Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

Entry 2022/10/07
Update

『バッドガイズ』ネタバレ結末あらすじと感想評価の解説。アニメの魅力全開でお尋ね者グループが巻き起こすドタバタ騒動が楽しい!

  • Writer :
  • 松平光冬

全米2週連続ナンバー1ヒットの痛快怪盗アニメ

怪盗集団「バッドガイズ」は、権力者や富豪から華麗なる手法を駆使して財宝を奪うお尋ね者。そんな活躍を描くドリームワークスによるアニメーション。

アーロン・ブレイビーの同名児童文学シリーズを原作に、短編アニメ『ビルビー』のピエール・ペリフェル監督が演出を担当しました。

全米2週連続1位を記録した、怪盗集団“バッドガイズ”の活躍を描く痛快長編アニメーションを、ネタバレ有りでレビューします。

スポンサーリンク

映画『バッドガイズ』の作品情報

(C)2022 DREAMWORKS ANIMATION LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2022年(アメリカ映画)

【原題】
The Bad Guys

【監督】
ピエール・ペリフェル

【脚本】
イータン・コーエン

【原作】
アーロン・ブレイビー

【製作】
デイモン・ロス、レベッカ・ハンフリー

【製作総指揮】
アーロン・ブレイビー、イータン・コーエン、パトリック・ヒューズ

【声のキャスト】
サム・ロックウェル、オークワフィナ、アンソニー・ラモス、マーク・マロン、クレイグ・ロビンソン、リチャード・アイオアディ、ザジー・ビーツ、リリー・シン、アレックス・ボースタイン

【作品概要】
権力者や富豪から華麗なテクニックで財宝を奪う怪盗集団「バッドガイズ」の活躍を描いたアーロン・ブレイビーの同名児童文学シリーズを、ドリームワークス・アニメーションが長編アニメ化。

2007年にドリームワークス入りし、『カンフー・パンダ』(2007)、『モンスターVSエイリアン』(2009)、『シュレック フォーエバー』(2010)などでアニメーターを務めてきたピエール・ペリフェルの、長編アニメ監督デビュー作となります。

脚本は、『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』(2008)、『メン・イン・ブラック3』(2012)のイータン・コーエン。

声のキャストは原語版をサム・ロックウェル、オークワフィナ、アンソニー・ラモス、ザジー・ビーツ、日本語吹替版を尾上松也、安田顕、河合郁人(A.B.C-Z)、ファーストサマーウイカらが担当します。

映画『バッドガイズ』のあらすじとネタバレ

(C)2022 DREAMWORKS ANIMATION LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

「ワルをやるなら思いきり」を合言葉に、次々と盗みを成功させてきた怪盗集団「バッドガイズ」。メンバーは、“天才的スリ”にしてリーダーのウルフ、“金庫破り”のスネーク、“変装の達人”シャーク、“肉体派”ピラニア、そして“天才ハッカー”タランチュラ。

お尋ね者として世間に恐れられる彼らはいつも一緒。今日もスネークの誕生日を、本人が気乗りしていないにも関わらず祝っていました。

そんな中、テレビニュースで、知事に就任したばかりのダイアン・フォクシントン(女ギツネ)が、町で最も善い行いをした人を選ぶ今年の“良き隣人賞”に、マーマレード教授(モルモット)を選出。記念として黄金のイルカ像を贈呈すると発表します。

さらにダイアンは、名立たる強盗たちも奪えなかったというイルカ像を盗める者はいないとバッドガイズを挑発。発奮したウルフは、次のターゲットに定めます。

授賞式当日、招待客になりすまして着実に強盗計画を進めるバッドガイズでしたが、その最中、老婆の財布をスろうとしたウルフは、階段から転げ落ちそうになった思わず彼女を救助。老婆に感謝の言葉を言われて体が身震いし、衝動的にしっぽをフリフリさせます。

幾多のピンチをくぐり抜けてイルカ像強奪に成功し、会場を出ようとした5人。ところが、少し前に落下したハート型の巨大隕石が町に甚大な被害をもたらしたものの、人々の善意が復興させたというマーマレードの授賞スピーチに感動したウルフは、再びしっぽを振ってしまいます。

その結果変装がバレてしまい、バッドガイズ逮捕に執念を燃やしてきたラギンズ署長に囚われることに。

(C)2022 DREAMWORKS ANIMATION LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ところが、バッドガイズが刑務所に送られる直前でマーマレードが、自分が推進する更生プロジェクトを彼らに受けさせるよう提案。ダイアンもその案に乗り、イルカ像は後日開かれるチャリティイベント「善の祝祭」にて、5人が更生できた証として改めて贈呈されることになります。

ウルフは、マーマレードのプロジェクトで更生したように見せかけて、祝祭の場で改めてイルカ像を盗んでダイアンの鼻を明かそうと画策。

5人が住むことになったマーマレードの邸宅には、町に落下したハート型の隕石が。隕石は強烈な電磁場を発しており、調査のため彼が管理していたのです。

ことごとく失敗する更生プロジェクトに業を煮やしたマーマレードは、動物実験を行う製薬会社にいる大量のモルモットを“善行”として盗ませるも、スネークがモルモットたちを飲み込んでしまったことで大騒動に発展。

プロジェクトの中止を命ずるダイアンでしたが、ウルフに「人は変われる」と諭し、密かにバッドガイズに一目置いていると告げるのでした。

ダイアンの言葉を受けたウルフは、ヤシの木から降りられなくなっていたネコを救出。その姿を動画に収めて称賛する一方で、「より良い人生を送りたければ、仲間の4人とは縁を切った方がいい」と囁くマーマレード。

そのやり取りを聞いたスネークに遠回しに確認されたウルフは、善行はあくまでフリで、俺たちの友情は永遠と答えるものの、どこかモヤモヤした気持ちになるでした。

マーマレードがアップした動画が「バッドガイズがグッドガイズになった」とバズる中、5人はイルカ像を盗むべく再び計画を練ります。

その計画は、イルカ像の贈呈直前でウルフが会場を停電させ、その隙にニセモノの像とすり替えてズラかるという段取りでした。

(C)2022 DREAMWORKS ANIMATION LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

迎えた善の祝祭当日。バッドガイズは参加者の熱烈な歓迎を受けながらも、計画通りに事を進めて、いざ最終段階まで進みます。

ところが、周りに褒められて良心の呵責を覚えたウルフは停電させるスイッチが押せず、あろうことかイルカ像を自らマーマレードに渡してしまいます。

そこで停電が発生し、電気が付いた時にはハートの隕石がなくなっていました。隕石を盗んだ濡れ衣を着せられたバッドガイズは、警察に追われることに。

会場内を逃げながらも、ウルフは自分たちのアジトの場所を記した紙をダイアンに渡し、「全部返す」と告げ、その後5人は逮捕されてしまうのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『バッドガイズ』のネタバレ・結末の記載がございます。本作をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

実は隕石を盗んだのはマーマレードで、隕石の電磁場を使って逃げ出した大量のモルモットを操り、善の祝祭で集まった寄付金を強奪しようと計画。そのためにバッドガイズを利用しようと授賞式で老婆に扮し、わざとウルフに善の行いをさせたのでした。

ウルフの地図をたどってアジトに向かったダイアンは、そこで大量の貴金属類を発見。「全部返す」という彼の言葉が、「今まで盗んだ品を返す」という意味だったと悟ります。

一方、刑務所に入れられたバッドガイズ。そこでウルフが「もう犯罪者になるのは嫌だし、もっと良い人生を送りたい」と独白したことで、「仲間を裏切った」とスネークは激怒し、2人は取っ組み合いのケンカに。

そこへ謎の人物が現れて看守を倒し、5人を解放します。その正体はダイアンで、実は彼女は伝説の怪盗と称されたクリムゾン・パウでした。

実はダイアンも元々は黄金のイルカ像を狙っていたものの、ふと鏡に映った自分がずる賢い女ギツネに見えてしまったことにショックを受け、足を洗っていたのです。

刑務所を抜けたウルフは、改めて足を洗うことを4人に訴えるも、スネークは別れを告げ、残りの3人も追随していきます。

(C)2022 DREAMWORKS ANIMATION LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

マーマレードは、隕石の電磁場を操るヘルメットを着けてモルモットたちを動かし、寄付金を奪っていきます。

ウルフとダイアンがそれを阻止すべく動いていた頃、スネークら4人はアジト内のお宝が全部なくなっていることに驚いていました。

善人になったウルフの仕業だと怒るスネークでしたが、いつもは独り占めするアイスキャンディーを思わずシャークに与えたことで、スネークにも良心があるとツッコまれることに。それを強く否定し、スネークは出て行ってしまいます。

一方、ウルフとダイアンはマーマレード宅に侵入して隕石を盗もうとするも囚われの身に。ウルフの行動を読めるスネークがマーマレードと結託していたのです。

スネークがヘルメットを被ってモルモットを動かしている最中、ウルフとダイアンは絶体絶命のピンチに。そこへシャーク、タランチュラ、ピラニアが現れて救出、隕石を奪います。

警察署に隕石を返して潔白を証明する予定だったバッドガイズでしたが、スネークの身を案じ引き返すことに。

マーマレードと一緒にヘリコプターに乗ったスネークに、隕石を返す代わりに戻ってくるよう説得するウルフでしたが、痺れを切らしたマーマレードはスネークを突き落とます。

落下するスネークを身を挺して救ったウルフたちは和解しつつ、ワイヤーロープを使ってマーマレードのヘリコプターを墜落させます。

ラギンズ署長に自分の正体を明かそうとしたダイアンを制止し、5人は自首を申し出ます。

そこへ、隕石を取り戻したと豪語するマーマレードも現れますが、その隕石はニセモノ。実はスネークが被ったヘルメットでモルモットたちを操り、密かに本物とすり替えていたのです。

スネークが仕掛けた爆弾で本物の隕石を破壊され、ショックを受けるマーマレードの傍らにはクリムゾン・パウに盗まれたとされていたダイヤモンドが。マーマレードはクリムゾン・パウに間違われ署長に逮捕され、すべては終わりました。

しばらく経ち、模範囚として短期間で刑期を終えたバッドガイズを迎えに来たのはダイアンと、かつてウルフが救助したネコ。

彼らは車を飛ばし、颯爽と去っていくのでした――

スポンサーリンク

映画『バッドガイズ』の感想と評価

(C)2022 DREAMWORKS ANIMATION LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

原作は『泣いた赤鬼』テイストの児童文学

本作『バッドガイズ』は、アメリカの児童文学の第一人者と称されるアーロン・ブレイビーのベストセラー『バッドガイズ』が原作です。

嫌われ者、やっかい者扱いされるウルフ、スネーク、ピアニア、シャークたち(後にタランチュラも加入)が、周囲の誤解を解くためにヒーロー活動をするという、浜田廣介の『泣いた赤鬼』に近いお話です。

和訳版も出版されており、最新5、6巻も本作の日本公開に併せて9月に発売されたばかり。

敵キャラクターも突飛な物が多く、マッドサイエンティストやゾンビ、新刊ではなんと宇宙に行ってエイリアンと対峙するなど、活動の域がどんどん広がっています。

イメージとレッテルへの反発

(C)2022 DREAMWORKS ANIMATION LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

本記事のあらすじ&ネタバレを読めば分かるように、アニメ化された本作は原作とは設定を少々変えています。

アニメ版では、バッドガイズは最初から強盗を働くお尋ね者として描かれ、その行動原理もオオカミ、ヘビ、ピラニア、サメ、クモという見た目が獰猛なイメージで(全員が捕食生物という点でも共通する)「ワル」というレッテルを崩さないため、という点にあります。

しかし、5人とも性根は気弱だったり寂しがり屋だったり、何よりも優しい良心がある――見た目のイメージやレッテルだけで判断する世間の風潮にNoを突き付けるというテーマが込められているのです。

それは、本当の悪役を、見た目が愛くるしいイメージのモルモット=マーマレード教授にしていることでも明らか。バッドガイズを始めとする主要キャラクターが動物で、その他モブを人間にしているのも、子どもの観客に分かりやすくするためでしょう。

(C)2022 DREAMWORKS ANIMATION LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

イメージやレッテルが及ぼす差別や偏見を動物に置き換えて描いたアニメではほかに、ディズニー/ピクサーの『ズートピア』(2016)がありますが、本作は主役が怪盗一味ということもあって、アクション面の派手さが光ります。

スタッフが影響を受けたと公言している『スパイダーマン:スパイダーバース』(2018)をはじめに、『ヒート』(1995)、『オーシャンズ11』(2001)、『パルプ・フィクション』(1994)といった実写のケイパー作品、さらには『ルパン三世』、『名探偵ホームズ』、『BEASTARS』といった日本作品のオマージュも感じられます。

『ズートピア』よりは現実社会のメタファー要素は薄いですが、その分痛快に楽しめるエンターテインメントな内容となっています。

まとめ

(C)2022 DREAMWORKS ANIMATION LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

最後に、日本語吹替版にも触れておきましょう。

とかく非難されがちな芸能人・タレント吹替ですが、本作に関してはウルフ役の尾上松也を筆頭に、違和感は少なめだったかと。なかでも安田顕によるスネークのひねくれ演技や、ピラニア役の河合郁人による中盤での熱唱シーンなどは上手くハマっていたと思われます。

現時点では続編製作の予定は報じられていないものの、バッドガイズのさらなるグッドな活躍も観てみたいところです。

映画『バッドガイズ』は、2022年10月7日(金)より全国ロードショー中

関連記事

アニメーション

高畑勲映画『じゃりン子チエ』あらすじネタバレと感想。動画無料視聴方法も

2018年4月5日に亡くなられた日本を代表するアニメーション監督、高畑勲。 高畑勲監督作品の内『火垂るの墓』『平成狸合戦ぽんぽこ』といったスタジオジブリ作品は、幾度とテレビ放映され読者の方々にも馴染み …

アニメーション

映画『きみと、波にのれたら』あらすじネタバレと感想。湯浅政明監督らしい世界観と物語が作風とベストマッチ!

アニメ映画『きみと、波にのれたら』は、2019年6月21日より全国公開! 2018年の第31回東京国際映画祭で“湯浅政明の世界”として特集上映が行われた湯浅政明監督の2年ぶりの新作長編アニメーション作 …

アニメーション

映画『GODZILLA 星を喰う者』ネタバレ感想。ゴジラアニメの結末は⁈

ゴジラに対し打つ手が無くなった人類…。 絶望に打ちひしがれる人類の前に『星を喰らう者』ギドラが襲来します。 絶望すらかき消す終焉に地球の命運はどうなるのか? アニメ版ゴジラ三部作最終章となる『GODZ …

アニメーション

『モンスターズ・インク』ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。サリーとマイクの“飛び切り1番の名コンビ”の大活躍を読み解く!

モンスターの凸凹コンビから目が離せない! 『トイ・ストーリー』(1996)の監督であるジョン・ラセターが製作総指揮を務めた大ヒットアニメーション『モンスターズ・インク』。 電力供給会社のモンスターズ株 …

アニメーション

【ネタバレ】GHOST IN THE SHELL攻殻機動隊|解説考察と結末のあらすじ感想。日本アニメ史上の最強の名作として“SF映画に影響”を与える

独創的な映像で自我への葛藤を描いたSFアニメ映画の金字塔 「超能力によって半月型に壁が凹む」という描写を世界で初めて描いたとされる大友克洋による漫画『童夢』。後に大友克洋は漫画とアニメーションで『AK …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学