Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2021/02/10
Update

映画『KINキン』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。SFサスペンスで“未知の武器を発見”した兄弟をジャック・レイナーとマイルズ・トゥルイットが演じる

  • Writer :
  • 秋國まゆ

男同士の家族愛と絆がひかるSFサスペンス!

ジョナサン・ベイカーとジョシュ・ベイカーの兄弟が監督を務めた、2018年製作のアメリカのSFサスペンス映画『KIN キン』。

未知の武器を発見した14歳の少年が、借金を抱えた血の繋がらない兄と共に思わぬ事態に巻き込まれ、謎の追跡者に追われる羽目になる姿とは、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

ジャック・レイナーとマイルズ・トゥルイットが血の繋がらない兄弟役を演じ、未知の武器を手に謎の追跡者と犯罪組織から逃亡劇を繰り広げていく、アメリカのSFサスペンス映画『KIN キン』のネタバレあらすじと作品情報をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『KIN キン』の作品情報

Motion Picture Artwork @ 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原作・監督】
ジョナサン・ベイカー、ジョシュ・ベイカー

【脚本】
ダニエル・ケイシー

【キャスト】
ジャック・レイナー、ジェームズ・フランコ、デニス・クエイド、ゾーイ・クラビッツ、マイルズ・トゥルイット、キャリー・クーン、マイケル・B・ジョーダン

【作品概要】
ジョナサン・ベイカーとジョシュ・ベイカーの兄弟の、長編映画デビュー作となる新感覚SFサスペンス作品です。

トランスフォーマー/ロストエイジ』(2014)『シング・ストリート 未来へのうた』ミッドサマー』(2020)などに出演するジャック・レイナーと、長編映画初出演のマイルズ・トゥルイットが、血のつながらない兄弟役を演じています。

さらに兄弟を追うギャングのテイラー役を、「スパイダーマン」シリーズや『127時間』(2011)などに出演するジェームズ・フランコ、兄弟の父ハル役を『デイ・アフター・トゥモロー』(2004)のデニス・クエイドがそれぞれ演じています。

映画『KIN キン』のあらすじとネタバレ

Motion Picture Artwork @ 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

14歳の少年イーライ・ソリンスキーは、養父のハル・ソリンスキーと彼の亡くなった妻、血のつながらない兄のジミー・ソリンスキーの4人でアメリカのデトロイトで暮らしていました。

しかし、イーライは学校に馴染めず、問題ばかり起こして停学処分になってしまいます。学校から帰る途中、イーライは銅線を探しに、立ち入り禁止という看板が立てかけられた廃工場へ向かいました。

廃工場のボロボロの壁面には、「お前を見ている」という謎のメッセージが書かれていました。イーライは銅線を壁から取り出している最中に聞こえた大きな物音が気になり、恐る恐る奥へ進んでいきます。

イーライは、鎧を着た頭部のない遺体などの多数の死体と見慣れない未知の武器を発見しました。

イーライは金属ケース型の光線銃に興味を抱き、地面に置かれたそれを手に取ってみると、突如金属ケース型の光線銃が起動して驚きます。怖くなったイーライはその場を立ち去り、逃げるように帰宅しました。

その後、『デトロイト再建』という会社を営むハルが帰宅。亡き母親の悪口を言われて同級生と喧嘩し、停学処分になった件を知った彼から、イーライは厳しく叱られます。

窃盗の罪で逮捕されたジミーは、6年間の刑期を終えて出所し、イーライとジミーがいる家へ戻りました。久々に家族3人で食卓を囲みましたが、ジミーとハルの会話はどこかぎこちない……。

また家族と仲良く暮らしていきたいジミーは、ハルのそっけない態度に痺れを切らし、彼が母親の死を告げに来る以外に面会も手紙もなかったことへの不満を口にします。

イーライが見ている前で言い争うジミーとハル、怒ったジミーはそのまま家を飛び出し、ある場所へ向かいました。それは地元の犯罪組織のボス、テイラー・バリックとその兄ダッチらがいる場所でした。

ジミーはテイラーに、刑務所での用心棒代6万ドルを借金しており、その返済についてテイラーと話し合います。ジミーはもし返済できなければ家族を殺す、とテイラーに脅されました。

その頃イーライは、廃工場の床に横たわる遺体と、引き金付近が赤く光る光線銃が動いているという不思議な夢を見ます。イーライはその夢が気になり、家を抜け出して廃工場へ向かいました。

夢で見た場所へ行ったイーライは、そこで光線銃を手に取り、照準器を覗き込むように武器を構えてみます。

すると銃身の上に、光学照準器が浮かび上がり、それに興奮したイーライは光線銃を家に持ち帰ることにしました。

イーライが外壁に立てかけられた梯子で2階の自室へ戻った頃、階段下では戻ってきたジミーとハルが口喧嘩をしていました。

ハルは出来ればジミーを助けたいと思うけれど、彼の借金返済のために事務所の金庫に入った金を横領することはできません。

そう強く断ったハルに対し、ジミーはまるで出来の悪い自分の痕跡を消すかのように、イーライを引き取って育てていることを非難します。

怒ったハルはジミーを家から叩き出しますが、その話は階段上で様子を窺っていたイーライ自身に聞かれてしまいました。

停学中のイーライは翌朝、ハルから仕事へ行く直前、今日1日やる家の手伝いのことが書かれたリストを受け取ります。イーライは持ち帰った光線銃に夢中になりつつ、家の手伝いをこなしていきました。

仕事から帰ったハルは、リビングで洗濯物を畳んでいたイーライに、彼が密かに集めていた銅線などの屑鉄について問い詰めます。

川のそばにある廃工場で拾ってきたと話すイーライ、そんな彼にハルは、「それは何年も前から置かれているいらない金属であるものの、その屑鉄は土地開発業者のものであって、お前のものではない」と怒りました。

ハルは屑鉄を元の場所に戻し、土地開発業者に謝罪しに行こうと、家を出てイーライを車に乗せます。ハルは運転中、イーライから「自分はジミーという息子の代わりなのか」聞かれました。

それを聞いてハルは、昨晩ジミーが言ったことを聞かれていたと知り、「お前の実の母はもう何年も前に亡くなっているが、お前は誰の代わりでもなく、私たちの息子だ。お前を大事にしているから厳しくしている」と伝えます。

ハルはその後、自身の会社の事務所へ車を走らせました。すると、南京錠で閉めたはずの鉄条網が開いていることに気づき、ハルはイーライを助手席に残して事務所へ向かいます。

事務所には、昨晩家から叩き出されたジミーと、彼が金を借りているテイラーとダッチ、テイラーの配下のレミーがいました。ハルは、金庫から金を盗もうとしているテイラーを注意します。

これに怒ったテイラーは、持っていた銃でハルを射殺します。ジミーは父親を殺されたことに怒り、銃を持つテイラーの腕に飛びつきました。

抵抗するテイラーはそのまま引き金を引き続けたせいで、後ろにいたダッチとレミーを撃ってしまうのです。首に被弾したダッチは、テイラーの腕の中で息を引き取り、レミーは左腕に被弾しました。

ジミーはテイラーからの銃撃を避けるために身を隠した机の下で、静かに息を引き取ったハルの姿を目撃します。ジミーは6万ドル詰めた鞄を持ち、事務所を逃げるように出ました。

助手席で待っていたイーライは、突然運転席に乗り込むジミーの姿に驚きます。ジミーはとりあえず、イーライと一緒に車で家へ帰りました。

そしてジミーは、イーライにハルの死は伝えず、「3人で旅行する約束をしていた。仕事が忙しい父は後から合流するから、先にタホ湖近くにある小屋へ行こう」と言い、彼に身支度をさせます。

支度を終えたジミーたちが家を出た直後、ダッチを殺されて怒るテイラーが、レミーたち配下を連れてソリンスキー宅へ押し入りました。

ジミーは、途中で別の車から盗んだナンバープレートに付け替えた車を運転し、イーライを連れてネブラスカのモーテルへ向かいます。

モーテルの部屋に到着し、イーライは持ってきた光線銃を浴室で眺めた後、自分が眠る予定のベッドの上に、貰うはずのジミーのスニーカーがメモと一緒に置かれていることに気がつきました。

爆睡するジミーが持ってきた鞄の中には、イーライたち家族4人で撮った写真が入っています。その頃テイラーは、招集した配下たちの前でダッチの遺体を火葬し、配下たちにジミーの首を取ってこいと命じました。

イーライが持つ光線銃と同じ武器を持った謎の2人組が、廃工場に突如現れます。男女2人組は、廃工場から持ち出された武器の痕跡を発見し、武器を回収しにその場を立ち去っていきました。

次の日の朝、目が覚めたイーライは部屋を抜け出し、車の中でジミーの携帯を使ってハルに電話をかけます。

イーライはハルの携帯に、「タホ湖で会おう。クズ鉄を盗んだことごめん。早く会いたい」と留守電を残しました。

その留守電のメッセージを聞いたのは、現場からハルの携帯を持ち出したテイラーでした。テイラーは早急にジミーたちを探すため、配下たちに休む暇を与えず、車でタホ湖へ向かいます。

以下、『KIN キン』ネタバレ・結末の記載がございます。『KIN キン』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


Motion Picture Artwork @ 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

テイラーから逃亡中、ジミーたち兄弟は離れていた時間を埋めるように、仲良くなっていきました。ジミーはイーライを連れて、ストリップ劇場へ遊びに行きます。

ジミーはミリーたちストリップ嬢やイーライと一緒に、高い酒をガンガン飲んで楽しく過ごしていました。そんなジミーは、つい調子に乗ってミリーが踊るステージに上がってしまいます。

ジミーは元締めの男リー・ラヴェットやその部下たちに止められ、挙句の果てに暴力を振るわれてしまうのです。

そんなジミーを助けるため、イーライから車から持ってきた光線銃を構え、脅す目的で引き金を引いてしまいます。その光線銃から、まるで大砲のような威力がある攻撃が放たれました。

その威力を目の当たりにしたリーたちは身動きが取れず、イーライたちはその隙にストリップ劇場から逃げ出します。

モーテルへ向かう道中、イーライ・ジミー・ミリーの3人は、光線銃の凄さに興奮していましたが、6万ドル入った鞄を置き忘れたことに気づいて落胆しました。

ジミーの所持金全てと、ミリーから借りたお金で高級モーテルに泊まることにした3人、イーライとミリーはお互いの身の上話をして仲を深めます。

イーライとミリーは親から虐待を受けており、同じように手や腕に傷痕が残っていました。イーライより2、3歳年上のミリーは、16~17歳の頃に家を出て、出会う人みんなに媚びを売りながら生活していたのです。

そんなミリーはリーに囚われていた身だったらしく、いつか金を盗んでストリップ劇場から逃げ出すつもりでした。ミリーはイーライが寝た後、ジミーに「金を取り戻す方法を知っている」と告げます。

その方法は、リーが賭けトランプを催している会場に押し入り、置き忘れた金を盗み出すことでした。牧場の奥の部屋で賭けポーカーをしていたリーたちに、ジミーたちが武器を構えて押し入ります。

逃げ出す直前にリーたちから反撃を食らうも、イーライが持つ光線銃のおかげで切り抜け、無事お金を取り戻すことができました。

その頃、無人のストリップ劇場に来た2人組は、武器の使用履歴を見てイーライが持っていることを知ります。

それを知らないイーライは、ミリーとジミーと一緒に6万ドルを使って、カジノと隣接する高級ホテルに泊まることにしました。

部屋に着いたジミーは、イーライに旅行と騙して逃亡生活を送っていることや、ハルがテイラーに殺されたことを打ち明けようとします。

しかし途中でミリーが部屋に戻ってきたことで、なかなか打ち明けることができません。イーライはミリーと一緒に、1階のラウンジで食事をしながら、彼女の携帯を使ってハルに電話しようとします。

するとその時、ラウンジで流れていたテレビのニュース番組に、ハルを殺害した容疑者としてイーライとジミーが指名手配されていることが報道されていました。

その報道を見たイーライは、カジノで遊んでいたジミーに詰め寄り、「うそつき、今までずっと隠してたなんて! 父さんを殺したな、ジミー」と怒鳴りつけます。

大勢の客がいる前で喧嘩するジミーたち、騒ぎを聞きつけた警備員たちが2人を取り押さえ、その直後ジミーは逮捕されて連行されていきました。

イーライも別のパトカーに乗って警察署へ連行されます。ジミーと10分だけ面会を許されたイーライは、牢屋に入れられた彼から真相を聞きました。

ジミーはイーライに、「借金していた悪い連中から、金を返さないと家族を殺すと脅された。やむを得ず、そいつらと一緒に事務所に押し入り、金を盗もうとしたところでハルがきた」と話します。

ジミーはハルの身を案じて、テイラーに歯向かうな帰れと懇願しましたが、ハルはそれを聞かず、テイラーに立ち向かっていきました。

ハルがテイラーに殺されたことを悟ったイーライは、自分に謝るジミーへ「父さんが厳しかったのは世の中が厳しいからだ。善人は正しいことをする、たとえつらいことでも。父さんの教えだ」と告げます。

テイラーはジミーの逮捕をニュースで知り、彼が連行された警察署へ向かいました。テイラーはロビーにいた警官を殺害し、次々と向かってくる警官を始末しながら、ジミーがいる牢屋を探します。

応接間にいたイーライは、テイラーたちに撃たれて負傷した警官から、押収された光線銃がある証拠保管室の鍵を受け取り、証拠保管室へ向かいました。

テイラーはイーライに鍵を渡した警官を殺した後、ジミーを牢屋から引きずり出し、配下たちと一緒に暴行します。

FBI捜査官のモーガン・ハンターは、警察の『SWAT』と共に警察署を包囲し、中にいるテイラーたち襲撃者を取り押さえようと、突入の準備に取り掛かっていました。

これに気づいたテイラーがロビーへ向かった後、光線銃を取り戻したイーライはジミーを助けるため、テイラーの配下たちを瞬時に抹殺していきます。

イーライたちは逃げるためにロビーへ向かいますが、ハンターたち警察が警察署を包囲していました。ジミーは覚悟を決め、ハンターたちに従って降伏する姿勢を取ります。

ジミーの隣で銃を置き、床に跪いたイーライは、彼から「巻き込んですまなかった。お前は俺じゃなく、父さんみたいな善人になれ。許してもらえないのはよく分かってるが、心から後悔している」と言われました。

それに対しイーライは、「僕らはきっと大丈夫」と答えます。和解した兄弟の後ろからテイラーが現れ、ジミーを殺そうと銃口を突きつけてきました。

突入準備をしていた警察の包囲網をたやすく突破した2人組は、バイクを乗り捨て、警察署内へ手榴弾のようなものを投げつけて時間を止めます。

動けるのはイーライと2人組だけです。2人組はヘルメットに隠した素顔を晒し、男はイーライに持っている光線銃を返すよう言います。

イーライは突如現れた2人組を警戒していましたが、男から「イーライ、君は俺たちの仲間だ。(イーライと同じ手の甲にできた傷痕を見せながら)傷の下にあるもののおかげで、その武器が使える」と言われました。

その男曰く、イーライが廃工場で見た多数の遺体は、イーライの命を狙ってきた別の世界の戦士であり、2人組はイーライを助けるために敵を始末したのです。

イーライは男に武器を返し、男から武器を受け取った女は背中に装備し、自分たちが住む世界へ帰る道を探し始めます。

その間、男はイーライに「戦争を避けて君はこの世界に送られた。いずれ我々には近いうち、大人になった君の力が要る」と伝えました。何もない空間に進路を見つけた女は、最後にテイラーが放った銃弾を彼に向けます。

女が空間の裂け目へ消えていった後、男はイーライに「君は一人でも、一人きりじゃない、俺がいる。君が兄弟を助けた、俺も自分の兄弟を助ける。また会おう、君は我々の希望だ」と言い、握手をして空間の裂け目へ消えていきました。

最後に男と握手したイーライの手の甲には、男の手の甲に光るマークと似たようなものが一瞬浮かび上がります。

2人組が去ってしばらくすると、止まっていた時間が動き出し、テイラーは跳ね返った銃弾を受けて死にました。

イーライはその後、ハンターからジミーの罪を軽くするのと引き換えに、持っていた武器の事を教えて欲しいと頼まれます。

それに答えないイーライは、パトカーに乗って連行されていくジミーと目配せしました。ジミーが連行された後、イーライは心配して駆けつけたミリーと再会します。

駆け寄るミリーを見つめるイーライの手の甲には、先ほど浮かび上がったマークが赤く光っていました。

スポンサーリンク

映画『KIN キン』の感想と評価


Motion Picture Artwork @ 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

イーライとジミーが、離れていた6年間を埋めようと、逃亡生活中に仲を深めていく姿は、とても微笑ましいです。

ジミーとハルが最後まで和解できなかったことが悲しいですが、ハルの正義感と遺志は、しっかりイーライに受け継がれていました。

その証拠にイーライは、テイラーたち犯罪組織や、ジミーが揉めたリーたちストリップ劇場の男たちに立ち向かっていきます。

学校に馴染めず問題ばかり起こして、そのたびにハルに叱られていたイーライが、立派な大人へと成長していくその姿は勇ましくて格好良いです。

それにイーライが、何度もハルの携帯に留守電メッセージを残す場面、子が親を恋しがるその姿が悲しくて涙が止まりません。

本作の一番の見所であるイーライが手に入れた金属ケース型の未知の武器、そこから放たれる威力の凄さは勿論、それを持ってイーライが悪党を蹴散らす場面はSF映画好きにはたまらないものでした。

そしてイーライだけしか認証しない武器や、イーライの手の甲に浮かんだマークが何だったのかはハッキリと劇中で明かされていません。そんな謎に包まれているところを色々考察する楽しみもあります。

SF要素は未知の武器と別の世界からきた2人組だけしか描かれていませんが、続編が出たら迷わず観ようと思えるほど面白い作品です。

まとめ

イーライとジミーという血のつながらない兄弟が、悪党と謎の追跡者に追われながら絆を育んでいくSFサスペンス作品でした。

イーライ、ジミー、ハルが一緒にいたのは物語の前半だけですが、ハルが死んでからも、男だらけの家族の絆の強さが伝わるセリフや場面が盛り沢山あって感動します。

マイルズ・トゥルイットは、本作が長編映画初出演とは思えないほど演技が素晴らしく、兄や父を大事に想うイーライに完璧になりきって演じていました。

ジミーたちに復讐をするため、死に物狂いで追いかけるジェームズ・フランコ演じるテイラーもまた、死んだ兄に対する想いを語る場面があります。

最愛の兄の死を悼むテイラーの姿を見れば、非情なだけでなく兄弟愛が強い男だと分かり、悪党だけど好感が持てることでしょう。

家族と兄弟の絆と愛を描いたサスペンスストーリーに、SF要素が加わった本作は、今までのSF映画にはない新感覚な体験が味わえます。

胸が熱くなる男同士の兄弟愛と家族愛を感じつつ、SFものが登場して楽しみたい人に、とてもオススメなSFサスペンス作品です。



関連記事

SF映画

映画『亜人』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

原作は桜井画門の人気コミック『亜人』が2017年に遂に実写映画化! キャストは『るろうに剣心』シリーズの佐藤健と『踊る大捜査線』シリーズの本広克行監督よる初タッグで贈る新感覚アクション・ムービー。 今 …

SF映画

映画『すべての終わり』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

自分の身を危険に晒してでも助けたい人がいる。 何が起きているのかも、何故そうなったのかも分からない「世界の終わり」が迫る中、その中心部にいる大切な人を助けに行く一風変わった「ロードムービー」である『す …

SF映画

伊福部昭(ゴジラ/特撮映画マーチ)CDで分からない魅力を書籍で知る

あなたにとって日本映画を盛り上げた作曲家というと、誰を思い浮かべるでしょうか。 本日6月23日発売の日本の音楽家を知るシリーズ第2弾「伊福部昭」! 日本楽壇とゴジラ音楽の巨匠の伊福部昭はご存知ですか? …

SF映画

映画ワンダーウーマン1984|ネタバレ感想評価と結末解説のあらすじ。敵マックスの“不安”にスティーブとの“愛”で戦う意味

『ワンダーウーマン』の続編『ワンダーウーマン1984』が2020年12月18日(金)より全国ロードショー! 人類を平和に導く存在にして、アマゾネス最強の戦士ダイアナが世界の危機を救う「ワンダーウーマン …

SF映画

映画『10クローバーフィールド・レーン』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。前作HAKAISHAとの繋がりは怪獣と非対称性

『クローバーフィールド/HAKAISHA』(2008)から始まった「クローバーフィールド」シリーズの第二作目。 怪獣パニックのSF映画でありながら、POVの手法で撮影された前作『クローバーフィールド/ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学