Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/07/04
Update

『イン・ザ・ハイツ』感想評価と内容解説。ミュージカル映画新作で音楽曲とダンスで魂の叫びを表現!

  • Writer :
  • 咲田真菜

映画『イン・ザ・ハイツ』が、2021年7月30日(金)より全国ロードショー。

ミュージカル『ハミルトン』で注目を集めるリン=マニュエル・ミランダによるブロードウェイミュージカル『イン・ザ・ハイツ』を映画化した本作。

変わりゆくニューヨークの片隅に取り残された街・ワシントンハイツを舞台に、4人の若者の夢と苦悩が描かれます。

クレイジー・リッチ』のジョン・M・チュウ監督が手掛け、『アリー スター誕生』のアンソニー・ラモス、『ストレイト・アウタ・コンプトン』のコーリー・ホーキンズ、シンガーソングライターのレスリー・グレイスらが出演しています。

スポンサーリンク

映画『イン・ザ・ハイツ』の作品情報

(C)2020 Warner Bros. All Rights Reserved.

【公開】
2021年(アメリカ映画)

【製作】
リン=マニュエル・ミランダ、キアラ・アレグリア・ヒューディーズ、スコット・サンダーズ、アンソニー・ブレグマン、マーラ・ジェイコブス

【原作・作詞・作曲・音楽】
リン=マニュエル・ミランダ

【脚本】
キアラ・アレグリア・ヒューディーズ

【監督】
ジョン・M・チュウ

【キャスト】
アンソニー・ラモス、コーリー・ホーキンズ、レスリー・グレイス、メリッサ・バレラ、オルガ・メレディス、ジミー・スミッツ、ダフネ・ルービン=ベガ、グレゴリー・ディアス四世

【作品概要】
ニューヨークの片隅にあるワシントンハイツで生活をするウスナビ(アンソニー・ラモス)、バネッサ(メリッサ・バレラ)、ニーナ(レスリー・グレイス)、ベニー(コーリー・ホーキンズ)は、夢を追いながらもそれぞれ厳しい現実に直面していました。真夏に起きた大停電の夜、彼ら4人の運命が動き出します。『クレイジー・リッチ』(2018)のジョン・M・チュウが監督を手掛けています。


映画『イン・ザ・ハイツ』のあらすじ

ラテン系の移民が集まるニューヨークの片隅にあるワシントンハイツには、祖国を遠く離れた住民たちが、夢や希望を持って生活をしています。

コンビニのオーナーをしているウスナビ(アンソニー・ラモス)、ウスナビの親友でタクシー会社に勤務するベニー(コーリー・ホーキンズ)、成績優秀で、ワシントンハイツの住民の期待を背負い有名大学へ進学したニーナ(レスリー・グレイス)、ファッション業界で活躍することを夢見るネイリストのバネッサ(メリッサ・バレラ)は、夢を持ちながらも将来への不安を抱いて懸命に働いています。

暑さが厳しい夏のある日、ワシントンハイツを大停電が襲い、その日から4人の運命が動き出します。

スポンサーリンク

映画『イン・ザ・ハイツ』の感想と評価

(C)2020 Warner Bros. All Rights Reserved.

音楽とダンスで魂の叫びを表現

物語は、ワシントンハイツでコンビニのオーナーとして働くウスナビ(アンソニー・ラモス)が自らの半生を回想し、子どもたちに語り聞かせながら進んでいきます。

ウスナビを中心に、ベニー(コーリー・ホーキンズ)、ニーナ(レスリー・グレイス)、バネッサ(メリッサ・バレラ)4人の若者が抱いている夢と苦悩が描かれます。

祖国・ドミニカ共和国から夢と希望を持って家族とともにアメリカへ移住してきたウスナビですが、ニューヨークでの生活は厳しく、暮らしは楽ではありません。

真面目に働いていればいつか夢が叶う…そう信じて毎日を過ごしていますが、パッとしません。片思いをしているネイリストのバネッサをデートに誘うこともできず、親友のベニーにいつもからかわれています。

幼い頃から成績優秀で必死に勉強してきたニーナは、誰もがうらやむ名門大学・スタンフォード大学へ入学。夏休みを利用してワシントンハイツに帰省していました。

街中の人々がラテン系移民の代表としてこれから世の中に出ていくであろうニーナを大歓迎します。

ニーナに想いを寄せ、遠く離れてしまい寂しい気持ちがあるベニーは、ニーナの帰省を歓迎し、久しぶりの再会に浮足立ちます。しかしなぜかニーナの表情は暗く、大学で何か大きな問題を抱えているようです。

ネイリストのバネッサは、いつかファッションの世界で活躍することを夢見ています。そのためにワシントンハイツから出ていこうとするのですが、何の後ろ盾もないバネッサが「外の世界」を目指すには、いろいろな壁を乗り越えなければなりませんでした。

若くて将来をどのようにでも思い描いていけそうな4人に共通しているのは、他国からアメリカへ渡ってきた移民であること。

それが時に物事が思い通りにいかない最大の原因となるのですが、彼らはそのうっ憤を歌とダンスで爆発させます。

ヒップホップ、サルサ、R&B、ポップなど、実にさまざまな音楽がこの作品で披露され、これまでのミュージカル映画にはない音楽の多様性に驚きます

さまざまな音楽をバックに見事なダンスが繰り広げられ、スクリーンにくぎ付けになります。そしてバックダンサーの多さに圧倒され、ラテン系のダンスが持つ独特の熱気にあっという間に包み込まれていきます。

「移民である私たちの声を聞いてほしい」そういう彼らの魂の叫びが歌とダンスによって表現されるのですが、どんなに重い問題を抱えていても、なぜか明るく感じてしまうのはラテン系の人々の陽のオーラがなせるわざなのかもしれません。

鮮やかに彩られる映像美

(C)2020 Warner Bros. All Rights Reserved.

ミュージカル映画の見どころとなるのはもちろん歌とダンスですが、本作では「映像として美しくみせること」に対して、とことん追求していると感じました。

冒頭の主題曲「イン・ザ・ハイツ」で披露されるダンスシーンや、ウスナビがオーナーを務めるコンビニから当たりくじが出て「自分が9万6000ドルの当選者だったら」とプールで歌い踊る「96,000」の壮大な群舞、ニーナとベニーのデュエットダンスなど、躍動感があるだけでなく、色彩や映像の美しさに目を奪われます

シーンごとに、色とりどりの衣装に身を包む出演者たち、青い空、街の象徴ともいえるジョージ・ワシントン・ブリッジ…。

SNSで有名アーティストがこの映画の美しさを絶賛していた理由が納得できます。

ワシントンハイツに住む人々の人生模様

(C)2020 Warner Bros. All Rights Reserved.

4人の若者以外にも、世代を超えた人生模様が丁寧に描かれているのも本作の魅力です。街の若者たちの母親代わりであるアブエラ(オルガ・メレディス)、ニーナの父親で小さなタクシー会社を経営するケビン(ジミー・スミッツ)といった、ワシントンハイツの「ベテラン勢」もいい味を出しています。

ウスナビたちの上の世代として、異国で懸命に生きてきた彼らが放つ言葉は、含蓄のあるものばかり。

「忍耐と信仰を!」が口癖のアブエラが歩んできた人生がどういうものだったのか、タクシー会社の経営が厳しいながらも、成績優秀な娘・ニーナをなんとしてでも大学へ行かせるのだと頑張るケビンがどのような考えを持っているのかが描かれます。

真夏にワシントンハイツを襲った大停電。街がパニックに陥る中、ここに住むすべての人々の人生が少しずつ動き始めます。

それは若い世代だけでなくベテラン世代も同様なのですが、移民である彼らを支えているのは、祖国への想いと誇りであることが分かります。

アブエラが、悩むニーナにかけた言葉「世界に知ってもらうのよ。私たちの存在を」という言葉にグッときます

まとめ

(C)2020 Warner Bros. All Rights Reserved.

ニューヨークに住む移民の人々を描いたミュージカル映画といえば、1961年に公開された『ウエスト・サイド・ストーリー』を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

『ウエスト・サイド・ストーリー』では、移民の不良グループが対立し、悲劇が起きてしまう物語が描かれましたが、その背景には根強い移民に対する偏見がありました。

60年後に公開される『イン・ザ・ハイツ』でも、相変わらず差別に悩む移民の人々が描かれています。何年経っても変わらないこの問題は、一体いつ解決するのか…。素晴らしい楽曲やダンスシーンに満たされながらも、本作を観ながらそんな難しいことを考えてしまいました。

唯一救いとなったのは、さまざまな国から集まってきた人々が住むワシントンハイツでは、グループ同士の争いがないことでした。

各々の国の国旗を手に、仲良く踊るシーンからも分かるように、お互いを尊重しながら助け合って生きているのです。60年前に比べると、少しは進歩しているのかもしれません。

音楽やダンスシーンが魅力的なだけでなく、アメリカが抱える根深い問題について、改めて考えるきっかけになる作品なのかもしれません。

映画『イン・ザ・ハイツ』は2021年7月30日(金)より全国ロードショー




関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ジョーンの秘密』あらすじと感想考察。原作は実話でスパイ容疑で逮捕された80代の老女

映画『ジョーンの秘密』は2020年8月7日(金)TOHOシネマズシャンテほかで全国順次公開。 映画『ジョーンの秘密』は、イギリス史上、最も意外なスパイの実話から生まれた英国の作家ジェニー・ルーニーのベ …

ヒューマンドラマ映画

『億男』ネタバレ感想。映画と原作の違いを徹底解説。お金の意味と運用の金言書の紹介も

あなたは、お金とどう付き合っていますか? お金で買えるもの。お金じゃ買えないもの。分かっているようで分かっていないお金のこと。 『億男』の原作は、2014年に雑誌『BRUTUS』で連載された後、刊行さ …

ヒューマンドラマ映画

映画『岬の兄妹』あらすじと感想レビュー。初日舞台挨拶で語った片山慎三が真正面から描く貧困とは

映画『岬の兄妹』初日舞台挨拶リポート 2019年3月1日(金)全国ロードーショーの映画『岬の兄妹』。 2018年に開催された『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018』のコンペティション部門に選ばれた …

ヒューマンドラマ映画

映画『アマンダと僕』ネタバレ感想と評価レビュー。ラストでテロによる喪失と向き合う少女の強さから学ぶ

消えない悲しみへの寄り添い方。 笑顔を取り戻す時まで。 パリに暮らす幸せな家族を襲った突然の事件。残された24歳のダヴィッドと、その姪のアマンダ、7歳。 大切な人を失った悲しみも癒されないうちに、厳し …

ヒューマンドラマ映画

映画『悲しみに、こんにちは』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『悲しみに、こんにちは』は、誰もがきっと心の片隅にしまっている小さな大切な物語を思い出す作品。 宝石のような煌めきと、シャボン玉のような儚さを描いた少女の“ひと夏”の物語です。 今回は映画『悲しみ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学