Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメ映画

映画『風の谷のナウシカ』あらすじネタバレと感想。宮崎駿作品のテーマ解説も

  • Writer :
  • 若松れん

『風の谷のナウシカ』は、宮崎駿監督の長編アニメーション映画第2作品目となるSFファンタジーで、ナウシカの世界において勃発した「火の七日間」から千年後の世界を描いています。

スポンサーリンク

『風の谷のナウシカ』の作品情報


© 1984 Studio Ghibli・H

【公開】
1984年(日本映画)

【プロデューサー】
高畑勲

【原作・監督】
宮崎駿

【音楽】
久石譲

【声の出演】
島本須美、辻村真人、京田尚子、納谷悟朗、永井一郎、宮内幸平、八奈見乗児、矢田稔ニガ、吉田理保子、菅谷政子、貴家堂子、坂本千夏、TARAKO、松田洋治、冨永みーな、寺田誠、坪井章子、榊原良子、家弓家正、水鳥鉄夫、中村武己、太田貴子、島田敏、野村信次、鮎原久子、大塚芳忠

【作品概要】
映画『風の谷のナウシカ』は、宮崎駿原作の同名漫画を映画化した作品で、戦争によって文明が崩壊した世界が舞台のSFファンタジー。

1984年には、原作者・宮崎駿自身が監督を務め、劇場アニメーションとして公開されました。

大戦争により産業文明が崩壊してから1000年。腐海と呼ばれる森には、腐海を守る王蟲(オーム)という巨大な蟲が生息し、王蟲以外には有毒となる瘴気が放出されています。

人類は衰退しつつあり、日々、王蟲の脅威に怯えながら暮らしていましたが、主人公ナウシカの住む“風の谷”は、酸の海風により瘴気の影響を受けずにいました。

映画『風の谷のナウシカ』は、宮崎駿の長編アニメーション映画2作目で、高畑勲や久石譲、鈴木敏夫などジブリの柱となる人物も制作に関わっていました。

映画『風の谷のナウシカ』のあらすじとネタバレ

人類は、科学技術で作り上げた巨神兵で“火の七日間”という戦争を起こします。

巨神兵は街を焼き尽くし、森はマスクなしでは生られない有毒ガスを放出する植物に覆われた死の森・腐海へと姿を変えてしまいます。

腐海は、そこで暮らす王蟲(オーム)に守られており、オームは森を荒らすと凶暴になることからも、人類は王蟲と瘴気に怯えながら暮らしていました。

ただ、風の谷だけは酸の海風から守られた辺境であり、ここで暮らす人々はのどかな生活を送っています。

風の谷には、族長の娘であり王蟲とも心を通わせることが出来るナウシカという少女がいました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『風の谷のナウシカ』ネタバレ・結末の記載がございます。『風の谷のナウシカ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ある日の夜、トルメキア国の商船が風の谷に墜落します。

船には、人質としてトルメキア国に捕らえられたペジテ国の姫ラステルと、腐海を焼き払うためペジテ国から奪い取った巨神兵の胚(卵)が積まれていました。

クシャナは撃墜されたと思い風の谷に侵攻し、族長のジルを殺害。

ナウシカは、これ以上死人を出さないためにトルメキア国に下り、従者数人を連れ人質としてトルメキアの船に乗ります。

その途中、ペジテ国の戦闘機に攻撃されましたが護衛機が撃墜し、敵の戦闘機は腐海に墜落しました。

ところが、ナウシカの乗る船もまた被害を受け、腐海へと不時着してしまいます。

腐海では、ナウシカが王蟲(オーム)と会話し、クシャナや従者たちは一命を取り留めました。

しかし、ナウシカはペジテ国の戦闘機に乗っていた少年がオームに襲われているのを見つけ助けに向かいました。

少年は、ペジテ国の王子アスベルで妹ラステルを人質に取られた恨みから、トルメキアの船を攻撃しました。

ナウシカはクシャナと従者を風の谷に逃がし、アスベルを助けると同時に腐海の空気が浄化されていることに気づきます。

腐海の木々は汚染された毒を取り込んで枯れ、きれいな土へと浄化していました。

王蟲たちは、そんな森を守っていました。

翌日、ナウシカはアスベルと向かったペジテ国で、オームに風の谷を襲わせてトルメキアから巨神兵の胚を奪い返すという計画を聞きだします。

ナウシカは作戦を止めようと、アスベルの母の協力を得てメーヴェで風の谷へと向かいました。

しかし、すでに王蟲の群れは怒りで目を真っ赤に染め上げ、もの凄いスピードで風の谷を目指していました。

群れの先頭には、たくさんの銛で突かれた王蟲の子をぶら下げた飛行甕が飛んでおり、群れを風の谷へ向かわせています。

一方で、王蟲の群れが近づいているのに気づいた風の谷では、クシャナが巨神兵を目覚めさせて王蟲の群れを焼き払おうとしましたが、まだ未完成だった巨神兵は崩れ落ち、王蟲の暴走を止める事はできませんでした。

ナウシカは、暴走の原因となっている王蟲の子と、群れの先頭に降り立ち懸命に説得しますが、跳ね飛ばされて亡くなってしまいます。

それから間もなく、ナウシカの思いが王蟲に届いたようで暴走は停止しました。

王蟲は横たわっているナウシカの体を触手で持ち上げると、彼らの不思議な力でナウシカの傷を癒し生き返らせました。

息を吹き返したナウシカは、金色に光り輝く王蟲の触手の上を歩きます。

その姿はまさに、古くから谷に伝わる「その者蒼き衣を纏いて金色の野に降りたつべし。
失われし大地との絆を結び、ついに人々を清浄の地に導かん。」という、言い伝えそのものでした。

スポンサーリンク

映画『風の谷のナウシカ』の感想と評価

映画『風の谷のナウシカ』が、公開から数十年経っても評価されている理由は、壮大な世界観やストーリー設定であることに間違いありません。

まず、『風の谷のナウシカ』を知る上で大切なのは、極限まで発展した科学技術に作られた巨神兵により、大地が焼き尽くされた「火の七日間」という大戦争です。

この大戦争は、無数の巨神兵がたった七日間で、人類が誇る高度文明世界を崩壊させた歴史的事件。

その大戦争から1000年後が舞台になっており、ナウシカが生きるこの時代では“巨神兵”や“大戦争”は伝説となって語り継がれていました。

自然の大切さをテーマとする宮崎駿ならではの作品で、核戦争や自然崩壊の恐ろしさを訴えています。

また、ナウシカがメーヴェで飛び回ったり、終盤で描かれたオームの暴走や巨神兵が登場したシーンは、作中で最も迫力のあるシーンです。

特に、巨神兵が口から放った光線でオームを吹き飛ばすシーンは、スペクトル感と共に言い表せない虚しさや恐怖を感じます

このシークエンスの作画を手がけたのは『エヴァンゲリオン』の庵野秀明

何よりも『風の谷のナウシカ』は、巨匠・宮崎駿と庵野秀明がタッグを組んだ貴重な映画でもあるのです。

まとめ

今回は、映画『風の谷のナウシカ』のあらすじや見どころ解説などをご紹介させていただきました。

宮崎駿ワールドは、自然の大切さをテーマにした作品が中心なので、現代に生きる人々には考えさせられることも多いはず。

温暖化や核など、一般人には遠い話のようですが実はとても身近にあるものなので、ほんの少し心の片隅に置いてくださいね。

映画は原作のほんの一部

原作には、人類はなぜ大戦争を起こしたのか、なぜ巨神兵は作られたのかなど、巨神兵の本来の役割や戦争の実態なども明かされています

さらに壮大なスケールをお望みの方は、映画の視聴と共に原作も読んでみるのもいいかもしれません

関連記事

アニメ映画

クレヨンしんちゃん外伝4あらすじと全シーズン視聴もAmazonプライムにて

大人気の『クレヨンしんちゃん外伝』シリーズの第4弾がAmazonプライム・ビデオにて、2017年5月31日から配信開始! 『クレヨンしんちゃん外伝 お・お・お・のしんのすけ』の独占配信は見逃せないぞ! …

アニメ映画

おおかみこどもの雨と雪|動画フル無料視聴!Anitubeよりも確実に

映画『おおかみこどもの雨と雪』のフル動画を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していきます! ↓今すぐ『おおかみこどもの雨と雪』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック↓ なお、当記事でご紹介している …

アニメ映画

アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!|あらすじと感想。上映館情報も

アニメ映画『アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!~』は、2018年7月6日(金)より、TOHOシネマズ上野ほか全国ロードショー! アーリーマン(原始人)のダグとその仲間たちが、暴君ヌース卿に奪われ …

アニメ映画

ハウルの動く城|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

宮崎駿監督が作り出した不朽の名作、『ハウルの動く城』が金曜ロードショーにて8月10日に地上波で放送! 「ハウルの動く城」の原作者、ダイアナ・ウィン・ジョーンズも感嘆した名作を紹介していきます。 スポン …

アニメ映画

映画『海獣の子供』あらすじネタバレと感想。人気漫画が原作の圧倒的映像スペクタクル!

アニメ映画『海獣の子供』は、2019年6月7日(金)より全国ロードショー。 独自の世界観でファンを魅了し続ける五十嵐大介の初長編漫画『海獣の子供』が長編アニメーションとして映画化。 本作のアニメーショ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP