Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

Entry 2022/04/22
Update

映画『魔女の宅急便』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ジジが喋れない理由×キキとトンボの関係通じて“女性の悩み”と街の人々の絆を描く

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。
新米魔女キキの成長を描いた温かなファンタジー!

1989年に公開された、スタジオジブリ作品の5作目にあたる長編アニメーション映画『魔女の宅急便』。角野栄子の大人気児童小説を、宮崎駿監督が映画化しました。

家から旅立ち新たな街へと向かうキキの姿と共に流れるオープニング曲『ルージュの伝言』や、主題歌の『やさしさに包まれたなら』など、今なお親しまれている荒井由実の名曲が作品に温かみを与えます。


(C)1989 角野栄子・Studio Ghibli・N

魔女の母親の血を継ぐキキ。古くからの言い伝えで魔女は13歳になると親元を離れ、一人で「自分の街」を見つけそこで修行をし、一人前の魔女になるという掟があります。

13歳になったキキは期待を胸に、海の見える街を目指して旅立ちます。たどり着いた街でキキは挫折したり、落ち込んだりしながらも人々に助けられて成長していきます。

思春期の少女と街の人々の交流を描いた温かなファンタジー作品です。

映画『魔女の宅急便』の作品情報


(C)1989 角野栄子・Studio Ghibli・N

【公開】
1989年(日本映画)

【原作】
角野栄子『魔女の宅急便』(福音館書店)

【監督・脚本】
宮崎駿

【音楽】
久石譲

【主題歌】
荒井由実

【声のキャスト】
高山みなみ、佐久間レイ、山口勝平、加藤治子、戸田恵子

【作品概要】
角野栄子の原作小説は『魔女の宅急便』から始まり全6作に渡り、少女であったキキが魔女修行に旅立ち一人前になり、結婚などを経験していく35歳までの物語を綴っています。本作では、1作目の物語にあたる少女キキの旅立ちと成長の過程を描き出します。

本作は当初、宮崎駿が監督を務める予定はなく、別の若手監督が担当する予定だったとのこと。なお、その若手監督は『この世界の片隅で』(2016)の片渕須直でしたが、製作上の事情など紆余曲折を経て宮崎駿が監督を務めることになりました。

映画『魔女の宅急便』あらすじとネタバレ


(C)1989 角野栄子・Studio Ghibli・N

魔女の母親の血を受け継ぐキキ。

古いしきたりで魔女は13歳になると、家を出て自分で街を見つけて住み一人前の魔女になるための修行をしなくてはなりません。

13歳になったキキは海が見える街を目指して期待を胸いっぱいに黒猫のジジと旅立ちます。南に向かっていると突如天気が崩れ大雨になってしまいます。

目の前にあった貨物列車の中に潜り込み、少し雨宿りするはずが干草の中で眠ってしまったキキ。翌朝貨物列車から出て飛び立ったキキの視界に大きな海が広がります。

やがて見えてきた大きな街を見て、この街に住むことを決めたキキ。街中を飛んでいると、魔女を見たことがない街の人は驚いてキキを見上げます。

すまして飛んでいたキキでしたが曲がってきたバスを慌てて避けてバランスを崩し、箒に乗ったまま道路に飛び出してまいます。降り立ったキキは駆けつけた警官に親の連絡先を聞かれてしまいます。

返答に困っていたところどこかで「ドロボードロボー」という声が聞こえ、警官はその声のする方に向かっていきます。

その隙に抜け出したキキに自転車に乗った少年・トンボが声をかけてきます。少年はキキを助けるためドロボーと大声を上げたといい、キキに「君魔女だよね?箒見せてよ」と質問攻めにします。

キキは怒って「助けてくれてありがとう。でも助けてなんて頼んでないわ。それによく知りもしない女性に声をかけるなんて失礼だわ」と言い放ちます。その後、事情を説明しても未成年では泊めてくれるところはなく、途方にくれてしまいます。

そんな時、パン屋のおソノさんが店から出てきて赤ちゃんのおしゃぶりをもち、「奥さーん忘れ物!」と叫んでいます。その視界の先には乳母車を押した女性の姿があります。

届けに行かなくてはと困っている姿を目にしたキキは私が届けにいきますと声をかけ箒に乗っておしゃぶりを届けにいきます。届けにいき帰ってきたキキとお茶をして事情を知ったおソノは、部屋が余っているから使うといいと快く部屋を貸してくれます。

パン屋で住むことになったキキは、宅配便の仕事を始めるつもりだとおソノに言うと、時折パン屋で店番をすることを条件に電話を使っていいと言います。そんななか、キキに初めてのお客さんがやってきます。

甥っ子の誕生会に行けなくなってので代わりにプレゼントを届けてほしいというものでした。

張り切って荷物を届けに行こうとする途中、突風に巻き込まれキキは森の中に落ちてしまいます。なんとか抜け出したものの、プレゼントの猫のぬいぐるみを森の中に落としてしまいます。

探している時間もなく、困ったキキはしばらくの間ジジにぬいぐるみの身代わりになってもらい、ぬいぐるみを探しに森に戻ります。探していると森の中にある小屋の中にぬいぐるみを発見します。

そこにいたのは画家の少女・ウルスラでした。落ちた時にやぶけてしまったぬいぐるみをウルスラが直し、その代わりにキキは小屋の掃除をします。すっかり打ち解けあい、キキはまたここに来ると約束し、ぬいぐるみを持ってジジを助けに行きます。

キキは、初めての仕事を終え、少しずつ新しい街での暮らしに慣れてきます。

ある日パン屋で店番をしているとトンボがやってきて仲間内でやるパーティに来てくれないかとキキを誘います。そっけない態度をしながらもパーティに誘われキキはうきうきしています。

運んで欲しいものがあるので来てほしいと頼まれた家に向かうと、優しそうな老婦人とバーサが出迎えます。孫の誕生会にニシンのパイを持っていこうと思ったけれどレンジが使い物にならないので諦めて料金だけ払うという老婦人にお金だけなんてもらえないとキキは薪のオーブンで焼いたらどうかと提案し一緒に焼きます。

パーティまでまだ時間があるから大丈夫だとゆっくりしていたキキでしたが老婦人が「大変!この時計10分遅れているの」と言うと慌ててパイを届けに飛び立ちます。

向かう途中雨に降られ、びしょ濡れになりながらもパイが冷めないように注意して届けます。しかし孫は「このパイ嫌いなのよね」と心優しい老婦人の手作りのパイを全く喜んでいません。

パーティの約束の時間はもう過ぎ、沈んだ気持ちで家に向かいます。翌日キキは高熱を出してしまいます。落ち込んで熱を出し弱気になっていたキキでしたが、熱が下がると少し元気を取り戻します。

そんなキキにおソノが届け物をお願いします。近くだからと箒に乗らず歩いて向かうとその届け先はトンボの家だったのです。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『魔女の宅急便』ネタバレ・結末の記載がございます。『魔女の宅急便』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)1989 角野栄子・Studio Ghibli・N

トンボはキキに見せたいものがあるといい、人力飛行機の機関部だというプロペラのついた自転車を見せます。そしてその自転車で不時着した飛行船を見にいこうと誘います。

2人で自転車に乗り出かけますが、途中で車にぶつかりそうになり避けようとし、自転車が一瞬宙に浮きます。しかしすぐに崖を転がり落ちてしまいます。初めての自転車に緊張していたキキは転げ落ちて緊張がとけたのか笑い出します。

「ちょっと自信をなくしていたの。ここに来てよかった。海を見ると元気になれる」

キキとトンボは仲良く話しています。そこに車に乗ったトンボの知り合いがやってきて飛行船の中を見せてくれるらしいから一緒にいこうと誘います。キキも一緒にとトンボはいいますが、キキは突然不機嫌になり、仕事があるからもう帰ると帰ってしまいます。

ジジは近所に住む猫のリリーと仲良くなり、あまりキキのところにやってこなくなります。そんなジジにキキが文句を言うとジジはただにゃーと答えるばかりです。

「どうしたのジジ、キキって言って」と言ってもジジはにゃーとしか言いません。ジジの言葉がわからなくなっていることに気づき、嫌な予感がして箒に乗ってみるとうまく乗れなくなっています。魔法が弱まっているのでした。

その夜、箒に乗る練習をしていたキキは転んで箒を折ってしまいます。魔法が弱くなり飛べなくなったキキはおソノにしばらくの間配達の仕事を休むと告げます。

「魔法がなくなったらもう何の取り柄もなくなっちゃう」キキは自信をなくし、塞ぎ込むようになります。

そんな時、ウルスラが街による用があったついでにキキを訪ねてきます。落ち込んでいるキキを見たウルスラは私の小屋に泊まりに来たらいいと誘い、そのまますぐに小屋に向かいます。

小屋に着くとウルスラは制作途中の絵を見せ、キキにモデルになって欲しいと頼みます。

描きながらウルスラは、絵も魔法と同じで、描けなくなる時があると言います。そう言う時はジタバタするしかない、何度も描いて、それでもダメなら描くのをやめる。散歩したり何もしないでいたらまたそのうち描きたくなると言います。

ウルスラの言葉を聞いたキキは、私一人だったらジタバタしているだけだった、ここに来てよかったと言います。するとウルスラも本当はこの絵消しちゃおうかと思っていたが、キキを見て描こうと思えたからおあいこだと言います。

ウルスラの小屋で一晩過ごしたキキは家に帰るとおソノに連絡すると、こないだの老婦人がどうしても来て欲しいと言っているとおソノは言います。それを聞いたキキは家に帰る前に寄っていくことにします。

老婦人の家に向かうとケーキが差し出され、このケーキをキキという少女に届けてほしい、そしてその子の誕生日を知りたい、またケーキが焼けるからと言われます。感激したキキは思わず涙を浮かべ、その子もきっと奥様の誕生日を知りたいと思うはずです、と答えます。


(C)1989 角野栄子・Studio Ghibli・N

その頃バーサが見ているテレビには飛行船が写っていましたが、突然の突風でロープが外れ、逆さまになってしまいます。そしてロープを掴んだままの少年が飛行船と共に空へと飛んでいってしまいます。

その少年はなんとトンボでした。テレビを見たキキは助けなくてはと慌てて老婦人の家を飛び出します。気球がある広場へ向かう途中人々の中にデッキブラシを持ったおじさんを見つけます。

「おじさん、そのデッキブラシ貸して」とデッキブラシを手に取ると、それにまたがり祈るように力をこめ「とべ」と呟きます。不安定になりながらも何とかトンボの近くまで飛んでいきます。

「頑張れー!」と街中がキキとトンボを応援しています。

トンボは必死で手を伸ばしますが、不安定でなかなか掴めず、トンボはロープから落ちてしまいます。しかし次の瞬間、落ちていくトンボの手をキキがしっかりと掴み二人はゆっくりと地上へ降り立ちます。

無事に降り立った2人を街中の人々が祝福します。

やっと街に馴染み始めてきたキキは両親に手紙を出します。

「落ち込むこともあるけれど、私はこの街が好きです」

映画『魔女の宅急便』感想と評価


(C)1989 角野栄子・Studio Ghibli・N

13歳で親元を離れ、新たな街で独り立ちしようとするキキの奮闘と街の人々との交流を描いたアニメーション映画『魔女の宅急便』

期待を胸に海の見える街にやってきたキキですが、大きな街で魔女は珍しく交通整備の発達した街中を飛んでいたキキは道路に飛び込み混乱を巻き起こしてしまいます。

もともとキキが生まれ育ったのは小さな田舎の街で発展した近代的な街ではありませんでした。キキがたどり着いた海の見える街で見かける白黒テレビや飛行船、車の様子などから本作の時代設定は1930〜1940年ごろではないかと推測できます。

最初にキキが街にやってきたときに話した時計塔のおじいさんは、魔女のことを「近頃はとんと見かけなくなった」と言っています。発展した大きな街はキキが生まれ育ったところと違い、魔女を受け入れる土壌がなかったとも受け取れます。

キキはおソノとの会話でも「この街の人は魔女のこと好きじゃないみたい」と落ち込んだ様子で話しています。それに対し、おソノは「大きな街だからね、いろんな人がいるよ。でも私は気に入ったよ」と言ってくれます。

挫折と人々の助け、2つのキーワード


(C)1989 角野栄子・Studio Ghibli・N

キキはおソノさんをはじめとした人々に受け入れられて、少しずつ街に馴染んでいきます。宅急便の仕事もはじめ順調に向かっていくかのように見えた矢先、キキは大きな壁にぶつかり挫折してしまいます。

宮崎駿監督作品では、登場人物が試練を乗り越える様を題材にすることが多く、本作もキキが挫折から立ち直る姿を描いているといえます。

挫折したキキは魔法の力が弱くなり、ジジの言葉もわからず、箒で飛ぶのも難しくなってしまいます。ではなぜ挫折してしまったのでしょうか。

様々な要因によりキキは自信を失くしてしまったと考えられ、その大きな要因は仕事で落ち込んだことと、トンボとの関係性にあると考えられます。

宅配便の仕事を通じて様々な人と交流していたキキですが老婦人が焼いたパイを受け取った孫が何気なく放った「このパイ嫌いなんだよね」という言葉にひどく傷ついた様子が伺えます。

最初は機械の故障でパイを届けるのを諦めていましたが、キキが率先して手伝い共に焼き上げたパイが全く歓迎されなかったことに否定されたような悲しい気持ちになり、自分の仕事に対する自信も失ってしまったのかもしれません。

キキとトンボとの関係


(C)1989 角野栄子・Studio Ghibli・N

もう一つはトンボとの関係性です。最初は突き放していたキキですが、パーティに誘われるととても喜び楽しみにしています。海の見える街に着いてからキキは何度もトンボやその仲間たちの姿を見かけ、トンボが話しかけては素っ気ない態度をとってしまいます。

しかしそれは本当は仲良くなりたいけれど、なかなかうまくいかない気持ちの表れでもあるのでしょう。新たに街にやってきたキキは同世代の友達がいません

だからこそ友達が欲しいという気持ちからトンボが話しかけてくれることに嬉しいという気持ちはあれど、仲間と共にいるトンボに対して疎外感などを感じ冷たくしてしまうのです。

原作ではトンボとキキはさまざまな出来事がありつつも結婚していますが、本作の中では明確に恋愛感情として描こうとはぜず、好意が完全にないわけではないけれど友情とのはざまの曖昧なまま描いています。それは13歳という思春期の年代ならではなのかもしれません

そのような要因から自信を失くしていたキキが、立ち直りまた頑張ろうと思えたのは、周りの人々の支えと絆でした。

落ち込んでいるキキを連れ出し小屋に泊めたウルスラはかつて自身も同じように悩み、画家になろうと決めたことを話し、誰しもが落ち込み挫折しながらもいつかはまた頑張れるとキキを勇気づけます。

また、老婦人もキキにお礼としてケーキを焼いてくれます。配達の仕事で出会った人々の優しさに触れキキは思わず涙します。パイのこともあり自信を失くしていたキキが自分の仕事の意義を再び見出していく瞬間でもあります。

クライマックスのトンボを助けにいく場面で、キキはトンボを助けたい一心で弱まっていた魔力を取り戻し、トンボを助けにいきます。更にそんなキキとトンボを街中の人が「頑張れ!」と声援を送っています。

最初は魔女であるキキをもの珍しく見ていた街中の人々が一体となって応援している姿は、キキがその街の一員として認められた証でもあるのでしょう。両親に手紙を出したキキの、挫折を乗り越えまた明日に向かっていく姿に、見ている私たちも元気をもらえます。

まとめ


(C)1989 角野栄子・Studio Ghibli・N

13歳のキキの旅立ちと新たな街での奮闘。キキの成長の証として、黒猫のジジとの関係も浮き彫りにされました。

魔力が弱くなってからキキはそれまで普通に話していたジジの言葉が分からなくなります。魔力が弱くなったからと考えられましたが、魔力が戻ってからもジジとは会話ができません。

その理由について、数多くのスタジオジブリ作品のプロデューサーを務めてきた鈴木敏夫は「キキが猫のジジと話せていたのは、キキにとってのジジが“もう一人の自分自身”でもあったため」と語っています。

キキから「自己との対話相手」として認識されていたジジが、彼女の精神的成長を経てその役目を終えた。キキの大人への成長の証が「猫のジジと話せなくなる」という形で表現されているのです。

大人への階段を一歩あがり、ひたむきに頑張るキキ。そこには、落ち込んだ時に勇気づけてくれる温かさがあります。

そんな温かい映画を彩る荒井由実の名曲も外せません。

旅立つキキの心情を表したような歌詞が印象的なオープニング曲『ルージュの伝言』は、思わず旅に出たくなるようなわくわくするメロディーになっています。

エンディングに流れる『やさしさに包まれたなら』も優しく、勇気づけてくれるような素敵な曲です。

キキのまっすぐさと優しい荒井由美の名曲に落ち込んでも頑張っていこうと思える映画『魔女の宅急便』は公開から30年余り経った今も人々に愛されています。




関連記事

アニメーション

【ネタバレ解説】ライオンキング(2019)映画4DXの吹替版の評価。体感型鑑賞のススメ紹介も

『ライオン・キング』は2019年8月9日(金)から全国ロードショー公開中! 『美女と野獣』(2017)や『アラジン』(2019)など、ディズニーによる名作アニメーションの数々が実写化され、興行的にも批 …

アニメーション

【ネタバレ】HUMAN LOST人間失格|感想と内容解説。人間らしさについて進歩した社会から描く

太宰治を原作に大胆解釈された新しい『人間失格』がSFダークヒーロー作品に生まれ変わった、映画『HUMAN LOST 人間失格』。 豪華スタッフと声優陣が贈る、太宰治『人間失格』とアニメーションの融合。 …

アニメーション

高畑勲映画『パンダコパンダ 雨ふりサーカス』の宮崎駿作品の原点とは

2018年4月5日に亡くなられた日本を代表するアニメーション監督、高畑勲。 代表作『パンダコパンダ』、続編『パンダコパンダ 雨ふりサーカスの巻』が、新文芸坐にて5月1日~5月3日、ユジク阿佐ヶ谷にて5 …

アニメーション

【ネタバレ】ウイッシュ|あらすじ感想と結末の評価解説。ディズニー100周年を飾る“願いの力”をめぐる物語とは⁈

この願い、あきらめることはない! ディズニー100周年の集大成が誕生。 ウォルト・ディズニー・カンパニー創立100周年を記念して製作された長編アニメーション映画『ウイッシュ』。 新たなヒロイン・アーシ …

アニメーション

竜とそばかすの姫 ネタバレ解説|サマーウォーズと似てる点と違い?キャラの繋がりや関係性から見るインターネットの変遷

細田守監督によって描かれる「インターネットの変遷」 2009年の公開時に大ヒットを記録し、「夏映画」の定番として広く認知されるまでになった、細田守監督による長編アニメ映画『サマーウォーズ』。 そして2 …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学