Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2018/06/24
Update

映画『マッドダディ』ネタバレ感想!ラスト結末の考察と名作ホラーとの関連性とは

  • Writer :
  • 白石丸

ある日すべての親が謎の衝動に駆られ子供を殺しだす!「アドレナリン」の監督が送る予測不能の超ハイテンションスリラー。

荒唐無稽な設定を全力でやり切ってみせたB級の快作『マッドダディ』

ブライアン・テイラー監督と、ニコラス・ケイジがタッグを組んだ『マッドダディ』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『マッドダディ』の作品情報


(C)2017 Mom & Dad Productions, LLC

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【脚本・監督】
ブライアン・テイラー

【キャスト】
ニコラス・ケイジ、セルマ・ブレア、アン・ウィンターズ、ザカリー・アーサー、
ランス・ヘンリクセン、オリビア・クロチッチア

【作品概要】
“親たちが謎の衝動に駆られ子供を殺し始める”という荒唐無稽すぎる設定の映画。

監督はブライアン・テイラー。彼の代表作は2007年の映画『アドレナリン』。心臓に特殊な薬品を投与され、アドレナリンを常に分泌し続けないと死ぬので無理やりずっと怒り狂いながら敵を追う男という普通なら速攻でボツにされそうなアイデアを、ハイテンションな編集と度派手なアクションと細かい演出でしっかりと面白い劇映画に仕上げてB級の職人として評価されました。

子供を殺しにかかる父親を演じるのは、オスカー俳優でありながらB級映画に嬉々として出続ける信頼できる俳優ニコラス・ケイジ。母親役には「ヘルボーイ」シリーズのヒロイン”リズ”でおなじみ、セルマ・ブレア。

さらに父親を殺しにやってくる祖父役には『エイリアン2』のアンドロイド”ビショップ”役のランス・ヘンリクセンと、B級マニア垂涎のキャスティング。

映画『マッドダディ』のあらすじとネタバレ


(C)2017 Mom & Dad Productions, LLC

郊外に一軒家を買い、美しい妻と可愛い子供2人と暮らす会社員のブレント・ライアン。

その日は久しぶりにブレントの両親がやってくる少し特別な日でした。

朝、テレビをつけると「母親が子供を乗せたまま車を線路の真ん中に放置し、ひき殺させた」という、ニュースが流れていました。

産婦人科医の妻ケンドールは、それを見て「嫌なニュースね」と呟きます。

ケンドールは高校1年生の娘カーリーを車で学校に送り届けます。

家事と息子のジョシュの面倒は、お手伝いの中国人スーとその娘がやってくれていました。

学校に向かう車中で2人は、カーリーの新しいボーイフレンドのデーモンについて口論になります。

ブレントは会社に行こうとしたとき、自分が学生時代から大切にしていた車にジョシュがイタズラをしていることに気づき叱り付けます。

すると、ジョシュは逃げ出します。

ため息をつきながら車を運転して出社するブレント。彼の脳内にはその車に乗りながら女性と派手に遊んでいた頃の思い出がよぎります。

しかし、今はくたびれたただの中年サラリーマンでした。

ジョシュがキッチンに向かおうとすると、スーの娘の悲鳴と何かを殴るような音が聞こえます。

怖くなったジョシュは2階の自分の部屋のベッドに隠れます。

娘を学校に届けてからママ友とランチをするケンドール。お財布を見て中身が減っていることに気づきます。

ママ友は彼女に「きっと娘がお金を抜いているのよ。自分の娘だけど腹が立つことっていっぱいあるわ」と言いました。

複雑な顔のケンドール。そこに彼女が勤めている病院から電話が入ります。

妊娠して入院していたケンドールの妹ジェンナが産気づいたと聞き、休暇の日でしたが彼女は急遽病院に向かいます。

そのころ、カーリーの高校では急に一切操作していないにも拘わらず、テレビやラジオの電源が突然入るという怪奇現象が起き始めます。

しかも、授業中に担任に頻繁に電話がかかってきています。

授業を中断し外に出てみると、昼間にもかかわらず、生徒の両親たちが校門の前に押し寄せてきていました。

皆それぞれの子供をしきりに呼び、ただ事ではない雰囲気です。

そして、親たちは警備員や教員の制止も振り切って、フェンスを超えて学校になだれ込んできます。

彼らは自らの子供を見つけると襲い掛かり、殴ったり首を絞めたりして殺し始めました。

カーリーは友人のライリーと一緒に車を運転して逃げます。

ライリーの家に逃げ込んだ2人は、昨日からテレビに突然入るようになった砂嵐を見た親が発狂して自分の子供だけに殺意を抱き、襲い始めているというニュースを見ます。

様子を見に2階に上がったライリーは居合わせた母親に殺されてしまいます。カーリーは恐怖のあまり家を飛び出し、ボーイフレンドのデーモンの家に向かいます。

その頃、デーモンも家に帰ったとたんに父親に襲われ、もみ合った結果父親を殺してしまっていました。

デーモンはカーリーに「君の弟が危ない。家に戻って彼を保護して逃げよう」と提案し、2人はライアン家に向かいます。

一方ケンドールは妹ジェンナの出産に立会い、無事分娩を成功させます。

生まれた赤ん坊をジェンナに抱かせますが、突然計器に変な砂嵐が入り彼女は錯乱、自分が出産したばかりの子供を殺そうとします。

ケンドールは赤ん坊を保護したあと、ニュースで子供殺し現象が起きていることを知り、心配で家に戻ることにします。

ブレントも会社で居眠りをしていましたが、起きてニュースを知り家に向かって車を走らせます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『マッド・ダディ』ネタバレ・結末の記載がございます。『マッド・ダディ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

カーリーとデーモンが家に戻ると、お手伝いのスーが自分の娘を殺して流れた床の血を拭いているところでした。

カーリーは彼女を追い返し、2階に隠れていたジョシュを保護します。

そのままデーモンと家を出ようとしますが、帰ってきたブレントに出くわしてしまいます。

子供2人を見てブレントは豹変し襲い掛かってきます。

止めるデーモンを殴り倒し、子供たちを殺そうと向かってきます。

ケンドールも帰ってきて、夫婦そろって襲い掛かってきますが、カーリーとジョシュは地下室に逃げ込みます。

夫婦は地下室に逃げた子供を見て、3週間前のことを思い出します。

ブレントはこっそりビリヤード台を注文し、地下室で組み立てていました。

家族の憩いの場を作ろうとしていたのですが、その様子を見つけたケンドールは「それいくらしたの?」と冷たく聞きます。

ブレントは突然キレて「じゃあこれで満足か」とビリヤード台をハンマーで叩いて壊してしまいました。

その後ブレントは「自分がこんなダサい親父になるなんて思ってなかった。昔は狙った女は100%抱けた。年収は14万ドルあったのに今は4万だ。」と嘆きます。

ケンドールは「そういう悩みは私にもあるわ」と言います。

ブレントは「出会った頃はブレントとケンドールだった。今は只のパパとママだ。」とぼやくのでした。

そんなケンドールは、なんとか地下室のドアを開けようと万能ノコギリでドアを壊し始めます。

しかし、なんと、ドアの向こう側から拳銃で撃たれてしまいます。

ブレントが護身用に買っていた銃を、イタズラっ子のジョシュが持ち出していたのです。

怒った夫婦は地下室の窓や排気口を全部土でふさいだ後、家の元栓を緩めて地下室にガスを充満させる作戦にでました。

彼らは子供たちが苦しむ咳が聞こえたら、ドアを破って弱った2人を殺そうと考えていました。

しかし、カーリーも知恵を絞り、マッチを使ってドアが開いた瞬間にガスが引火する仕掛けを作ります。

わざと咳をした後、子供しか知らない地下室の抜け穴に逃げ込みます。

ブレントがドアを蹴破った瞬間ガスが引火し、彼は炎と一緒に吹っ飛ばされます。

地下室から逃げ出す子供たちに襲い掛かるケンドールですが、爆発の音で意識を取り戻したデーモンが彼女を食い止めます。

しかし、ケンドールはデーモンをハンマーで殴って2階から突き落としました。

ブレントも爆発に巻き込まれながらも意識を取り戻し、夫婦はキッチンの端に子供たちを追い詰めます。

次の瞬間玄関のチャイムが鳴ります。ブレントがドアを開けると来る予定だった彼の両親の姿が。

父親のメルはブレントの顔を見るなり、ナイフで彼の腹部を切りつけます。

彼の両親も子供殺しの衝動に駆られていました。

ケンドールはブレントを守るためにメルに立ち向かいますが、ブレントの母親のバーバラが彼女に襲い掛かります。

親が子供を狙い、祖父母が親を狙う三つ巴の攻防が起こります。

最終的にブレントとケンドールが両親2人を返り討ちにするも、気絶してしまいます。

夫婦が目を覚ますと2人は、後ろ手を縛られていました。

カーリーとジョシュ、奇跡的に生きていたデーモンが彼らを見ています。

「縄をほどいて」と言いますが、子供たちはもう信用しません。

カーリーとジョシュは泣きながら「元のパパとママに戻って」と言います。

ケンドールは「私はあなたたちを愛しているわ」といい、ブレントも「俺たちはお前たちを心から愛しているよ!」と言います。

「ただ…時々…どうしようもなく…!」ブレントが言いかけた瞬間、映画は終わります。

スポンサーリンク

映画『マッドダディ』の感想と評価


(C)2017 Mom & Dad Productions, LLC

不謹慎極まりない話とニコケイの怪演

どうでしょうか、このとんでもない話!“不謹慎極まりない映画”ですね。笑

映画は85分と非常にタイトに作られ、度派手なBGMとハイスピードな編集が行われ、“子供殺し”というショッキングな題材をアクションとしてしっかり見せています。

とはいっても、直接的なゴア表現の描写は意外と少なくし、映っても編集が早すぎてガッツリ見えないので、苦手な方も安心です。

後半は家だけのワンシチュエーションでの攻防になりますが、地下室、扉、ガス、凶器を駆使した地味ながらもハラハラできるシーンの連続で楽しめます。

ブライアン・タイラー監督は、今回も彼にしかできないいい仕事をしています。

しかし、この映画の最大の魅力はやはり!ニコラス・ケイジの演技と顔芸です!


(C)2017 Mom & Dad Productions, LLC

疲れきった中年の悲哀、前半のよき父親から一変してタガが外れた殺人親の顔、さらに、爆発に巻き込まれたあとの完全にプッツンきてしまった顔など、狂った親という設定であっても、多くの豊かな表情を見せてくれます

さすが!オスカー受賞の名優の迫力は、怖いと同時にかなり笑えます。笑

1980年に制作されたスタンリー・キューブリック監督の名作ホラー映画『シャイニング』にジャック・トランス役で出演していた、ジャック・ニコルソンの演技を参考にしたそうです。

参考映像:『シャイニング』(1980)

完全にB級のジャンルホラーですが、「実の子供とはいえ憎くなることもあるし、親だって親として以外の人生を欲してしまうこともある」という深読みできるテーマがあるのでしょう。

導入だけ聞くとくだらないと思うかもしれませんが、サックと見れるし、ゲラゲラ笑いつつ、ちょっと怖くなるメッセージも孕んだ良作です。

また、今回の“子供殺し”現象が起きる原因は、まったく明かされないので、ちょっと考えてみるのも面白いですね。

そのような気持ちを起こしてしまう“くたびれた大人たちの反乱”に、もしくは意味などないのかも…?

まとめ


(C)2017 Mom & Dad Productions, LLC

ニコラス・ケイジは、あと数年で俳優を引退することを公言しています。

貴重な主演作ですので、ぜひ劇場で見てください!

友達とお酒飲んだ状態で見たりしたら、大いに盛り上がれるかもしれません。

ちなみに、“親が子供を殺し始める”という設定が気に入った方は、漫画家の永井豪の描いた『ススムちゃん大ショック』という短編コミックスを読んでみるのもオススメですよ!

関連記事

サスペンス映画

映画『ミスミソウ』あらすじと感想レビュー。内藤瑛亮監督の代表作と自負⁈

人気漫画家の押切蓮介の代表作で、トラウマ必須と評された『ミスミソウ】が映画化。 押切作品初の映像化に挑んだのは、『先生を流産させる会』『パズル』『ライチ☆光クラブ』と大胆なテーマを描き続ける内藤瑛亮。 …

サスペンス映画

キアヌリーヴス映画『ブルー・ダイヤモンド』あらすじと感想評価。丁寧な人間ドラマも見どころ

映画『ブルー・ダイヤモンド』は、2019年8月30日(金)から全国公開。 ロシアを舞台に、ロシアンマフィアとの取引に挑む男の、危険な駆け引きを描いた映画『ブルー・ダイヤモンド』。 ダイヤモンドにだけ魅 …

サスペンス映画

映画『オーシャンズ8』あらすじネタバレと感想。ラスト結末までサンドラブロックら豪華キャストを堪能!

スティーブン・ソダーバーグ監督が手がけ、ジョージ・クルーニーほかオールスターキャスト共演で話題を集めた「オーシャンズ」シリーズがオール女性キャストで大復活! ハイセンスなクライムエンタテインメント『オ …

サスペンス映画

映画『9人の翻訳家』ネタバレ感想と結末まで考察解説。実際に文学界で起きた事件“囚われたベストセラー”の犯行動機を解説

実話に基づく前代未聞の翻訳作業。 文学の自由を守るため、立ち上がった人物とは。 映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』は、ダン・ブラウン著書のベストセラー小説『インフェルノ』の出版秘話を基に描かれ …

サスペンス映画

映画『Dinerダイナー』感想と評価解説。藤原の挑戦的な演技力と蜷川実花の色彩感が生々しい!

映画『Diner ダイナー』は2019年7月5日(金)より全国ロードショー! 殺し屋だけが集まるという不思議な食堂「ダイナー」。そこにはかつて元殺し屋という店主が、超絶的な腕前による魅惑のメニューで、 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学