Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

コードネーム:バンシー|ネタバレあらすじ結末と感想評価。アントニオ・バンデラス主演映画で贈る熾烈な殺し合いが続く本格的アクションムービー

  • Writer :
  • 秋國まゆ

アントニオ・バンデラス主演で贈るハイアドレナリン・アクション!

ジョン・キーズが製作・監督を務めた、2022年製作のアメリカのハイアドレナリン・アクション映画『コードネーム:バンシー』。

バンシー=死神のコードネームで名を馳せた元CIA最強の暗殺者デライラ。

彼女はスパイ反逆罪の容疑をかけられ亡くなった父の真実を突き止めるため、同じ容疑でCIAから巨額の懸賞金をかけられている暗殺の師匠である元CIA最悪の暗殺者ケイレブを捜します。

一方、彼に因縁を持つ現CIA最凶の暗殺者アンソニーも、CIAに雇われた傭兵たちを率いて追跡していて………。

アントニオ・バンデラス主演の映画『コードネーム:バンシー』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

映画『コードネーム:バンシー』の作品情報


(C)2022 Banshee the Movie, LLC

【公開】
2023年(アメリカ映画)

【脚本】
マシュー・ロジャーズ

【監督】
ジョン・キーズ

【キャスト】
アントニオ・バンデラス、ジェイミー・キング、トミー・フラナガン、キム・デロンギ、キャサリン・デイヴィス

【作品概要】
レッド・ブレイク』(2022)のジョン・キーズが製作・監督を務めた、アメリカのハイアドレナリン・アクション作品。

ヒューマントラストシネマ渋谷&シネ・リーブル梅田にて開催された「未体験ゾーンの映画たち2023」で、2023年1月13日(金)より上映された作品です。

『デスペラード』(1995)や「スパイキッズ」シリーズのアントニオ・バンデラスが本作の主演を務め、「大脱出」シリーズや『シン・シティ 復讐の女神』(2015)のジェイミー・キングや、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017)のトミー・フラナガンら豪華キャスト陣と共演しています。

映画『コードネーム:バンシー』のあらすじとネタバレ


(C)2022 Banshee the Movie, LLC

バンシー=死神のコードネームで名を馳せた、2丁拳銃の元CIA最強の暗殺者デライラは、ロシアにスパイを引き渡したというスパイ反逆罪の容疑をかけられ亡くなった父ジェレミーの真実を突き止めるため、ある人物を捜していました。

ジェレミーと同じ容疑で、CIAから1000万ドルと巨額の懸賞金をかけられている元CIA最悪の暗殺者ケイレブ・ナバロです。

ケイレブはバンシーを訓練した暗殺の師匠であり、CIAの極秘任務を率いた男でした。

一方、ケイレブに因縁を持つ現CIA最凶の暗殺者アンソニーは、CIAに雇われた傭兵たちを率いて追跡していました。

それから5年後。デライラは数年前からコンビを組んでいる一流のハッカー、クロノスの協力のもと、100万ドルの懸賞金がかけられた賞金首のファウラー議員を暗殺しようとします。

しかし、デライラが到着する頃には、ファウラー議員はアンソニー率いる傭兵たちに捕まっていました。

ですがアンソニーはデライラの手柄を横取りするつもりはなく、彼女との取引材料にするためにファウラー議員を襲ったのです。

アンソニーはデライラに、「この男を暗殺する手柄も懸賞金もお前にやる。代わりにケイレブを見つけ出し、奴の身柄を我々に引き渡せ」と取引を持ちかけます。

デライラにとって、父の友人であり仕事仲間でもあるケイレブは、身内同然の存在でした。

それを知っているアンソニーは、デライラならばどんなに捜しても見つからなかったケイレブを見つけ出せるのではないかと考えたからです。

そのためだけに仕事を横取りしたアンソニーをこれ以上好きにはさせまいと思い、デライラは彼からの申し出を拒否します。

アンソニーの態度が豹変し、デライラを殺すよう傭兵たちに命じました。

銃撃戦の末、数人の傭兵たちがデライラによって殺され、デライラは無傷でその場から車で逃走しました。

女1人相手になんてざまだと激怒するアンソニー。クロノスに狙いを定め、すぐさま彼の素性と居場所を調べろと傭兵たちに命じます。

その頃デライラは、クロノスにケイレブを捜してほしいとお願いしていました。

クロノスにケイレブを見つけ出す手掛かりとなるものはないかと尋ねられ、デライラは昔一緒にアメリカ・ニュージャージ州ウェルバーグにある酒場で酒を飲んだ時のことを思い出します。

調べた結果、5年前にウェルバーグで家を購入し、「オールド・ウェル酒場」という酒場を開業した人物がいることが判明。

オールド・ウェル酒場の店主の名前はケイレブと違う名前でしたが、3年前に店舗を購入していました。

それを聞いたデライラは、ケイレブが2年間の潜伏生活を経て、新しい生活を送り始めたのだと推測。すぐさまウェルバーグへ向かいました。

デライラは、途中休憩を挟みながら車を走らせ、ウェルバーグに到着。ここからは私的なことだからと言い、クロノスとの通信を切断しました。

そしてついに、デライラはオールド・ウェル酒場の店主となったケイレブと、5年ぶりの再会を果たします。


(C)2022 Banshee the Movie, LLC

一方アンソニー一行は、クロノスの素性を何もかも調べた上で、彼が暮らす植物とパソコンしか置いていないボロ屋敷を訪れました。

そしてアンソニーは、「お前たちが手に入れそびれた100万ドルをやる。代わりに俺の目と耳となり、デライラとケイレブの居場所を捜し出せ」と、クロノスに取引を持ちかけます。

自分の本名がマイケル・トムソンで、コンピュータサイエンスの学位を取得後に政府機関に勤め、ロシアのサイバー攻撃を防いでいたことも。

その後にもっと稼げる仕事に鞍替えしたことも。両親はすでに他界し、彼には脅しに使えそうな愛する人もいないことも。

そしてギャンブル好きで、数年前からコンビを組んでいるデライラから、暗殺成功時に貰う報酬が少ないことも、全て調べられていたことを知ったクロノス。

ちょうどこの時ギャンブルで負けていたため、彼は大金欲しさに、アンソニーに「俺をハッカーとして雇ってくれるなら、バンシーたちを引き渡す」と言いました。

アンソニーたちの取引は成立し、アンソニー一行は二手に分かれてケイレブの家と店を襲撃することにしました。

以下、『コードネーム:バンシー』ネタバレ・結末の記載がございます。『コードネーム:バンシー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2022 Banshee the Movie, LLC

それを知らないデライラは、なぜ父とケイレブにスパイ反逆罪の容疑がかけられ銃撃されたのか、アンソニーは現場にいたのかと、彼に尋ねました。

ケイレブは「君が欲しい答えはアンソニーが持っている」と言い、アンソニーも現場にいたとだけ答えました。

実はアンソニーは、CIAからロシアへのスパイ引き渡しを阻止するよう命じられ、ケイレブたちを銃撃していたのです。

ケイレブは自身の命を狙うアンソニーについて話をするべく、デライラを家に招きました。

その際、デライラはケイレブには数ヶ月前にがんで亡くした画家の妻と、ヘイリーという娘がいること、ヘイリーには「建設業の仕事をしていた」と言って暗殺業のことは隠していることを知ります。

デライラは、アンソニーを倒すために一緒に戦って欲しいと、ケイレブに申し出ました。

しかしあの手この手を使って説得を試みても、ケイレブの首が縦に振られることはありませんでした。

一緒に戦えない代わりとして、ケイレブはジェレミー関連の資料をデライラに渡します。

その資料には、ケイレブたちがスパイ反逆の容疑をかけられた原因であるマリアという女性スパイから、「顧客や取引情報、世界に知られていない秘密兵器の設計図が入ったUSBも渡すし、その秘密兵器の在り処も教えるから、私を守ってほしい」と、2人に嘆願したことが記されていました。

マリアがそうお願いした理由は、富豪であり権力者でもある父に見つからない場所に逃げたかったからです。

翌朝。ケイレブはコーヒーを飲みながら、夜通し資料を読み込んでいたであろうかつての弟子に声をかけます。

すると彼女から、死んだとされるジェレミーの遺体の場所はどこにあるのか、生きているとしたら彼はどこにいるのかと矢継ぎ早に質問されたのです。

実は銃撃を受けて死んだジェレミーの遺体は、いまだに回収されていません。デライラはCIAから聴取を受けた際、「ジェレミーの遺体はロシアかケイレブに回収されたかもしれない」と聞いていました。

父の生存を信じたいデライラに、ケイレブは自分もそう思いたいけれど、あの時殺された可能性の方が高いと言いました。

ケイレブが仕事をしに出掛けた後、デライラは資料を読み込みました。ジェレミーとケイレブ率いるチームは、マリアを連れて大通りを避けて町を出て、道なき道を7キロほど進んだ場所にある昔の梱包工場へ向かいました。

そこで待つ男女のCIA職員にマリアの身柄を引き渡し、彼女とデータを保護させるというのが、ケイレブたちが考えた計画でした。

そこまで資料を読んだ後、デライラがリビングに飾られた家族写真を眺めていると、2階から降りてきたヘイリーが声を掛けてきます。

ケイレブは妻子に「都市の建設業は悪人が絡んでいる。だから田舎町に逃げてきた」と嘘を言い、この町に引っ越してきました。

そしてギャングに命を狙われているからといって、ケイレブはヘイリーを訓練しました。

その言葉を信じているヘイリーですが、父が命を狙われている理由をずっと知りたがっていました。

デライラが父に助けを求めに来たことでついに我慢できず、ヘイリーも彼女が読んでいた資料を見てしまいました。

デライラはヘイリーに何を見たのか尋ねました。ヘイリーは「資料の内容は読んでない。遺体の写真と怪しいコードを見つけただけ」と答えました。

そう話す2人と、店にいるケイレブにアンソニーの魔の手が迫ります。ケイレブはデライラに隠語を使って敵の襲来を知らせました。

ケイレブは単身、傭兵3人と戦ってこれを撃退。デライラはヘイリーを2階に非難させ、2つの入り口から室内に乗り込んできた10人以上の傭兵を相手に銃撃戦を繰り広げていきます。

ヘイリーは2階に上がってきた傭兵2人を迎え撃ち、1人を撃退。しかし背後に迫ったもう1人に襲われ、絶体絶命のピンチに陥ってしまいます。

そこへ車で家に戻ってきたケイレブが登場。左胸に銃撃を受けるも、娘を殺そうとしたその傭兵を返り討ちにしました。

襲撃者を撃退後、ケイレブはヘイリーに「今まで隠していて悪かった」、「お前は訓練を積んだ、これからはデライラに従え」と言いました。

ケイレブは駆けつけたデライラに娘を託し、「なあヘイリー、お前は俺の宝物だ」と言って娘の膝の上で静かに息を引き取りました。

ケイレブの死後、デライラはヘイリーに、資料を見て知った彼の過去を明かしました。


(C)2022 Banshee the Movie, LLC

ケイレブたちは計画通り、CIA職員たちにマリアの身柄を引き渡そうとします。しかし、物陰に身を潜めていたアンソニー率いる部隊がケイレブたちを銃撃してきたのです。

男性職員はすぐさまマリアを車の後部座席に乗せ、その場から逃走。残ったケイレブたちがアンソニーたちを迎え撃ちました。

銃撃戦の末、ケイレブの仲間3人と女性職員、ジェレミーが射殺されました。ケイレブはジェレミーを撃った男を射殺し、車で逃走しました。

ケイレブが殺した男は、アンソニーの弟でした。そう話すデライラを、ヘイリーは地下室に案内しました。

そこには、ケイレブの形見となった大量の銃火器が保管されていました。賞金を得るためにケイレブと自分の遺体が必要なため、アンソニーは絶対に家を放火しないと推測したデライラは、ヘイリーと共に家の中からアンソニー一行を迎え撃つことにしました。

送り込んだ部隊が全滅したことを知ったアンソニーは、見張りがケイレブたちの姿を確認できていないことから、彼らは家に立て籠もり自分を待っているのだと推測。

ケイレブの家の周りは林と袋小路にあり、外へ出る道は一本道しかありません。一本道で見張りもいるとなれば、持久戦なら楽勝だとアンソニーは思いました。

その日の夜。ケイレブたちとの決着をつけにきたアンソニーは、熱探知カメラを搭載したドローンを飛ばして家の中を探すも、正面の入り口も裏の入り口も塞がれているというのに室内には1人しかいないことを不審に思いました。

アンソニーは相手が仕掛けてくる前にもう1人を突き止めるよう、女の傭兵に命じました。

ケイレブは守るべき宝物であった家族のことを仲間にさえ打ち明けていなかったため、アンソニーは彼に娘がいることを知らないのです。

アンソニー一行はクロノスを人質にとり、デライラを家の中から引き摺りだそうとします。

ですがデライラがそれに応じなかったため、アンソニーはクロノスを射殺しました。ついに、デライラたちとアンソニー一行の戦いの火蓋が切られました。

デライラは裏口を突破して侵入した敵を、ヘイリーは外にいる敵を、機関銃や狙撃銃などを使ってそれぞれ撃退していきます。

激しい銃撃戦の末、アンソニーが送り込んだ傭兵部隊はほぼ全滅。残る敵はアンソニーと傭兵2人だけとなりました。

アンソニーはデライラと対峙し、階段の上から顔をのぞかせたヘイリーのもとへ2人を差し向けます。

デライラはアンソニーに、「あの子を逃がしたらケイレブの居場所を教える。あんたも父の居場所を言いな」と言いました。

アンソニーは最初覚えていないと言いましたが、それが嘘だとデライラに見抜かれたため、「男たちに殴られて血まみれになって倒れてた」と答えました。

デライラは父の遺体はなかったと反論しつつ、「ケイレブは土の中よ」とアンソニーに教えました。2人はタイマン勝負で決着をつけることにしました。

先に決着がついたのは、なんとヘイリーたちの方でした。ヘイリーとの格闘戦の末に首を絞められそうになった傭兵の男は、物陰に隠れたまま動こうとしない傭兵の女に何度も彼女を撃つよう叫びました。

しかし恐怖に震える傭兵の女の照準はズレて、撃った弾は傭兵の男にヒット。ヘイリーは特攻してきた彼女の頭を瓶で何度も殴って倒しました。

デライラとの死闘の末、アンソニーは彼女の上に跨り、ケイレブはどこにいるのかと尋問しました。

そこへ2階から降りてきたヘイリーが登場。デライラを尋問するアンソニーを銃撃します。

それによって床に倒れ込んだアンソニーを、デライラが止めを刺しました。敵に撃たれ傷を負ったデライラたちは、リビングのソファーに座り込みました。

「今後も銃でバンバンやられるの?」というヘイリーの問いに対し、デライラは「たぶんね。次の標的次第では」と答えました。

そうして自然と顔を見合わせた2人は、ひとまずホテルに行って肉を食べることにしました。

映画『コードネーム:バンシー』の感想と評価


(C)2022 Banshee the Movie, LLC

暗殺者に訓練された2人の女性

理由は違えど元CIA最悪の暗殺者ケイレブに訓練されたデライラとヘイリーは、初めてタッグを組んだとは思えないほどのコンビネーションでアンソニー一行を圧倒していきます。

物語の前半にあるバンシーことデライラが、2丁拳銃を巧みに使って、次から次へと襲い掛かってくる傭兵たちを倒していくアクション場面は爽快でとても格好良いです。

ですが、それ以上に迫力とスリルが楽しめるのは、物語のクライマックスでデライラたちが魅せたアクション場面です。

デライラには元CIA最強の暗殺者たる実力がありますが、ヘイリーにとって銃を持って戦うのは初めてのはず。

なのに、家の中から外に停められた車の後部座席、アンソニーの隣に座っていた傭兵の男を狙撃したのは、さすが暗殺者の娘だと感心します。

まさかの人物の退場が衝撃的すぎる


(C)2022 Banshee the Movie, LLC

元CIA最強の暗殺者と、現CIA最凶の暗殺者が5年間捜し続けた人物、元CIA最悪の暗殺者ケイレブ。

酒場で圧倒的な強さを見せつけてくれた彼が、まさかアンソニーと戦わずして退場するとは思いもしませんでした。

5年前に起きた出来事で友を失い、逃亡生活中には最愛の妻を失ったケイレブは、最後の最後で父親として、宝物であり唯一の家族である娘を守って死んでしまいました。

ですがケイレブの最期の顔は、愛娘の膝の上というこの世で最も安心する場所で息絶えることができることができたからか、とても穏やかなものに見えました。

物語の終盤、デライラによって明かされた彼女の父の真実も、ケイレブの死とはまた違った意味で驚かされます。

まとめ


(C)2022 Banshee the Movie, LLC

CIAの裏で暗躍する凄腕の殺し屋たちが、生き残りを懸けた壮絶な戦いを繰り広げていく、アメリカのハイアドレナリン・アクション作品でした。

作中、ケイレブへの憎悪と執着を口にするアンソニー。アンソニーとケイレブの因縁の原因は、アンソニーの弟がジェレミーを、ケイレブがアンソニーの弟を殺したからにありました。

アンソニーは、弟を殺したケイレブを自らの手で殺すという目的のためなら、どんな非道な手段も厭いません。

自分たちを捨て駒のように扱うアンソニーの言動に、銃撃戦を生き伸びた傭兵2人は困惑していたのがその証拠です。

そんなアンソニーを倒したのがケイレブではなく、彼に訓練されたデライラとヘイリーだというのが予想外の展開でした。

また、壮絶な戦いを繰り広げていく3人の暗殺者を演じた、アントニオ・バンデラスとジェイミー・キング、トミー・フラナガンが魅せる銃撃戦や格闘戦はともに見応え十分です。

ハリウッド屈指の俳優陣がCIAの最強・最凶・最悪の暗殺者に扮し、過去の陰謀を清算するための熾烈な殺し合いを繰り広げていく本格的なアクション映画が観たい人に、とてもオススメな作品となっています。

関連記事

アクション映画

【ネタバレ考察】ドクターストレンジ2|あらすじ感想と結末解説レビュー。ワンダの最後を経てエンドクレジットで描かれる“希望”

サム・ライミによって描かれる 異色すぎ・新感覚すぎなマーベル・ヒーロー映画! 『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(2022)によって「マルチバース(多元宇宙)」の世界が開かれ、登場不可能とされて …

アクション映画

映画『クリミナル・アフェア魔警』動画無料視聴方法!ネタバレ感想

動画配信のU-NEXTでひっそり特集が組まれているダンテ・ラム監督。 これまで紹介してきた記事で一番ハードかつ哀愁が漂う作品は『コンシェンス 裏切りの炎』だと思っていたのですが、ここにきて新たな変化球 …

アクション映画

【ネタバレ感想】SHOCK WAVE ショック ウェイブ 爆弾処理班のあらすじラスト結末も

中国・香港合作映画『SHOCK WAVE ショック ウェイブ 爆弾処理班』は8月18日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次ロードショー。 香港警察爆弾処理班VS凶悪テロリスト! アンディ・ラウが制作・ …

アクション映画

映画『太陽は動かない』ネタバレ感想とラスト結末の解説。藤原竜也×竹内涼真が小説のイメージ通りに産業スパイを熱演

明日の事は考えなくていい。 一日一日を生きるだけ。今を生きろ! 吉田修一のスパイアクション小説『太陽は動かない』『森は知っている』の「鷹野一彦シリーズ」を原作に、羽住英一郎監督が映画化。 秘密組織「A …

アクション映画

映画TAXi5ダイヤモンドミッション|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も 

ヒットメーカーのリュック・ベッソンが放つ大ヒット・カーアクション・エンターテイメントが11年振りに復活。 一見、平凡なタクシーが一変、超絶レーシングマシンに変身すると、今度はイタリア人強盗団を追い、マ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学