Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

Entry 2016/12/27
Update

映画『この世界の片隅に』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【考察から読む3つの偉業を解説】

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

2016年は日本映画が大豊作の年でした。庵野秀明総監督の『シン・ゴジラ』の人気に始まり、新海誠監督の『君の名は。』の興行成績を塗り替え爆進中と話題作が続きました。

実は、その後をじわじわと追いかけている、スマッシュヒット作が『この世界の片隅に』。

今後も広がりを見せること必至の片渕須直監督の名作『この世界の片隅に』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『この世界の片隅に』の作品情報


(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

【公開】
2016年(日本映画)

【脚本・監督】
片渕須直

【キャスト】
のん(本名・能年玲奈)細谷佳正、尾身美詞、稲葉菜月、牛山茂、新谷真弓、小野大輔、岩井七世、潘めぐみ、小山剛志、津田真澄、京田尚子、佐々木望、塩田朋子、瀬田ひろ美、たちばなことね、世弥きくよ、澁谷天外

【作品概要】
原作は、第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した、こうの史代の同名コミックを、『マイマイ新子と千年の魔法』の片渕須直監督がアニメ映画化。

第2次世界大戦時の広島や呉を舞台に、どんな時も前向きに生きる主人公すずと、その周囲にいる人々の日常を描いた作品。主人公すず役をのん(本名・能年玲奈)が、はじめて声優に挑戦したことも大きな話題な作品です。

広島国際映画祭2016では、ヒロシマ平和映画賞、第38回ヨコハマ映画祭では、作品賞と審査員特別賞(のん)が、ダブル受賞。

映画『この世界の片隅に』のあらすじとネタバレ

この世界の片隅に
(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

主人公浦野すずは、広島に住む浦野家の3人兄弟の長女。

天真爛漫な性格で、おっちょこちょいだけれど素直な性格。

幼い頃から叔母の家で座敷わらしに出会ったり、町に出ては人さらい(バケモノ)に出くわしたりと、日常と超現実の境で生きる不思議系少女。

そんな想像力豊かなすずの特技は、絵を描くことでした。

中学の時、幼馴染で憧れの水原哲の代わりに描いた海の風景が、(哲の名前)絵画コンクールで受賞したほどの腕前でした。

18歳になった、すずに転機が訪れます。

広島から2時間ほど離れた呉に住む北條家の長男北條周作から嫁入りの話がありました。

周作は、呉の鎮守府内の海軍軍法会議で「録時」として働く青年でした。

すずは、あれよあれよという間に、北條家へ嫁となりましたが、相変わらずおちょこちょい、マイペースの日々を過ごしてます。

そこに出戻りの小姑、周作の姉の径子が帰ってくると、おっとりしすぎのキツく当たってきました。

シンドイこともありますが夫の周作の優しさもあり、すずは持ち前の明るさで、北條家の嫁としての役割をこなしていきます。

また、すずには強い味方、姪の晴美がいました。

口の悪い径子の娘とは思えないほど可愛い晴美は、すずと一緒に遊んだり、絵を描いたりと過ごす楽しい毎日。

ある日、すずと晴美は、大切な砂糖壺を甕の水の中に沈めてしまい台無しにしまいます。

事情を知った周作の母サンは、すずにヘソクリを与えると、呉の町場のヤミ市へ買いに行かせます。

出掛けたすずは、帰り道で道に迷ってしまいます。そこで遊郭の白木リンと出会います。

リンとすずは、いっときの楽しい会話を過ごし、リンは、すずに帰り道を教え帰してくれました…。

やがて、ある日、すずは、軍法会議所での勤務が終わった周作と待ち合わせ、夫婦水入らずの時間を過ごします。

その際にすずは、周作から痩せたこと指摘され、妊娠の疑いから病院の検診に行きますが、結局は夏バテによる体調不良でした。

昭和20年になると、軍事基地がある呉も激しい空襲が頻発。

航空機エンジニアとして働く義父の円太郎は、空襲で大ケガをして病院に入院。周作も実家を3ヶ月間離れることになります。

径子は晴美を連れて疎開することとなり、すずはその見送りに行きます。

すずは、径子が汽車の切符を購入する待ち時間に、晴美を連れて円太郎の見舞いに出かけます。

その帰り道、晴美に軍艦を見に行きたいとせがまれ、そちらに向かったすずたちは、空襲に遭遇。

近くにあった防空壕へ逃げ込み、難を逃れたすずと晴美でした。

以下、『この世界の片隅に』ネタバレ・結末の記載がございます。『この世界の片隅に』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

空襲が終わり、防空壕を出た2人が道を歩いて行きます。

その時、時限爆弾が爆発。晴美は死に、すずは絵を描くための“右手”を失います。

径子は、すずに「人殺し」と呼ばれ、身も心も傷ついたすずは、持ち前の明るさも消えてしまい自暴自棄に落ちます。

7月になると、さらに戦況は悪化。

北條家に焼夷弾が落ちたり、至近距離から機銃掃射による空襲を受けるなど、すずや家族は命の危険にさらされます。

すずは、晴美の死の自責の念に堪えきれず、周作に広島に帰りたいと訴えます。

そして、8月6日の朝。

広島の実家に帰ることを決めたすずに、径子はすずの髪をとかしながら、人殺しと非難したことを謝罪。

すずは径子と和解しますが、それもつかの間。これまでには体験したことのない地響きとキノコ雲を見上げ、不安になるすず…。

広島に原発が落ちたのでした。

8月15日終戦。一家そろって玉音放送をラジオで聞いた北條家。義母サンは、とっておきの白米を一家に振る舞います。

終戦後は進駐軍が占領を開始すると、軍も解体され、円太郎と周作はそれまでの職を失い自宅へと帰ってきます。

一方の浦野家では、原爆が落ちた日、街に買い物に出かけた母は即死、その後、父は10月に病死。

生き延びたのは、妹のすみだけ…、里帰りしたすずに不安を漏らしたすみ。すみは、被爆し原爆症の症状が現れていました。

年が明け焼け野原のバラックのベンチに座りすずと周作が食事をしていると、身寄りのない幼い少女ヨーコが近寄ってきました。

すずは、ヨーコに食べ物を与えます。結局、2人はヨーコを北條家に連れて帰ると、新しい家族として迎えられます。

径子は、ヨーコに、亡き晴美の服を用意するのでした…。

スポンサーリンク

映画『この世界の片隅に』の感想と評価

この世界の片隅に
(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

『この世界の片隅に』は、多くの偉業を成し遂げた作品です。

その特徴を大きく3つ挙げると、

1つ目は、クラウドファンディングで制作がされたこと。

2つ目は、口コミ(SNSをはじめ、ラジオなど)を中心に宣伝をされたこと。

3つ目は、過去の様々な戦争映画に終止符を打つ快作であること。

まず、本作品は、多くの個人(3374人)支援者からクラウドファンディングを通じて、映画部門では国内最高金額を集め、制作されました。

このことは、企業が映画を作るのではなく、市民(ユーザー)が見たい映画を作る時代の幕開けを告げるものでした。

今後作家性の強い映画監督は、観客と共に映画を作っていくというスタイルの確立は、これまでのいわば「収益」(動員数、売り上げ)といった今までの映画の価値を測る尺度ではない、映画の新しい価値を見せたと言えるのではないでしょうか。

2つ目は、この作品を観た観客が、“感動に涙した思い”や“映画の興奮”を、TwitterなどのSNSで拡散させたことで、大きな動員の拡大を見せています。

2016年には、『シン・ゴジラ』や『君の名は。』でもSNSの拡散はありました。

しかし『この世界の片隅に』は、観た人が、鑑賞後の想いを周囲に話さずにはいられない映画であるため、その想いをそれぞれに発信しているように思われます。

なぜ発信するのか。それは個人だけでその“思い”を受け止めるのには耐え難いからだと思います。そのことは、“311の体験”にとても似ている何かと考えられますね。

あの時、失ってしまったのは、物や財産ではなく、日常という普通の日々の暮らし。絆ではなく、今できることを分け合う価値である。

このことに、触れた観客がその衝撃の大きさに堪えきれず周囲と共有する、そんな作品だからでしょう。

ちなみに、ラジオ放送では、映画評論家の町山智浩は「2016年の町山大賞」を与え、ライムスター宇多丸は、「5000億点」という評価もつけました。

彼らも、また、普通に個人単位で抱えきれない何かを体感したのではないでしょうか。

3つ目は、過去に類のない表現方法で戦争(日常)を描いている点です。

多くの人は、反戦争映画では説教臭い、暗い気持ちにさせられるなどといった偏見や倫理観を見る前に抱いてしまうのではないでしょうか。

この作品は、思想性を描いてはいないのです。

この作品を見る前には、反戦の代表的な作品『はだしのゲン』や『火垂るの墓』の刷り込みがあったから、同じようなアニメ映画であると思い込んでしまうこともあるでしょう。

しかし、この作品は、日常をつづった『サザエさん』や『ちびまる子ちゃん』です。

だからこそ、8月6日という原爆の日に向かう物語の進行と、すずの日常のサスペンスがあまりに巧みで、他に類を見たことがないのでしょう。

原爆投下のシーンの描き方は、描かれる破壊性を見てみたいと観客が思う期待に、片渕須直は自制心を掛けます

日常とは豊かな連続に過ぎず、物語性の高揚感は刺激であると、普通のすずを見れると理解できるのではないでしょうか。

以上、この作品に盛り込まれた、多くの要素は、挙げればきりがありません。

いずれ、このサイトでご紹介しますね。

まとめ

この世界の片隅に
(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

さて、この作品は、来年も上映館の拡大、そして世界各地での映画上映など広がりを見せていくでしょう。

真木太郎プロデューサーの話によれば、イギリス、フランス、ドイツ、アメリカ、メキシコなどでの上映が決まっているようです。

海外の『この世界の片隅に』の評価は?海外での映画賞受賞は?

また、テレビ放映は、どの局がいつ行うのか?

さらに、未制作部分、すずと白木リンをめぐる約30分と言われているシーンはいつ完成するのか?

これに関しては、片渕須直監督はインタビューに述べているようで、完全版は監督の悲願のようです。

その前に、現在上映中の『この世界の片隅に』をまだ見ていない方に、ぜひ映画館で鑑賞していただきたい!

名作中の名作、傑作の中の傑作『この世界の片隅に』。

最後になりますが、感想で述べた過去作に終止符を打ったとことについて書きます。

この作品には、思想性を示さないだけではなく、善と悪も二極化で描いていません

例えば、すずと周作が出会った「人さらい」のバケモノのくだりは、後に、すずが死にゆく妹のすみに兄がバケモノになった夢物語を語ります。

さらに、すずと周作たちのヨーコの出会いは、「孤児を引きとる(“ある意味では、逆に人さらい”)」に繋がり、径子へとつなぎます。

誰もが悪人でも善人でもなく捌きもない映画。

これは、映画を簡単にドラマチックにするために二極化で描いてしまう陳腐さを見せてくれた一例だと思います。

そんなことが、全編に散りばめられた夢のような本当の話が、『この世界の片隅に』なのです。

すずと哲の出会いのように切なく、

すずと周作の出会いのように運命的でいと可笑しく、

すずとリンの出会いのように幻想的に強く、

北条家とヨーコの出会いのように宿命的に分かち合う。

その映画の名は、「この世界の片隅に』、ぜひ、ぜひご覧ください!

関連記事

アニメーション

映画『海獣の子供』あらすじネタバレと感想。人気漫画が原作の圧倒的映像スペクタクル!

アニメ映画『海獣の子供』は、2019年6月7日(金)より全国ロードショー。 独自の世界観でファンを魅了し続ける五十嵐大介の初長編漫画『海獣の子供』が長編アニメーションとして映画化。 本作のアニメーショ …

アニメーション

映画『きみと、波にのれたら』あらすじネタバレと感想。湯浅政明が独創のアニメーションで紡ぐ青春ラブストーリー

映画『きみと、波にのれたら』は2019年6月21日より全国ロードショー公開 『夜明け告げるルーのうた』『夜は短し歩けよ乙女』など、その独創的な作風のアニメーションと世界観が国内外で高く評価されている、 …

アニメーション

映画『アーサー・クリスマスの大冒険』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

スポンサーリンク CONTENTS映画『アーサー・クリスマスの大冒険』作品情報映画『アーサー・クリスマスの大冒険』あらすじとネタバレ『アーサー・クリスマスの大冒険』の感想と評価まとめ 映画『アーサー・ …

アニメーション

ひつじのショーン展広島美術館の開催期間と混雑情報まとめ

アードマン・アニメーションズ設立40周年記念「ひつじのショーン展」が、2017年7月15日から広島県立美術館にて開催されます。 『ひつじのショーン』は、もちろんですが!人気作品『ウォレスとグルミット』 …

アニメーション

【まどマギ考察2】魔法少女まどか☆マギカのあらすじとネタバレ感想。第9〜12話:まどかの幸せだけを願いつづける悲しきほむら

2021年4月にシリーズ開始10周年を迎えたアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』 アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』(略称「まどマギ」)は2011年1月~4月に深夜アニメとして放送されました。 可愛らしいキ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学