Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

Entry 2022/03/19
Update

【ネタバレ】SINGシング2:ネクストステージ|あらすじ感想と結末の評価解説。ライオンのクレイら日本声優吹き替えも最高な“歌う理由”がさらに“進化”したショームービー!

  • Writer :
  • 糸魚川悟

圧倒的な歌唱力で紡がれるショームービー第2作!

スティーヴィー・ワンダーとアリアナ・グランデによるオリジナル楽曲を始め、エルトン・ジョンやテイラー・スウィフトなど名だたる歌手の楽曲を起用し大ヒットとなった映画『SING/シング』(2017)。

その人気は日本でも根強く、2019年にはアミューズメント施設「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」内に『SING/シング』を題材としたアトラクションがオープンされるほどとなりました。

そして2022年、さらにスケールアップした『SING/シング』の続編が日本に上陸。

今回は映画『SING/シング: ネクストステージ』(2022)を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

映画『SING/シング: ネクストステージ』の作品情報


(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

【日本公開】
2022年(アメリカ映画)

【原題】
Sing 2

【監督】
ガース・ジェニングス

【脚本】
ガース・ジェニングス

【キャスト】
マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、スカーレット・ヨハンソン、タロン・エガートン、トリー・ケリー、ニック・クロール、ファレル・ウィリアムス、ホールジー、ボノ、ガース・ジェニングス

【日本語吹き替え版キャスト】
内村光良、坂本真綾、長澤まさみ、大橋卓弥、MISIA、斎藤司、ジェシー、アイナ・ジ・エンド、稲葉浩志、田中真弓

【作品概要】
『SING/シング: ネクストステージ』は、ランボーに憧れる少年たちの物語を描いた『リトル・ランボーズ』(2010)を製作したガース・ジェニングスが前作から引き続きとりまとめた作品。

ダラス・バイヤーズクラブ』(2014)でアカデミー主演男優賞を受賞した名優マシュー・マコノヒーが再び主人公のバスター・ムーンの声を演じました。

映画『SING/シング: ネクストステージ』のあらすじとネタバレ


(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

ムーンが支配人を務めるニュー・ムーン・シアターは、野外ライブを成功させたロジータ、ジョニー、ミーナ、グンターの人気によって連日に渡って公演のチケットが売り切れるほどに盛況となっていました。

ある日、「不思議の国のアリス」の公演にエンターテイメントの聖地「レッド・ショア・シティ」に居を構える大企業「クリスタル・エンターテインメント」の社長秘書のスーキーが現れます。

その日の公演はキャストも客も満足のいくものではありましたが、スーキーは第2幕を見ることなく劇場を去ってしまい、ムーンは彼女を追い何が良くなかったのかを訪ねますが、「一流の場では通用しない」とだけ言われてしまいます。

スーキーの言葉に心折られたムーンでしたが、劇場の後援者であり伝説的な歌姫の過去を持つナナに「一流を目指すなら挫折から立ち直る精神がなくてはいけない」と諭されます。

ナナの言葉を噛み締めたムーンはかつて野外ライブを共に成功させたアッシュを再び仲間に加え、劇場の仲間と共に「レッド・ショア・シティ」行きのバスへと乗りました。

街に着いたムーンたちは「クリスタル・エンターテインメント」を訪ね社長への直談判を企み、従業員に扮してビルの最上階へと潜入。

そこでは社長のジミーが公演企画のオーディションを審査しており、高い技術を持つアーティストたちが次々と失格していく様子を目にすることになります。

ムーンたちは参加者として紛れ込みミーナを主演とした「高校生の物語」を紹介しますが、ジミーはありきたりだと否定し演目を見ることなく失格。

しかし、舞台からの去り間際にグンターの発した「伝説のロックシンガー、クレイ・キャロウェイの楽曲を利用」と言う出鱈目な言葉にジミーは強く惹かれます。

クレイは十数年間表舞台に出ておらず、楽曲使用の許可すら降りない人物ではありましたが、ジミーの反応を見たムーンはクレイと知り合いであると嘘をつき、「クレイの出演」を条件に公演を認められます。

ムーンはジミーの資金力を最大限に使った設備やキャストの利用を許可されますが、ジミーに「恥をかかされたらビルの屋上から突き落とす」と脅され、山積みの問題をひとつずつ潰すことに奔走。

発端であるグンターと共にSFミュージカル「この世界のかなたへ」の脚本とステージ案を決定したムーンは、早速ステージの開発とリハーサルに取り掛かります。

しかし、恋人役のダリウスとミーナは息が合わず、ジョニーは経験のないダンスを学ぶために用意された業界トップのコーチであるクラウスにいびられてしまうなど、練習は順調には進みませんでした。

さらに主演に抜擢したロジータが高所から飛び降りるシーンに怯え実行ができず、クレイのファンであり現場を見に来たジミーの娘ポーシャのワガママによって主演の座を交代させられてしまいます。

数日後、ムーンの秘書であるクローリーはクレイの住所を突き止め家を訪ねますが、クレイはペイントガンを使った過激な方法で彼女を追い返します。

クレイの弁護士を通してムーンの嘘がジミーに伝わってしまい、1週間以内にクレイの出演交渉を成功させなければムーンの命が脅かされる状況に陥りました。

ムーンは現場の指揮をクローリーに任せ、志願するアッシュと共にクレイの住居へと向かいますが、クレイの家を囲む高圧電流に触れてしまい、意識を失ってしまいました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『SING/シング: ネクストステージ』のネタバレ・結末の記載がございます。『SING/シング: ネクストステージ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

ムーンとアッシュはクレイの家で介抱され、目を覚ましたムーンはクレイに出演を交渉しますが、音楽活動のすべてが妻のためだったと語るクレイは、妻が亡くなってから自身の曲を聞いたことすらないと言いました。

アッシュは亡き妻のためにも音楽を続けるべきだと説得しますがクレイの意志は変わらず、ムーンは説得を続けるアッシュを残し劇場へと戻ります。

ダンスが一向に上手くならないジョニーは、街で見かけたストリートダンサーのヌーシーに直談判し、コーチングを求めます。

ヌーシーはクラウスの教え方が初心者向けでないことを見抜き、ジョニーにダンスの初歩から順序建てて教えることで、ジョニーはダンスの技術を習得していました。

ムーンは通しのリハーサルを終えて、高い歌唱力を持ってはいるものの、演技力に不安のあるポーシャに当初の予定通りロジータと主演を交代して欲しいと提案しますが、ポーシャは自身が主演を降ろされたことにショックを受け、この問題はニュース沙汰となるほどに大きくなります。

この問題に激怒したジミーはムーンの殺害を部下に命令します。

その頃、クレイの家に残るアッシュはクレイの歌をひとりで弾き語ると、その歌に心を動かされたクレイは公演への出演を了承。

ムーンは命を狙われることになったことから地元へと逃げることを全員に提案しますが、劇場に着いたクレイに自分と同じ「逃げ続ける人生」になるのかと叱責されます。

自分の無鉄砲さに自身を持ったムーンは全員を連れ、劇場を一夜ジャックし無断で公演を執り行うことを宣言。

ロジータの25人の息子を使い警備を混乱させ、元マフィアのボスで現在は地元に貢献するジョニーの父親とその仲間たちに代わりの警備員を任せたムーン。

足りないエイリアン役を補うために父に反発するポーシャを仲間に引き入れたムーンは、クレイの出演を餌に大量の観客をジミーの劇場に集めました。

幕が上がり、ダンスを自分のものにしたジョニーは、壇上に入り込んできたクラウスとの勝負にも打ち勝ちます。

ポーシャは騒動に駆けつけたジミーの妨害を意に返さず自身の歌を思う存分披露し、ミーナは恋人役のダリウスを恋の相手であるアルフォンゾと脳内で変換することでデュエットを成功させます。

怒りが頂点に達したジミーは舞台裏のムーンを攫い、舞台の高所から突き落とします。

その頃、ロジータとグンターのダンスシーンで再びロジータは高所に怯え動けなくなってしまいますが、落下するムーンを助けるために飛び降りたロジータは、彼を助けるとグンターと息の合うパフォーマンスを披露。

ムーンの殺害に失敗したジミーは次の行動に移そうとしますが、彼の行動に呆れ果てたスーキーがジミーを舞台上に閉じ込めました。

公演のトリとなるアッシュとクレイの番が回ってきますが、ギターを取り出したクレイは立ちすくみ舞台に上がろうとはしませんでした。

クレイを想いアッシュはひとり舞台に上がるとアカペラでクレイの歌を歌い、観客も共に歌い始めます。

その様子を見たクレイはギターを弾き、場を包む歌声と共に舞台へと上がり、観客は熱狂に包まれながらフィナーレを迎えました。

出演者全員で舞台に上がると観客の熱狂を横取りするためにジミーが現れますが、公演をジミーの下で続けるという言葉を無視しムーンたちはその場を去り、スーキーの通報によってジミーは逮捕されます。

クレイ、ポーシャ、ヌーシーを連れて地元行きのバスに乗るムーンたちのもとに、トークショーの司会を務めるリンダが現れます。

リンダは一流の大劇場「マジェスティック劇場」での公演をムーンに提案。

提案を了承したムーンたちはナナも呼び、「マジェスティック劇場」での公演を迎えることになりました。

スポンサーリンク

映画『SING/シング: ネクストステージ』の感想と評価


(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

何のために歌うのかを問いかける進化した物語

一度も成功を収めたことのない劇場支配人のムーンと、彼の見出した新人アーティストたちが奇跡のショーで世界を魅了した前作のラスト。

数年経ってもショーの評価は落ちることが無く、本作では楽天家かつ夢想家のムーンはさらにスケールを広げたショーのために画策し始めます。

しかし、ムーンが引き入れようとする伝説のロックスターであるクレイは、愛する妻を失った痛みから歌うことを止めていました。

25人の息子を持つロジータやマフィアの息子であるジョニーなど、夢の世界での活躍と現実の間に葛藤しながらも歩みを続けてきた歌手たちと前しか見ないムーンは再びクレイにマイクを持たせることが出来るのか。

『SING/シング: ネクストステージ』は、前作以上に「何のために歌うのか」が伝わる心温まる物語になっていました。

圧巻の歌声が披露されるオリジナル版と日本語吹き替え


(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

ブラック・ウィドウ』(2021)の俳優として広く知られるスカーレット・ヨハンソンや『ロケットマン』(2019)でエルトン・ジョンを演じたタロン・エガートンが再びその美声を振るう本作。

前作から続投したキャストによる歌唱だけでも価値のある「SING」シリーズですが、続編となる本作にはポップ歌手として高い評価を受けるホールジーや人気バンド「U2」のボーカルであるボノが新たに出演しました。

世界から絶賛されるシンガーによる歌唱シーンは圧巻のクオリティであり、座席すらも揺らす爆音の映画館での鑑賞が映える作品です。

そして、そんなオリジナルキャストに引けを取らない日本語吹き替え版にも要注目。

MISIAや「スキマスイッチ」の大橋卓弥などの前作出演シンガーに加え、 世界的ロックユニット「B’z」の稲葉浩志や、一発撮りのYoutubeチャンネル「THE FIRST TAKE」で話題となった「BiSH」のアイナ・ジ・エンドと「SixTONES」のジェシーなど各ジャンルのシンガーが新たに出演。

原語版でも日本語吹き替え版でも大迫力の歌唱シーンとなっていました。

まとめ


(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

俳優やシンガーによる歌唱だけでなく、本作はアニメーションの演出も前作に比べて大幅にスケールアップしています。

「ミニオンズ」シリーズを手掛ける「イルミネーション」らしい破天荒かつ派手な映像は演奏シーンの迫力を増す効果を生んでおり、歌唱だけでは到達できない「映画」としての面白味に溢れている作品となっていました。

映画『SING/シング: ネクストステージ』は前作が好きな方はもちろん、大迫力の歌唱シーンに興味がある人や、大きな挫折を経験し明るい気持ちになりたい人まで、多くの方に自身を持ってオススメ出来る作品です。





関連記事

アニメーション

メアリと魔女の花ガーデンサンドカフェ渋谷にオープン!メニューは何がある?

大ヒット上映中の米林宏昌監督最新作『メアリと魔女の花』公開記念して、「ガーデンサンドカフェ」が期間限定で8月4日(金)にオープン! 魔女の国をイメージした店内装飾や、映画をイメージしたオリジナルメニュ …

アニメーション

STAND BY MEドラえもん|感想レビューと最後までネタバレあらすじ。原作の魅力を子どもと“経験者”たちに伝える

本作の続編『STAND BY MEドラえもん2』は2020年11月20日(金)より全国ロードショー公開! 2020年11月20日(金)より全国ロードショー公開を迎えた『STAND BY MEドラえもん …

アニメーション

『君を愛したひとりの僕へ』ネタバレ結末感想と評価解説。カサヰケンイチによるアニメーション作品は愛する人を救うために人生を捧げる“僕の”物語

君の幸せだけを願う『君を愛したひとりの僕へ』 TikTokで話題となった小説『君を愛したひとりの僕へ』と『僕が愛したすべての君へ』。 2016年6月にハヤカワ文庫より刊行された乙野四方字のこれらの小説 …

アニメーション

Netflix映画『生きのびるために』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。“物語の持つ力”は現実を生きる勇気となる

Netflix映画『ブレッドウィナー/生きのびるために』配信中 タリバン政権下のアフガニスタンで暮らす、ある家族を描いた長編アニメーション映画。 2001年のアフガニスタン、両親と姉、幼い弟と暮らす少 …

アニメーション

映画『アヴリルと奇妙な世界』あらすじネタバレと感想。フランス製アニメのヒロインの成長が魅力的!

『アヴリルと奇妙な世界』はカリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2019にて上映。 70年代に誕生したカルト映画『ファンタスティック・プラネット』。 恋愛映画の巨匠パトリス・ルコントが手がけた …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学