Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

Entry 2021/08/08
Update

ヒロアカ映画ワールド ヒーローズ ミッション|ネタバレ結末感想。僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE ワールド ヒーローズミッションで緑谷・爆豪・轟の奮闘を描く!

  • Writer :
  • 秋國まゆ

全世界を舞台に描いた、劇場版「僕のヒーローアカデミア」シリーズ第3弾。

長崎健司が監督を務めた、2021年製作の日本のヒーローアクションアニメ映画、『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』。

先天性の超常能力「個性」を持つ人々の殲滅を目論む謎の集団に、全世界のプロヒーローたちとヒーローの卵たちが立ち向かっていく姿とは、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

原作者の堀越耕平が総監修を務めた、劇場版「僕のヒーローアカデミア」第3弾、『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』のネタバレあらすじと作品情報をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』の作品情報


(C)2021「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

【公開】
2021年(日本映画)

【原作】
堀越耕平『僕のヒーローアカデミア』

【監督】
長崎健司

【キャスト】
山下大輝、岡本信彦、梶裕貴、稲田徹、河内美里、本名陽子、佐倉綾音、悠木碧、八木かおり、安野希世乃、真堂圭、西田雅一、増田俊樹、沖野晃司、上村祐翔、吉野裕行、興津和幸、松田修平、畠中祐、古島清孝、広橋涼、北田理道、名塚佳織、宮園拓夢、細谷佳正、中村悠一、井上麻里奈、悠木碧、三宅健太、吉沢亮、林原めぐみ、中井和哉、伊瀬茉莉也、梅原裕一郎、榎木淳弥、坂田将吾、野島裕史

【作品概要】
「劇場版ガンダム00」シリーズや「劇場版僕のヒーローアカデミア」シリーズなどを手掛けた、長崎健司が監督を務めた、日本のヒーローアクションアニメ作品です。

「週刊少年ジャンプ」連載の同名コミックを原作とする、人気アニメ『僕のヒーローアカデミア』の劇場版第3弾となる作品でもあります。

人気アニメ「僕のヒーローアカデミア」シリーズに出演する、山下大輝や岡本信彦ら豪華声優陣と、『キングダム』(2019)の吉沢亮が共演しています。

映画『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』のあらすじとネタバレ


(C)2021「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

世代を経るごとに深く混ざり合った「個性」が、人類史を終焉に導くとする思想「個性終末論」を掲げ、世界中の個性保持者の撲滅を目論む謎の集団「ヒューマライズ」。

ヒューマライズの指導者フレクト・ターンと、彼の直属の部下であるヒューマライズの団員たちは、個性を強制的に暴走させ崩壊に導く爆弾「個性因子誘発爆弾(イディオトリガーボム)」を使って、無差別テロを行いました。

これを受け、全世界のプロヒーローたちと、彼らのもとでインターン中だった雄英高校ヒーロー科の生徒が招集され、「世界選抜ヒーローチーム」を結成。

日本から遠く離れた国「オセオン」には、爆炎を放つ強力な個性を持つNo.1ヒーロー、エンデヴァーと彼の事務所のプロヒーローたち。そして、彼のもとでインターン中だった雄英生、緑谷出久・爆豪勝己・轟焦凍。

フランスには、巨大なドラゴンに変身するドラグーンヒーロー、リューキューと彼女のもとでインターン中の雄英生、麗日お茶子や蛙吹梅雨。波動ねじれ。

アメリカには、人気と実力を兼ね備えた若きプロヒーロー、ホークス。彼のもとでインターン中の雄英生、常闇踏陰。

日本には、大阪で活躍しているプロヒーロー、ファットガム。彼のもとでインターン中の雄英生、切島鋭児郎や天喰環、鉄哲徹鐵。

その日本では、さらにプロヒーローのプレゼントマイクと、ギャングオルカと彼の事務所。彼のもとでインターン中の雄英生、耳郎響香と障子目蔵が索敵を担当。

シンガポールには、シンガポールのNo.1ヒーロー、ビック・レッド・ドットと、日本のプロヒーローのマジェスティック。

エジプトには、エジプトのNo.1ヒーローであるサラームと、彼と共に作戦に参加する雄英生、瀬呂範太と峰田実。

そして、世界選抜ヒーローチームの指令室には、元No.1ヒーローのオールマイトと、世界選抜ヒーローチームを統括する長官がいました。

彼ら世界選抜ヒーローチームは、個性因子誘発爆弾から人々を救うため、まずヒューマライズの支部への突入作戦を決行。

しかし、支部にいた団員たちは個性因子誘発爆弾の存在すら知らないことが判明。これにより、無差別テロを起こしたのは、フレクトとヒューマライズの幹部たちによる仕業だということが分かりました。

個性因子誘発爆弾の設置場所が分かるまで、各地で待機を命じられた世界選抜ヒーローチーム。突入作戦の翌日、緑谷・爆豪・轟の3人は、オセオンの中心部にある街に、買い出しに来ていました。

その際、彼らは偶然、街で宝石泥棒を働いた男2人と遭遇。さらに男たちが持っていたケースは、仲間と思われるオセオンに暮らす少年、ロディ・ソウルの手にわたり、そのまま逃げられてしまったのです。

緑谷たちが宝石泥棒3人を追跡していた頃、高速道路では別の事件が発生。ヒューマライズの団員アラン・ケイが、本部から何かをケースに入れて持ち出し、車で逃げようとしていたのです。

それを追うヒューマライズの傭兵敵(ヴィラン)べロスは、バイクに乗りながら自身の個性「ロング・ボウ」を使い、アランが乗る車に矢を次々と放ちます。

それが被弾し、制御不能になったアランの車はフェンスに激突。その衝撃で、車内からケースが外に飛び出し、フェンスなどの瓦礫と共に下へ落下。

ちょうど緑谷から逃げていたロディが巻き込まれそうになり、彼は瓦礫を回避した際にケースを手放してしまいます。


(C)2021「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

慌ててケースを持ち逃走するロディを、緑谷はオールマイトから受け継いだ個性、「ワン・フォー・オール」を駆使して追跡。ところが、ロディが持っていたケースには、宝石は入っていませんでした。

ロディは内心、運び屋の仕事として宝石を運ぶはずだったのが、取り違えによって失敗しそうなことに焦りまくり、事故現場に戻ろうとします。

そんなロディを追いかける緑谷。ところが、そうして地下鉄の駅から地上へ出てきた2人を、オセオン警察の警官たちは待ち伏せし包囲。

そして問答無用で、彼らは銃を発砲してきたのです。緑谷はそんな警官たちを不審に思いつつ、ロディを抱えてその場を逃走。

そこへ、ケースの中身が目的のものでなく、宝石が入っていたことに気づいたべロスが襲撃。緑谷はロディを守りながら、電車が走る鉄橋や電車内を走って逃げ、鉄橋の下の川へ飛び込み回避しました。

その後、オセオン警察は民間人12人を殺した殺人犯として、逃走した緑谷を全国に指名手配します。実はオセオン警察の長官は、ヒューマライズの団員だったのです。

このニュースは、轟やエンデヴァーたちオセオンチームだけでなく、世界各地で待機中のヒーローチームにも指令室にも知れ渡ってしまいます。

緑谷のことを良く知る雄英生に説得された、リューキューたちプロヒーローは、オセオンチームが何とかしてくれるだろうと信じ、吉報を待つことにしました。

緑谷は轟に電話をかけた際、彼から自分が指名手配されたことを知りました。緑谷はとりあえず、警察の目から逃れるため、隣国クレイドにロディと一緒に向かいます。

その道中、緑谷は轟に暗号メールを送りました。これを受け取った轟は、緑谷がクレイドに向かったことを知り、爆豪と一緒に山岳列車に乗ってクレイドへ向かいました。

その道中、轟たちは警官たちの尾行に気づき、「警察内部に、ヒューマライズの団員がいるのではないか」と推測しました。

一方緑谷たちは、オセオンとクレイドの国境を目指して、その道中で食料や服を調達しながら、ひたすら長い道のりを歩いていきました。

馬小屋のような廃屋で、一晩明かすことにした緑谷たち。その時ロディは、懐かしい夢を見ました。

母親を亡くした後、男手一つで育ててくれた父親と、4人で幸せに暮らしていた日々。それが、ヒューマライズの団員であった父親が失踪後、3人だけで辛く苦しい日々を送る羽目になった日の夢を。

ロディは幸せが崩れ去った日、運び屋の仕事やどんなに汚いことをしてでも、弟ロロと妹ララを守ると誓いました。

ロディは、無実だと証明しロロたちの元へ一刻も早く戻るべく、公衆電話を使って警察に通報。しかし現れたのは、ヒューマライズの傭兵敵ロゴンとべロスでした。

ケースを渡そうとしないロディに痺れを切らし、自身の個性「アイアン・クラブ」で襲い掛かってくるロゴン。そこへ緑谷が駆けつけ、必殺技「エアフォース」と「スマッシュ」を繰り出し、ロディを救出。

ロゴンはヘリまで吹き飛ばされてしまい、代わりにべロスがロディを攻撃。それも緑谷が身を挺して守り、スマッシュで巻き上げた土煙を煙幕代わりにし、ロディを抱えてその場を立ち去ります。

ロディは、裏切ろうとした自分を、何故身を挺してまで守ったのか。そのまま自分を見捨てて、ケースを持って逃げればいいじゃないかと、緑谷に尋ねました。

それに対し緑谷は、「困っている人を放っておけない」の一言で返します。これに毒気を抜かれ、自嘲気味に笑ったロディは、緑谷に自分の全てを曝け出しました。

ヒューマライズの団員だった父親の失踪、パイロットになることが夢だったけど、今は弟と妹を養うことで精一杯だということを。

それを聞いた緑谷も、これまでの苦難な日々を語り、オールマイトのように、笑顔で人を助けるヒーローになりたいことを話しました。

翌日、2人はロディが近くの牧場から調達してきたジープに乗り、国境へ向かいました。その道中、ロディは緑谷に、自分の個性を明かします。

以下、『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』ネタバレ・結末の記載がございます。『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2021「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

オセオンとクレイドの国境は渓谷の底にあり、その渓谷に添うように線路が敷かれ、その線路の上を山岳列車が走っていました。

ロディたちは渓谷に、轟たちは下の鉄道駅にそれぞれ到着。しかし、鉄道駅は緑谷たちを捜索する警官たちが、厳重な警備を敷いており、ロディたちはなかなか下に降りられません。

2人がその方法を考えていた時、彼らの頭上に、べロスとヒューマライズの傭兵敵シデロが乗ったヘリが出現。

べロスの個性とシデロの個性、「アイアン・ボール」による合わせ技によって、緑谷たちの頭上にある崖が崩れ始めます。

轟たちはその落石によって、緑谷たちを見つけ出し、べロスたちに襲われている彼らを援護・救出しようとしました。

轟の個性「半冷半熱」による氷結で、シデロを捕縛。追い詰められたシデロは、ヒューマライズをあっさり裏切ろうとしたため、べロスが彼を攻撃。

べロスの矢が轟の氷結を打ち砕き、シデロは自身の個性による重みで、そのまま崖の下へ落下していきました。

そんなべロスを、爆豪の個性「爆破」による技、「徹甲弾(A・P・ショット)」がヘリを攻撃し、追い詰めていきます。しかしべロスは、自ら身投げしてしまったのです。

その後、緑谷たちは念のため岩陰に隠れながら、ケースに何かヒューマライズに繋がるものが入っていないか調べます。

するとケースの底に、手の平サイズの立体パズルがあるのを発見。それを見たロディは、父親自作の立体パズルを解いた時を思い出し、悪戦苦闘する3人に代わって、立体パズルを解きます。

すると今度は、中から何かの鍵のようなものと、SDカードが出てきました。緑谷たちはSDカードに何か情報があると踏み、クレイドの麓にあるホテルへ行き、それを確かめようとします。

一方フレクトは、警察の長官からこれ以上は緑谷たちを追跡できないと報告を受け、神殿のモニターで世界各地のモニターへ通信を繋げ、こう発信しました。

「我々、ヒューマライズは決起する。“個性”という名の病に侵された者たちから、“無個性”と呼ばれる純粋なる人類を守るために」

「人類救済までのタイムリミットは、今から2時間」「この計画を阻止したいと願うのなら、“人類救済装置”を設置した世界25ヶ所の地域をお教えしよう」

フレクトが教えた世界25ヶ所の地域は、どれもヒューマライズの支部があった場所でした。

もし罠だとしても、助けられる人がいる限り、助けに行く。そう告げるオールマイトと同意した長官は、待機中のヒーローチーム全員に、出動要請を出します。

ヒーローチームはそれぞれ、各地で個性持ちの団員たちと戦いながら、市民の避難誘導と個性因子誘発爆弾の捜索・回収作業を行っていきました。

一方、ホテルに到着した緑谷たちは、データファイルの中からアランが遺した動画を見つけ、そこでフレクトの真の目的とヒューマライズの悪行を知りました。

「ヒューマライズは、私や多くの科学者たちを拉致し、彼らの家族を人質に取り、個性因子誘発爆弾の製造を強要した」「それを使った無差別テロは、優秀なヒーローたちをヒューマライズの支部がある場所に集めるための布石でしかない」

「個性因子誘発爆弾を使い、そのヒーローたちを根絶やしにする。トップヒーローたちを失った世界は崩壊し、その混乱に乗じて個性保持者を絶滅させる」

「そして無個性のみの世界にする、それがフレクト・ターンの真の目的だ」そう告げるアランは、ケースに入っているのは、拉致されたエディが命に代えて守ってくれた爆弾の解除キーであることを伝えました。

残り1時間52分。世界の命運を託された緑谷たちは、解除キーを使って個性因子誘発爆弾を止めるべく、見つけ出したヒューマライズ本拠地へ向かうことにしました。

ロディはホテルから少し離れた飛行場で、小型プロペラ機を調達。緑谷たちはロディに操縦を任せ、ヒューマライズ本拠地へ飛び立ちます。

ヒューマライズ本拠地へ到着後、緑谷たち3人は下へ飛び降り、そのまま乗り込もうとしました。しかし、個性を持つヒューマライズの団員たちが現れ、彼らの行く手を阻みます。

まず先陣を切ったのは爆豪。彼は個性「爆破」を使って、団員たちを掃討。そこへ現れたのが、双子の敵サーペンターズのエナとディオでした。

爆豪に後を任せ、先に本拠地に乗り込んだ緑谷と轟。彼らの前にも団員たちが現れ、これを轟1人で掃討します。そこへ現れたのが、自我をなくした敵レヴィアタンでした。

爆豪vsサーペンターズによる戦いは、戦いながら手榴弾を柱に仕込み、最大火力による爆破で誘爆を起こした爆豪の勝利かと思いきや、薬を決め込んだサーペンターズの個性が暴走。

サーペンターズの個性「ソード・キル」が束になり、爆豪の体を貫きます。爆豪はそれを両手で掴むと、血が噴き出すのも構わず渾身の力で振り回し、柱に巻き付けました。

そして爆豪は、腕に着けていた籠手を発射。サーペンターズは舌を剣に変化させ迎え撃とうとしますが、その瞬間、籠手の中にたっぷり溜め込まれたニトロのような物質が着火。

目も眩むような爆発に苦しみ悶えるサーペンターズに、爆豪は両手から爆破を出しながら回転し、突撃する最大火力の爆発を叩き込む技「榴弾砲着弾(ハウザーインパクト)」で止めを刺しました。

その頃轟は、レヴィアタンの個性、指先及び頭の角からねじれた水流を作り出す「ヘリカルサイズ」に苦戦を強いられていました。

轟がレヴィアタンの触手や、敵本体を氷結で凍らせ閉じ込めても、個性を使って打ち破ってくるレヴィアタン。

しまいには、轟が左手に熱を集め、圧縮した炎の塊を連続で放った技「膨冷熱波」をもってしても、その炎さえも操って特攻してくるのです。

それを見た轟は、極限まで高めた炎を集中して放つ技「赫灼熱拳」と、この氷結版の技「噴流熾炎」で止めを刺し、レヴィアタンを倒しました。


(C)2021「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

轟と爆豪が全力を出し切り、倒れてしまった頃、神殿に辿り着いた緑谷もまた、フレクトのあらゆるエネルギーを反射する個性「リフレクト」に苦戦を強いられていました。

戦いの最中、フレクトはこの個性のせいで、誰からも愛されず触れ合うこともできない孤独に苛まれ、制御できない個性を恨み、無個性になることを焦がれ続けたことを話しました。

倒れ込んでしまった緑谷を支えたのは、ロディ。彼は団員たちが言っていた、「解除キーを渡せば、オセオンだけは爆発させない」という言葉を信じ、フレクトに解除キーを渡そうとします。

ロディの心とリンクし、彼の本心を露わにしたピノこと、個性「魂(ソウル)」は、緑谷に向かって首を横に振っていました。

残り3分弱。それを見た緑谷は、ロディが解除キーを上に飛ばした瞬間に、フルカウルで特攻。解除キーはピノがキャッチし、ロディの元へ。

初めから緑谷を裏切るつもりはなかったロディは、解除キーを持って、制御システム室へ向かいました。

フレクトの個性と赤外線レーザーの合わせ技によって、レーザーを避けながら走っていたロディは、空中で腹に被弾し致命傷を負ってしまうのです。

残り1分。ヒーローチームはそれぞれ、発見した個性因子誘発爆弾を、人々に危害が加わらない場所へ引き離します。

ロディは致命傷を負った腹を庇いながら、制御システム室に辿り着き、解除キーを差し込もうとしますが、あと一歩のところで力尽きてしまいました。

フレクトvs緑谷による戦いは最終局面へ。緑谷の個性とフレクトの個性がぶつかり合い、肉弾戦による死闘を繰り広げていきます。

フレクトの個性がついに限界を迎え始めたその時、緑谷は満身創痍の体に100%のフルカウルを纏い、全身全霊を込めてオールマイトの技「ユナイテッド・ステイツ・オブ・ワールドスマッシュ」をフレクトに叩き込みました。

タイムリミットを過ぎても、世界各地に設置された個性因子誘発爆弾は、どれも爆発しませんでした。それはピノが、ロディの代わりに解除キーを差し込んでくれたからです。

その後、ヒューマライズの幹部たちとフレクトは無事逮捕され、緑谷たちも一命を取りとめ、病院で治療を受けてから退院しました。

そして迎えた日本への帰国当日。爆豪たちと共に飛行機に乗ろうとする緑谷に、見送りに来たロディが声をかけます。

ロディは最後まで、口ではつれないことを言っていましたが、彼の本心を示すピノは、緑谷と別れを惜しんで泣いていました。

緑谷たちを見送ったロディは、店主に頼み、彼のバーで働くことに。ロロとララはそれぞれ友達ができ、ロディはパイロットの勉強をしながら、3人仲良く暮らしていきました。

ロディたちの枕元には、ララがロディに聞いて描いたであろう、緑谷たち3人の絵が飾られていました。

スポンサーリンク

映画『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』の感想と評価


(C)2021「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

緑谷・爆豪・轟の奮闘

オセオンで待機中だった緑谷が、爆豪と轟と一緒に街に現れた宝石泥棒を追跡していた時、運び屋を生業とするオセオンの少年ロディと出会います。

警察に命を狙われたロディを守る緑谷は、ケース奪取を目的とするヒューマライズの工作により、全国指名手配されてしまうのです。

それでも、困っているロディを放っておけない緑谷が、次々と襲い掛かってくるヒューマライズの傭兵敵を、個性「ワン・フォー・オール」で何度も退けていく姿。

緑谷と合流した爆豪と轟が、ヒューマライズ本拠地で強力な敵相手に繰り広げる戦闘。どんなに傷を負い、苦戦を強いられてもなお、自身の個性で敵を打倒しようとする姿。

3人の勇姿とその個性を使った戦いは、大迫力でハラハラドキドキする、スリリングなアクションとして描かれており、彼らヒーローの格好良さを物語っています

フレクトの真の目的


(C)2021「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

世界選抜ヒーローチームを翻弄し、苦しめるヒューマライズの指導者、フレクト・ターン。

個性「リフレクト」によって、誰とも触れ合えず愛し合うこともできず、孤独に苛まれてしまったフレクトは、常時発動型の自身の個性を呪いました。

その反動で、無個性であることに憧れ続けたフレクトは、個性因子誘発爆弾によって個性保持者を絶滅させ、無個性だけの世界を作ろうとしたのです。

個性のせいで孤独を味わい、個性を呪った男の告白は、悪者ながら観ているこちらの胸がグッと締めつけられるほど、辛く悲しいものでした。

まとめ


(C)2021「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

個性を呪い、無個性になることに憧れた敵に、世界各地のプロヒーローとヒーローの卵が立ち向かう、ヒーローアクションアニメ作品でした。

本作の見どころは、緑谷とロディの間に築かれた友情の絆と、緑谷・爆豪・轟vsヒューマライズの傭兵敵とフレクトによる激闘です。

物語の前半は、緑谷の個性を使ったアクション場面がメインでしたが、物語の後半では、爆豪と轟の個性が火を噴きました。

不器用なロディの回想には涙し、緑谷とコントのようなやり取りには笑いを、彼らの友情と信頼関係には感動します。

緑谷・爆豪・轟の個性はもちろん格好良いですが、本作に登場した敵たちもまた、彼らに苦戦を強いらせるほど強く、格好良いものばかりです。

敵も味方も格好良い個性を持ち、それが激しくぶつかり合う戦いと、人々を救うために奔走するヒーローたちの勇姿が観られるヒーローアクションアニメ映画が観たい人に、特にオススメな作品となっています。

関連記事

アニメーション

「ルパン三世(2019映画)」評価感想レビューとラスト結末ネタバレ。3DCG新作で誰も知らないルパンを活写

ルパン一世が辿り着けなかった夢へ…。 2019年に公開された映画『ルパン三世 THE FIRST』。宮崎駿監督の1979年の『ルパン三世 カリオストロの城』から40年。史上初の3DCGによる劇場版が公 …

アニメーション

映画『この世界の片隅に』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【考察から読む3つの偉業を解説】

2016年は日本映画が大豊作の年でした。庵野秀明総監督の『シン・ゴジラ』の人気に始まり、新海誠監督の『君の名は。』の興行成績を塗り替え爆進中と話題作が続きました。 実は、その後をじわじわと追いかけてい …

アニメーション

『平家物語 犬王の巻』映画原作ネタバレあらすじと結末感想。劇場アニメとして能楽師犬王と琵琶法師友魚の“運命と友情”を描く

小説『平家物語 犬王の巻』が劇場アニメーションとして2022年5月28日(土)全国ロードショー! 軍記物の名作『平家物語』の現代語訳を手掛けた古川日出男による『平家物語 犬王の巻』。 南北朝から室町期 …

アニメーション

シドニアの騎士 あいつむぐほし|ネタバレあらすじとラスト結末の感想。内容は人類の存続を賭けた壮絶な闘いを描くアニメーションの完結編!

大人気漫画のアニメ化シリーズ堂々の完結編! 2015年に第39回講談社漫画賞を受賞し、全15巻で完結したSF漫画『シドニアの騎士』。 どこか優しさを感じさせるキャラクターデザインの裏で、唐突なヒロイン …

アニメーション

『インクレディブルファミリー』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

ピクサーの大ヒット作待望の続編はなんと前作の1秒後からスタート!?。 燃える超能力バトルに、ヒーローの存在意義を問う悪役、そして父親としての役割に悩む主人公。 ヒーロー映画の王道と誰もが共感する家族の …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学