そして脇を固めるのは内野聖陽、岸井ゆきの、石井杏奈らも演技力を発揮した本作の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ホムンクルス』の作品情報


(C)2021 山本英夫・小学館/エイベックス・ピクチャーズ

【公開】
2021年公開(日本映画)

【原作】
山本英夫

【監督・脚本】
清水崇

【共同脚本】
内藤瑛亮、松久育紀

【キャスト】
綾野剛、成田凌、岸井ゆきの、石井杏奈、内野聖陽

【作品概要】
『殺し屋1』など、独特の作風で知られる漫画家、山本英夫。

その山本英夫の累計発行部数400万部超えを記録した、カルト的な人気を誇る作品『ホムンクルス』を、「呪怨」シリーズで、国内外で人気を誇る監督、清水崇が実写映画化。

主人公の記憶を無くした男、名越を演じるのは、数多くの映画やドラマに出演する人気俳優の綾野剛。

名越を危険な世界に誘う、伊藤を演じるのは、正統派だけでなく「スマホを落としただけなのに」シリーズなどで、異質の演技を見せる成田凌。

ヤクザの組長を内野聖陽が演じる他、岸井ゆきの、石井杏奈ら個性的な俳優陣が脇を固めています。

映画『ホムンクルス』のあらすじとネタバレ


(C)2021 山本英夫・小学館/エイベックス・ピクチャーズ
車上生活を送る男、名越進。

名越は過去の記憶が無いまま、ホームレスのような毎日を送っていますが、ホテルのレストランで食事をするなど、何故かお金には不自由していない様子です。

名越が車を停めている、公園に住んでいるホームレスグループは、名越を「あんちゃん」と呼んで、仲間として受け入れながらも、感情の変化を見せない名越を、どこか不気味に感じています。

ある時、名越の車を、奇抜なファッションに身を包んだ若者、伊藤学が訪ねます。

著名な医者の息子で、自身も研修医である伊藤は、名越に「頭蓋骨に穴を開けさせてほしい」と申し出ます。

名越は、その要求を断りますが、伊藤は「あなたじゃなきゃ駄目だ」と食い下がります。

それでも、頑なに伊藤の要求を断った名越ですが、翌日、自身の車がレッカー移動されてしまいます。

再び名越の前に現れた伊藤は「あなたに生きる意味を与える」と伝えます。

伊藤は、名越が過去の記憶や一切の感情を失っている事を知っており、それらを取り戻すために「トレパネーション」と呼ばれる手術を施す事を提案します。

「トレパネーション」は、いわゆる第六感に目覚めさせる手術で、頭蓋骨に穴を開けて、脳に眠る潜在的な能力を開放する事が目的です。

失敗すれば植物状態になりますが、名越は「今も、そんなに変わらない」と伊藤の提案に乗る事にします。

「トレパネーション」を受けた名越ですが、自身に大きな変化を感じません。

伊藤は、名越の第六感を試す為、伏せたカードの図柄を当てるテストを行います。

伊藤から「全ての意識を左側に集中させろ」と伝えられ、名越は左目だけで伏せられたカードを見て、直感で図柄を言い当てます。

実験の成功に伊藤は喜びますが、名越は「偶然だ」と感じ、伊藤の実験にくだらなさを感じます。

伊藤と別れ、繁華街に入った名越が、試しに左目で通行人を見てみると、通行人が奇妙な見た目の、化け物のような存在に見えてしまいます。

驚いた名越ですが、ヤクザの組長にぶつかってしまい、路地裏に連れて行かれてしまいます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ホムンクルス』ネタバレ・結末の記載がございます。『ホムンクルス』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2021 山本英夫・小学館/エイベックス・ピクチャーズ
ヤクザに路地裏へ連れ込まれた名越。

ですが、名越はヤクザの組長が超合金のロボットに見えていました。

組長は、落とし前として名越の小指を切ろうとしますが、名越は「ダメだよ、自分の小指を切っちゃ」と組長に意味不明の言葉を語りかけます。

すると、組長の小指が小刻みに震えた為、名越を不気味に感じた組長は、その場を立ち去ります。

次の日、伊藤に化け物の話をした名越は「それは、人間の深層心理が形になったもの」と伝えられ、伊藤はその現象を「ホムンクルス」と名付けます。

「ホムンクルス」に興味を持った伊藤は、名越を女子高生専門の風俗店に連れて行き、控室にいる女子高生達を見せて「何か感じるか?」という実験を開始します。

名越は女子高生の中に、砂のようになっている「ホムンクルス」を持つ、ユカリを見つけ出します。

ユカリに興味を持った伊藤は、ユカリに話しかけますが、伊藤に女性経験が無い事を見透かされてしまいます。

伊藤は発作のような症状を出し、ユカリから盗み出したスマホを名越に渡し、その場を立ち去ります。

自身の車に戻った名越は、昨晩のヤクザに居場所を突きとめられ、事務所に連れて行かれます。

名越は組長に「昨晩、俺に何をした?」と詰め寄られますが、名越は全く分かりません。

もう一度、組長を左目で見た名越は、超合金のロボットの中に子供が入っている事に気付きます。

それは、子供時代の組長の姿でした。

組長は幼い頃に。弟から玩具のロボットを奪おうとして、弟の小指を切断してしまうという事故を起こしていました。

その事を謝罪できなかった事が、組長の深層心理でトラウマになっており、その反動でヤクザの世界に入り、人の小指を切り落とすという行為に繋がっていたのです。

名越により、過去のトラウマと対峙した組長は、ヤクザを廃業する事を決意します。

事務所から戻った名越は、ホームレスの飲み会に誘われます。

「トレパネーション」を受けて以降、自身の過去と、眠っていた感情が戻り始めた名越は、ホームレスの仲間に「過去に保険の査定員をやっていた」と伝えます。

査定員の基準から、ホームレス仲間の、命の値段を算出しようとした名越ですが「命に値段があるか!」と、突き飛ばされます。

そこへ、ユカリから連絡があり、名越はスマホを返しに行きます。

名越の車に乗り込んで来たユカリを、名越は左目で見ます。

すると、砂だと思われたユカリの「ホムンクルス」は、実は記号の集合体である事が分かります。

ユカリの「ホムンクルス」は、名越を誘惑するような言葉を発する為、名越はユカリを押し倒します。

ユカリは、そのまま名越と初めての性行為を経験し、満足したような表情を浮かべます。

すると、ユカリの「ホムンクルス」は消えていきました。

次の日、名越は自身の体に組長とユカリの「ホムンクルス」が転移している事に気付きます。

驚いた名越は、伊藤の病院に押しかけますが、待合室で待たされます。

その待合室で、名越は赤い服を着た顔の無い「ホムンクルス」と遭遇し「空っぽ」と言われます。

その言葉に反応した名越は取り乱し、顔の無い「ホムンクルス」を持つ女性も驚きますが、そこへ伊藤が現れます。

伊藤の部屋で「名越に他人の『ホムンクルス』が転移している」と伝えられ、解決法として「名越自身の深層心理のトラウマと、対峙する必要がある」と伝えられます。

名越は、自身の深層心理を探る為、車内にある所持品を整理します。

すると「ななこ」と書かれた名刺が見つかった事で、名越は自身の過去が完全に蘇ります。

保険会社の査定員として、高い給料をもらっていた名越は、クラブで高い酒を飲むなど、派手な生活を送っていました。

そんな名越に「空っぽ」と伝えてきたのが、クラブで偶然出会った、ななこでした。

そして、病院で出会った顔の無い「ホムンクルス」を持つ女性こそ、ななこだったのです。

次の日、名越は病院で待ち伏せて、病院から出て来たななこに話かけますが、ななこも記憶を失っていました。

名越は、過去にななこと2人で暮らしていた住居に連れて行き「2人は恋人関係で、ここで暮らしていた」と伝えます。

自身の過去と向き合ったななこは、名越を受け入れ一晩を共にします。

次の日、自身の深層心理の中にある、トラウマを消し去った名越は「ホムンクルス」が見えなくなっていました。

ですが、ななこの額に「トレパネーション」が施された傷跡を見つけます。

名越は、伊藤の部屋に押しかけますが、伊藤は留守でした。

しかし、伊藤から名越に連絡があり「彼女に『トレパネーション』を施したが何も起きなかった」と語り、名越へ「今の現実は、自分の脳が作り出した、都合の良い幻想かもしれない」と伝え、伊藤は電話を切ります。

そして伊藤は、ななこの前に姿を現します。

名越は、伊藤の深層心理に向き合う為に、自分の頭にドリルで穴を開けて「トレパネーション」を行います。

名越が、ななこの待つ住居に戻ると、ベランダで怯えた様子のななこがいました。

そして、ななこは「私は、ななこさんじゃない」と語ります。

ななこと思われた女性は、恋人の運転していた車で、ななこと名越に衝突事故を起こしていました。

女性は、事故で亡くなった、実際のななこと入れ替わり、事故のショックでお互いに記憶を失った名越と、生活を共にしていただけでした。

名越は「私は、ななこさんじゃない」と、怯えるように泣き続ける女性を抱きしめます。

名越がリビングに戻ると、そこに伊藤が待っていました。

名越が、左目で伊藤を見ると、伊藤は水のような「ホムンクルス」を持っていました。

水の「ホムンクルス」の中を、一匹の金魚が回遊しています。

名越が伊藤に、その事を伝えると、伊藤のトラウマが発覚します。

伊藤は幼い頃から、父親に褒めてもらう事を求めていましたが、父親は伊藤に興味を持たず、いつも金魚ばかりを見ていました。

伊藤は嫉妬心から、金魚を殺していました。

「あの人に見てほしかった、認めてほしかった」と泣きながら語る伊藤に、名越は「俺達は、自分の事しか見えていなかったんだ」と伝えます。

次の日、伊藤は自らに「トレパネーション」を施し、異常な目つきで街を見ています。

名越は、ななこだった女性と、車で新たな旅に出るのでした。

スポンサーリンク

映画『ホムンクルス』感想と評価


(C)2021 山本英夫・小学館/エイベックス・ピクチャーズ
山本英夫原作の、カルト的な人気漫画『ホムンクルス』を、「呪怨」シリーズで海外でも知られる監督、清水崇が実写映画化した『ホムンクルス』。

映画『ホムンクルス』は、2つの謎「記憶を失った名越の過去」「『ホムンクルス』とは何なのか?」が物語の主軸になっていますが、一筋縄ではいかない、かなり捻りの利いた作品となっています。

物語を通して伝えられるのは「コミュニケーションの難しさ」


(C)2021 山本英夫・小学館/エイベックス・ピクチャーズ
まず序盤では、車で寝泊まりする、名越の様子が描かれており「この男は何者なのか?」という謎が、物語の推進力となります。

名越は車で生活していますが、何故か「アメリカン・エキスプレス」のブラックカードを持っており、ホテルのレストランで普通に食事をするなど、お金には困っていない男です。

その理由について、名越自身も分かっていません。

さらに、名越が車を停めている場所は、一流ホテルとホームレスが溢れる公園の間の道路で「何者でもない、どちら側の人間でもない」という、名越の不安な立ち位置を表現しています。

その名越の前に、突然現れた奇抜なファッションに身を包んだ男、伊藤が現れた事で、物語は急展開します。

伊藤により「トレパネーション」を施された名越が、不気味な「ホムンクルス」が見える能力を持つようになります。

この「ホムンクルス」は、人間が深層心理の奥に眠らせた感情で、いわゆる「トラウマ」なのですが「超合金ロボット」「腰だけが回転する女」など、実に様々な形で表現されています。

特に、女子高生ユカリの「ホムンクルス」と対峙する場面は、1つ間違えると笑えてしまう光景になるところを、常に「恐怖と笑いは紙一重」と語る清水崇監督だからこその、言葉で表現する事が難しい、妙な迫力のある場面に仕上がっています。

名越と「ホムンクルス」の闘いは、一見するとかなり奇妙ですが、実は「カウンセリング」のようなものです。

そして名越が、自身の過去と深層心理にも向き合う展開が、終盤の核となります。

かつての名越は、派手な暮らしを送っていましたが、上辺だけで心は空っぽの男でした。

その名越の深層心理を見抜いた、ななこという女性と暮らすようになりますが、事故でななこを失ったショックから、名越は記憶を無くしたという事が判明します。

かなり変わった展開と、映像表現が印象的な本作ですが、物語を通して伝えられるのは、コミュニケーションの難しさです。

ラストで名越が語る「俺達は、自分の事しか見えていなかったんだ」という台詞も印象的ですね。

病的な現代社会の象徴としての「ホムンクルス」


(C)2021 山本英夫・小学館/エイベックス・ピクチャーズ
おそらくですが、人間誰しも「忘れたいぐらい辛い過去」の1つや2つ持っており、深層心理の奥底に眠らせているのではないでしょうか?

それらが無意識の内に「トラウマ」となり、それを形にしたのが、本作に登場する「ホムンクルス」です。

「ホムンクルス」は、誰もが心に闇を抱える、病的な現代社会の象徴とも言えますね。

そして、どんなに親しい間柄の人であっても「絶対に踏み込んでほしくない領域」が深層心理にはあり、それを隠して他人と接し、また相手も必要以上に踏み込まない。

これが、現代社会で誰もが無意識に行っているコミュニケーションではないでしょうか?

そう考えると、かなり異質な形であり、人の「絶対に踏み込んでほしくない領域」が見えてしまう、名越の能力は恐ろしく感じます。

名越と伊藤を通じて問いかけられる、人との距離感とは?


(C)2021 山本英夫・小学館/エイベックス・ピクチャーズ
本作のメインキャラクターとなる、名越と伊藤。

この2人は、コミュニケーション能力が、ある意味において欠落しており、対人関係において真逆の問題を抱えていました。

記憶を失う前の名越は、自分の事しか興味が無い男で、他人が全く見えていませんでした。

その事が、ななこを失う原因となってしまいます。

一方の伊藤は、父親に認められなかった事がトラウマになり「他人に認めて欲しい」という強い願望を抱くようになります。

「他人に興味の無い」名越と「他人に認めて欲しい」伊藤、2人は「ホムンクルス」と向き合う事で、それぞれ考え方が変化していきます。

「他人を見つめる大切さ」に気付いた名越は、新たな人生を歩みますが、伊藤は自身に「トレパネーション」を施し、他人のトラウマを見つけ出す方向に進んでしまいました。

名越と伊藤、ラストでの2人の変化を通して、現代社会におけるコミュニケーションの難しさが、テーマとして浮き彫りになったと感じました。

まとめ


(C)2021 山本英夫・小学館/エイベックス・ピクチャーズ
誰もが深層心理に抱えているトラウマ。

そのトラウマが見えてしまうという、独特の世界が広がる『ホムンクルス』ですが、込められたテーマは、誰もが必ず悩み、生きて行く中で切り離せない「人との距離感」「人とのコミュニケーション」の難しさです。

ただ、トラウマや人とのコミュニケーションに関しては、受け止め方が人それぞれで、本人からすると重要な事でも、他人からすると「そんな事で、悩んでいたの?」という事もありますね。

本作に登場するヤクザの組長も、正直「そんな事でヤクザになるか?」とも感じましたが、清水崇監督は「ホムンクルスは個々人の深層心理が具現化したもの」で「わからない部分があるほうが真実味がある。」と語っています。

その人の事を、分かったように感じていても、本作の伊藤の台詞でもありますが、全ては自分に都合よく解釈した「幻想」かもしれません。

本作は、あえて説明的な台詞を使用せず、想像させる余白を作り、観賞した人によって、いろいろな解釈ができる作品になっています。

最近の清水崇監督は「他とは違う映画を作ってやる」という意気込みが、作品から伝わってきます。

一筋縄ではいかない展開と、独特の表現で構成された『ホムンクルス』の世界観を味わってみて、あらためて「人とのコミュニケーション」について、考えてみてはいかがでしょうか?

関連記事

サスペンス映画

映画『ダラスの熱い日』ネタバレ感想と結末解説あらすじ。ケネディ大統領暗殺事件の“真実”を1970年代に探る政治サスペンス

大統領暗殺の裏で画策される陰謀を描く『ダラスの熱い日』 多くの謎に満ちたジョン・F・ケネディ大統領暗殺事件にメスを入れ、当時のドキュメンタリー・フィルムを挿入しながら真実を探る作品『ダラスの熱い日』。 …

サスペンス映画

『検察側の罪人』ネタバレ感想。映画と原作ラストの違いとインパール作戦とは

名匠原田眞人監督のもとに木村拓哉と二宮和也の2大スターが集結し、ベストセラーを映画化! ここまで聞くと邦画では、たまにありそうな企画と思うかもしれません。 しかし、映画『検察側の罪人』は、ただのエンタ …

サスペンス映画

映画『悪の偶像』考察と内容解説。結末までのどんでん返しで怖い女リョナが導く運命とは⁈

映画『悪の偶像』は2020年6月26日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかでロードショー予定。 韓国映画界の実力派俳優ハン・ソッキュとソル・ギョングの演技合戦と、どんでん返しの連続で見せる予 …

サスペンス映画

映画カイトKITE|動画無料視聴はHulu。ネタバレあらすじと感想

日本のアニメーションは、時に海外にまで影響を及ぼす作品が現れることがあります。 今回はその中でもキワモノ感溢れるR-18アニメ作品の実写化作品『KITE/カイト』を紹介します。 スポンサーリンク CO …

サスペンス映画

映画『よこがお』あらすじと感想レビュー。原作なしで筒井真理子という女優に惹かれた深田晃司監督がオリジナル作品で臨んだ真骨頂

映画『よこがお』は、7月26日(金)より角川シネマ有楽町、テアトル新宿ほか全国公開 2016年の『淵に立つ』でカンヌ映画祭“ある視点”部門審査員賞を受賞した深田晃司監督。同作で競作した筒井真理子を主演 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学