Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

【ネタバレ】長ぐつをはいたネコと9つの命|あらすじ感想と結末の評価解説。シュレックからジョエル・クロフォード監督が生み出したキャラクターの冒険アニメーション

  • Writer :
  • 秋國まゆ

「シュレック」シリーズから誕生した人気キャラクターが主人公の長編劇場アニメ!

ジョエル・クロフォードが監督を務めた、2022年製作のアメリカのアドベンチャーアニメ映画『長ぐつをはいたネコの9つの命』。

帽子に羽飾り、マントと長ぐつがトレードマークのお尋ね者のネコ、プスは剣を片手に数々の冒険と恋をしました。

ところが、気づけば9つあった命は残り1つとなっていました。急に怖くなったプスは、家ネコになることにしました。

そんなプスの平和な生活は、プスを狙う敵の襲来によってすぐに壊されてしまい………。

ユニバーサル・スタジオ×ドリームワークス・アニメーションによる長編劇場アニメの第2弾『長ぐつをはいたネコと9つの命』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

映画『長ぐつをはいたネコの9つの命』の作品情報


(C)2022 DREAMWORKS ANIMATION LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2023年(アメリカ映画)

【原作】
ジョヴァンニ・フランチェスコ・ストラパローラの『長靴をはいた猫』

【監督】
ジョエル・クロフォード

【キャスト】
アントニオ・バンデラス、サルマ・ハエック、フローレンス・ピュー、ハーヴィー・ギレン、オリヴィア・コールマン、サムソン・ケイオ、ワグネル・モウラ、ジョン・ムレイニー、レイ・ウィンストン、アンソニー・メンデス、ダバイン・ジョイ・ラドルフ、ほか

【作品概要】
『トロールズ みんなのハッピーホリデー!』(2017)や『クルードさんちのあたらしい冒険』(2020)のジョエル・クロフォードが監督を務め、2023年第95回アカデミー賞長編アニメーション賞と第80回ゴールデングローブ賞最優秀長編アニメーション映画賞にノミネートされた、アメリカのアドベンチャーアニメ作品。

ドリームワークス・アニメーションのヒット作「シュレック」シリーズから誕生した人気キャラクター、「長ぐつをはいたネコ」ことプスを主人公に描く長編劇場アニメ『長ぐつをはいたネコ』(2012)の続編です。

主人公のプスの声を『デス・ペラード』(1995)のアントニオ・バンデラス、プスの元カノのキティの声を『フリーダ』(2002)のサルマ・ハエックがそれぞれ演じています。

映画『長ぐつをはいたネコの9つの命』のあらすじとネタバレ


(C)2022 DREAMWORKS ANIMATION LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

むかしむかし、「願い星」が落ちてきて、大きな森を黒く焼き、「暗黒の森」が生まれました。

願い星は森に新たな命を吹き込みました。その星には今も、「1つだけ願いを叶える力」が封印されています。

デル・マーという町では、賞金首のレジェンド剣士「長ぐつをはいたネコ」ことプスがパーティーを開き、町の百姓たちと一緒に騒いでいました。

しかしその際にあげた花火の音で、眠っていた森の巨人を目覚めさせてしまいます。激闘の末、プスは華麗に森の巨人を倒すも、森の巨人を仕留めた鐘に押し潰されて死んでしまいました。

病院で目を覚ましたプスは、町の動物病院の医者から9つの命のうち8つを失ったことを知らされ、剣士を引退するよう忠告されます。

実はプスは、パンプローナの牛追いで1つ目の命を失い、ギャンブルで負かした犬たちに殺されて2つ目の命を失い、塔からの着地に失敗して3つ目の命を失いました。

さらにベンチプレスに押し潰されて4つ目の命を失い、港までの道を横着をして船の大砲で飛ばしてもらったせいで5つ目の命を失い、料理に入っていたエビでアナフィラキシーショックを起こし6つ目の命を失い、温度を高く上げ過ぎたオーブンからパンを取り出そうとして7つ目の命を失いました。

医者はプスに、ママ・ルーナというネコ好きのおばあさんのところに身を寄せるのはどうかと提案します。


(C)2022 DREAMWORKS ANIMATION LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

その日の夜。町のバーでミルクを飲んでいたプスのもとに、彼をずっと追っていた最恐の賞金稼ぎ、赤い目をした大柄な狼のウルフが襲来。

2本の鎌を得物とするウルフとの戦いで、プスは初めて死を恐れました。数多くの冒険と恋をしてきた過去が走馬灯のようによみがえったプスは、剣を拾わずにその場から逃げるように去っていきました。

そして剣士を引退し、家ネコになることを決意し、ママ・ルーナのネコシェルターを訪ねました。

慣れない家ネコとしての生活に順応しようと奮闘するプスでしたが、何の代わり映えのしない平和な生活に退屈します。

そんなある日、プスはママ・ルーナに「ボンボンちゃん」と呼ばれている、人懐っこくて天真爛漫な野良のチワワ、ワンコと出会いました。

ワンコはママ・ルーナに飼われているのではありません。ネコ用の餌にありつくべく、ネコシェルターの玄関の軒下に棲みつき、ネコに扮して多くの飼い猫に紛れ込む暮らしをしているのです。

そしてワンコは、セラピードッグになることを夢見ていました。するとそこへ、突如お尋ね者の孤児ゴルディ・ロックスとその仲間の3びきのくまが、プスを探しにやってきます。

彼女たちは、パイ工場を営んでいるオーナーのビッグ・ジャック・ホーナーから願い星の位置を示す地図を盗む計画を立てており、そのためにプスを雇おうと考えていました。

なぜなら、パイ工場のオーナーというのはホーナーの表向きの顔で、その本性は良心がない、魔法グッズをコレクションしている裏社会の大物だからです。

ですが、プスが家ネコになる前、自身のトレードマークである羽飾りつきの帽子とマントと長ぐつを埋めた墓を庭で見つけ、彼が死んだと思い込み立ち去ります。

ゴルディたちの話を盗み聞きして、願い星が実在することを知ったプスは、9つの命を取り戻すための旅に出ることに。ワンコもその旅に同行します。

その日の夜。プスはワンコを伴ってホーナーの工場に侵入。箱に入っていた地図を盗みました。

しかし箱の中に忍び込んでいたプスの元婚約者キティ・フワフワーテや、ゴルディたち、ホーナーによって邪魔されてしまいます。

地図を巡る争いの末、キティとワンコと共に地図を持ってパイ工場から逃げたプスでしたが、逃げている最中にウルフの姿を見つけて怯えてしまいます。

プスとキティが手にした地図には、「はるか彼方の暗黒の森、そのどこかに星は眠る」、「願い星は輝いている、この地図を手放すな」と記されていました。

プスたちは願い星を手に入れるため、誰も行くことも出ることもない暗黒の森へ向かいました。ホーナーと彼の手下「パン屋の13人(ベーカーズ・ダズン)」、ゴルディたちもその後を追いかけます。

以下、『長ぐつをはいたネコの9つの命』ネタバレ・結末の記載がございます。『長ぐつをはいたネコの9つの命』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2022 DREAMWORKS ANIMATION LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

暗黒の森の中に入ったプスたちは、願い星を位置を示す地図は、「魔法の地図に従え、この地図は汝の心そのもの」と記されているとおり、地図を手にした者によって別々の試練が与えられ、異なった世界が作り出されるという魔法の地図であることを知りました。

プスの場合、「業火の谷」、「葬儀屋の尾根」、「失われし魂の洞窟」という世界が作り出されます。キティの場合は、「底知れぬ悲しみの沼」、「苦悩の山」、「永遠の孤独の淵」という世界が作り出されました。

そしてワンコが魔法の地図を手にすると、プスたちとは全く異なる「バラ咲き乱れる窪地」、「くつろぎの川」、「解決の野原」という世界が作り出され、それを越えた先には願い星があると記されていたのです。

プスたちはワンコに魔法の地図を持ってもらい、願い星を手に入れることで即決。魔法の地図でゴルディたちが森に入ったことを知り、先を急ぎます。

しかし、早くも「バラ咲き乱れる窪地」で苦戦を強いられてしまうプスたち。ですがワンコが花の匂いを嗅ぐと、先へ進む道が示されたのです。

キティに尋ねられ、ワンコは2人に自分の今までの暮らしがどんなものだったか語り始めます。

ワンコが子犬だった頃は、彼の兄弟と暮らしていました。当時のワンコの飼い主はかくれんぼが好きで、ワンコはよく鬼役にされていました。

何度も段ボールやごみ箱に入れられたものの、ワンコは必ず家族を見つけていました。そんなある日、彼らはワンコを石をつめた靴下に入れました。

そしてその靴下を川に流しました。ワンコは靴下を食いちぎって岸まで泳ぎました。

プスたちはワンコが家族に虐待されていたのだとすぐに気づきましたが、ワンコ自身虐待をされていたという自覚はなく、ただ最後に家族を見つけることができなかったから今も鬼役でいるのだと思っていました。

一方ホーナーたちは、暗黒の森に到着。先を走るゴルディたちを魔法グッズの1つ「岩つきのエクスカリバー」で薙ぎ払い、「バラ咲き乱れる窪地」に辿り着きます。

そしてホーナーは、魔法グッズの1つ「魔法のイナゴ」を使ってバラを枯らそうとしました。しかし取り出したそれは「魔法のイナゴ」ではなく、魔力のないコオロギでした。

そのコオロギ、エシカル・バグはホーナーの肩に座り、彼の行動や性格にもの申す良心となろうとします。

しかし、願い星を手に入れるためならばどんな非道な手段も厭わない彼の極悪非道な所業に、早くも頭を抱えました。

「バラ咲き乱れる窪地」を抜け、「くつろぎの川」を渡るプスたち。そこへ魔法グッズの1つ「不死鳥」を使って「バラ咲き乱れる窪地」を突破したホーナー一行が襲来。

さらにゴルディたちも彼らに追いつき、再び魔法の地図を巡る三つ巴の戦いの火蓋が切られました。

戦いの最中、魔法の地図を手放し、ウルフの姿を見て死の恐怖に囚われたプスは、キティたちを置いてその場から逃げ出してしまいます。その隙にゴルディたちが魔法の地図を手に入れました。

ワンコはプスの羽飾りつきの帽子を咥えて、彼を追いかけました。そしてパニック状態に陥り過呼吸となったプスのそばに寄り添い、彼を落ち着かせました。

ワンコのおかげで落ち着いたプスは、残り1つの命となったことで初めて感じた恐怖と、願い星を使って9つの命を取り戻そうとしていること、そしてキティを裏切った過去を明かしました。

サンタ・コロマという町の教会で、プスとキティは結婚式をする予定でした。しかし結婚式当日、プスは先ほどのように、キティのもとから逃げ出してしまったのです。

プスはそのことをずっと後悔していました。その話を影で聞いていたキティは、自分も結婚式に出席していないことをプスに明かします。

その理由は、プスが愛しているのはキティではなく、レジェンドである彼自身であることに気づいたからです。

一方、魔法の地図を奪ったゴルディたちは、願い星まであと一歩のところまできていました。

するとゴルディが持つ魔法の地図に、「願いを叶えるには目をこらせ。探し物は目の前にある」と記されたと同時に、3びきのくまの故郷の家であるコテージが出現。

そのコテージは、『おとぎ話全集』という本を抱えた小さな迷子ゴルディと、3びきのくまが初めて出会い、家族となった場所でした。


(C)2022 DREAMWORKS ANIMATION LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

同時刻。ホーナーは肩に乗るエシカル・バグに尋ねられ、自分の子供時代のことを語り始めます。

パイ職人だった優しい両親と安定した生活、大邸宅、ガンガン儲かるパイ工場と一見恵まれた生活を送っているように見えますが、ホーナー自身は「恵まれなかった、無用なものばかり…」と感じていました。

そんなホーナーが星に願うのは、世界で唯一自分を幸せにしてくれるもの。すなわちこの世の魔法を独り占めすることでした。

プスとキティは、ゴルディたちが寛ぐコテージに侵入し、魔法の地図を盗み返します。すると「失われし魂の洞窟」という世界に変化し、プスは水晶で作られたその洞窟に閉じ込められてしまったのです。

そこでプスは、恐れ知らずで傲慢だった自分の8つの魂と、自らが死神であると明かすウルフと遭遇します。

ウルフは、死を笑い飛ばし、尊ぶべき9つの命を大事にしてこなかったプスの最後の命を早々に終わらせてしまおうと考えていたのです。


(C)2022 DREAMWORKS ANIMATION LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

目の前で口喧嘩をするゴルディと彼女の義弟ベイビー・ベアーを見て、彼女たちに人質にされたにもかかわらず、ワンコは「いいなあ、お互いに言いたいこと言って喧嘩できて。僕もこんな家族が欲しいよ」といいました。

その言葉にゴルディたちが呆気に取られている隙をついて、キティはワンコを救出しました。

キティたちは自力で洞窟を抜け出したプスに声を掛けるも、死の恐怖によりパニック状態の彼に無視されてしまいます。

ウルフから少しでも離れようと、魔法の地図を手にひたすら走るプス。図らずも、彼は1人で願い星のもとに辿り着きます。

プスたちの匂いを辿って追跡していたゴルディたち。ベイビー・ベアに尋ねられ、ゴルディは「本物の家族が欲しい」と、自分の願いを打ち明けました。

3びきのくまはショックを受けましたが、それでゴルディが幸せになるのならと、引き続き彼女に協力することにしました。

ホーナーとゴルディたちが続々と願い星のもとへ向かう中、プスは魔法の地図に記された言葉を読み上げます。

するとキティがワンコと一緒に現れ、プスに「心から信じられる相手が欲しい」というのが自分の叶えたい願いであると明かしました。

プスとキティが話し合っているところへ、ホーナーとゴルディたちが襲来。再び願い星を巡るバトルが繰り広げられます。

バトルの末、ゴルディは再び魔法の地図を手に入れましたが、窮地に陥ったベイビー・ベアを救うために自ら手放しました。

その隙をついてホーナーが魔法の地図を手に入れるも、キティとの戦いに敗れ、魔法のバッグの中に閉じ込められてしまいました。

ワンコは宙を舞った魔法の地図をキャッチし、プスに渡しました。その時、ワンコは「僕は1つしか命がないけど、君とキティと過ごせて最高に楽しいよ」といいました。


(C)2022 DREAMWORKS ANIMATION LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

そこへウルフが現れ、プスの剣を彼に投げ渡し、彼に決闘を申し込みます。キティたちと過ごした時間で命の価値を学んだプスは、最後の命のために逃げずに戦うと決意し、ウルフからの決闘を受け入れました。

2本の鎌を合体させ、両刃のグレイブ(槍の穂先を剣状にしたような形状のポールウェポン)で攻撃してくるウルフに対し、プスは自身の剣と、剣がない時にキティがくれたナイフ「ネコ・ナイフ」の二刀流で迎え撃ちます。

そしてプスは、「いつかお前に負ける日が来るだろうが、俺はこの最後の命を諦めない」と宣言しました。

ウルフはもっと早く仕留めていればよかったと悪態をつき、「俺の獲物は、自分を不死だと勘違いしている傲慢野郎だ」と言いました。

さらにウルフは「生きるがいい、お前らしく」と言い、プスを殺さず2本の鎌をしまってその場から立ち去ります。去り際に、最期の時にまた会おうとプスと約束して…。

プスはキティに魔法の地図を渡して願いを叶えるよういいますが、キティは「魔法なしで信頼できる相手に出会えたからもういらない」と突き返しました。

魔法のバッグの中で魔法グッズの1つ「魔法のクッキー」を食べて巨大化したホーナーが、和解したプスたちに襲い掛かり、魔法の地図を強奪。

「キラキラ光るお星さま、夜空に浮かぶ一番星」、「敵うかな、叶うといいな」と魔法の地図に記された言葉を読み上げ、自らの願いを叶えようとします。

そこでワンコが、プスたちに教わったウルウルの瞳で願いを叶えないでほしいと懇願し、時間を稼ぎました。

プスたちはゴルディたちの協力のもと、ホーナーから魔法の地図を取り返します。そしてプス・キティ・ゴルディの3人で、魔法の地図を破りました。

ホーナーは破られた魔法の地図を手にするも、一部分欠けていることに気がつきます。そこへエシカル・バグが不死鳥に乗って現れ、辞表代わりとしてその一部分を燃やしました。

これにより、魔法の地図は消滅。ホーナーは願い星の崩壊に巻き込まれ消滅するのでした。

夜空に流れる流れ星を眺めながら、手を繋いでワンコに寄り添うプスとキティ。プスは「君と過ごす一生こそ、俺の願いだ」と言い、彼女とのロマンスを再熱させます。

ゴルディは、願いをかなえてあげられなくてごめんと謝るベイビー・ベアと養母熊のママ・ベアーに「私の願いはもう叶ったよ」と言い、本物の家族である彼らと抱き合いました。

そしてゴルディたちは、経営者不在のパイ工場を引き継ぐために、エシカル・バグと共に去っていきました。

プスたちはワンコの名前を決めようと色んな案を出すも、ワンコに「友達が呼んでくれる今の名前が気に入っている」と言われました。

後日。プスたちはデル・マーの総督の船を盗み、プスの古い友人を訪ねに「遠い遠い国」へと旅立つのでした。

映画『長ぐつをはいたネコの9つの命』の感想と評価


(C)2022 DREAMWORKS ANIMATION LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

命の価値とその尊さを学んだプス

9つの命を持つ伝説の剣士「長ぐつをはいたネコ」ことプス。彼はウルフと対峙して初めて、死の恐怖を感じました。

それまでのプスは、ウルフが作中で言っているように、自分を不死だと勘違いしている傲慢な男でした。

ですがその反面、プスがコップに注がれたミルクを舌をチロチロ出しながら飲んだり、ドジを踏んで8つの命を失ったりするギャップがあって萌えます。

最後の命となって出会ったワンコと、再会した元婚約者キティとの冒険を経て、プスは今まで軽んじていた命の価値と、それがどんなに尊いものであるかを学びました

キティたちのおかげで、プスは傲慢ではなくなり、また一つ良い方向に成長したのです。そんなプスを見て、キティは彼への愛を再熱させます。

ワンコのおかげで復縁できたプスとキティのロマンスと、プス・キティ・ワンコの間に築かれていく友情は感動ものです。

種族を越えた家族愛に涙


(C)2022 DREAMWORKS ANIMATION LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ホーナーと同じく、自らの願いを叶えるために願い星とその位置を示す魔法の地図を狙うゴルディと3びきのくま。

ゴルディが星に願うのは、本物の家族でした。孤児である彼女と家族のように過ごしてきた3びきのくまは、いつの日か種族の違いから別れが来ると覚悟はしていたものの、とてもショックを受けます。

それでもゴルディの幸せを願い、3びきのくまが彼女のためにプスたちとバトルを繰り広げていく場面は、本当にゴルディを自分たちの家族として大事に想っているのだなとしみじみ感じますし、作中で一番心温まる場面です。

そして物語の終盤、ゴルディはワンコの言葉で、自分の願いはすでに叶えられていたことに気づきます。

ゴルディと3びきのくまの種族を越えた家族愛に、老若男女問わず感涙させられることでしょう。

まとめ


(C)2022 DREAMWORKS ANIMATION LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

最後の命となり死の恐怖を感じた伝説の剣士プスが、隠居生活で出会ったワンコと、元婚約者のキティと共に、願い星探しの冒険に旅立つアメリカのアドベンチャーアニメ作品でした。

本作の見どころは、プスたちとゴルディたち、ホーナーが己の願いを叶えるために願い星と魔法の地図を巡ってバトルを繰り広げていくアクション場面と、友情・愛・家族愛とハートフルな場面です。

友情と愛が育まれていくプスたちに対し、ホーナーは己の願いを叶えるためなら、これまで自分に付き従ってきた手下たちがどんな目に遭おうと決して助けることはない、極悪非道な悪役っぷりを見せてくれます。

良心の欠片もないホーナーが迎えた結末は、まさに自業自得なものでした。彼に一矢報いたエシカル・バグは、今度こそゴルディたちの良心となって活躍することでしょう。

本作の字幕版ではアントニオ・バンデラスらキャスト陣全員、日本語吹き替え版ではウルフ役の津田健次郎がはまり役で、プスたち登場人物により愛着がわいて物語を楽しめます。

キレキレでモフモフな伝説ネコの新たな冒険と、死神として現れたウルフとのバトルを描いた、笑いあり涙ありのアドベンチャーアニメ映画が観たい人にとてもオススメな作品です。

関連記事

アニメーション

映画『ベルヴィル・ランデブー』あらすじ感想と解説評価。リバイバル公開に大友克洋らが絶賛する伝説のアニメの内容とは

『ベルヴィル・ランデブー』は2021年7月9日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国順次公開予定。 フランス映画として初のアカデミー賞長編アニメーション映画部門にノミネートされた『ベル …

アニメーション

【ネタバレ】ガメラリバース|あらすじ感想評価と結末解説。続編はある?ギロン・ジャイガーら怪獣《昭和ガメラの宿敵たち》との激闘再び!

新たな形で蘇る、令和版「ガメラ」が“現出”! 1965年の『大怪獣ガメラ』(1965年)以降、昭和版・平成版・新生版と作品を重ねてきたガメラシリーズ。 2015年に50周年を迎えたガメラシリーズは、特 …

アニメーション

『心が叫びたがってるんだ。』ネタバレ結末感想とあらすじ考察。青春アニメとして甘さと苦さで心の葛藤を描く

『あの花』に続く秩父三部作の第2弾 監督・長井龍雪、脚本・岡田麿里、キャラクターデザイン・田中将賀の3人が再結集して制作された“秩父三部作”の第2弾『心が叫びたがってるんだ。』。 大ヒットを記録した『 …

アニメーション

『鹿の王』小説ネタバレあらすじと感想評価。結末までタイトルの意味が真価となる“壮大なる冒険”とは⁈

『精霊の守り人』で知られる上橋菜穂子による2015年の本屋大賞を受賞した ファンタジー小説『鹿の王』をアニメ化! 2022年2月4日(金)公開されるアニメ映画『鹿の王 ユナと約束の旅』。原作は、201 …

アニメーション

ネタバレ『犬王』あらすじ感想評価と結末解説。実在の能楽師の謎と平家物語の意味をめぐる“名”の物語

謎に包まれた猿楽能の太夫「犬王」の秘密とは? 「犬王」とは室町幕府三代目将軍・足利義満の庇護を受けたとされる近江猿楽比叡座の太夫、のちの道阿弥のことです。当時、かの観阿弥・世阿弥父子と人気を二分してい …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学