Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメ映画

Entry 2021/04/30
Update

アニメ『Yasuke』ネタバレあらすじと感想評価。ラスト結末まで実在の黒人武士の活躍を描く

  • Writer :
  • 糸魚川悟

日本の武士の魂を描いたアニメシリーズ『Yasuke -ヤスケ-』好評配信中

ポスト「鬼滅の刃」として注目を集め、漫画の既刊が入手困難となるほどの人気漫画『呪術廻戦』。

そんな『呪術廻戦』や『進撃の巨人 The Final Season』、そして『この世界の片隅に』(2016)などの話題アニメを手掛ける制作会社「MAPPA」がアメリカ人アニメ監督とタッグを組んだアニメが遂にNetflixで配信。

今回は実在の黒人武士を題材としたアニメ『Yasuke -ヤスケ-』(2021)をネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

アニメ『Yasuke -ヤスケ-』の作品情報


Netflix Yasuke -ヤスケ-

【公開】
2021年(Netflix独占配信)

【監督】
ラショーン・トーマス

【キャスト】
ラキース・スタンフィールド、平岳大、マヤ・タニダ、イアン・チェン、グウェンドリン・ヨー、ミンナ・ウェン、ノシル・ダラル、ポール・ナカウチ

【作品概要】
アニメシリーズ『キャノン・バスターズ』などの作品で知られる中目黒に拠点を置く監督ラショーン・トーマスが、日本のアニメ制作会社「MAPPA」とタッグを組み制作したアニメシリーズ。

主人公弥助の声を演じたのは『ショート・ターム』(2014)や『グローリー/明日への行進』(2015)の演技で高い評価を受け、『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』(2020)にも出演したラキース・スタンフィールド。

アニメ『Yasuke -ヤスケ-』のあらすじとネタバレ


Netflix Yasuke -ヤスケ-

1582年、本能寺。

明智光秀の謀叛によって織田信長は追い詰められていました。

織田信長配下の黒人家臣「弥助」は逃げることを勧めますが、信長は自身が死ねば小姓の蘭丸の命は助かると考え、介錯を弥助に頼み切腹します。

20年後、船頭として過ごす弥助は見慣れない風貌ながらも村で人望を集めていました。

侍に憧れる少年の一郎は、酒場の歌手である一華の娘「咲希」が北の村に住む医師でなければ治せない重い病を患っていることを知り、弥助に船を出すことを求めますが、弥助は北の村は戦乱の真っ只中であることを理由に断ります。

夜、弥助は夜の闇に紛れて北の村に行こうとする一華の家を訪ね、手助けすることを申し出ます。

川を下る弥助たちは咲希の身柄を求める4人の刺客と相対。

「誉」を何よりも重んじる弥助は刺客の要望に屈せず4人と戦いますが、人数の差もあり苦戦を強いられます。

一華も戦いに参じますが、刺客に撃たれ負傷。

その様子を見た咲希の身体から光が生じ、全員は吹き飛ばされ弥助は川に落ちてしまいました。

川辺で弥助は咲希と共に目を覚まします。

医師の正体も分からず、一華も見失ったことから弥助は咲希の反対を押し切り村へと戻りました。

弥助を見失った刺客と彼らの雇い主である司祭は村の居酒屋に居る弥助の前に現れます。

弥助を捕縛した司祭は、村人たちの前で弥助が一華を殺したと嘘の演説を行い、村人たちに咲希を探させます。

咲希の捕縛に向かうロボットと獣人の刺客は、村の商店街で咲希を見つけますが、彼女は目覚めた自身の超能力を使い逃走に成功。

一方、司祭は弥助に激しい拷問を行い、咲希の場所を聞き出そうとします。

拷問を受ける中、弥助は自身の過去を思い出していました。

1579年、南蛮貿易の場で弥助を見つけた信長は洗っても落ちない黒い肌と誉高い性格を気に入り商人から弥助を買い取ります。

弥助は信長の屋敷で女性でありながら武芸者としての立身出世を目指す夏丸と出会います。

1581年、信長は弥助と夏丸に伊賀の忍「服部半蔵」の調略を命じます。

しかし、黒人と女性と言う日本の武士として異端の人間を重宝する信長に光秀は反感を抱き始めていました。

伊賀の国との交渉は決裂し信長の軍勢は伊賀の国に対し武力行使を行います。

夏丸と関係を深める弥助でしたが、夏丸が伊賀の国の人間と同じ家紋の首飾りを身につけていることから彼女が伊賀の国の人間であることに気づきます。

服部半蔵の軍勢との交戦中、夏丸に裏切りについて尋ねると彼女は服部半蔵直属の別式女であることを認め斬り合いとなります。

裏切りという行為を許せない弥助は夏丸を戦場で刺殺してしまいました。

弥助が司祭から拷問を受ける中、森の中で咲希は自身を探す一郎と再会。

一郎は弥助が一華を殺害したと勘違いしており、咲希は彼の勘違いを正しますが、その中で自身の力の暴走が原因で一華が死んでしまったことを思い出してしまいます。

動揺した咲希の力は再度暴走し、一郎を吹き飛ばし失神させてしまいます。

力を覚醒させた咲希は単身で司祭のアジトに乗り込みますが、ミュータントである司祭に返り討ちに遭います。

苦しむ咲希を見かねた弥助が自身で拘束を解き助けに入ったことで、司祭は十字架に串刺しになり死亡。

雇い主を失った4人の刺客は弥助と咲希に興味を失い2人は司祭のアジトを後にします。

翌日、咲希は北の村にいる「守助」医師のもとへ連れて行くように弥助に求めます。

先日の戦いで日本を支配する闇の大名に勘づかれたことを悟る弥助は咲希を安全なところに隠そうと考えていましたが、守助の名前を聞き考えを改めます。

守助はかつて信長の家臣で「医師」と渾名される、超能力を使った戦術を使う導師であり武士でした。

一華の望みが咲希の治療ではなく彼女の能力を守助に指導してもらうことだと気づいた弥助は夏丸の刀を携え、見張りの多い川ではなく山道で守助のいる村を目指すことにしました。

一方、闇の大名は強大な力の発現を感じ取り、その力を求め配下たちに咲希を探させ始めます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『Yasuke -ヤスケ-』のネタバレ・結末の記載がございます。『Yasuke -ヤスケ-』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

通り沿いの村で咲希を探す武士と出会った2人は、武士が村人を殺害しようとしている様子を目撃し割って入ります。

弥助は兵士を斬殺しますが、後からその場に現れた闇の大名直属の配下は闇の力を使い弥助を追い詰めます。

敵の油断を見逃さなかった弥助は一矢報い、武士はその場から逃走。

弥助は敵の最後の攻撃から弥助を守った咲希に感謝を告げると、彼女と共に守助の住む村へとたどり着きます。

守助は超能力を持つ人間を集めて育てており、闇の大名に対し反旗を翻す時を待ち望んでいました。

弥助は守助に咲希を預けると、自分の使命は達成できたと考え村を離れようとします。

しかし、村に闇の大名に力を与えられた闇の将軍率いる大軍勢が迫っており、弥助は咲希を守るべく村へと戻ります。

守助は闇の大名が咲希の力を奪い自分の寿命を伸ばそうと考えていると話します。

咲希は闇の大名の干渉を受け力を暴走させてしまい、守助が彼女の暴走を止めている間に弥助が干渉の源となる闇の将軍を倒す必要が生まれます。

村の軍勢を集めた弥助は闇の将軍の前へと参じ一騎討ちを求めます。

闇の将軍の正体は明智光秀であり、光秀は闇の大名から力を借り、自身の目指す日本を取り戻そうとしていました。

弥助は闇の力を持つ光秀に押されますが、実は一騎討ちは村の軍勢が闇の軍勢を取り囲む時間を稼ぐ弥助の戦略であり、村の軍勢が奇襲を仕掛けます。

霊的空間「幽界」の精神世界で守助は闇の大名の攻撃から咲希を守ろうとしますが、圧倒的な闇の大名の力に守助は苦戦。

守助の問いかけによって目覚めた咲希は闇の大名の攻撃を退け、光秀から闇の力を奪うことに成功します。

しかし、闇の軍勢は援軍によって勢いを増し村の軍勢は人数と戦力差で追い詰められます。

その場にかつて弥助を襲った4人の刺客が味方として現れたことで村の軍勢による攻勢が開始。

人間の力だけでの一騎討ちとなった弥助は光秀を討ち取ります。

戦が終わり守助のもとに戻ると、刺客たちは幽界から咲希に高額で雇われたと話します。

束の間の安息の最中、突如矢の雨が降り注ぎ、刺客の1人イシカワが殺害されてしまいます。

先程以上の軍勢が村に迫っており、雇われた者同士で親交を深めていた刺客ロボットのハルトが闇の軍勢に自爆特攻を行います。

闇の軍勢に追われる中、刺客の獣人ニキータは弥助たちを庇い殿(しんがり)を引き受けますが、陰陽師によって殺害されてしまいました。

街の外れの砦に逃げ込んだ一行。

守助は闇の大名が居る安土城へと繋がる秘密の通路に弥助と咲希を行かせ、残る全員で砦の守護を行います。

安土城へと辿り着いた2人でしたが、弥助は闇の大名である北条政子に幻覚を見せられ、咲希を闇の大名に誤認させられてしまいます。

弥助相手に戦意を失う咲希を殺そうとする弥助でしたが、自身の記憶の中にいる夏丸によって正気を取り戻します。

策略が破られた北条政子は強大な力を発現させ2人を襲撃。

2人の力は及ばず、力を奪うため咲希を殺害しようとする北条政子の攻撃から弥助は身を呈して咲希を守りますが、彼を貫いてもなお北条政子の攻撃は衰えず咲希は捕われてしまいます。

しかし、弥助から流れ出た力を吸収した咲希は、開花させた力を用いて北条政子を打ち倒しました。

倒れた弥助に咲希は寄り添うと、一華のお守りが光り出し弥助の傷口が塞がります。

北条政子が倒されたことによって闇の軍勢は消滅し、ギリギリのところで持ち堪えていた守助と刺客の最後の1人であるシャーマンは生き延びます。

守助のところに戻る弥助と咲希。

咲希は闇の大名を倒したことを守助に讃えられると2人で倒したと強調します。

シャーマンは守助から大量の金銀を貰うと、弥助に身入りの良い仕事だったことに感謝を述べ去っていきました。

弥助と咲希が村に戻ると2人の戦いの噂を聞いた村人に温かく迎え入れられます。

咲希が吹き飛ばしてしまった一郎も大事なく、友達として咲希を再び迎え入れました。

夏丸の墓の前で彼女の弟と再会した弥助は、夏丸の刀を彼に差し出すと誰にも語らなかった彼女の最後の勇姿を話し、静かにその場を去って行きました。

スポンサーリンク

アニメ『Yasuke -ヤスケ-』の感想と評価


Netflix Yasuke -ヤスケ-

SFファンタジーと戦国時代が融合したド迫力の戦い

日本の戦国時代を舞台としたアニメシリーズ『Yasuke -ヤスケ-』。

戦国時代と聞いて真っ先に思い浮かぶ戦国大名「織田信長」や「明智光秀」も登場する本作は単なる伝記的作品ではなく、超能力やロボットの登場するSFファンタジーアニメとなっています。

甲冑や刀、そして武士道と言う日本の文化の数々は日本人の中ではどこか古風なイメージを連想させます。

しかし、甲冑型ロボットの登場する『ウルヴァリン: SAMURAI』(2013)ではSFが日本文化と融合し、「忠臣蔵」の物語をアレンジしたキアヌ・リーヴス主演作『47RONIN』(2013)ではドラゴンが登場するファンタジーな日本が舞台となっていました。

本作は「MAPPA」制作の高クオリティなアニメーションと、戦国SFファンタジー版『ロード・オブ・ザ・リング』とも言えるド迫力の物語が楽しめる作品でした。

実在の黒人武士「弥助」とは

戦国SFファンタジーである『Yasuke -ヤスケ-』の物語はフィクションではありますが、弥助という武士は織田信長の配下として実在していました。

圧倒的な血統主義の世界であった戦国時代の日本において、黒人かつ元奴隷の異色の武士を重用した織田信長。

彼の最期となった「本能寺の変」において、弥助はその場に居合わせ明智光秀の軍勢と戦い捕縛されますが、明智光秀は弥助を「動物であり日本人ではない」として命を奪いませんでした。

明智光秀のこの差別的な言動は弥助の命を救うための方便であったとも言われ、現在でも議論の対象となっています。

実は弥助は、2020年に結腸癌によりこの世を去ったチャドウィック・ボーズマン主演で映像化の企画が経ち上がった過去もある、海外でも注目の戦国武将。

本作は、奴隷として連れてこられた弥助の肌の色に驚愕した織田信長が弥助を買い取ったというエピソードなど実在の弥助の様々なエピソードが取り入れられた作品でした。

まとめ


Netflix Yasuke -ヤスケ-

生まれや性別で人生のほぼ全てが決まってしまうような過酷な戦国時代の日本。

「奴隷はどこまで行っても奴隷」と言う言葉の枷に苦しめられながらも平穏な時代を求め戦った黒人武士の弥助。

実在の弥助も「本能寺の変」を最後に彼の人生を指し示す明確な資料は見つかっておらず、その生涯は謎に包まれています。

武士道の心である「誉」を重んじ自由のために戦った本能寺の変の後の弥助の物語がド迫力のアニメで描かれるアニメ『Yasuke -ヤスケ-』はアニメ好きにも歴史好きにもおすすめのNetflixアニメです。





関連記事

アニメ映画

アニメ『ウルトラマンULTRAMAN』ネタバレあらすじと感想レビュー。Netflixにて新ヒーローとなって伝説を受け継いだ青年!

ウルトラマンの力は時を超えて受け継がれていく。 時代を超え、世代を超え、国境を越え愛される「ウルトラマン」から全く新しい『ULTRAMAN』が登場。 初代ウルトラマン以降、地球にウルトラマンが現れなか …

アニメ映画

映画『アナと雪の女王2』ネタバレあらすじと感想。評判のミュージカルは前作よりもさらに進化

エルサの魔法のルーツから始まる大冒険と、進化したファンタジーミュージカル 2019年11月22日より日米同時公開された映画『アナと雪の女王2』。 世界中で社会現象を巻き起こし、日本でも2014年3月に …

アニメ映画

映画『トムとジェリー』ネタバレあらすじと感想評価。ラスト結末も【実写で生誕80年なかよくケンカしなの“ネコとネズミ騒動”】

世界一有名な“ネコとネズミ”のアニメコンビが実写でも大ゲンカ 映画『トムとジェリー』が、2021年3月19日(金)より新宿ピカデリーほかで全国順次公開中です。 誕生から80年を迎えた、ネコのトムとネズ …

アニメ映画

【ネタバレ感想】『劇場版 Fate/Grand Order神聖円卓領域キャメロット前編Wandering; Agateram』結末までのあらすじ紹介

『劇場版 Fate/Grand Order 神聖円卓領域キャメロット前編 Wandering; Agateram』ネタバレ感想と考察。 大人気のスマートフォン向けゲームアプリ「Fate/Grand O …

アニメ映画

アニメ映画『アダムスファミリー』ネタバレあらすじと感想考察。ホラー家族が個性を認めながらも“変化の必要性”へも言及

1930年に、漫画家のチャールズ・アダムスによって生み出された、ホラーな一家アダムス・ファミリー。 その個性的なキャラクターは、1960~1970年代にかけて、アメリカで実写ドラマやアニメシリーズが製 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学