Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドラマ映画

映画『ギフテッド』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • 馬渕一平

恋愛映画のクラシック『(500日)のサマー』で知られるマーク・ウェブ。

『アメイジング・スパイダーマン』2作で大作を経験した彼の待望の新作がついに公開!

主演のマッケンナ・グレイスの可愛らしさに皆メロメロ!?

悪人なんか一人も出てこない心温まる映画『ギフテッド』をご紹介します。

以下、あらすじや結末が含まれる記事となりますので、まずは『ギフテッド』の作品情報をどうぞ!

スポンサーリンク

1.映画『ギフテッド』の作品情報


(C)2017 Twentieth Century Fox

【公開】
2017年(アメリカ映画)

【原題】
Gifted

【監督】
マーク・ウェブ

【キャスト】
クリス・エバンス、マッケンナ・グレイス、ジェニー・スレイト、リンゼイ・ダンカン、オクタビア・スペンサー

【作品概要】
『(500日)のサマー』のマーク・ウェブが再び小規模作品に帰ってきました。

主演はキャプテン・アメリカとして今や大スターとなったクリス・エバンス。

リンゼイ・ダンカン、オクタビア・スペンサーら実力派がドラマを盛り上げます。

メアリーを演じたマッケンナ・グレイスのキュートな魅力が炸裂!

特別とは、普通とは、幸せとは・・・?

人生において大切なものを教えてくれる新たな愛の物語が誕生しました。

2.映画『ギフテッド』のあらすじとネタバレ


(C)2017 Twentieth Century Fox

フロリダに暮らすフランクとメアリー、片目の猫フレッド。

メアリーは7歳、彼女は生まれながらにして数学において天才的な才能を持っていました。

しかし、フランクは彼女を近所にある普通の学校に通わせます。

フランクたちの隣人であり親しい友人でもあるロバータだけは、メアリーの秘密を知っているため心配をしていました。

学校で小学1年生レベルの算数に不満げな態度を見せるメアリーに、教師のボニーは大人でも暗算で答えるのは難しい問題を出します。

ところがメアリーは少し考えると正解の数字を導き出しました。

ボニーは不思議に思い、保護者であるフランクの名前をインターネットで検索。

すると、そこには「著名な数学者ダイアン・アドラーが自殺。残された遺族は弟のフランク」という記事が。

フランクが金曜の夜には決まってバーに出没するとの噂を聞いたボニーは、バーに足を運びます。

そこで、一人酒を飲むフランクの姿を見つけ、ボニーは声をかけました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ギフテッド』結末の記載がございます。『ギフテッド』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

お酒を一緒に飲んで打ち解けたフランクはボニーに7年前の出来事を打ち明けました。

自殺する直前に姉のダイアンは、メアリーを連れてフランクの元を訪れていましたが、彼はデートの約束を優先。

ダイアンはメアリーの父親である男とも別れ、常に側で彼女を支え続けてきたはずの母親イブリンとも妊娠をしてからは絶縁状態だっため、頼れるのはフランクだけだったのです。

一人残された姪のメアリーはフランクが引き取って育てるしかありませんでした。

フランクがメアリーを普通の学校に通わせているのも、メアリーに普通の生活を送らせてあげたいという亡き姉の遺志を尊重しているためでした。

ある日、メアリーが学校で問題を起こしてしまいます。

いじめを見過ごせなかったメアリーは上級生にも果敢に立ち向かい、そのいじめっ子にケガをさせてしまったのでした。

学校側はメアリーに特別な才能があることに気付いていて、ギフテッド教育に特化した別の学校への転校を進めてきます。

しかし、フランクの意思は堅く、メアリーはこのままこの学校に残ることになりました。

ある日、家に帰るとフランクの母でありメアリーの祖母であるイブリンがいました。

孫のメアリーの才能を知った彼女はダイアンと同じく数学者にしようと考え、メアリーの親権を譲り受けようとフランクに持ちかけますが、彼はそれを拒否。

結局、メアリーの親権は裁判で争うことになりました。

裁判の過程で、イブリン側はメアリーの実の父親を利用し、親権を奪おうとする等、メアリーを手に入れるためだったらどんな手も使うという程の執念でした。

しかしそれは、同時にまだ7歳の少女であるメアリーを傷つけることにもなり、彼女は深いショックを受けます。

フランクはロバータと共に傷ついたメアリーを連れ、病院に向かいます。訪れた場所は産婦人科で、そこには生まれたばかりの子どもの誕生を心から喜ぶ家族の姿がありました。

そして、フランクはメアリーが生まれた時もあんな風に皆で喜んだんだよと教えました。

裁判の争点はイブリンの育ての親としての能力、フランクの経済力の2点。

そのどちらもお互いの弁護士に詰め寄られ、両者とも決して満足のいく答えを返すことが出来ませんでした。

フランクの弁護人は、今までの傾向から裁判長が経済力のある方に味方することが多いことを知っていました。

イブリン側も負ける可能性が高いと踏んでいたため、折衷案を持ちかけてきます。

それは、フランクの家から車で30分以内の里親の元に12歳になるまでの5年間預けるというものでした。

フランクとイブリンの両者がメアリーと面会できる日にちを設け、メアリーをそこからギフテッド教育を行っている学校に通わせ、12歳になったら自らの意思決定で住む場所を選べるようになります。

里親の元を訪れてその人柄と住環境を知り、フランクは悩んだ末に、イブリン側の折衷案を飲みました。

しかし、メアリーはずっと一緒にいると約束してくれたフランクが自分を裏切ったと激怒し泣き叫びます。

胸が張り裂けそうになりながらフランクはメアリーを里親の元に残し、去っていきます。

その後、フランクがメアリーの面会に訪れても精神的に不安定になっていると里親から断られしまいました。

そんな時に図書館を訪れていたボニーが、メアリーと共に里親の家にいったはずの片目の猫フレッドが里親探しに出されているポスターを発見。

ボニーはすぐにその写真を撮って、フランクに知らせました。

その写真を見たフランクは急いで保健所に向かい、殺処分になりかかっていたフレッドとその場にいた他の2匹の猫も助け出します。

猫アレルギーであるイブリンがこのことに絡んでいることに気付いたフランクは家に戻るとある箱を持って、メアリーの里親の家に向かいます。

フランクが里親の家に無理やり入ると、そこには家庭教師と共にメアリーに数学を教えるイブリンの姿が。

卑怯なやり方で騙していたイブリンにフランクは激怒し、ダイアンが亡くなる前に解いていた「ナビエ-ストークス方程式問題」の論文をテーブルに叩きつけました。

そして、フランクは混乱して部屋を飛び出したメアリーの後を追いかけます。

フランクは自分の選択が間違っていたことを認め、メアリーと再び一緒に暮らすことを約束しました。

フランクが部屋に戻ると、イブリンは信じられないという表情で立っていました。

歴史的な証明となるこの論文をフランクが公表しなかったのは、イブリンの死後に発表してほしいというダイアンの遺言のためでした。

「ミレニアム懸賞問題」であるこの論文は2年もの歳月がかけられる検証から守り抜かなければならないため、イブリンがその役目を担えば子育てに費やす時間などないことをフランクは分かっていました。

娘であるダイアンが人生を懸けて説いたこの問題を守り抜くことを決意したイブリンは、涙を流しながら大学に電話をかけます。

その後、フランクとの生活を再開させたメアリーは午前中いっぱいは大学の数学の授業に出席し、午後は普通の学校で過ごすことに。

そこには同年代の子たちと楽しそうに遊ぶメアリーの姿がありました。

スポンサーリンク

3.映画『ギフテッド』の感想と評価


(C)2017 Twentieth Century Fox

この映画を監督したマーク・ウェブは元々MV出身の人。

『(500日)のサマー』や『アメイジング・スパイダーマン』ではスタイリッシュな映像感覚と甘酸っぱい恋愛描写が大きな魅力になっていました。

ハリウッド大作であるアメコミ映画を監督した経験は彼にとって意義のあるものになったそうですが、『アメイジング・スパイダーマン』シリーズは急遽打ち切りに。

個人的にはサマーもアメスパも好きだったので、マーク・ウェブの次回作を心待ちにしていました。

そんな彼が選んだ作品は、才能と家族を巡るとても小さな物語。

そこには悪役も出てこないし、格好良いヒーローも出てきません。世間ではキャプテン・アメリカとして認識されているクリス・エバンスが影のある独身男を演じています。

その作品の小ささこそがマーク・ウェブが望んでいたことのようで、彼が本当に撮りたかった温かみがこの作品には映っています。

登場人物も非常に少なく整理されていて、特別大きく予想を超えるような動きもありません。

感動させてやろうというようなダサい演出はこの作品には見られず、ウェットな仕上がりにもなっていません。

お涙頂戴ものとは一線を画す、上質な人間ドラマが実力派の役者たちによって繰り広げられていました。

出ている役者もれなく全員が素晴らしいのですが、特筆すべきは間違いなく天才児メアリーを演じたマッケンナ・グレイスでしょう。

その感情表現の豊かさは本当に素晴らしく、特にキュートなしかめっ面は忘れがたい魅力がありました。

劇場が温かい笑いに包まれたとあるシーンでの間など、大人っぽさと子どもっぽさを併せ持つ11歳とは思えない天才的な演技を披露。

『(500日)のサマー』に妹役として出演していたクロエ・グレース・モレッツのようにスターになるのでしょうか。

ちなみに彼女はポケモンが大好きらしいです。

タイトルのギフテッドとは「同世代の子供と比較して、並外れた成果を出せる程、突出した才能を持つ子供のこと」。

これは努力うんぬんというよりは先天的に与えられた才能なのでギフト=贈り物というニュアンスを含んでいます。

この才能を生かすのか殺すのかは環境次第であり、イブリンが学問の発展のためにはそれをきちんと育てる責任と代わりに何かを犠牲にする必要があるとまくしたてる印象的なシーンは、完全に同意はできないものの胸に迫るものが確かにありました。

この物語がとことん優しいのは、娘から憎まれ、結果として自殺にまで追い込んだイブリンまで救っていること。

メモに書かれたあのイエスという文字は数学を愛していた彼女の心からの喜びであり、そこに到達できたのは間違いなくイブリンの熱心な支えのおかげということです。

そして、この映画において一番感動的なシーンは、意外にもクライマックスではなく中盤に用意されたとある病院のシーンでした。

凡百の作品ならばあそこは父親との再会を描くでしょう。

しかし、本作は天からの贈り物とされる赤ちゃんの誕生、新たな命がこの世に授けられた、まさにギフテッドの瞬間を劇的に切り取ってみせるのです。

その瞬間が本当に素晴らしく美しい。

この世に生まれてくれたことを喜び、たくさんの愛情でここまで育ててくれた。

だからこそ今私はここにいる。

その幸せな事実が強烈に胸に迫って来ます。

父と母がいない悲しみはメアリーの心に刻まれていると思いますが、それを忘れさせる程にフランクの愛は深く優しい。

私にもまだ1歳の小さな甥がいますが、あんな状況になったらフランクと同じように愛情を注ぎ続けられるだろうかと、ふと考えさせられました。

この愛の物語は親子ではなくて、叔父と姪ですからね。

フランクとメアリー、共に母親から突き放されてしまった似た者同士のバディムービー的な捉え方ができるのも面白いところです。

ケンカの仲直りシーンなんかは正にその趣がありました。

心を通わせるソウルメイト同士の絆の物語としての側面も持っている非常に懐の深いとても素晴らしい作品でした。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2017 Twentieth Century Fox

劇中で取り上げられる「ナビエ-ストークス方程式問題」は、川や海の水に大気といった流体の動きを表す方程式だそうです。

しかし、現実の流体は複雑な挙動をするため、その方程式が現実の事象を正確に反映したとは言えません。

この問題は、そもそもこの方程式が物理的に意味がある解を導き出すことができるのかを証明するものです。

目に見えない流体の動きというものに、家族という同じく目に見えない繋がりを重ねているように私は感じました。

そのことに絶望して自殺を選んだ者と、そのことによって人生を救われた者。

家族は時に傷つけ合うことももちろんありますが、時に支え合える時もあるものです。

その不思議な関係性は簡単に答えを出せるようなものではないのかもしれません。

一つ確実に言えるのは、この作品はそんな家族の両側面をきっちりと描きながら、たしかに温かく、人の心を救うような優しさを持っているということです。

スポンサーリンク

関連記事

ドラマ映画

映画『殿、利息でござる!』あらすじネタバレと動画無料視聴方法

世の中には映画のチラシや、DVDのジャケットのような感じの話と思ったら、全然違う雰囲気だったということが時々あります。 今回ご紹介する『殿、利息でござる!』も『!』が付くくらいなんだから、さぞ突拍子も …

ドラマ映画

『ビーストストーカー/証人』動画無料視聴はU-NEXT!ネタバレ感想レビュー!

現在U-NEXTで特集を組まれているダンテ・ラム監督作品。 日本では最近になって監督作が劇場公開され、評価を得たことをきっかけに過去作も続々とDVDなどリリースされるようになりました。 そんなダンテ・ …

ドラマ映画

神宿映画『君がいて完成するパズル』あらすじ!公開日時と劇場は

原宿発5人組アイドルグループ・神宿(かみやど)そろって主演する映画『君がいて完成するパズル』の完成披露ライブ&上映会が、10月28日(土)シネマート新宿で開催されます。 スポンサーリンク 1.映画『君 …

ドラマ映画

映画『未来よ こんにちは』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

歳を重ねていくことに、あなたは何を求めますか? 今回ご紹介する映画『未来よ こんにちは』は、若き新鋭監督ミア・ハンセン=ラブの最新作。人生の半ばを過ぎて潔く出来事と向き合う独りの女性の姿をフランス女優 …

ドラマ映画

映画『女の一生』あらすじとキャスト!感想も【原作小説紹介あり】

世界中で幾度も映像化されたモーパッサン原作による不朽の名作『女の一生』。2017年12月9日(土)より岩波ホールほか全国順次公開です。 新たに映画化された本作はステファヌ・ブリゼ監督の挑戦的な手法で、 …

日本映画大学