Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメ映画

Entry 2018/08/15
Update

『となりのトトロ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【宮崎駿映画】

  • Writer :
  • かきぴー

日本のアニメ映画の巨匠宮崎駿監督が手がけた名作『となりのトトロ』

年に1度は地上波で放送されるほど人気の作品です。

どこか懐かしくも、家族の尊さを教えてくれる本作を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

映画『となりのトトロ』の作品情報


映画『となりのトトロ』

【公開】
1988年(日本映画)

【監督】
宮崎駿

【キャスト(声の出演)】
日高のり子、坂本千夏、糸井重里、島本須美、北林谷栄、高木均、丸山裕子、鷲尾真知子、鈴木れい子、広瀬正志、雨笠利幸、千葉繁、龍田直樹、TARAKO、西村智博、石田光子、神代智恵、中村大樹、水谷優子、平松晶子、大谷育江

【作品概要】
母の療養のため、田舎へ引っ越してきます。引越し先の家には、黒い小さなおばけが沢山いました。

宮崎駿監督は『風の谷のナウシカ』や『天空の城ラピュタ』の監督のほか、『猫の恩返し』など企画など様々な作品に関わっています。

『となりのトトロ』は、1988年度キネマ旬報ベストテン 日本映画ベストテン第1位など、1988年の様々な賞を受賞しています。

映画『となりのトトロ』のあらすじとネタバレ

小学生のサツキと妹のメイは、母の療養のために父と一緒にとある田舎へと引っ越してきます。

引越し先の空き家には小さな黒いオバケが、大量に住んでいました。

最初はビックリした2人でしたが、おばあちゃんから子供にしか見ることができず害もなく、人が住むといつのまにか居なくなるという話を聞いてサツキは驚き、メイは残念そうにしていました。

ある日、1人で遊んでいたメイは庭で不思議な生き物を見つけます。

その生き物を追いかけて森に入ると似たよう大きな生き物が寝転んでいます。

メイが名を尋ねると、”トトロ”と答えたようにメイには聞こえました。

いつの間にか、林の奥で眠っていた所を発見されたメイは、サツキと父にもトトロを見せようとしますが、トトロが寝ていた場所が見つからず、やがて2人が笑いだし、自分が言った事を信じていないのだと思い、メイは怒りました。

しかし、そんなメイに父は「トトロはきっとこの森の主で、いつでも会えるわけではないよ」と言って、三人で森へ向かい「これからもよろしくお願いします」と改めて引っ越しの挨拶をします。

梅雨のある夜、サツキとメイが森にあるバス停で雨の中父の帰りを待っていると、頭に葉っぱを乗せたトトロがやって来ます。

ずぶ濡れのトトロへサツキがお父さんの黒い傘を貸してやると、トトロはお礼に木の実が入った葉を渡してネコバスに乗り行ってしまいます。

2人は木の実を蒔きましたが、なかなか芽が出ませんでした。

数日たったある夜、2人は夜に目を覚まし、庭を歩き回るトトロ達の姿を見つけて庭へおります。

木の実はトトロの不思議な力で大きな木へと育ち、2人はトトロと共にコマで空を飛びんで、オカリナを吹いて遊びました。

目が覚めると巨木はなくなっていましたが、かわりに小さな芽が生えていた。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『となりのトトロ』ネタバレ・結末の記載がございます。『となりのトトロ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

それから数ヶ月経ち夏休みのある日、2人は隣のおばあちゃんと畑のトウモロコシを収穫していました。

そこにクラスメイトのカンタが、病院からの電報を持ってやって来ます。

サツキはこの事をお父さんに伝え、母が体調を崩してしまい一時退院が延びる事を知らせます。

ですが、仕方ないと言い聞かせても駄々をこねているメイに、とうとうサツキは怒って喧嘩してしまします。

不安なのはサツキも変わりありません。家に戻った後、おばあちゃんの前で泣いてしまいました。

その話を聞いていたメイが母の所に行き、姿を消しているの事が判明しました。

村中で探し回るが一向に見つからず、途方にくれたサツキは一縷の望みをかけ、トトロに助けを求めに行きます。

寝起きののトトロは泣いているサツキを見て事情を察して、木のてっぺんに登りネコバスを呼びました。

サツキを乗せたネコバスは高速で走り、道に迷って泣いていたメイを見つけます。

メイが母に、トウモロコシを届けようとしたことを知ります。

ネコバスは2人を病院に連れて行きます。

そこには元気そうに父と話す母の姿があり、それを見た2人は安心します。

母が2人の気配に気づいて窓の方を見ると、そこには『おかあさんへ』と彫られたメイが持ってきたトウモロコシがおいてありました。

2人は再びネコバスに乗って家まで送って、そこでカンタとおばあちゃんと合流して、家まで帰りました。

スポンサーリンク

映画『となりのトトロ』感想と評価

母の療養のため越してきた地で様々なことに遭遇する今作ですが、となりのトトロも宮崎駿監督のメッセージを感じる作品です。

『風の谷のナウシカ』(1984)や『天空の城ラピュタ』(1986)といったような尖ったメッセージではありませんが、自然との共生について描いています。

ナウシカでは「自然を敬うこと」、ラピュタでは「科学の進歩」がテーマです。

トトロは宮崎作品でいうところの王蟲(オーム)や、シシ神のような森の神ですが、トトロは一緒に遊んだり、困った時に助けてくれる隣人としての側面が強いです。

となりのトトロの面白さは、ここにあります。

トトロの前のナウシカやラピュタには、どこかダークな雰囲気がありました。

ですがトトロは、明るい雰囲気で隣人としての自然を描いておりノスタルジー映画として成り立っています

そして、その自然に対しての観念は決して映画内で語られることはなく、ストーリーと森などのビジュアルで描かれています。

いわば、となりのトトロは「森(トトロ)と仲良くする」経験を提供しているのです。

まとめ

今回は、大人気作品『となりのトトロ』について紹介させていただきました。

子供にもとても人気の作品で、子供の頃はトトロが好きだったという方も多いのではないでしょうか?

トトロは様々な都市伝説が流布されていますが、個人的にはそのようなダークなイメージではなく、もっと純粋に自然と仲良くする経験について見ればいいと思います。

宮崎駿監督はトトロの後、もののけ姫を作るまで紅の豚や魔女の宅急便など、明るいテイストの作品を作っていました。明るい雰囲気の宮崎駿監督の作品が好きな方は、そちらをおすすめします。

関連記事

アニメ映画

映画『プロメア』ネタバレ感想と内容解説。今石洋之監督がSF作品のセオリーよりもテンションで押しきった快作

「燃えていいのは魂だけだ!」×「燃やさなくては生きていけない」 ヒット作を世に送り続ける今石洋之と中島かずきのタッグが挑む初の完全オリジナル劇場版アニメーション。 松山ケンイチ、早乙女太一、堺雅人ら実 …

アニメ映画

映画『ひつじのショーンUFOフィーバー』ネタバレあらすじと感想。名作SFにリスペクトしたエンタメ作品は誰にでも楽しめる

2007年に、英国BBCで1話7分のショートアニメとしてスタートし、2016年の「国際エミー賞キッズアワード」にてアニメーション部門を受賞している、クレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズ。 日本でも …

アニメ映画

映画『レゴバットマン』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

あのヒーローもあの悪者もみんなレゴになって大集合! 『LEGO ムービー』のスタッフが手掛けた『レゴバットマン ザ・ムービー』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『レゴバットマン …

アニメ映画

映画『アーサー・クリスマスの大冒険』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

スポンサーリンク CONTENTS映画『アーサー・クリスマスの大冒険』作品情報映画『アーサー・クリスマスの大冒険』あらすじとネタバレ『アーサー・クリスマスの大冒険』の感想と評価まとめ 映画『アーサー・ …

アニメ映画

映画『Walking Meat』ネタバレ感想。和製ゾンビアニメのテーマは世代間ギャップ!

人間がゾンビを食料にするという、独特の世界観で、システムの故障により脱走したゾンビと、人間の戦いを描く21分の短編映画『Walking Meat』。 第51回「シッチェス・カタロニア国際映画祭」など、 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP