Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/03/01
Update

韓国映画『ザ・バッド・ガイズ』感想評価と解説レビュー。マ・ドンソクの正拳が悪人VS悪人を打ちのめす痛快ムービー|すべての映画はアクションから始まる24

  • Writer :
  • 松平光冬

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第24回

日本公開を控える新作から、カルト的に評価された知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はアクションから始まる』。

第24回は、2021年4月9日(金)よりシネマート新宿ほかにて全国公開予定の韓国映画『ザ・バッド・ガイズ』です。

【連載コラム】『すべての映画はアクションから始まる』記事一覧はこちら

映画『ザ・バッド・ガイズ』の作品情報

(C) 2019 CJ ENM CORPORATION, BIDANGIL PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED

【日本公開】
2021年(韓国映画)

【原題】
나쁜 녀석들:THE MOVIE(英題:The Bad Guys: Reign of Chaos)

【監督・共同脚本】
ソン・ヨンホ

【脚本】
ハン・ジョンフン

【撮影】
イ・ジェヒョク

【編集】
シン・ミンギョン

【キャスト】
マ・ドンソク、キム・サンジュン、キム・アジュン、チャン・ギヨン、キム・イヌ、イ・ジェユン、パク・ウォンサン、チョ・ヨンジン、パク・ヒョンス、パク・サンウク、チョン・イクリョン、ジ・スンヒョン

【作品概要】
『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016)、『悪人伝』(2020)のマ・ドンソク主演によるクライムアクション。

犯罪歴を持つワケあり人物たちが減刑と引き換えにチームを結成し、凶悪な逃亡犯たちを追います。

2014年のテレビドラマ『バッドガイズ-悪い奴ら-』の映画版となる本作は、韓国では2019年に公開され、興行の繁忙期となる秋夕(旧暦のお盆)連休期間に観客動員数第1位を樹立する大ヒットとなりました。

共演は、テレビドラマ『ここに来て抱きしめて』、『恋愛ワードを入力してください ~Search WWW~』などで人気を集めたチャン・ギヨン、映画『カンナさん大成功です!』(2007)でヒロインを演じたキム・アジュン、「マイ・ボス・マイ・ヒーロー」シリーズ(2001~06)のベテラン俳優キム・サンジュン。

監督は、2015年の長編デビュー作『鬼はさまよう』で注目を浴びたソン・ヨンホです。

映画『ザ・バッド・ガイズ』のあらすじ

(C) 2019 CJ ENM CORPORATION, BIDANGIL PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED

ある日、囚人たちを乗せて走っていた護送バスが、謎の武装集団に突如襲撃され、数多くの凶悪な犯罪者たちが逃亡してしまう事件が発生します。

警察上層部は、逃亡した囚人を捕まえる為、元警察官のオ・グタクに指令を出し、過去に重大な罪を犯して刑務所に収監されている服役囚たちを集めた極秘プロジェクト、“特殊犯罪捜査課”を再始動させることに。

グタクは元プロジェクトメンバーで“伝説の拳”と呼ばれて恐れられているパク・ウンチョルを筆頭に、女詐欺師のクァク・ノスン、過失致死罪に問われた元刑事のコ・ユソンらを加えます。

時に衝突するも、時に協力し合って凶悪犯たちを追い詰めていく4人。しかし、事件の背後には国家を揺るがす巨大な陰謀が暗躍していたのです。

韓国の人気クライムドラマを映画化

(C) 2019 CJ ENM CORPORATION, BIDANGIL PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED

本作『ザ・バッド・ガイズ』は、2014年に韓国で放送されたテレビドラマ『バッドガイズ-悪い奴ら-』の映画版となります。

巨大な悪に立ち向かうために集められた“悪い奴ら=バッド・ガイズ”の活躍を描いたドラマ版は、韓国OCNチャンネルで歴代ドラマ視聴率1位を獲得するヒットを記録し、2017年には続編『バッドガイズ2~悪の都市~』も製作されました。

映画版となる本作は、パート1の登場人物だったマ・ドンソク演じる“伝説の拳”を持つ男パク・ウンチョルと、キム・サンジュン演じるチームリーダーのオ・グタクが、引き続き出演しています。

テレビドラマ『バッドガイズ-悪い奴ら-』

“映画界最強のタフガイ”マ・ドンソクが己の拳で悪を粉砕!!

(C) 2019 CJ ENM CORPORATION, BIDANGIL PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED

ドラマ版の見どころの一つでもあったアクションシーンは、映画版でさらにスケールアップしています。

何といっても、本作での実質的な主役ともいえる、パク・ウンチョルの圧倒的な存在感に目を奪われます。

わずか25日でソウルを縄張りにしたヤクザとして恐れられるも、義理人情に厚くて仲間思いというウンチョルの武器は、“拳”。「俺には武器などいらぬ!」とばかりに、迫りくる敵を拳二つでちぎっては投げ、ボコボコになぎ倒していく姿が、実に単純明快かつ痛快です。

そのウンチョルを演じるマ・ドンソクといえば、『新感染 ファイナル・エクスプレス』、『無双の鉄拳』(2018)で観客を魅了し、2020年の『悪人伝』も大ヒットを記録。

本作には、そんな彼が数々のアクション映画を通して築き上げた底力が詰まっており、クライマックスの大立ち回りシーンは、通常なら撮影に3~4日かかるところ、わずか1日半で撮り終えたという逸話を残すほど。

特殊メイクなしでもマーベルヒーローのハルク役が務まりそうなドンソクですが、実はそのマーベル・シネマティック・ユニバース最新作『エターナルズ(原題)』(2021年10月公開予定)では、怪力キャラクターのギルガメッシュ役を演じます。

ついにハリウッド進出も果たし、名実ともに映画界最強のタフガイとなったマ・ドンソク、要チェックです。

(C) 2019 CJ ENM CORPORATION, BIDANGIL PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED

マ・ドンソク以外にも、見どころはたくさん。

本作がスクリーンデビューとなるチャン・ギヨンによる長身を生かしたアクロバティックなアクションに、多くのラブストーリーや歴史ドラマに出演してきたキム・アジュンも、これがほぼ初となるアクション映画出演とは思えないような、しなやかで機敏な立ち回りを披露。

さらには冒頭の護送バス襲撃シーンも、バスと武装集団が乗るトラックが衝突するという難度の高い撮影にもかかわらず、CGを極力使わずに実写撮影を敢行したというだけあって、リアリティに満ちた出来映えとなっています。

悪をもって悪を制す!

(C) 2019 CJ ENM CORPORATION, BIDANGIL PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED

西部劇の『ワイルドバンチ』(1969)や、その影響を受けて描かれ実写化もされたマンガ『ワイルド7』、近年でもDCコミックスのヴィラン(悪役キャラ)が総登場した『スーサイド・スクワッド』(2016)、『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』(2020)などなど、「悪をもって悪を制す」テーマの作品は、バリエーション豊富に作られ続けています。

本作『ザ・バッド・ガイズ』は、間違いなくその系譜を受け継いだ、最強進化系アクション映画となっています。

バッド・ガイズを待ち受ける最大の敵、そして、彼らに待ち受ける運命とは?

悪を倒すにはアンチヒーローに任せろ――痛快無比なアクション・エンターテインメントにご期待ください!

次回の『すべての映画はアクションから始まる』もお楽しみに。

【連載コラム】『すべての映画はアクションから始まる』記事一覧はこちら



関連記事

連載コラム

【短編映画無料配信】ラブ・デート~恋人たちの散文詩|あらすじ感想評価レビュー。初々しい国際的馬鹿ップルの悩みと喜びを鮮やかに描く《松田彰監督WEB映画12選 2023年9月》

「月イチ」企画の短編WEB映画第9弾『ラブ・デート~恋人たちの散文詩』が無料配信中 『つどうものたち』(2019)、『異し日にて』(2014)、『お散歩』(2006)などの作品で数々の国内外の映画賞を …

連載コラム

ホラー映画『コンジアム』あらすじと感想レビュー。韓国の心霊スポットへ観客を没入させる演出力|SF恐怖映画という名の観覧車40

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile040 2012年、アメリカのニュースチャンネルが世界各地を調査し発表した「世界七大禁断の地」。 世界が注目するこの発表で、日本からは「軍艦島」 …

連載コラム

映画『あなたにふさわしい』感想レビューと考察。夫婦である理由を“名づけ”の視点から読み解く|映画道シカミミ見聞録48

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第48回 こんにちは、森田です。 今回は6月12日(金)よりアップリンク吉祥寺ほかでロードショー公開予定の映画『あなたにふさわしい』を紹介いたします。 1つの別荘をシ …

連載コラム

『ウィリーズ・ワンダーランド』ネタバレ結末評価とあらすじ感想。悪ノリスラッシャー映画で我らがニコラス・ケイジまたも怪演で殺人ロボットを瞬殺す|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー61

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第61回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

連載コラム

ジャン=リュック・ゴダールのおすすめ名作『女と男のいる舗道』に見る哲学|偏愛洋画劇場1

連載コラム「偏愛洋画劇場」第1幕 2018年7月13日に日本公開された映画『グッバイ・ゴダール!』。 ヌーヴェルバーグを代表する巨匠ジャン=リュック・ゴダールと、彼の2番目の元妻アンヌ・ヴィアゼムスキ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学