Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

バック・トゥ・ザ・フューチャー3|ネタバレ感想。ラストまでのあらすじと解説

  • Writer :
  • 若松れん

『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』は、シリーズ3作目にして完結編となる作品です。

エメット・ブラウン博士、通称ドクと呼ばれている科学者が発明したタイムマシン「デロリアン」で、主人公が過去や未来を冒険するというSF映画。

今回は、本作の監督を務めたロバート・ゼメキスの出世作となった『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』のあらすじと感想をお届けします。

スポンサーリンク

『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』の作品情報


© 1990 Universal City Studios. All Rights Reserved.

【公開】
1990年(アメリカ映画)

【原題】
Back to the Future Part III

【監督】
ロバート・ゼメキス

【キャスト】
マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド、トーマス・F・ウィルソン、メアリー・スティーンバージェン、リー・トンプソン、エリザベス・シュー

【作品概要】
『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』は、『バック・トゥ・ザ・フューチャーPart2』から続く物語で1990年に公開されました。

2作目のラストで、雷に打たれて1885年に飛ばされてしまったドク。

そのドクが残した手紙の指示を受け、マーティーは1作目の最後で分かれたドクと再会しました。

鉱山に隠されていたデロリアンを掘り起こして再び冒険の旅が始まります。

ハッピーエンドで幕を下ろす大切なシーンでもあり、Part1とPart2が関係しているストーリーとなっています。

『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』のあらすじとネタバレ


© 1990 Universal City Studios. All Rights Reserved.

舞台は1955年。

落雷を利用し、ドクはマーティを1985年に送り返したはずでしたが、なぜか目の前にはまだマーティがいました。

マーティの話によると、「1985年のドクと一緒に55年に戻り、ビフからスポーツ年鑑を取り戻したものの、ドクは稲妻に打たれ1885年に飛ばされてしまった」のだと言います。

また、その後マーティ宛に届いたドクからの手紙には、一緒に飛ばされたデロリアンを墓地の近くにある廃坑の中に隠してあるので、1955年になったら掘り起こして修理して欲しいと書かれていました。

ところが、廃坑からデロリアンを掘り起こした後、飼い犬が「1885年9月7日永遠の愛を 愛するクララ」と書かれているドクのお墓を見つけます。

過去を調べたところ、1885年に飛ばされているドクは80ドルが元でマッド・ドッグ・タネンに背中から撃たれて死亡したとの記事を見つけました。

マーティはまずドクを助けるため、1955年のドクの協力の下1885年の西部開拓時代にタイムスリップします。

1885年では、ちょっとしたトラブルによりガソリンタンクに穴が開き、デロリアンは燃料漏れを起こしていました。

しかも、デロリアンを隠した洞窟から熊が現れ、マーティは逃げる途中で転落。

偶然にも、マクフライ農場の敷地内で、マーティの曽祖父にあたるシェイマス・マクフライに救われました。

翌日、マーティはドクの居るヒル・バレーの町まで辿りつきましたが、ドクの居場所を聞こうと立ち寄ったバーでタネンと遭遇します。

マッド・ドッグ・タネンと口に出してしまったのがきっかけで、マーティはタネンに縛り首にされそうになしました。

危機一髪のところをドクに救われたマーティは、ドクの墓の写真を見せ、ドクがタネンに撃たれることを話します。

ドクは、まずデロリアンを修理しようとしますが、ガソリンが手に入る時代ではありません。

ふたりは、デロリアンを140kmまで出せる方法を模索し、機関車に押させる方法を思いつきました。

しかし、その場所を下見していたその時のことです。

走らせていた荷馬車の馬が暴走し、助けを呼ぶ女性の声が聞こえました。

ドクとマーティは即座に救出に向かい、ドクが女性を助け出したところで荷馬車は崖から転落します。

その女性は、ドクが町長から迎えに行くよう頼まれていた教師のクレアで、ドクはひと目見て彼女に惹かれてしまいました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』ネタバレ・結末の記載がございます。『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

その日の夜、ヒル・バレーの町では賑やかな祭りが開催されていました。

ドクは、会場にいたクララをダンスに誘い楽しいひと時を送っていましたが、タネンが現れ因縁をつけられます。

マーティが助けに入りますが、逆にタネンを怒らせ決闘の約束をさせられてしまいました。

決闘前に未来に帰ろうと焦るマーティに対し、ドクはクレアとの距離を縮めていきますが、1985年に帰る前日、ドクはクレアに自分がタイムマシンで未来から来た人間であることを継げ、別れを切り出します。

しかし、作り話で騙していると激怒したクレアは、一方的にドクを拒絶しました。

そのショックからドクは、ヤケ酒をしようと酒場に行きますが、ウイスキーを片手に持って飲まないまま朝を迎えます。

1985年に戻る当日の朝、待ち合わせた場所で目を覚ましたマーティは、ドクがいないことに気づいて探しに行きました。

未来に帰ることを思い出したドクは、景気づけにウイスキーを一杯飲み干すと、その場で倒れてしまいます。

一方で、傷ついていたクレアは町を出ようと汽車に乗っていましたが、後ろの席にいた男性たちが話していたドクの失恋の話を耳にし、汽車を降りてドクの鍛冶屋に向かいました。

マーティは、飲ませれば10分で瘴気に戻るという気付け薬を、酒場の店主から受け取りドクに飲ませます。

時間は7時50分。

決闘の時間が迫る中、ギリギリでドクが瘴気に戻りました。

ドクとマーティは、裏口から逃げ出そうとしましたが、タネンの仲間に見つかり、ドクがタネンに捕まってしまいます。

出てこないと代わりにドクを殺すとタネンに脅されたマーティは、男らしく素手で勝負しようと持ちかけますが、タネンは鼻で笑って容赦なくマーティを撃ってきました。

倒れたマーティーの様子を見ようと、タネンが近づきますがマーティが立ち上がったため驚きます。

そしてマーティの腹を殴りにかかりますが、マーティは腹に厚い鉄板を仕込んでいたため、逆にタネンが怪我そしてしまいました。

マーティは、何度も殴りかかると最後に強烈なパンチでタネンの顔を馬糞の中に沈めます。

町中から声援を浴びる中、マーティとドクは馬で出て行ってしまった汽車を追いかけました。

その頃、鍛冶屋に着いたクレアはデロリアンの模型を見つけ、ドクの話が本当だと気づき馬でドクを追いかけます。

ドクたちは、汽車の操縦席を乗っ取りデロリアンの置いてある場所まで走らせて準備に入りました。

再び汽車を走らせ加速していると、追いついたクララが汽車に飛び乗ります。

その瞬間、ドクが開発した燃料を投入しさらに汽車は加速。

時速55キロになったところでドクは、デロリアンへ移動を始めますが音で消されてクレアの呼ぶ声も耳に入りません。

そこで2度目の爆発が起こり時速70キロ、80キロと加速していきます。

ドクがデロリアンに飛び乗ろうとした瞬間、クレアは警笛を鳴らして自分の存在を知らせました。

「愛してる」というクララの言葉にドクは、クララも未来に連れて行くことにしますが、クララがデロリアンにたどり着く前に3度目の爆発が起こり、クララはドレスの裾が引っかかって逆さ吊りになってしまいます。

マーティが気転を利かせ、ホバーボードをドクに渡して危機を逃れました。

その後、汽車は絶壁から落下しマーティは1985年に、ドクは1885年に残ります。

1985年に戻ったデロリアンは、線路上を走っていましたが、前方から来た貨物列車と衝突してバラバラになってしまいました。

その足で、自宅に戻ると全てが元通りになっており、マーティはジェニファーを新車に乗せて走らせていると、ニードルズが勝負しようと持ちかけてきます。

マーティは、ニードルズが発車するのと同時に後退。

ニードルズの車が、横から来たロールスロイスと衝突しそうになったのを見たマーティーは、挑発に乗っていれば自分たちがぶつかっていたと安堵しました。

その時、ジェニファーが未来から持ってきたメモから「お前はクビだ」という文字が消えたのを見たマーティは、全てを話すためジェニファーを粉々になったデロリアンのところに連れて行きます。

デロリアンの残骸の中から、ドクの写真を見つけたマーティが「寂しいな」とつぶやいていると、電車が来てないのに踏み切りの信号が鳴り出しました。

すると目の前にドクとクララ、そして彼らの子供達が乗る空飛ぶ蒸気機関車が現れました。

ドクは、1885年に時計台で撮ったふたりの写真を手土産に、そしてマーティを安心させるためと、アインシュタインを迎えに来ていました。

ジェニファーは、未来から持ってきたメモの文字が消えたことをドクに話すと、「当然だ、人間の未来は白紙だって言う事だ。未来は自分で作るのだ。君たちもいい未来を作れ」と言います。

「どこへ?未来へ戻るのかい?」というマーティの問いに、ドクは「あそこにはもう行ったよ」と言い、どこか知らない時空の彼方へと旅立ちました。

スポンサーリンク

『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』を観た感想と評価

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズに登場したアイテムが、現代で実用化されているものが多いのはご存知でしょうか。

壁掛け式の大型テレビや、3Dの映像技術、ホバーボード、靴紐を自動で結んでくれる靴、ゴミで動くデロリアンなど、様々なものが現実化しています。

Part2では、デロリアンの燃料は飲み残した飲料や食べ残しなどのゴミになっていましたが、これは現代でいうバイオ燃料に値するものですし、NIKE(ナイキ)が「ハイパーアダプト」という自動で靴紐を結んでくれる靴を開発しています。

2015年にはトヨタ自動車の高級ブランドであるLexus(レクサス)が、リアルホバーボードの開発に成功しました。

このほかにも、あらゆるものが現実になろうとしていたり、なっていたりと先ずは未来技術の高さに驚きます。

シリーズを締めくくる作品として、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の軸もブレることなく、それでいてPart1、Part2、Part3それぞれの魅力も見せてくれたり、今までマーティのサポート役だったドクが一番輝いている作品でもありました。

科学者だから恋には興味はないといっていたドクが、恋に落ちた瞬間のドクは可愛らしく素直であり、科学者ドクという役柄からは想像もつきません。

また、自分よりマーティやクララを優先しようとするドクの思いには胸がジーンとします。

1885年にタイムスリップしたマーティが最初に目にしたネイティブ・アメリカンの大群や、それらを追いかける騎兵隊のシーンは、スピード感はさることながら重量感さえ感じられました。

このリアルな描写は、広大な場所だからこそ得られる満足感であり、デロリアンを隠した場所で熊に遭遇というちょっとお茶目な演出も魅力のひとつです。

まとめ

シリーズ完結作となった『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』は、ドクが家族を持つ、子供まで登場するという意外な展開で幕を下ろしました。

Part3ではドクにスポットが当たり、なおかつ主人公であるマーティの見せ場もあったりと、ふたりの魅力が十分に引き出せている作品です。

また、馬をたくさん使ったり、汽車からデロリアンに乗り込もうというアナログアクションや、土ぼこりの西部開拓時代をリアルに演出したカメラワークも見どころ。

今もなお人気シリーズと言われているのも頷ける作品となっていますので、シリーズ通して視聴することをおすすめします。



スポンサーリンク

関連記事

SF映画

映画アイム・ノット・シリアルキラーあらすじとネタバレ!キャストも

(C)2016 FLOODLAND PICTURES AND THE TEA SHOP & FILM COMPANY スポンサーリンク CONTENTS1.映画『アイム・ノット・シリアルキラ …

SF映画

【猿の惑星:聖戦記】ネタバレあらすじと感想!グレート・ウォーの評価は

『猿の惑星』シリーズのプリクエル3部作、シーザーの物語がついに完結! 主演のアンディ・サーキスのアカデミー賞主演男優賞ノミネートが噂される話題作。 『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』をご紹介しま …

SF映画

映画『未来惑星ザルドス』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

理想郷ボルテックスが人類にもたらしたのは果たして幸福だったのか?! スリリングな冒険要素とエロティシズムを融合させたSF大作『未来惑星ザルドス』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画 …

SF映画

映画『スターウォーズ/最後のジェダイ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

全世界のファンが待ち望むシリーズ最新作が遂に公開! タイトルに込められた真意とは!? 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』をご紹介します。 以下、あらすじや結末が含まれる記事となりますので、まずは『ス …

SF映画

パシフィックリム2アップライジング|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

『シェイプ・オブ・ウォーター』でアカデミー賞監督となったギレルモ・デル・トロが、2013年に制作した『パシフィック・リム』の5年ぶりの続編。 新たな戦いの幕が開くアクション超大作『パシフィック・リム …

【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
【Cinemarche独占】映画『キラキラ眼鏡』主演・池脇千鶴インタビュー|役作りや撮影現場での思い出を語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
国内ドラマ情報サイトDRAMAP