Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/07/30
Update

映画『悪人伝』ネタバレと内容解説。マドンソク演じるヤクザと暴力刑事の異色コンビで描く人間としての秩序|サスペンスの神様の鼓動36

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

サスペンスの神様の鼓動36

こんにちは「Cinemarche」のシネマダイバー、金田まこちゃです。

このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。

今回ご紹介する作品は、正体不明の連続殺人犯に、はみ出し者の刑事と凶悪なヤクザの組長が挑む、バイオレンス・アクション『悪人伝』です。

アクション映画ではあるのですが、ゆっくりと殺人犯を追い詰めていく展開や、法律に関する重厚なテーマが込められた作品ですので、その魅力をご紹介します。

殺人犯に襲われた、ヤクザの組長ドンスと暴力刑事のチョンが、逃亡する殺人犯を追い詰めていくバイオレンス・アクション。

ドンス役を『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2019)で一躍人気になり、マーベル作品の『エターナルズ』で、ハリウッド進出が決まったマ・ドンソク。

チョン刑事を、舞台から映画まで幅広く活動し、多彩な役柄を演じ分ける事に定評があるキム・ムヨル。本作では、スタントも自らこなしています。

【連載コラム】『サスペンスの神様の鼓動』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『悪人伝』のあらすじ


(C)2019 KIWI MEDIA GROUP. ALL RIGHTS RESERVED

韓国で多発している殺人事件を追いかけている、刑事のチョン・テソク。

チョンは、一連の事件が同一犯の犯行である事を確信していましたが、証拠も少ない事から、チョンの主張は警察署内で無視されます。

苛立ちを覚えていたチョンは、上司にも反抗的な態度を取っている為、署内でも問題視されていました。

ある時、殺人鬼の新たな犠牲者が出てしまいます。被害者は、チョンが目の敵にしているヤクザ組織の組長、チャン・ドンスでした。

ドンスは、1人で運転をしていた所を追突され、車から降りた時に、殺人鬼に刃物で刺されたのです。

屈強なドンスは、逆に刃物を奪い反撃に出ますが、殺人鬼は車に乗って逃亡、ドンスもその場で力尽き、病院に搬送されていました。

殺人鬼の顔を見たドンスに、チョンは協力を求めますが、ドンスもチョンを毛嫌いしている為、これを拒否します。

ドンスは独自に犯人の似顔絵を作成させ、子分に殺人鬼を探させます。

ドンスもチョンも、なかなか殺人鬼の有力な情報を掴めないでいたある時、長距離トラックの運転手が殺人鬼に襲われる事件が発生します。

殺人鬼は、犯行に使用した刃物を道路に投げ捨てていました。ドンスの部下は、殺人鬼が乗り捨てた車を入手します。

ですが、ドンスは似顔絵だけの捜索に限界を感じており、警察の科学捜査を利用する為、チョンに協力を申し出ます。

しかし、ドンスは「自分達が先に見つけた時は、こいつをバラバラにする」とチョンに宣言。チョンは殺人鬼に法の裁きを与える事を望んでいる為、ドンスより先に殺人鬼を探し出す必要が出てきます。

共通の目的の為、警察とヤクザという、常識では考えられない共同捜査が開始されます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『悪人伝』ネタバレ・結末の記載がございます。『悪人伝』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 KIWI MEDIA GROUP. ALL RIGHTS RESERVED

ドンスの部下が保管している、殺人鬼が乗り捨てた車から、チョンは犯人の痕跡を探し出す為、科捜研に依頼を出します。

ですが、結果を待っている間に、ドンスと敵対しているヤクザ・サンドが刺殺される事件が起きます。

凶器に使用されたのは、殺人鬼が長距離トラックの運転手を殺害する際に使用した刃物で、ドンスが保管していたはずのものでした。

サンドを殺害したのはドンスであると確信し、怒ったチョンは、ドンスの部屋を訪れ、力任せに殴り掛かりますが、ドンスも反撃し激しい殴り合いになります。

ドンスは、部屋にカメラを仕掛け、一部始終を録画「この事を話したら、この動画を公表する」とチョンを脅します。

チョンが追う一連の殺人事件は、科学鑑定の結果から、連続殺人事件と認定され、所轄と公安の合同捜査に発展します。

チョンは、何も知らずに偉そうに振る舞う公安の刑事に、さらに反抗的な態度を見せるようになりました。

ドンスは、亡くなったサンドの葬式に参列します。そこへ、ドンスを刺した殺人鬼が現れ、サンドの側近に「私の刃物が殺しに使われた」と書かれたメモを渡します。

チョンに呼び出され、ドンスは再び殺人鬼が乗り捨てた車に向かいました。

殺人鬼に襲われた夜に、ドンスが反撃した事を聞いたチョンは、車内に残っているはずの犯人の血痕をドンスと探し出そうとします。

そこへ、サンドの子分達が乗り込んで来て、ドンスとチョンを襲撃しますが、2人は子分達を撃退し、ドンスはサンドの側近の命を奪います。

殺人鬼の捜査に公安が加わった事で、チョンは担当を外され、別件の誘拐事件を担当する事になります。

身代金の引き渡し現場となる飲食店を見張っていたチョンですが、店員が身代金を受け取ってしまい、犯人は現場に現れませんでした。

飲食店の店員は、犯人の男に「鞄を受け取るように」とだけ言われていた為、犯人の男の顔も覚えていません。

ですが「犯人は焼酎を一杯だけ飲んでいた」という証言から、チョンは仲間の刑事と焼酎の空き瓶を探し出し、科捜研に回します。

鑑定の結果「カン・ギョンホ」という青年に辿り着いたチョンは、ギョンホの住まいを訪れます。

ギョンホは逃げており、部屋はもぬけの殻となっていましたが、ギョンホが写っている写真が残されていました。

チョンは写真に写っているギョンホが、ドンスが作成した犯人の似顔絵と瓜二つである事に気付きます。

チョンは仲間の刑事に協力を頼み、ドンスは子分に命じて、ギョンホの足取りを追いますが、なかなか有力な証言がありません。

ある時、ドンスは雨で困っている女子校生に傘を貸しますが、その女子校生が殺害されてしまいます。

ニュースを見たドンスは、自分を襲った殺人鬼と同一の犯行だと確信します。

ドンスはチョン達と共に、徹底的に周辺を捜索し、遂にカラオケ店に逃げていたギョンホを探し出します。

ギョンホを何発も殴りつけ、失神させた状態で、アジトに連れて行ったドンス。

ギョンホを椅子に縛り付け、処刑の準備をしますが、そこにチョンが車で突っ込んで来ます。チョンはドンスを跳ね飛ばし、そのままギョンホを逮捕して刑務所に収監しました。

ですが、ギョンホの殺害は全て状況証拠のみで、決定的な証拠が見つかりません。

裁判にかけても、判決が軽くなる事を危惧したチョンは、ドンスに被害者として、裁判所で証言する事を求めます。

自分からギョンホを奪ったチョンを、ドンスは何度も殴りつけます。

これまで、違法賭博やサンドの殺害などを指示してきたドンスは、法廷に出れば確実に自分が捕まる事を危惧しますが、そこはチョンが「何とかする」と交渉します。

観念した様子のドンスは、ある条件を出しました。裁判で、ドンスは自身がギョンホにつけた切り傷の事を証言し、ギョンホは連続殺人事件の犯人として死刑を命じられます。

数日後、ドンスは刑務所に収監されました。罪状は違法賭博を仕切っていた罪のみで、サンドの殺害に関してはチョンが全て揉み消しました。

裁判で証言する事に対するドンスの出した条件は「ギョンホと同じ刑務所に収監する事」でした。刑務所内でギョンホを探し出したドンスは、恐ろしい笑顔を浮かべます。

サスペンスを構築する要素➀「刑事とヤクザの非常識な共同捜査」


(C)2019 KIWI MEDIA GROUP. ALL RIGHTS RESERVED

正体不明の殺人鬼を追う刑事と、殺人鬼の被害者となったヤクザの組長。

本来であれば、反発する関係でありながら、同じ目的の為に、異例とも言える共同捜査を張り、犯人を追い詰めていく展開が、本作最大の見どころとなります。

刑事と犯罪者が協力関係になる映画と言えば、1982年の映画『48時間』や、1991年の名作サスペンス映画『羊たちの沈黙』などがあります。

これらの作品は、刑事が犯罪者より上の立場として、関係性が描かれる事が多いのですが、『悪人伝』では刑事のチョンと、ヤクザの組長ドンスの立場は対等となっており、お互いがお互いを利用し合う関係となります。

どちらかというと、闇社会をのし上がってきたドンスの方が、無鉄砲に進むチョン刑事をコントロールしているように見えます。

本作の前半は、常識では考えられない、非常識な捜査を開始した、チョンとドンスの駆け引きが重点的に描かれており「お互いがお互いを信用できない」という状況が続きます。

スポンサーリンク

サスペンスを構築する要素➁「何者でもない、正体不明の殺人鬼」


(C)2019 KIWI MEDIA GROUP. ALL RIGHTS RESERVED

刑事とヤクザの非常識な共同捜査を描き、前半はチョンとドンスの主導権争いがストーリーの軸となる本作。

ですが、ストーリーが進むにつれて、チョンもドンスも同じタイプの人間である事が、観客に伝わるようになります。

チョンは、連続殺人鬼を追いかけるあまり、警察組織へ不満を持つようになり、上司に反抗的な態度で、独自に捜査を進めるようになります。

また、ドンスは同じ組織でも、筋を通さない者は許さず、命を奪う行動に出るなど、凶悪な部分がありますが、一般の人間には決して手を出さず、逆に優しさを見せるなど、一本筋の通った男です。

チョンもドンスも、自身に譲れない信念があるからこそ、組織の中で、はみ出し者になってしまっている現状は同じです。

2人共、立場は違えど不器用で、人間らしい部分は共通しているのです。そのチョンとドンスと、真逆にいる立場として描かれているのが、連続殺人鬼のギョンホです。

ギョンホは、作品前半で淡々と殺人を犯し、顔を目撃されても取り乱すどころか、笑顔を浮かべるなど、不気味な存在として描かれています。

ギョンホに関しては、「家族内で何かあった」としか明かされておらず、その素性は一切不明のキャラクターで、観客はギョンホを同じ人間とは思えない、怪物のような存在に感じるでしょう。

本作は、不器用で人間らしいチョンとドンスと、冷血で狡猾な殺人鬼ギョンホという、対極の存在による追走劇が見どころとなっていきます。

ギョンホはストーリーの序盤から顔を出して登場している為、本作は犯人捜しを楽しむ作品ではなく、まとまらない協力関係のチョンとドンスが、いかにしてギョンホに辿り着くか? という展開が中盤の軸となります。

チョンとドンスが、細かく情報を積み重ね、ギョンホに辿り着く展開はかなり見応えがありますよ。

サスペンスを構築する要素➂「正義の鉄槌か?闇の処刑か?」


(C)2019 KIWI MEDIA GROUP. ALL RIGHTS RESERVED

チョンとドンスは、細かい情報を手繰り寄せ、繋ぎ合わせていく事で、本作の終盤で遂にギョンホを追い詰めます。

そして、これまで主導権を握られっぱなしだったチョンが、ドンスの裏をかき、ギョンホを逮捕します。

しかし『悪人伝』の本題はここからで、逮捕したギョンホが、証拠不十分の為に起訴を免れる可能性が出てきます。

狡猾な知能犯であるギョンホの前に、チョンが望む「正当な裁き」が下される可能性が低くなります。

観客は、取り調べでも勝ち誇った表情を浮かべるギョンホを見て「やはり、ドンスが処刑をするべきだった」と感じるでしょう。

しかし、チョンは裏技ともいえる取引をドンスに持ち掛け、ギョンホの犠牲者で、唯一の生き残りであるドンスを、法廷で証言させる事に成功します。

チョンがギョンホに望んだ刑罰は死刑で、結局はギョンホを私的に処刑しようとしたドンスと、結果としては変わりません。

しかし、そこへ「法の裁き」が加わる事で、我々は一時期の感情のみで命を奪う「動物」ではなく、秩序のある「人間」である事が証明されたように感じ、ここに本作のテーマが込められています。

刑事とヤクザのコンビは、人間に必要な「秩序」を問いかける為の、異色の設定だったのではないでしょうか?

スポンサーリンク

映画『悪人伝』まとめ


(C)2019 KIWI MEDIA GROUP. ALL RIGHTS RESERVED

本作は「刑事とヤクザの主導権争い」「殺人鬼との追走劇」「狡猾な殺人鬼との法廷での闘い」と、序盤、中盤、終盤で見どころが違う展開が繰り広げられ、かなり見応えのある作品です。

ただ、いろいろ詰め込み過ぎたのか、ストーリーの進行が早すぎるのと少し強引に感じる部分がありますが、そんな事は気にならないほど、エンターテイメントとして突き抜けている作品でもあります。

全ては、凶悪だけど優しい組長ドンスを演じた、マ・ドンソクの存在感にあります。

特にラストで、刑務所に収監されているギョンホを見つけた時の、恐ろしい笑顔を浮かべる場面は圧巻ですので、そこにも注目して下さい。

次回のサスペンスの神様の鼓動は…

次回も、魅力的な作品をご紹介します。お楽しみに!



関連記事

連載コラム

実写映画『スポーン』あらすじと解説。ジェイミー・フォックスでリブートするダークヒーローとは|最強アメコミ番付評17

こんにちは、野洲川亮です。 今回は『ヴェノム』を生んだ作者の代表作、ダークヒーロー映画『スポーン』を解説していきます。 映画『スポーン』の魅力、そして2019年にジェイミー・フォックス主演で公開予定と …

連載コラム

映画『マイ・スパイ』あらすじネタバレと感想。元プロレスラー俳優デイヴ・バウティスタと少女の凸凹バディ|未体験ゾーンの映画たち2020見破録31

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第31回 「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第31回で紹介するのは、肉体派アクション俳優と子役のタッグで送るアクション映画『マイ・スパイ』。 …

連載コラム

『The Witch魔女』韓国映画の感想レビュー。結末まで目が離せないヒロインをキム・ダミが演じたサイキック&バイオレンス!|コリアンムービーおすすめ指南4

こんにちは西川ちょりです。 今回取り上げる作品はパク・フンジョン監督の新作『The Witch魔女』です。 シネマート新宿、シネマート心斎橋で開催中の「のむコレ2018」のラインナップの一本として公開 …

連載コラム

映画『運命は踊る』あらすじと感想レビュー。深い人生観をラスト結末まで酔わす|銀幕の月光遊戯1

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第1回 はじめまして。この度、「銀幕の月光遊戯」というコラムを担当することになりました西川ちょりと申します。 公開前の新作をいち早く取り上げ、その魅力に迫ってまいります。皆 …

連載コラム

『マローボーン家の掟』感想と解説。ラストまでホラー映画と青春ファンタジーが融合した秘密とは⁈|サスペンスの神様の鼓動16

サスペンスの神様の鼓動16 こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回取り上げる作品は、201 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学