Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『レッド・ブレイク』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ワイルド・スピードシリーズのタイリース・ギブソン主演による“元海兵隊員”のアクション活劇!【未体験ゾーンの映画たち2022見破録12】

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2022見破録」第12回

映画ファン待望の毎年恒例の祭典、今回で11回目となる「未体験ゾーンの映画たち2022」が今年も開催されました。

傑作・珍作に怪作、ド派手なアクションなどさまざまな映画を上映する「未体験ゾーンの映画たち2022」、今年も全27作品を見破して紹介、古今東西から集結した映画を応援させていただきます。

第12回で紹介するのは人質と共に立てこもる武装集団に、単身挑む男を描いたアクション映画『レッド・ブレイク』。

早くから音楽活動を始め、16歳で出演したコカ・コーラのCMでブレイク、シンガーとして大成功を収めたタイリース・ギブソン。2000年にTVドラマ出演し俳優活動を開始します。

ワイルド・スピードX2』(2003)をきっかけに、今や人気アクション俳優の1人になりました。その彼が製作も務めた主演最新作を紹介します。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2022見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『レッド・ブレイク』の作品情報


(C)2021 Black Friday the Film, LLC

【日本公開】
2022年(アメリカ映画)

【原題】
Rogue Hostage

【監督・製作】
ジョン・キーズ

【キャスト】
タイリース・ギブソン、ジョン・マルコヴィッチ、クリストファー・バッカス、マイケル・ジェイ・ホワイト、ルナ・ローレン・ベレス

【作品概要】
武装集団が乗り込み戦場と化した近所のスーパー!人質の中にいたタイリース・ギブソンが単身敵に挑む!どんな役で出演なのか、ジョン・マルコヴィッチ!一体何が起きるのか、と映画ファン注目のアクション映画。

『ストレンジャー 異界からの訪問者』(2018)や未体験ゾーンの映画たち2020で上映された『プリテンダーズ ふたりの映画ができるまで』(2018)など、数多くの映画の製作を務めたジョン・キーズ。

監督・脚本家としても活躍する彼が手掛けた本作。その主演を『ワイルド・スピード』シリーズのタイリース・ギブソンが務めました。

名優として名高く、また『AVAエヴァ』(2020)などアクション映画に出演することも多いジョン・マルコヴィッチに、『エレベーター』(2012)や『セレブリティ 欲望とセックスの罠』(2016)、Apple TV+オリジナルドラマ『真相 – Truth Be Told』(2019~)のクリストファー・バッカス。

『ブラック・ダイナマイト』(2009)の主演を務め、数多くのアクション映画に出演のマイケル・ジェイ・ホワイト、ドラマ『デクスター 警察官は殺人鬼』(2006~)のルナ・ローレン・ベレスらが共演した作品です。

映画『レッド・ブレイク』のあらすじとネタバレ


(C)2021 Black Friday the Film, LLC

闇の中海兵隊員として戦友と共に敵陣に接近するカイル・スノーデン(タイリース・ギブソン)。しかし待ち伏せしていた敵は、彼らに激しい銃撃を浴びせました…。

戦場の悪夢から目覚めたカイルに、娘のエンジェルはテレビが紹介した、アフリカの貧しい子供たちを助けて欲しいと訴えます。

今は海兵隊員を辞め、児童保護局職員として働く父なら、他の国の不幸な子供も助けるはず。そう告げた娘の言葉に、出来る事はすると思うと答えるカイル。

テレビは自身が経営するスーパーチェーンの新規店舗開店を宣言する、エンジェルの祖父サム・サフティ(ジョン・マルコヴィッチ)の姿を映し出します。

それを見てテレビを切るカイル。彼は母の再婚相手の継父サムを嫌ってました。そしてカイルは朝食の前に、娘と共に神に祈りを捧げます。

祈りの中で神に、父が子供を救うのを手助けして下さいと願うエンジェル。そんな優しい娘をカイルは温かい目で見守ります。

その頃、郊外の農場ではイーガン・レイズ(クリストファー・バッカス)が、テレビに映るサムを見つめていました。親父を苦しめた18年間の恨みを償わせる、とつぶやくイーガン。

多くの銃や手製の爆弾を所持するイーガンは拳銃を手に取り、壁に貼ったサムの選挙ポスターめがけて発砲し撃ち抜きます。

児童保護局の調査員として勤務するカイルの女性の同僚、クローブは同性のパートナー・サンシャイン(ルナ・ローレン・ベレス)と電話で会話していました。

電話を終えた同僚に、両親が行方不明になって男の家に預けられている、スパニッシュ系の男の子の調査を手伝って欲しいと告げるカイル。

一方サムのボディーガードを務めるスパークス(マイケル・ジェイ・ホワイト)は、敵の多いサムが人前に出る事を危惧していました。

しかし選挙が近い下院議員のサムに、忠告に従う意志はありません。警備は君の仕事だ、それに自分を狙うほどアメリカ人はクレイジーではない、と応じるサム。

彼はスパークスにカイルの家に向かうよう告げます。サムは義理の息子のカイルに不満を抱いているようです。

祖父を慕うエンジェルは、現れたサムを喜んで出迎えます。戦場の記憶に苦しむカイルの前に現れたサムは、明日の朝は孫娘を連れて行って良いか訊ねました。

彼は新規スーパーの開店セレモニーに孫娘を連れて行き、有権者にアピールするつもりでした。承知したものの気乗りしない様子のカイル。

母の再婚相手を嫌うのは判るし、私は気にしていないと告げるサム。しかしカイルはスパークスに、自分の家に銃を持ち込むなと迫ります。

戦場で仲間を失ったカイルは銃を嫌っていました。敵対的な姿勢のカイルに、妻がお前から去ったことを知っている、だが今は娘のために生きろ、お前の母は私に感謝していたと諭すサム。

サムは継父としてカイルとその娘を気にかけていましたが、息子の戦場で受けた心の傷の深さは理解していないようでした。

翌朝、イーガンは2人の仲間と共に車で出発します。そしてカイルはクローブと共に、問題の子供の家に向かいます。

熱心なケースワーカーとして働くクローブですが、カイルは自分の仕事に限界を感じているようでした。

そんな悩める同僚にクローブは、自分のペンダントに下がる聖クリストファーのメダルを見せます。

旅人を守る聖人、聖クリストファーは幼きイエスを背負い川を渡りました。カイルにペンダントを渡し、全ての子供には救う価値があると励ますクローブ。

イーガンの車がスーパーの駐車場に到着した頃、カイルたちも問題の家を訪問していました。現れた男は、両親のいない男の子を預かっていました。

男はマニーという名の少年が、恩知らずにもナイフを持ち抵抗している、これでは銃を使うしかないと訴えます。子供のいる家に銃があると知り驚くカイル。

男はマニーを地下室に住まわせ、虐待しているようでした。クローブに声をかけると、母は死に父が僕をアメリカに入国させたとマニーは説明します。

父は戻るまでこの男の家に居るように言った。しかし男は意地悪で、父は帰って来ないと訴えるマニー。

2人が少年を保護しようとすると男は激しく反発します。男を取り押さえつけたカイルに、クローブは落ち着くよう言い聞かせます。

手を離すと男は少年に掴みかかります。父からもらったナイフで男の手に切りつけたマニーを、2人は緊急に保護して強引に連れ出しました。

同じ頃イーガンの一味は、スーパーの外部にある設備に細工していました。それに気付いた従業員を射殺します。

2人と共に車に乗ったマニーは心を開き始めます。空腹の少年のために、近くのサムが経営するスーパーに行こうとクローブが提案すると、カイルは拒否しました。

カイルは戦場から戻った、心に傷を持つ自分を継父は臆病者扱いしていると説明します。

戦場の体験は彼を蝕んでいました。これを正直に打ち明けたのは君だけだ、と語ると気を取り直してスーパーに向かうカイル。

イーガンは仕掛けた妨害装置で、スーパーに携帯の電波が通じないと確認します。スーパーのマネージャー・サンシャインは、サムの広報担当の女・ソフィーから無理な注文を聞かされていました。

スーパーの駐車場に入った時、クローブは駐車場にイーガンがいると気付きます。

彼女のパートナーのサンシャインは、高校生の時家庭教師をしていて、郊外の森の中に住むイーガンに言い寄られたことがありました。

あまりにもしつこい態度に、彼女は警官を呼びやっと別れたと説明するクローブ。その後世間との交際を断つように暮らしていたイーガンが、サンシャインの職場に現れたと彼女は不安を覚えます。

サンシャインとソフィーは、店内でスマホが通じなくなった事に気付いていました。

新規オープンの営業前の時間ですが、クローブたちが来たと気付き、一行を店内に入れたマネージャーのサンシャイン。

パートナーと抱き合った彼女はカイルと言葉を交わしますが、従業員から無線連絡を受けその場を離れます。手癖が悪く目をつけられていた若い女従業員ミッキーが、店の商品を盗んでいると報告を受けたのです。

ミッキーを捕らえ保安室に連れて行くサンシャイン。カイルがマニー少年と話していると、スーパーのオーナー、サムの開店セレモニーのスピーチが始まりました。

サムの横にはカイルの娘、エンジェルが立っていました。サムはセレモニーを自分のイメージアップに利用するつもりです。

同じ頃、イーガンたちは武装し襲撃を準備します。ミッキーが盗んだ品々を確認中のサンシャインは、裏口を施錠したかと確認する、従業員の無線の声を聞きました。

彼女が報告を不審に思った同じ時、店内に乗り込んで威嚇発砲するイーガン一味。

彼らは人々を追い込み、銃で反撃した警備員を射殺すると入り口に何かを仕掛けました。

万引きして両親を呼ぶと言われ、自分は養子の里子だと答えるミッキー。サンシャインはそれは不正行為の理由にならないと指摘します。

ところがミッキーが保安室のの監視モニターで、店内の異常事態に気付きました。部下から無線の返事は無く、固定電話も通じないと気付くサンシャイン。

同僚のクローブは胸を撃たれ、カイルはマニー少年の助けを借りて止血します。サムのボディガードのスパークスは、銃を抜き脱出のチャンスをうかがいます。

店内にイーガンの、スーパーの全ての出入り口にC4爆薬を仕掛けた、出ようとすれば爆発で建物全体が潰れると告げる放送が響きました。

それを聞きスパークスは脱出を断念します。放送で大人しく自分の指示に従えと命じるイーガン。

彼はサムに出てこいと要求します。スパークスは襲撃者はここにサムがいるのを知っていると悟りました。

さらにイーガンは自分は自爆ベストを付けている、自分が死に指がボタンから離れれば爆発するので、抵抗するなと警告します。

そして店内の者は全員集まれと指示します。スパークスにどう行動すべきかアドバイスを求めるサム。

姿を現せば殺されると警告するスパークス、自分自身を交渉材料にすべきと告げる広報のソフィー。サムは従業員を守るためにも、姿を見せることを決意します。

パニックを起こすミッキーに、保安室の扉は補強され破れない、落ち着いて潜んでいようと説得するサンシャイン。しかし外部との連絡手段はありません。

ミッキーは部屋から飛び出しました。身を隠しながら逃れようとしますが、警備員の死体を見て悲鳴をあげ、犯人一味に気付かれたミッキー。

瀕死のクローブは、パートナーのサンシャインを助けて欲しいとカイルに訴えます。一味の1人が彼らに気付き来いと叫びますが、犯人に抵抗し逃げ出すマニー少年。

カイルも抵抗を試みますが、クローブからマニーも救って欲しいと頼まれ、やむなく彼女を残し襲撃者の指示に従います。

こうして多くの人質が集められます。その中に娘サンシャインの姿を確認して安堵するカイル。

ミッキーはマネージャーのサンシャインが潜む保安室に戻ります。店内では襲撃者のリーダー、イーガンがこのスーパーチェーンを経営して成功し、下院議員まで上り詰めたサム・ネルソンを呼び出していました。

守ろうと前に立つスパークスを退け、彼はイーガンの元に向かいます。サムにカメラの前で話せと要求するイーガン。

そしてイーガンの父、ルーサー・レイズから金を横領したと世間に告白しろ、と迫ります。横領などしていない、それに20年近く前の話だと拒絶したサムをイーガンは殴ります。

サムを守ろうと行動しかけたスパークスをカイルは止めます。しかし暴行を続ける一味を阻止しようと銃を抜いたスパークス。

これでも抵抗するのかと自爆ベストのボタンを見せたイーガンに、彼はハッタリだと指摘します。

しかしサムから無理をしないでくれ、と頼まれスパークスは銃を降ろします。そして彼はイーガンの仲間に撃たれて倒れました。

辺りが緊張に包まれる中、従業員の1人レイニーが無線のスイッチを入れ、状況をサンシャインに報告します。

そのやりとりを同じ無線機を持つ従業員の男、ジェブが聞いていました。

サムを従わせようとジェブに銃を突き付けるイーガン。しかし密かにイーガンに、サンシャインは保安室だと教えるジェブ。

ジェブはイーガン一味の仲間でした。イーガンはカメラに向かうと、これからサムが話す内容を放送しないと、1時間後にスーパーを爆破すると宣言します。

皆がイーガンに注目する中、瀕死のスパークスはカイルに呼びかけました。

イーガンは要求を呑んでもらうため、誠意の証としてサムやカメラクルーど一部を残し、人質の多くを解放します。

エンジェルと共に出て行こうとするカイルを、イーガンが呼び止めます。彼に言わせると黒人の継子カイルや、孫のエンジェルはサムの有権者の票集めの道具でした。

逃げたマニー少年との関係を問われ、児童保護局で働いていると答えたカイルに、自分が少年の頃現れた保護司は、自分を救わなかったと告げるイーガン。

幼い娘に政治は関係ないと言うカイルの言葉を聞き、イーガンは犯行声明文を持たせ親娘に出ていけと言いました。声明文には「俺は記憶に残る存在だ」と書かれていました。

過去形で書かれた言葉に気付き、相手は犯行後自爆を決意していると判断したカイル。

解放する人質が集められれた時、カイルは従業員のジェブが襲撃者から銃を受け取る姿を目撃します。彼は娘に外に出るよう指示します。

カイルは娘の祖父サム、そして瀕死のクローブから守って欲しいと頼まれた、マニー少年とサンシャインを救うために密かに店内に残りました。

娘たちが解放される中、クローブの元に向かったカイル。しかし彼女はすでに息を引き取っていました…。

以下、『レッド・ブレイク』のネタバレ・結末の記載がございます。『レッド・ブレイク』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2021 Black Friday the Film, LLC

亡き同僚クローブの目を閉じ、残された人々を救う決意を新たにしたカイル。彼の行動を監視モニターでサンシャインは見守っていました。

人質のスーパー経営者で、下院議員のサムの元に犯人一味と広報のソフィーが戻ってきます。従業員のジェブも犯人の仲間と知り怒るサム。

自分はあんたの奴隷では無いと答えるジェブ。残る人質を前に襲撃犯のリーダー、イーガンは従業員のレイニーに、サンシャインの居場所を尋ねました。

レイニーは知らないと答えますが、彼女は保安室で部屋の扉は破れぬよう強化してるのはお見通しだ、と告げるイーガン。

カイルは裏口を確認しますが施錠されており、確かに爆弾が仕掛けられています。

襲撃犯たちは手分けして、まだ人質にしていないサンシャインやマニー少年を探します。他にも誰かいれば殺すつもりでした。

テレビは事件を中継し、イーガンの要求に従いサムの声明、かつてビジネスパートナーでイーガンの父、ルーサー・レイズを裏切り、彼に罪を着せ投獄させた。他にも不正を働いたとの告白を放送します。

サムの広報担当のソフィーと従業員に、スーパーの金目の品々を集めさせるイーガン。そしてバックヤードでジェブに見つかり、発砲されるカイル。

カイルは戦場の記憶が甦りパニックになりかけます。しかしモニターで気付いたマネージャーのサンシャインが、無線でジェブに呼びかけます。

彼が無線に気を取られた隙に、手にしたバールで殴り倒すカイル。奪った銃を突き付けますが、トラウマを持つ彼はジェブを撃てません。

ジェブを叩きのめすと彼は無線を奪い、保安室のサンシャインと話します。部屋にはかつて保護司として会った、ミッキーもいるとカイルは知りました。

なぜこんな事をしたのか、人質の従業員レイニーに問われたイーガンは、お前のような黒人女性は仕事も金も手に入れるチャンスがあるとつぶやきます。

一方自分のような、勤勉な白人男性は酷使されて死ぬだけだ、とうそぶくイーガン。

それは獣医学校に通い、学費のためスーパーで働くレイニーには身勝手な言い分でした。

カイルは保安室のサンシャインが伝える、監視カメラの映像から得た情報を元に行動していました。

襲撃者の1人が迫ってるとミッキーに知らされ、カイルはフライパンを手に現れた男を襲います。格闘の末に相手を二又フォークで刺し殺したカイル。

身を潜めた者が見つからないイーガンに、人質のソフィーは取り入ろうと従業員用無線機を渡し、取り入ろうとします。

カイルとサンシャインの通話を聞くイーガン。その無線でカイルは、サンシャインのパートナー、クローブが死んだと伝えました。

涙ぐむサンシャインを励まし、イーガンの出した声明は30分後にスーパーを爆破し、皆と共に自分も死ぬつもりだ、とカイルは告げます。

あり得ないと答えるサンシャイン。彼女は監視カメラを通じ、彼らがスーパーから貴金属や現金を集める姿を目撃していました。そのやり取りを聞き手の内がバレたと悟り、計画を次の段階に進めるイーガン。

イーガンたちは人質と共に移動し、カイルを見つけようとします。サンシャインの無線を頼りにカイルは身を隠しました。

見つかったカイルは何とか逃れます。イーガンが苛立っていると電気が切れました。包囲する警察が遮断したのでしょう。

しかしマニー少年を捕らえることに成功した襲撃犯たち。人質の大部分を倉庫に閉じ込め、残る一部と共に移動します。

隠れ場所から出たカイルは、撃たれたスパークスのいる場所に向かいます。深い傷を負いながらも生きていたスパークス。

経験豊富な彼はカイルに、イーガンが身に付けた自爆ベストは偽物に見える、しかしスーパーの出入り口に仕掛けた爆薬は本物のようだと伝えます。

連中はサムを殺すことは意図してるが、金品を持ち逃亡するつもりなら人質と共に脱出するチャンスはある、とスパークスは告げました。

スパークスもカイルと同じ海兵隊員でした。海兵隊員は除隊しても常に海兵隊員だ、とスパークスはカイルを励まします。

そこにサンシャインの助けを求める無線が入ります。カイルは保安室へと向かいますが、最期の言葉を交わしたスパークスはこと切れました。

カイルはイーガン一味より先に保安室に着きます。サンシャインにクローブを守れなかったと謝るカイル。

カイルは無線でイーガンを挑発します。人質のサムとマニー少年とレイニーを引き連れたイーガンは、サンシャインを連れて来いと要求します。

彼の態度にサンシャインも怒ります。パートナーのクローブが守ろうとしたマニーを救おうと、協力を申し出た彼女にミッキーも同意しました。

イーガンの要求を拒絶するカイル。怒ったイーカンは無線を投げ捨て、マニー少年にナイフで拘束を解いてもらい、そのナイフでイーガンを刺すレイニー。

怒ったイーガンは彼女に暴行を加えます。落ちた拳銃を拾ったマニーはイーガンに向け発砲します。その音は保安室から出たカイル達にも聞こえました。

店内に銃声が響きます。カイルはサンシャインたちを残し銃声の方へ走り、サムは少年の拳銃を預かる、イーガンが金品を詰めたカバンを持ち、皆と逃げようと行動します。

しかしイーガンはマニーを捕えます。やむなくレイニーと共に逃げたサム。

サンシャインとレイニーは、閉じ込められていた人質たちを解放します。カイルの前には足を傷付けられ、老人用の電動カートに乗ったジェブが現れます。

サブマシンガンを持って凄むジェブに銃は弾切れだと告げ、カイルは酒瓶で作った火炎瓶を投け相手を火だるまにしました。

人質たちは合流し出口の前にいました。しかしそこにマニー少年がいないと気付いたカイルは、単身店内に戻っていきます。店内にドアを破る道具はいくつもあるのに、この場に何もないといらつくサム。

マニーを探すカイルに前に、残るイーガンの仲間が現れます。少年に罪は無いと説得しても、スーパーの経営者で下院議員のサムを恨む男は聞く耳を持ちません。

会話から相手がイーガンのいとこだと気付き、彼らはサムがイーガンの父を陥れた、と強く信じていると悟るカイル。

隙を見て逃げたカイルは銃を持つ相手を格闘戦に持ちこむと、首を締め倒しました。

ドアを開けることができず、苛立って叫ぶソフィーをミッキーが叱ります。ドアを開ける道具に、よりもよってハンマーを選ぶとは、と皮肉を口にするサム。

その時カイルが無線で、襲撃犯のリーダーはイーガン・レイズ、サムとビジネスでトラブルになったルーサー・レイズの息子で、仲間はその親族だと告げました。

それを聞きサムは、ドアのロックのダイヤルを、R-A-I-Z-E(レイズ)に合わせ解除します。ナルシストは自分の名を使う、とうそぶくサム。

イーガンが店内の貴重品を詰めたバックを持ち、ドアを開け人質たちを逃がすサム。爆発の時が近づく中、サンシャインとレイニーはマニーを救おうと店内に戻ますが、サムはレイニーに銃を渡し出て行きました。

マニーはイーガンから逃れ店内に隠れました。少年を探していたイーガンに、現れたカイルが銃を突き付けます。

イーガンは隙を付き襲い掛かりカイルを倒します。彼が銃を向けた時、サンシャインが声をかけました。

彼女に執着するイーガンに気のあるそぶりを見せ、注意を引きつけます。その隙に彼を背後から撃つレイニー。

イーガンは倒れますが、レイニーに火傷を負ったジェブが襲い掛かります。銃を奪ったジェブを駆け付けたミッキーが殴り倒します。

カイルはマニーを探しますが、深手を負ったイーガンが先に少年を見つけます。ナイフを手に少年に迫るイーガンに、カイルが飛び掛かりました。

激しい格闘となる2人。しかしカイルはイーガンに倒されます。彼にとどめを刺そうとするイーガンに、マニー少年が立ち向かいます。

しかし大人にはかないません。少年を殺そうと迫るイーガンに拾った銃を向けるカイル。

戦場の経験がトラウマになって以来、カイルは銃の使用に抵抗がありました。その辛さを乗り越え、マニーを守るためイーガンを射殺したカイル。

爆発の時間が迫っていました。サンシャイン、ミッキー、レイニーは外に逃げ出します。カイルもマニーを連れて走ります。

轟音が響く中2人が外に逃れると、背後で大きな爆発が起きます。亡き同僚のクローブ、海兵隊仲間のスパークスの期待に応え、カイルは人々を救いました。

サンシャインや警官たちに迎え入れられたカイルとマニー。一方サムは過去の不正を認めた声明は、襲撃犯に強要されたものだと訴えていました。

連中はイカれた奴らで、金品目的の犯罪者と示す証拠がある、とイーガンが持ち出そうとしたバックを開けました。

しかし中に入っているのは缶詰などガラクタばかり。何とか説明しろとサムに求められ、私は辞職すると答えた広報担当のソフィー。

カバンの中身は手癖の悪いミッキーが、いつの間にかすり替えて我が物にしていたのです。

傷の手当を受けるカイルの前にエンジェルが現れます。彼は娘にマニー少年を紹介します。そして継父のサムとも今回の経験を通し、わだかまりを解きました。

マニーには命を救われた借りがある、彼が身を落ち着けるまで世話をする必要がある、とエンジェルに協力を求めるカイル。父娘と少年は一緒に歩み始めます…。

スポンサーリンク

映画『レッド・ブレイク』の感想と評価


(C)2021 Black Friday the Film, LLC

いかがですか、ご近所スーパーマーケット版『ダイ・ハード』(1989)は。この作品の特徴にはもう、お気付きですね?

タイリース・ギブソン演じる主人公カイルは、PTSDに苦しむ元海兵隊員。おかげて銃の握れぬ男でシングルファーザー。その娘エンジャルは幼い正義感を持つ博愛主義者。

マニー少年は不法移民で、虐待を受けている親無し子。彼を救おうとするカイルの同僚クローブはレズビアン。ちなみに元軍人のカイルも同性愛者のクローブも、敬虔なキリスト教徒です。

クローブのパートナーが、スーパーの女マネージャー・サンシャイン。彼女の部下は学費のため働く苦学生のレイニーと、万引きの常習犯とはいえ家庭に問題があるミッキー。

以上がスーパーを襲ったテロリストと対決するメンバーです。ポリティカル・コレクトネス、通称ポリコレに配慮した、「政治的に正しい人のオールスターズ」といったところです。

一方ジョン・マルコヴィッチ演じる、スーパーのオーナーで下院議員のサムは極悪人ではないものの、言葉の端々に戦地で戦った者や、低賃金労働に従事する者を軽視する姿勢が見える人物。

彼の広報担当ソフィーも同類。自己中心的でで他者を手助けしない、高所得ホワイトカラー層の代表でしょうか。

「政治的に正しい」アクション映画爆誕!


(C)2021 Black Friday the Film, LLC

犯行グループ側に目を移しましょう。イーガンは田舎に住む孤立的な男で、銃を所有し爆弾まで作る保守的な人物。そんな男がサンシャインに、しつこく恋慕するのは皮肉かもしれません。

仲間は彼のいとこたち。こういった銃を所有する右派の人物は、地域に根付き血縁で結ばれた閉鎖的社会の住人ということでしょうか。彼らに手を貸すジェブは、社会に恨みを抱く低賃金労働者層の代表の模様です。

これら登場人物の肌の色を振り替えりましょう。現在ハリウッドが推奨している(?)、「政治的に正しい人々」「おちょくってイイ人々」「悪役に相応しい残念な人々」と見事に分類されます。

ポリコレを通じ世の中を正しい方向に導こうとする試みには、意義もあると思います。しかし本作製作にも参加した、タイリース・ギブソンはこう語っています。

「本作はこのようなメッセージを持つが故に、権力者たちが何度も封印しようとしたタイプの映画だと言えるでしょう」

「人種差別主義者の白人男性共和党員が、大量殺人を行うテロリストとして店に現れる。この人物が行いを全て映画化するのは、簡単ではありません」

本作のメッセージを、思いっきりストレートに語っています。アメリカ芸能界の大物、タイリース・ギブソンに賛同した人々でしょうか、本作のプロデューサーは40名近くがクレジットされました。

私、”船頭多くして船山に上る”なんて、一言も言ってませんよ。でも本作の監督と脚本家、映画完成後はあまり作品について、多くを語っていないようです。

もっと深掘りして欲しかった現代社会の縮図


(C)2021 Black Friday the Film, LLC

「私はプロデューサーとして、本作の脚本を60ページも直した」と語るタイリース・ギブソン。感染症の影響で映画製作が困難になる中で、本作はニュージャージーでコロナ禍後、最初に撮影された映画だと、その意義を説明しています。

彼はハリウッドスター、そしてセレブの責任を果たそうと、多くの才能を持つ人物と共に多難な時期に映画を撮影し、世間に潜む様々な問題を世に問おうと本作を作りました。

しかし本作、「政治的に正しい人々」が多すぎです。しかし要はアクション映画に登場する人々を、善良なマイノリティーに置き換えただけとも言えるでしょう。

例えば登場人物が同性愛者である必然性は皆無。パートナーを案じる人質を同性愛者に置き換えただけで、ストーリーに大きく関与する設定ではありません。

移民・虐待される子供、学費に苦しむ若者。そういった人々を労働者として搾取するチェーン店オーナー…不公正な社会の縮図ではありますが、単に登場人物として羅列しただけと指摘するのは失礼でしょうか。

例えばPTSDに苦しみ、銃を手にとる事が出来ない主人公。それでも人々を救おうと襲撃犯に挑む姿に焦点を当て描くだけで、今までに無いアクション映画になったでしょう。

しかし彼の葛藤の描き方は不十分。銃が使いたいんだか、使いたく無いのかよく判らなぬシーンが続き、「こんな方法で敵を倒す方が、トラウマものでは…」とツっこみたくもなりました。

最後にラスボスを倒しますが…これって「トラウマを乗り越え敵を銃で倒しました。やっぱり銃は、頼りになりますね!」というメッセージでしょうか?

政治的正しさを追求した本作ですが、全体の展開は『ダイ・ハード』型のアクション映画そのもの。「政治的に正しい」メッセージを伝えるために、ストーリーが機能したとは思えません。

例えば白人貧困層の男性の襲撃犯イーガンが、マイノリティーの苦学生の女性レイニーの方が、自分より恵まれていると告げるシーン。

このような男女・肌の色・収入格差など立場の違う者が、互いを妬み自分は不当に扱われている、と対立しあう構図は世界中で起きています。原作小説も話題の韓国映画『82年生まれ、キム・ジヨン』(2019)は、そんな視点も大切に描かれた作品です。

しかし本作はこういった対立構造を掘り下げません。単に脚本に1エピソードとして追加しただけ、全体ではむしろ対立構造を煽る作品、というのは言い過ぎでしょうか。

そ「人種差別主義者の白人男性共和党員」が犯人の本作、彼が信念から犯行に及んだと描くのは道義的にマズいと判断したのか、金目当ての行動だと種明かしして観客を安心させます。

これまた『ダイ・ハード』シリーズと一緒の、政治性を否定し映画を娯楽として楽しませる設定です。ラストの爆発の規模が残念な本作、それ以外にも色々と問題があるようです。

まとめ


(C)2021 Black Friday the Film, LLC

と、かなり厳しい指摘をさせて頂いた『レッド・ブレイク』。それでもB級映画・アクション映画ファンには楽しい作品です。

“政治的な正しさ”と”アクション映画の定石”の狭間で、右往左往するタイリース・ギブソンの姿も…まあ、愉快ですね。

そしてご近所スーパー内の攻防戦は、「お前、まだ死んでないのか!」「まだ動けるのかよ!」などとツッこみながら楽しめる映画です。

そしてハリウッドでは珍しく、保守的な人物として知られるジョン・マルコヴィッチの本作への起用は、”バランス感覚”という奴でしょうか。

インタビューに「作品のテーマについては、映画を見てないから判らないんだ」「3日間の撮影で、32シーン撮ったよ」「ともかく最後にはタイリース・ギブソンと、いいシーンがあるんだよね~」と答えたマルコヴィッチ、実に大人です。

ポリコレを重視し反保守、反トランプの人々が主流を占めるとされるハリウッド。その縮図も見せた作品としても興味深いです。純粋にアクションは楽しめますから、安心してご覧ください。

散々「政治的な正しさ」を追求しながらも、本作で最後に利益を得るのは「多少ズルくても、抜け目のない人物」。権力者や金持ちを出し抜いた人物なら、いささか悪人でも喝采をあびせる…これもまた、ハリウッド映画的ですね。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2022見破録」は…


(C)2020 NIGHT RAIDERS EAST INC. and MISS NIGHT RAIDERS INC.

次回の第13回は子供を国家が所有し管理する軍事政権に抵抗する、先住民の人々の姿を描いた近未来SFアクション『ディストピア2043 未知なる能力』を紹介いたします。お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2022見破録』記事一覧はこちら






増田健(映画屋のジョン)プロフィール

1968年生まれ、高校時代は8mmフィルムで映画を制作。大阪芸術大学を卒業後、映画興行会社に就職。多様な劇場に勤務し、念願のマイナー映画の上映にも関わる。

今は映画ライターとして活躍中。タルコフスキーと石井輝男を人生の師と仰ぎ、「B級・ジャンル映画なんでも来い!」「珍作・迷作大歓迎!」がモットーに様々な視点で愛情をもって映画を紹介。(@eigayajohn

関連記事

連載コラム

鬼滅の刃名シーン/名言|アニメ2期放送前にネタバレ有ではじまりの物語を振り返り【鬼滅の刃全集中の考察16】

連載コラム『鬼滅の刃全集中の考察』第16回 大人気コミック『鬼滅の刃』の今後のアニメ化/映像化について様々な視点から考察・解説していく連載コラム「鬼滅の刃全集中の考察」。 今回は「兄妹の絆編」の名言/ …

連載コラム

映画『アネット』あらすじ感想と意味考察解説。アダムドライバーは“アダム”を演じる?スパークス×レオスカラックスが紡ぐ“病める愛の歌”|のび編集長の映画よりおむすびが食べたい6

連載コラム『のび編集長の映画よりおむすびが食べたい』第6回 「Cinemarche」編集長の河合のびが、映画・ドラマ・アニメ・小説・漫画などジャンルを超えて「自身が気になる作品/ぜひ紹介したい作品」を …

連載コラム

映画『ハローワールド』の考察評価と内容解説。ポスト・セカイ系の特徴|映画道シカミミ見聞録41

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第41回 こんにちは、森田です。 今回は9月20日に全国公開されたアニメーション映画『HELLO WORLD』を「ポスト・セカイ系」の1本と位置づけ、紹介いたします。 …

連載コラム

映画『ザ・クーリエ』ネタバレ感想と考察評価。“女トランスポーター”のオルガキュリレンコが悪を打ち砕く|未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録12

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」第12回 世界のあらゆるジャンルの映画から埋もれかけた作品、時には大スターが出演する映画も登場する、劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2 …

連載コラム

服部樹咲(新人女優)ってどんな少女?『ミッドナイトスワン』演技派の草彅剛を引っ張った“自然体の演技”|映画という星空を知るひとよ23

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第23回 映画『ミッドナイトスワン』はトランスジェンダー・凪沙が親から愛を注がれずにいた少女・一果を預かることになり、次第に2人の間に一つの絆が生まれる物語。 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学