Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2019/06/24
Update

映画『東京喰種トーキョーグール【S】』あらすじネタバレと感想。窪田正孝のアクションと前作を上回る流血描写

  • Writer :
  • 村松健太郎

『東京喰種トーキョーグール』待望の続編が公開!
『東京喰種 トーキョーグール【S】』が、2019年7月19日(金)より全国ロードショー

2017年の第一弾『東京喰種トーキョーグール』に続く映画化第二弾『東京喰種 トーキョーグール【S】』が、2019年7月19日(金)より全国ロードショーされます。

主演の窪田正孝を筆頭にメインキャストはほぼ続投。

グールとしての生活が落ち着き始めたカネキの前にグルメと呼ばれるグール月山が現れ、やがてグールとグールの間に熾烈な闘いが展開していきます。

スポンサーリンク

映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』の作品情報

(C)石田スイ/集英社 (C)2019「東京喰種【S】」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【監督】 
川崎拓也・平牧和彦

【キャスト】
窪田正孝、霧嶋董香、山本舞香、松田翔太、村井國夫、柳俊太郎、桜田ひより、坂東巳之助、知英

【作品概要】
原作は「週刊ヤングジャンプ」で連載された石田スイによる人気コミック。

『東京喰種トーキョーグール』(2017)に続く実写映画化第二弾となります。

前作に引き続き主人公カネキを窪田正孝が演じ、本作から登場する月山役を松田翔太、ヒロインのトーカ役を新たに山本舞香がそれぞれ演じます。

映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』のあらすじとネタバレ

(C)石田スイ/集英社 (C)2019「東京喰種【S】」製作委員会

CCGとの激闘を経て、グールとして生活に慣れてきたカネキ。

大学生として生活する一方で、トーカに協力してもらって戦闘の訓練を始めます。

そんなとき、喫茶あんていくに月山というグールがやってきます。

月山はなんでも喰いまくるグールとして知られ、食事のためには手段を選ばない月山はグールの中でも煙たがられている存在でした。

そんな月山がカネキに興味を持って接近してきます。

(C)石田スイ/集英社 (C)2019「東京喰種【S】」製作委員会

表向きは共通の趣味の読書について語りあうというポーズを取っていますが、カネキを食してその味を知りたいというのが月山の本音でした。

月山に連れられて、地価の闇レストランにやってきたカネキ。

ゲストと言われていた金木でしたが、その実情はメインディッシュの食材でした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『東京喰種 トーキョーグール【S】』ネタバレ・結末の記載がございます。『東京喰種 トーキョーグール【S】』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

突然囚われ、身動きが取れなくなったカネキに月山の魔の手が伸びます。

(C)石田スイ/集英社 (C)2019「東京喰種【S】」製作委員会

そこにCCGが襲撃を駆けてきます。その場は大混乱となり、カネキはその騒乱に乗じて辛くも脱出します。

あんていくの面々はこれ以上月山に関わらないようにカネキに忠告します。

カネキを諦めきれない月山はカネキ大学の先輩ニシキの恋人西野貴未を拉致、彼女を人質にしてカネキを呼び出します。

人を食していないにカネキにとって月山は強敵でした。

圧倒的な戦闘力で迫る月山。

その時トーカが割って入りまします。

トーカとの共同作戦で月山と互角以上の対決を展開したカネキは、ついに月山を退けます。

スポンサーリンク

映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』の感想と評価

(C)石田スイ/集英社 (C)2019「東京喰種【S】」製作委員会

堂々のR15を感じる描写

本作はR15指定を受けています。前作がPG-12だったので、レイティングでは一段上がり、描写が厳しくなっていることが分かります。

15歳以下並びに中学生は見ることができないという制限は、コミック原作映画ということでは不利な部分もありますが、この題材を本気で映像化するには避けては通れない選択だったのでしょう。

実際、遠慮のない流血描写は前作以上の暴力性です。

対CCG(人間)との戦いならば、また違ったかもしれませんが、今回はグールとの戦いがメイン。しかもグルメの月山が敵役として登場するとなれば、“捕獲”と“食事”の描写が過激になるのも当然といえば当然の結果です。

そして97分というタイトな作りが、今後の展開も感じさせる作りにもなっています。

アクション俳優としての窪田正孝

(C)石田スイ/集英社 (C)2019「東京喰種【S】」製作委員会

好評のうちに放映が終わった『ラジエーションハウス』などのドラマ作品でも好演を見せる窪田正孝ですが、その一方で華麗なアクションを見せることができる存在でもあります。

『銀魂2』や「HIGH&LOW」シリーズなどで抜群のキレのあるアクションを見せてくれた窪田は、『東京喰種S』と同時期に公開される『Dinerダイナー』でも凄腕の殺し屋・スキンを演じています。本作でも切れ味は健在です。

2019年で30歳を迎えますが、まだまだ動ける身体を駆使してこれからもバリエーション豊かなアクションを見せてもらいたいところです。

ハリウッドで真田広之が重用されるのもアクションへの信頼度の高さがあるからで、この道を続けて欲しいと思います。

まとめ

不慮の事故により人間とグールのハーフとなってしまった大学生のカネキが壮絶な運命を辿る前作『東京喰種トーキョーグール』に続いて映画化された本作『東京喰種 トーキョーグール【S】』。

グールたちとのさらなる死闘が暴力描写をますます激しいものにし、続投した窪田正孝がみせるキレキレのアクションが本作の大きな見どころです。

映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』が、2019年7月19日(金)より全国ロードショー!


関連記事

SF映画

映画『パッセンジャー』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

惑星へ移住計画をするための冬眠ポットから到着をする90年も前に目覚めた男女。待ち受けていた真実と壮絶な運命を描いたスペース・スペクタクル・ロマン…。 『マグニフィセント・セブン』などで大人気のクリス・ …

SF映画

映画『アンダー・ザ・ウォーター』あらすじとキャスト。人類の結末はいかに?

ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で開催される「未体験ゾーンの映画たち2018」。 そこで上映される1本が映画『アンダー・ザ・ウォーター』。 海面上昇により地上のほとんどが海水に沈み、多 …

SF映画

映画『こどく/蠱毒ミートボールマシン』あらすじとキャスト。西村喜廣監督が描く世界観

個性派俳優の田中要次が映画初主演作を果たした『蠱毒(こどく)ミートボールマシン』のディザービジュアルがネットに解禁されました。 高橋一生が出演した『ミートボールマシン』の続編で、『シン・ゴジラ』『進撃 …

SF映画

映画『デッドプール2』キャラやシリーズはどうなる?ディズニーのFOX買収の影響は

X-MENの番外編として製作され、大ヒットを記録した『デッドプール』の続編がついに公開!映画『デッドプール2』2018年6月1日(金)全国ロードショー。 今回は原作でも人気のキャラクター“ケーブル”が …

SF映画

映画『メイズ・ランナー3最期の迷宮』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

2018年6月15日(金)公開になった「メイズ・ランナー」シリーズの第3作目『メイズ・ランナー:最期の迷宮』。 今回、WCKDに拉致された仲間を救うために、巨大な研究施設に潜入する主人公たちの壮絶バト …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学