Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/11/03
Update

映画『スウィートシング』ネタバレ感想と結末の評価解説。アレクサンダー・ロックウェルによるタランティーノ絶賛の“子供時代の魔法”

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

米インディーズ界の鬼才アレクサンダー・ロックウェル監督が実子とともに映し出す、子ども時代の魔法のような一瞬。

『イン・ザ・スープ』(1996)でアメリカのインディーズ映画界でその名を馳せ、オムニバス映画『フォー・ルームス』(1995)以来、実に25年ぶりに新作映画が日本で公開。

主人公の姉弟ビリーとニコを演じたのはアレクサンダー・ロックウェル監督の実子ラナとニコ。

姉弟の母親役にはアレクサンダー・ロックウェル監督のパートナーであるカリン・パーソンズ、父親役には『イン・ザ・スープ』(1996)から親交のあるウィル・パットンが演じました。

インディーズ映画にこだわり続けてきたアレクサンダー・ロックウェル監督ならではのノスタルジックな16ミリフィルムのモノクロパートと、夢のような煌めきがつまったカラーパート映像も魅力的です。

スポンサーリンク

映画『スウィート・シング』の作品情報


(C)Lasse-Tolboll

【日本公開】
2021年(アメリカ映画)

【原題】
Sweet Thing

【監督・脚本】
アレクサンダー・ロックウェル

【キャスト】
ラナ・ロックウェル、ニコ・ロックウェル、カリン・パーソンズ、ウィル・パットン

【作品概要】
アレクサンダー・ロックウェル監督作品が日本で初公開されたのは長編3作目『父の恋人』(1989)。スティーブ・ブシェミ、シーモア・カッセル、ジェニファー・ビールズらをむかえた次作『イン・ザ・スープ』(1996)がサンダンス映画祭でグランプリを受賞し、一躍有名になりました。

『Little Feet』(2013・日本未公開)で当時4歳と7歳であった実子ラナとニコを主演にむかえ、『Little Feet』では飲んだくれの父親をアレクサンダー・ロックウェル監督自身が演じました。

『スウィート・シング』(2021)では実子ラナとニコを再び主演にむかえ、11歳と15歳という子どもから大人へと踏み出す瞬間の2人の世界を映し出し、2020年・第70回ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門で最優秀作品賞を受賞しました。

父親であるアダムを演じたのは『イン・ザ・スープ』(1996)からアレクサンダー・ロックウェル監督と親交のあるウィル・パットン。出演作は『ハロウィン KILLS』(2021)、『ミナリ』(2021)など。

映画『スウィート・シング』のあらすじとネタバレ


(C)Lasse-Tolboll

マサチューセッツ州・ニューベッドフォード。

普段は優しいけれどお酒が入ると人が変わる父アダム(ウィル・パットン)と暮らす15歳のビリー(ラナ・ロックウェル)と11歳のニコ(ニコ・ロックウェル)は、学校に行かずゴミなどを拾って小銭稼ぎをしていました。

クリスマスが近づき、ニコはクラスメートの女の子にアプローチされていて困っています。ビリーはニコに気づかれないよう、サンタからのプレゼントを用意します。

久しぶりに家族で食事をしようとアダムとビリー、ニコは中華屋の前で家を出ていった母親のイヴ(カリン・パーソンズ)を待ちます。

するとイヴは恋人のボー(ML・ジョゼファー)と共に現れます。家族だけで過ごしたいと、車に飛びかかるアダムに怒ったイヴは帰ってしまいます。

仕方なく家に帰り、3人でクリスマスを楽しむことに。ニコはサンタからのプレゼントをもらって上機嫌です。

自分のプレゼントはないと思っていたビリーに、アダムはウクレレをプレゼントします。驚きつつも嬉しそうな顔を浮かべるビリー。

しかし、アダムはいつものように飲んだくれ、大人びていくビリーの姿に母親を重ね、突如「髪が伸びすぎているから切ってやる」と言い始めます。

ビリーは嫌がって抵抗しますが、アダムの力には抗えません。そんなビリーを助けようとニコもアダムを止めようとしますが、ニコを跳ね除けバスルームに鍵を閉めると、アダムは「お前のためだ」と言ってビリーの髪を切ります。

短くなった髪を見つめ静かに泣くビリーの元にニコがやってきます。ニコも自分で自分の髪を切り、ビリーとお揃いだと言います。2人は固く抱き合います。

アダムの酒癖はどんどん悪化し、とうとう治療のために強制的に入院させられてしまいます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『スウィート・シング』ネタバレ・結末の記載がございます。『スウィート・シング』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)Lasse-Tolboll

アダムが入院し、頼れる大人がいない2人は恋人のボーと暮らすイヴのところに身を寄せます。しかし、ボーとイヴも四六時中酒を飲み、酒を飲むとボーの高圧的な態度も酷くなっていきます。

イヴはボーの機嫌を最優先させ、2人にもボーの機嫌を損ねないようにと言います。家にいづらいビリーは、近所に住む少年マリク(ジャバリ・ワトキンス)と知り合い仲良くなります。

ある日、ボーと釣りに行き帰ってきたニコの様子がおかしいことにビリーは気付きます。ボーはそんなニコを弱虫だと言います。

ビリーはニコに事情を聞くと、ニコはボーが自身の性器を見せてきたと言うのです。衝撃を受けたビリーはイヴにそのことを言います。するとイヴは怒ってビリーを叩き、私の幸せを奪わないでと言うのでした。

ここにはいられないと悟ったビリーとニコは、イヴが出かけた隙に逃げ出そうとしますが、運悪くボーがやってきてしまいます。

咄嗟にニコがボーを刺し、怒ったボーに襲われかけた時、マリクが背後からボーを殴り3人は家を飛び出します。

はじまった3人の逃避行。マリクはフロリダにいる父親に会いに行くといい、行く宛のないビリーとニコはマリクについていきました。

車を盗み、留守のお金持ちの家に忍び込み無邪気に遊ぶ3人。

楽しい時間も長くは続かず、食事の当てもなく空腹で彷徨っていた3人を優しい老夫婦がキャンピングカーに迎え入れ、得意のキャセロールを振舞ってくれます。お腹を満たした3人は厚意に甘えて泊まることに。

しかし、朝起きるとキャンピングカーの外に警察がとまっています。老夫婦が警察を呼んだのでした。

慌てたマリクはお金持ちの家で手に入れた銃を握りしめ、窓から外に飛び出しますが、非情にも撃たれてしまいます。

奇跡的に一命を取り留めたマリクでしたが、記憶を喪失しビリーとニコのことも覚えていません。ビリーとニコは退院したアダムと再び暮らし始め、目を覚ましたイヴはボーと別れました。

マリクのことが忘れられない2人は病院に忍び込み、マリクを病院から連れ出します。

海辺で3人で座り、ビリーがウクレレを持ち『Sweet Thing』を歌います。それを聞くマリクは、どこか微笑んだような表情を浮かべるのでした。

スポンサーリンク

映画『スウィート・シング』の感想と評価


(C)Lasse-Tolboll

15歳のビリーと11歳のニコ。優しいけれどお酒を飲むと人が変わる父親・アダム、家を出て恋人と暮らす母・イヴ。

頼れる大人もなく、小銭稼ぎをして自分たちで生きていくしかない。学校にもまともに行っていない。特に姉のビリーが抱えている状況はまさに“「ヤングケアラー”であり、彼女は時に母親のようにニコを見つめ、酔い潰れたアダムを介抱します。

そんなビリーにとって、空想の中の「ゴッド・マザー」は自身の名前の由来ともなった歌手ビリー・ホリデイ。空想の中のビリーは年相応の輝くような子供の表情をしています。

心も体も大人へと近づいていくビリーにとって象徴的なものとして描かれていたのは“”でした。

長く美しいビリーの巻き髪を見て、アダムは母親であるイヴの姿、そしてビリーが大人へと変化していく兆しを感じ取って、焦りと動揺が入り混じり髪を切ってしまいます。

静かに泣くビリーは子供のように抵抗をせず、まさに“大人”になりつつあることを感じさせるかのようです。

そんなビリーに対し、自分の髪も切ってお揃いだと言ったニコ。彼もまた大人への一歩を踏み出し始めています。

ビリーの髪を切ろうとしたアダムに対し、ニコはビリーを守ろうとします。それはアダムを守ってくれる存在だという認識をしていないということの表れにも思えます。

イヴの恋人ボーに対してもニコはビリーを守ろうとしています。自分が守らなくてはいけない、強くならなくてはいけないという認識がニコの中にあるのです。

彼がサンタに頼んだプレゼントもナイフでした。自分で戦うしかないことを彼は11歳にして感じ取っているのです。

ボーに酷い目に遭わされたことをイヴに訴えるも、イヴが選んだのは自分の子供ではなく恋人でした。その瞬間ビリーは、イヴの元で生きていくことは出来ないと悟ります。

このようにビリーとニコを取り巻く状況は決して生きやすい環境ではなく、辛い思いをしています。それでもどこか美しく希望を感じられるのは温かみとレトロさのある16ミリフィルムの映像や、音楽のセンス、そしてビリーとニコの視点で見た世界が辛いだけでなく、煌めきで溢れているからでしょう。

モノクロパートを中心に映し出されていますが、ビリーの空想や家を飛び出し子供たちだけの魔法のような時間は、カラーで映し出します。たった一瞬の宝石のような煌めきと感情の高まり、様々な感情が溢れ出すどこか懐かしく色褪せない瞬間を色鮮やかに観客の心に焼き付けます。

マリクと共に子供たちだけで生きていこうとする逃避行は、子供時代の今だけの瞬間を捉え、いつかの子供時代を想起させるようなマジカルな時間をスクリーンいっぱいに映し出します。

子供の視点から見たマジカルな世界はピーターパンがいるネバーランドや、『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』(2018)などを想起させます。

終わりの予感をさせつつも、この瞬間が永遠に続けば良いと思ってしまう美しさは、まさに映画の魔法とも言えるかもしれません。

まとめ


(C)Lasse-Tolboll

米インディーズ界の鬼才アレクサンダー・ロックウェル監督が、実子と共に子供時代の煌めきを映し出した映画『スウィート・シング』。

インディーズ映画にこだわり続けてきたアレクサンダー・ロックウェル監督のこだわりが、16ミリフィルムの映像や様々な映画へのオマージュを感じさせるような選曲センスに詰まっています。

また、映画が始まって流れてくるクレジットには「A Film By Aldopho Rolo」とあります。この名前を聞いて思い出すのは『イン・ザ・スープ』(1996)でスティーブ・ブシェミが演じた主人公・アルドルフォ(Aldolpho)です。

綴りは全く同じではないですが、映画を撮りたいがお金がなくて困窮していたアルドルフォがとうとう映画を撮ったかのような遊び心のある演出に心がくすぐられます。

実際に『スウィート・シング』は、アレクサンダー・ロックウェル監督が教えているニューヨーク大学の生徒らと資金を募って制作された低予算の映画です。インディーズ映画に対するアレクサンダー・ロックウェル監督の愛も伝わってくるような映画になっています。


関連記事

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ】グリーンブックの実話ならではの感動のラスト結末。アカデミー賞も納得の脚本と演技力

第91回アカデミー賞で最優秀作品賞、脚本賞、助演男優賞(マハーシャラ・アリ)。 学の無いがさつなイタリア系用心棒と、天才黒人ピアニストの凸凹コンビが差別の色濃い南部への旅に出ます。 実話ならではの感動 …

ヒューマンドラマ映画

映画ミックス。瑛太(萩原久役)演技評価と感想!プロフィールも

新垣結衣と瑛太のダブル主演で話題映画『ミックス。』は、10月21日より全国公開されます。 完成試写会の壇上にいた瑛太は、初めて共演した新垣結衣に会った際のエピソードに緊張のあまり、「ガッさん!」と呼ん …

ヒューマンドラマ映画

映画『ギターはもう聞こえない』あらすじと感想。フィリップ・ガレルおすすめの愛の記憶を巡る究極の“私的映画”

映画『ギターがもう聞こえない』が2019年4月27日より東京都写真美術館ホールにて公開 フランス映画界で現在も尚、ヌーヴェル・ヴァーグの精神を受け継ぐ孤高の映画作家フィリップ・ガレル。 ガレル監督の膨 …

ヒューマンドラマ映画

映画『トミー』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。ザ・フーのアルバムTommyを基にケンラッセル監督が豪華に仕上げたロックオペラ

史上最強!五感を刺激する伝説のロックオペラ映画『トミー』 「あなたの感覚は観る前と後で全く異なる」と、キャッチコピーの通り、観た人に啓示をもたらすようなカルトムービー。 劇中に登場する様々な宗教的モチ …

ヒューマンドラマ映画

映画『SHAME -シェイム-』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

新進気鋭の監督スティーヴ・マックイーンが迫ったのは欲望の奥底にある心の闇…。 マイケル・ファスベンダーが主人公ブランドンの複雑な人物像を見事に演じきった『SHAME -シェイム-』をご紹介します。 ス …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学