Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2021/03/07
Update

THE FORGER天才贋作画家 最後のミッション|ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。ジョン・トラボルタ演じる画家が美術館の名画をすり替えミッション!

  • Writer :
  • 秋國まゆ

天才贋作画家が、親子3代で名画の強奪に挑むミステリー・サスペンス!

ジョン・トラボルタが主演を務めた、2014年製作のアメリカ映画『THE FORGER 天才贋作画家 最後のミッション』。

ガンを患い余命わずかの最愛の息子のそばにいたいため、かの有名なモネの名画強奪計画に加担することになった天才贋作画家の物語を描き出します。

天才贋作画家が親子3代で最後のミッションに挑む、緊迫のクライムミステリー・サスペンス『THE FORGER 天才贋作画家 最後のミッション』のネタバレあらすじと作品情報をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『THE FORGER 天才贋作画家 最後のミッション』の作品情報


(C)2014 VERMILLION PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

【公開】
2016年(アメリカ映画)

【脚本】
リチャード・ドビデオ

【監督】
フィリップ・マーティン

【キャスト】
ジョン・トラボルタ、クリストファー・プラマー、タイ・シェリダン、アビゲイル・スペンサー、マーカス・トーマス、アンソン・マウント、ジェニファー・イーリー

【作品概要】
『ベネディクト・カンバーバッチ ホーキング』(2004)や『JAPAN IN A DAY』(2012)を手掛けたフィリップ・マーティンが監督を務める、アメリカの緊迫のクライムミステリー・サスペンス作品です。

『サタデー・ナイト・フィーバー』(1977)『グリース』(1978)『パリより愛をこめて』(2010)『ワイルド・レース』(2019)など、数々の話題作に出演するジョン・トラボルタが主演を務め、モネの名画強奪を実行する天才贋作画家役を演じます。

共演は『人生はビギナーズ』(2012)のクリストファー・プラマーと、『ツリー・オブ・ライフ』(2001)『MUD マッド』(2012)のタイ・シェリダンです。

映画『THE FORGER 天才贋作画家 最後のミッション』のあらすじとネタバレ


(C)2014 VERMILLION PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

贋作画家として、天才的な才能を持つレイモンド・J・カーターは、1987年に初犯で逮捕されました。

懲役5年の有罪が確定してしまったため、レイモンドは最愛の息子、ウィリアム(愛称ウィル)を父親のジョセフに預けます。

それから4年後、レイモンドは仮出所までわずか10ヶ月を残すまででしたが、ボストンの暗黒街を牛耳る犯罪組織のボス、トミー・キーガンに頼み込んで急いで出所しました。

それは15歳になるウィルが、ガンを患っているため、レイモンドは少しでも彼の傍にいたかったのです。

仮出所当日、レイモンドは幼馴染のカールに迎えにきてもらい、ウィルたちが暮らす家へ戻ります。

レイモンドはウィルと再会できて嬉しかったどすが、久々に会ったため、どこか彼との会話はぎこちない様子…。

その夜、レイモンドはキーガンのBARへ行き、奥のオフィスにいる彼にお礼を言います。

キーガンは判事に5万ドルの賄賂を渡し、レイモンドの仮出所を早めてくれたのです。

キーガンはその見返りとして、レイモンドに3週間後にボストン美術館に展示される、印象派を代表する画家クロード・モネの名画「散歩、日傘をさす女性」を盗み出し、贋作とすり替えて欲しいと依頼します。

贋作を描く期間は3週間だけ。キーガンはレイモンドに、48時間以内に仕事を引き受けるか、刑務所に逆戻りするか決めろと脅しました。

キーガンは展示当日、モネの名画を買い取る男に売却する予定なのです。

レイモンドはBARを出る際、自分に声をかけてきた女性が、クラブ好きの女性に扮した警官だと気づき、早く帰るよう忠告して帰路につきます。

次の日の朝、レイモンドに声をかけた女性。連邦警察の麻薬捜査官キャサリン・ペイズリーは、相棒の男性捜査官と一緒にある殺害現場にきていました。

殺されたのは、昨晩キーガンに麻薬売買していたことがバレて、クビになったバーデンダーでした。

ペイズリー捜査官たちはキーガンを追っており、ペイズリー捜査官は昨晩BARに潜入捜査した際、キーガンの手下に連れて行かれたバーテンダーの姿を目撃しています。

ペイズリー捜査官たちは、バーテンダーを殺した黒幕はキーガンに違いないと思い、彼と接触したレイモンドの動向を探ることにしました。

それを知らないレイモンドは、ウィルを病院へ連れて行きます。

そこでレイモンドは、担当の女医から、ウィルの脳にステージ4の腫瘍があり、余命わずかだと宣告されてしまうのです。

レイモンドは病院からの帰り、ウィルとの間にできた溝を埋めるため、彼に何でも願いを3つ叶えようと言います。

ガンを治してと無茶な願いを言うウィルでしたが、レイモンドの仮出所した理由を聞いて考えが変わり、真面目に1つ目の願いを言いました。

ウィルの1つ目の願いは、「母親に会いたい」でした。

一方ペイズリー捜査官たちは、古いやり口の詐欺や窃盗で、東海岸を荒らしていた重罪人のキーガンが密告したせいで、レイモンドが逮捕されたことを知りました。

その頃レイモンドは、葛藤の末、キーガンの依頼を引き受けると同時に、ウィルの願いも叶えようと奔走します。

レイモンドは、一緒にボストン美術館の見取り図をPCで見ていたカールから、キーガンはバーテンダーが大量のヘロインを横領されたせいで、ある男に莫大な借金を抱える羽目になったことを聞きました。

ジョセフは、ウィルと2人で買い物に出かけた際、レイモンドがヤク中の元妻でウィルの母親、キムにウィルを会わせようとしていることを聞きました。

ジョセフはこの4年間、ウィルの事を考えて、あえてキムの話は口にしないようにしていたのです。

それを壊したレイモンドに、ジョセフは激怒。さらに彼が、キーガンの手を借りて仮出所したのだと聞いて、ますます怒ったジョセフは、「出所したのが間違いだった」と突き放します。

レイモンドは、裏庭でしたジョセフとのやり取りを、2階からこっそりウィルが見ていたことに気づき、気まずそうに家を出ました。

レイモンドはその後、キムの元恋人の彫師ロドニー・ハンターの元へ行き、キムの居場所を尋ねます。

素直に答えないロドニー。レイモンドは、彼と一悶着あったものの返り討ちにし、キムの居場所を突き止めることができました。

マサチューセッツ州ブレインツリーに暮らすキムは、レイモンドと再会し、ウィルに会って欲しいと頼まれます。

レイモンドは、今でも薬をやめられないキムに対し、「水曜日の正午に3人でランチするから、身綺麗にして、良い母親を演じろ」と告げ、帰宅しました。

帰宅後、レイモンドは馬鹿なことをしたと、ジョセフに謝罪。許したジョセフは、彼に協力することを決心します。

以下、『THE FORGER 天才贋作画家 最後のミッション』ネタバレ・結末の記載がございます。『THE FORGER 天才贋作画家 最後のミッション』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2014 VERMILLION PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

一方、レイモンドの動向を探っているペイズリー捜査官たちは、彼と乱闘騒ぎを起こしたロドニーを尋問しました。

DV・身分偽装詐欺・薬物の所持という前科三犯あるロドニーから、レイモンドがキムの行方を探していると知ったペイズリー捜査官たち。

改めてレイモンドの事を調べてみると、彼はマイナーの絵の贋作を描いていたのに、1つだけパリの美術館に展示された名画の贋作を描いたことで逮捕されたことが分かりました。

何故そんな危険を冒したのか、それはレイモンドとキーガンが、南米最大の麻薬カルテルのボスで絵画コレクターのラウル・カルロスと取引し、騙そうとしたのではないか。

そう推測するペイズリー捜査官たちは、引き続きレイモンドの監視を続けます。

その頃レイモンドは、カールから、自分がペイズリー捜査官たちに監視されていることを聞き、頭を抱えました。

それでも今、捕まるわけにはいかない。そう思うレイモンドは、カールからボストン美術館の強固な警備システムの説明を受けます。

ボストン美術館のドアと窓には無線センサーを完備、絵画の額の裏にはバッテリー駆動の磁気センサーが取り付けられており、額を動かした6分後に警報が作動する仕組みになっていました。

その信号は直接警察署に送られ、暗証番号はテンキー入力。警備員は夜5人配置され、1時間ごとに館内を巡回しています。

それから、レイモンドはカールが手配してくれたビルの隠し部屋を作業部屋にし、画材を買ってモネの名画を模写していきました。

その間、ジョセフは因縁がある裏の調達屋、イアンから絵の具の元となる鉱物を入手します。

そして約束の水曜日、レイモンドはペイズリー捜査官たちの監視に気づきながら、久々に家族3人で食事し、公園でのんびり過ごしました。

その帰り道、ウィルはキムがヤク中で、良い母親を演じていたことに気づいていながらも、レイモンドに「キムは良い人だった。騙してくれてありがとう。会えてよかった」と感謝を述べます。

その後、化学療法のため通院するウィルは、レイモンドに2つ目のお願い、「セックスを経験してみたい」と言いました。

レイモンドはその願いを叶えるため、カールの紹介で知った売春宿へ行き、売春婦メアリーにウィルを預けます。

しかし、仮出所時の規則5つ破った挙句、未成年を売春宿へ連れて行ったレイモンドを捕まえるべく、ペイズリー捜査官たちが突入。

レイモンドはウィルを連れ、ビルの屋上へ行き、隣のビルに飛び移って彼らを撒きます。

帰宅後、その話を聞いたジョセフは大笑い。ウィルは謝るレイモンドに、ビルを飛び移った時の興奮を伝え、「今日は最高だった」と笑顔で言いました。

その頃、ペイズリー捜査官たちは調査の結果、ウィルがガンを患っているため、レイモンドの仮出所直後に退学したことを知ります。

さらにバーテンダーが持っていたヘロインが、キーガンのものだったことが分析結果で判明。

キーガンはバーテンダーの横領によって、カルロスの売上金を損失させてしまったのです。

ペイズリー捜査官たちは、レイモンドの仮出所に協力した者と、キーガンの逮捕歴を調べることにします。

2つの願いを実現させようとしたレイモンドに、少しずつ心を開いていくウィル。彼はレイモンドに、最後の願いとして「父さんの仕事を手伝いたい」と言います。

レイモンドは一度断りますが、それに怒ったウィルが発作を起こして倒れたため、渋々その願いを叶えることを決心しました。

レイモンドはウィルの目の前で、モネの名画をただ模造するのではなく、絵の世界に入り込んで、モネの当時の気持ちを共有しながら贋作を作っていきます。

作業を進める傍ら、レイモンドは自分をマークするペイズリー捜査官と接触。

その直前、ペイズリー捜査官は男性捜査官から、レイモンドを仮出所させたブルックス判事が、以前キーガンを無罪判決にした男であるという情報を掴んだところでした。

レイモンドは、主義に反すると言ってキーガンの事を密告しないと告げるが、ペイズリー捜査官はキーガンはレイモンドを裏切り、密告した事実を突きつけます。

レイモンドは息子と父親と静かに暮らしたいと告げると、ペイズリー捜査官はそれでも、カルロスに多額の借金を抱えているキーガンを逮捕するため、協力してくれれば力になると話しました。

モネの名画がボストン美術館に展示される前日、キーガンは手下2人を連れ、レイモンドたちの家を訪れ、贋作を早く描けと催促をします。

レイモンドはウィルたちに危害を加えられないよう、キーガンを裏庭へ連れて行き、彼と話し合いました。

贋作の受け渡しは明日の23時、24時には取引相手に引き渡す。それまでに贋作と、カルロスが要求した美術鑑定士を手配しろと告げ、キーガンは立ち去ります。

レイモンドが明日に向け、贋作の仕上げにかかっている頃、ジョセフは亡き妻リタの墓参りをしました。

そこでジョセフは、レイモンドたちのことを話し、「もしそっちで孫息子に会ったらよろしくな」と伝えます。

レイモンドは贋作を完成させ、ジョセフ・カール・ウィルと共に21時、名画の強奪計画を実行しに向かいました。

カールはレイモンドたちを邪魔させないよう、彼らを尾行しようとしたペイズリー捜査官を足止めします。

21時15分、ボストン美術館に入った親子3人。ジョセフは缶コーラを飲んで警備員の注意をひき、警備員から鍵をくすねます。

ウィルは男子トイレの換気口に侵入。閉館時間の21時30分、3分後に贋作を持ってくるレイモンドたちと合流するため、換気口から出て移動しました。

レイモンドたちは、ジョセフがくすねた鍵を使って裏口から侵入。ジョセフはテンキー入力で暗証番号を解き、3人で美術館内へ入ります。

カールが美術館内の照明を落とし、警備システムを遮断した後、親子3人は贋作と本物の名画をすり替えました。

異変に気づいた警備員たちが警報を鳴らし、館内にいた警備員がレイモンドたちを追うも、あと一歩のところで裏口から逃げられてしまいます。

ペイズリー捜査官たち連邦警察も、ボストン美術館周辺に待機していましたが、警備員同様、レイモンドたちの犯行を阻止できませんでした。

レイモンドは単身、キーガンと会い、盗んだ名画を引き渡して解放を求めます。

しかしキーガンは、カルロスとの取引が終了した後、再び密告して刑務所に放り込んでやると告げるのです。

移民局員がカルロスの動向を見張る中、キーガンの手下はホテルでカルロスに会い、モネの名画をカルロスに引き渡します。

これでカルロスとの取引が成功した、そうキーガンと手下は思っていました。

しかし、レイモンドが紹介した美術鑑定士オーエンズビーの正体はジョセフ。彼はカルロスに、モネの名画を贋作で勝ちがないと嘘の鑑定を告げます。

これにより、激怒したカルロスは手下を連れて、キーガンの元へ向かいました。

そんなカルロスを逮捕しようと、ホテル前に車で待機していたペイズリー捜査官。

レイモンドとジョセフは彼女に会い、「本物のモネの名画は、ホテルの部屋の中にある。カルロス戻ってきたら、いつもの正式の手順を踏んで逮捕し、細心の注意を払って美術館に戻せ。後は向こうが判断する」と伝えます。

レイモンドは仲間は売らない主義ですが、カルロスはよそ者であるため密告。彼から貰った鑑定料10万ドルを手に、レイモンドたちは立ち去っていきました。

キーガンはカルロスの怒りを買い、筋トレ器具で首を圧迫して殺害。その遺体は翌日、男性捜査官が発見しました。

レイモンドたちは、ウィルの初恋の相手トリシアの元へ行き、ウィルを彼女に会わせます。

ウィルはトリシアと初体験を済ませ、名残惜しそうに抱き合った後、車で待つレイモンドたちの元へ戻りました。

親子3人はカールと空港で別れ、レイモンドがずっと行きたかった場所、タヒチ島へ旅立ちます。

ウィルはハンモックに揺られながら、レイモンドの願い事は何か尋ねました。

レイモンドは考えた末、いつかウィルと一緒に、画家たちが暮らしたポリネシアに旅行したいと答えます。

浜辺ではしゃぐジョセフが2人を呼びかける間、ウィルはレイモンドの話に笑みを浮かべたまま、黙って耳を傾けていました。

スポンサーリンク

映画『THE FORGER 天才贋作画家 最後のミッション』の感想と評価


(C)2014 VERMILLION PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

天才贋作画家が、最愛の息子のために仮出所し、息子の3つの願いを叶えていく話でした。

レイモンドは仮出所直後は、早く仮出所できた理由を怪しむジョセフや、4年間離れていたウィルと衝突し、それぞれの間に溝が生まれてぎこちなかったです。

しかしそれも、レイモンドがウィルのためを思ってキーガンと手を組んだこと、ウィルを想って彼の願いを叶えようとしていることが2人に伝わったことで、親子3人の絆は徐々に取り戻されていきます。

全てはガンを患った最愛の息子のため。その想いだけでキーガンと手を組み、贋作を描き、会いたくないヤク中の元妻に会うレイモンドの姿は、健気すぎて泣けます。

たった3週間でモネの名画「散歩、日傘をさす女性」の贋作を描いたレイモンド。その見事なまでの完成度の高さは、カールたち同様、言葉を失うほど感嘆することでしょう。

親子3人でカールの協力のもと、贋作と本物を無事すり替えました。

それも全て、キーガンをカルロスに排除させ、そのカルロスを盗んで売ろうとした犯人としてペイズリー捜査官たちに逮捕させるという、親子3人の作戦です。

見事作戦が成功し、タヒチで楽しむ親子3人。カールも一緒に行くのかと思いきや行かず、彼らを見送ったカールの姿から、「一緒に行きたい」という気持ちが痛いほど伝わってきます。

カールもレイモンドたちがとても大事で、レイモンドたちも彼を頼りにしている。そんな彼ら4人の熱く強い絆に感動すること間違いなしです。

まとめ


(C)2014 VERMILLION PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

天才贋作画家が、ガンを患って余命が僅かしかない最愛の息子のため、密告した元仲間と手を組んで贋作とモネの名画をすり替えるクライムミステリー・サスペンス作品でした。

レイモンドのウィルへの熱い親子愛、そんなレイモンドの心を知っているが故に強く言えず、なんだかんだ言って彼と孫息子のために協力するジョセフの深い家族愛。この2つの愛を画面越しから感じられる、熱い男家族のハートフルストーリーが主軸となって描かれています。

しかしサスペンスものとあって、犯罪組織のボスであるキーガンと、そのキーガンを動かす麻薬カルテルのボス、カルロスが、親子3人に難関なミッションを課しました。

それを無事成し遂げた親子3人とカールの華麗な強奪作戦は、あわや逮捕されるかもしれないというスリルが味わます。

最後は親子3人の障害であるキーガンが、カルロスによって死に、カルロスも連邦警察に追われる羽目になったので、ハッピーエンドで幕を閉じました。

そんな天才贋作画家の才能と家族愛を堪能しつつ、犯罪者たちと連邦警察にマークされるドキドキハラハラするクライムミステリー・サスペンス映画を観たい人に、とてもオススメな作品です。





関連記事

サスペンス映画

映画『ゴッド・セイブ・アス』あらすじ【主演賞ロベルト・アラモ紹介あり】

スペインのアカデミー賞と呼ばれるゴヤ賞や海外の国際映画祭でも話題となった『ゴッド・セイブ・アス マドリード連続老女強姦殺人事件』。 前代未聞の猟奇事件を追う2人の刑事は、何かと問題行動の多いハビエル& …

サスペンス映画

映画『スプリット』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

女子高生3人vs “23+1人”の攻防?! M・ナイト・シャマラン史上最も衝撃的なラストが待ち受ける『スプリット』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『スプリット』の作品情報映画『 …

サスペンス映画

映画『FIND』あらすじネタバレと感想。アイドルたちの結末に見たシチュエーションスリラーの新たな方向性

アイドルたちが命がけのデス・ゲームに挑戦する! 映画「ソウ(SAW)」シリーズの公開からブームを巻き起こした密室によるデス・ゲーム。 生死をかけた極限の状態で繰り広げられる、ソリッドシチュエーションス …

サスペンス映画

映画『68キル』あらすじとキャスト。トレント・ハーガ監督とは

映画『デッドガール』や『ザ・スリル』の脚本家として高い評価を受けているトレント・ハーガ。 彼が脚本と監督を手掛けた映画『68キル』は2018年1月6日より、特集上映「未体験ゾーンの映画たち2018」公 …

サスペンス映画

映画『白夜行』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

映画『白夜行』の原作はベストセラーとなった東野圭吾作の同名小説。 大きな十字架を背負いながら共に生きていくことを誓いながらも、陽の当たる場所では顔を合わせることができない、残酷なまでに儚い男女の人生を …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学