Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『きらきら眼鏡』の犬童一利監督インタビューとあらすじ。上映館情報も

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『きらきら眼鏡』は、9月7日(金)TOHOシネマズららぽーと船橋にて先行上映

また、9月15日(土)より有楽町スバル座、9月29日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次公開

映画『きらきら眼鏡』の演出を担当したのは、映画『カミングアウト』や『つむぐもの』で知られる犬童一利監督。

今回は監督のプロフィールと、『きらきら眼鏡』のインタビューをご紹介します。

スポンサーリンク

映画『きらきら眼鏡』の作品情報

【公開】
2018年(日本映画)

【原作】
森沢明夫「きらきら眼鏡」(双葉文庫) 

【監督】
犬童一利

【キャスト】
金井浩人、池脇千鶴、古畑星夏、杉野遥亮、片山萌美、志田彩良、安藤政信、鈴木卓爾、大津尋葵、成嶋瞳子、菅野莉央、大西礼芳、長内映里香、山本浩司、モロ師岡

【作品概要】
森沢明夫の同名小説を原作を『カミングアウト』『つむぐもの』の犬童一利監督が新人俳優の金井浩人と演技派女優の池脇千鶴のダブル主演で映画化。

主人公の明海役を映画デビューとなる金井浩人、ヒロインのあかね役を池脇千鶴が演じ、あかねの恋人役を安藤政信、そのほか古畑星夏らが脇を固めています。

脚本は犬童監督と学生の頃から交友のある守口悠介が担当。またエンディング曲「Reminiscence〜回想〜」は柏木広樹feat.葉加瀬太郎&西村由紀江。 

映画『きらきら眼鏡』の犬童一利監督のプロフィール

監督作品『カミングアウト』(2014)


犬童一利は1986年生まれの神奈川県の厚木市出身で、人間の心の機微を描くことに定評がある若手映画監督。

2008年に中央大学商学部卒業を卒業した後、2010年に短編映画『フリーバイバイ』でSHORT FILM FESTA NIPPON 2010に入選。

2012年の『SRS ありきたりなふたり』にて、第1回氷見絆国際映画祭の優秀賞受賞。また、関西クィア映画祭2012や第8回香川レインボー映画祭で上映されます。

2014年には『カミングアウト』が、第23回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭と第26回香港レズビアン&ゲイ映画祭で上映作品に選ばれます。

監督作品『つむぐもの』(2016)

2015年に『早乙女4姉妹』を発表し、2016年には『つむぐもの』が、第11回大阪アジアン映画祭コンペティション部門や第19回上海国際映画祭パノラマ部門に正式出品されました。

スポンサーリンク

映画『きらきら眼鏡』に掛けた犬童一利監督のインタビュー

映画『きらきら眼鏡』の企画の発端は?


森沢明夫著:双葉社 (2015)

「前作の『つむぐもの』を気に入って頂いていた原作者の森沢先生からお声掛けを頂きました。森沢先生は船橋出身在住で、小説も船橋が舞台です。昨年が船橋市の80周年で、船橋市の方々と映画化の話があがった際にご指名を頂きました」

『きらきら眼鏡』の原作と映画の違いは何でしょう?

「原作を「恋愛観7:死生観3」とすると映画は「死生観7:恋愛観3」にしました。それに伴い、設定もかなり変更させて頂きました。明海が抱えているものや主演二人の職業も変えています。ただ、原作の魂の部分をしっかり宿した物語になっていると思います」

明海役を務めた金井浩人さんとは?


(C)森沢明夫/双葉社 (C)2018「きらきら眼鏡」製作委員会

「主人公の“明海”は、2017年の春に行ったワークショップの参加者の金井くんにしたいと思いました。彼は俗に言う「新人」で当時事務所にも入っておらず、商業作品のキャリアもほとんどありませんでした。ただ、彼自身に明海を重ねあわせたのが大きな理由でした。「過去に恋人を亡くした」という設定は、原作にはなく映画のオリジナルです。キャスティングの話などはせずに、プライベートで一緒に飲みに行ったりして、彼自身の人生や恋愛観などを聞いていきました。とはいえ、これだけ多くの方が関わっている商業作品で、かつ監督の僕は無名。そんな中、この思いを受け入れてくれたプロデューサーや原作の森沢先生には本当に感謝しています。プロデューサーと深夜に新宿の居酒屋に彼を呼び出して、主演のオファーをしました。彼は最初は言葉の意味が分かっておらず、やっと理解すると「生きててよかった」と涙しました。そして、クランクアップの時、彼はスタッフキャストの前で同じ台詞を、また涙を流しながら口にしました。役作りで実際に駅で丸2日間働いてもらったり、勝浦に1週間住み込んでもらったりもしました」

ヒロインあかね役を演じた池脇千鶴さんとは?


(C)森沢明夫/双葉社 (C)2018「きらきら眼鏡」製作委員会

「“あかね”はとても難しい役だと思いました。余命宣告を受けた恋人を持ちつつ、物語のテーマの「きらきら眼鏡」をかけている女性。ただ見た目の可愛さとかだけではない、なにか不思議な魅力がある役者さんにやってもらう必要があると思っていました。池脇千鶴さんは『ジョゼと虎と魚たち』や『そこのみにて光輝く』で昔からとてもとても大好きな方でした。脚本を気に入って下さり、オファーを受けてもらえると聞いた時は「やったー!」と声をあげたのを覚えています。現場での池脇さんはとにかく明るく、場の雰囲気を和やかにしてくれました」

金井さんと池脇さんにどのような演技指導をされましたか?

「金井くんには、撮影に入る前からお互いに「明海でいること」ばかりを考えていましたが、周囲のアドバイスもあり、撮影の少し前くらいから、そこに頓着しすぎないようにしていきました。もう役の要素は入っているし、そもそも明海っぽいという理由でオファーをしているのだから、金井くんの本人がそこにいれば良いと思えるようになりました。最初の方、特にクランクイン初日はもの凄く緊張しており、一同不安がよぎりましたが、日をおうごとに、みるみる彼の良さが出てきました。ここに関しては、カメラマンの根岸さんを始めとしたベテランスタッフ、そして池脇さんにとても多くの力を貸して頂きました。

いきなり初主演で池脇さんや安藤さんとの共演という大役をやり切った彼に僕自身も力をもらいました。

池脇さんは顔合わせの際に、すでにあかねっぽいと思いました。ご本人も、脚本を読んだ時に、一切あかねに対して疑問がなかったと仰っていたのもあり、声のトーンや動きの指示は何度かさせて頂きましたが、多くを池脇さんに委ねました。オフの時の池脇さんは現場を暖かくするために、いつも明るく振る舞ってくれていましたが、本番に入った時にいきなり涙を流したりするのをみると、さすがだなと感心してしまいました。また是非ご一緒させて頂きたいです」

映画『きらきら眼鏡』で伝えたいテーマは?


(C)森沢明夫/双葉社 (C)2018「きらきら眼鏡」製作委員会

「原作には本当に沢山素敵な部分があり、脚本家と何度も話し合いましたが、最終的にはシンプルに「劇場を出た人がきらきら眼鏡をかけていること」を目標にしました。「きらきら眼鏡」は心にかける眼鏡で、普段見過ごしてしまうようなモノや感謝に気付かせてくれ、世界を輝かせてくれる眼鏡です。これは今の日本にこそ本当に必要な考え方だと思っています。裕福で恵まれているのに、SNSの普及もあって、愚痴っぽくなってしまったり、人の悪いところばかりを見てしまう「くもり眼鏡」を無意識にかけることが多いとずっと感じていました。個人的には「生への感謝」がきらきら眼鏡の主成分だと思っており、物語や登場人物、ロケーションなど映画の世界を通して、このマインドを伝えたいと思っています。一方、無理してきらきら眼鏡をかけることが本当に正しいのかという問題提起もしたいと思っており、そのあたりをあかねに投影しています」

映画『きらきら眼鏡』のあらすじ


(C)森沢明夫/双葉社 (C)2018「きらきら眼鏡」製作委員会

高校時代の恋人の死後、周囲に心を閉ざしたまま、駅係員の仕事でやり過ごすように日々を過ごす立花明海。

毎日、同じ落とし物を探しに来る訳ありの乗客に対し、冷たい対応を見せる同僚の女性駅係員の松原弥生がこぼす愚痴を、明海は上手く聞き流していました。

読書家である明海は非番の日に立ち寄った古書店で『死を輝かせる生き方』という気になった本を購入。

その本のページをめくると、ある一文が明海の目に飛び込んできました。

「自分の人生を愛せないと嘆くなら、愛せるように自分が生きるしかない。他に何ができる?」

そこには「大滝あかね」と書かれた一枚の名刺が挟まっていました。

他人と関わりを避けてきた明海でしたが、名刺に記された人物に興味を抱き、その本を返すため会う約束をします。

待ち合わせの喫茶店に現れたあかねは、産業廃棄物処理場で事務員として働く、よく笑う女性でした。

彼女は何もない空に美しさを感じ、またゴミを生きている証だという少し風変わりな女性で、「私ね、きらきら眼鏡、かけることにしてるんです。見たものぜんぶ輝かせる眼鏡」と、あかねは笑いながら明海に話しました。

やがて明海は、あかねと度々会うようになり、奇妙な交流が始まります。

しかし、時たまスマホを気に掛けるあかねには、肺を患った余命わずかの木場裕二という恋人がいました…。

スポンサーリンク

まとめ

犬童一利監督は、本作ほ映画制作を快く迎え入れた船橋の人たちのためにも、この映画を多くの観客に映画を観てもらいと語っていました。

そのような状況の犬童監督を大きく支えたのは、脚本を担当した守口悠介の存在がありました。

犬童監督は前作の映画『つむぐもの』に続き、守口悠介と映画制作のタッグを組んだのです。

脚本家の守口悠介は、日本ラオス国交60年記念作品『ラオス 竜の奇跡』(2017/熊澤誓人との共同)や、映画『名前』(2018)、テレビドラマ『相棒』の執筆で知られたクリエーター。

そんな守口と犬童監督は、大学時代からの親友であり、本作の準備段階から密に連携をとっていたそうです。

その時の守口とのことを犬童監督はこう振り返ります。

「明海とあかねの職業を決めるときや癌患者の方への取材も一緒に行いました。明海の故郷をどこにするか決めるのにも、二人で1泊2日で房総半島を1周して勝浦に決めました。原作の森沢先生からは内容は完全に預けて頂いたので、原作の魂を宿すことだけは徹底しつつ、映画として表現をするのにベストな形を広い視野で模索したつもりです。意見はお互い出し合いつつ、進めていきました」

友人の守口ともにロケーションハンティングに向かい、映画化する登場人物の背景やキャラクター作りなども共に行っていたのです。

そんな親友同士が、“夢描いた映画”ということも、かつての同級生の呑み会や故郷に戻ったシークエンスに滲んで垣間見れたような気がしました。

映画『きらきら眼鏡』は、9月7日(金)TOHOシネマズららぽーと船橋にて先行上映

また、9月15日(土)より有楽町スバル座、9月29日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次公開

ぜひ、お見逃しなく!

本作を上映する劇場情報

【北海道地区】
北海道 シアターキノ 近日公開

【関東地区】
東京 有楽町スバル座 9月15日〜
東京 シネマート新宿 9月29日〜
東京 イオンシネマむさし村山 9月28日〜

神奈川 シネマジャック&ベティ 近日公開
神奈川 小田原コロナシネマワールド 9月29日〜

千葉 TOHOシネマズららぽーと船橋 9月7日〜

【東海・北陸地区】
愛知 名演小劇場 9月28日〜
愛知 イオンシネマ名古屋茶屋 9月28日〜
愛知 中川コロナシネマワールド 9月29日〜
愛知 半田コロナシネマワールド 9月29日〜

岐阜 大垣コロナシネマワールド 9月29日〜

福井 福井コロナシネマワールド 9月29日〜

【近畿地区】
大阪 第七藝術劇場 9月29日〜

京都 イオンシネマ京都桂川 9月28日〜

【九州地区】

福岡 小倉コロナシネマワールド 9月29日〜

*上記の情報は7月10日現在のものです。作品の特性からセカンド上映や全国順次公開されることが予想されます。お近くの劇場をお探しの際は必ず公式ホームページを確認の上お出かけください。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『北の果ての小さな村で』あらすじネタバレと感想。グリーンランドの雄大な自然の中で豊かに暮らす人々

雄大な自然が教えてくれるもの。 人間はもっとシンプルでいいのかもしれない。 サミュエル・コラルデ監督は、グリーンランドの自然に魅せられ、2年をかけて国中を旅して回り、映画の舞台・チニツキラークにたどり …

ヒューマンドラマ映画

映画『Fukushima 50』あらすじネタバレと感想・評価。佐藤浩市らキャストが語る“今”痛みを描く意味とは

映画『Fukushima 50』は2020年3月6日(金)から全国ロードショー 2011年3月11日午後2時46分、マグニチュード9.0、最大震度7という日本の観測史上最大となる地震が起こり、太平洋沿 …

ヒューマンドラマ映画

女子怖いあるある映画なのか?ビガイルド 欲望のめざめのキャラクターポスター解禁

ソフィア・コッポラ監督の映画『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』は、2月23日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国公開! 女の園にモテ過ぎ男は禁物か⁈ 2月14日バレンタイ …

ヒューマンドラマ映画

映画『羊の木』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【錦戸亮&木村文乃共演】

『桐島、部活やめるってよ』『紙の月』『美しい星』の吉田大八監督のもとに錦戸亮、木村文乃、北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯、松田龍平という、豪華キャストが終結した映画『羊の木』は2月3日(土 …

ヒューマンドラマ映画

映画『重力ピエロ』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

映画『重力ピエロ』の原作は伊坂幸太郎原作の同名小説。 悲しい過去を背負いながらも力強く生きていこうとする家族を描いたヒューマン・ミステリーです。 『重力ピエロ』のあらすじや作品解説、またパンドラTV( …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP