Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『蟻の王』感想評価と解説。同性愛者の過酷な史実をジャンニ・アメリオ監督が問う|映画という星空を知るひとよ176

  • Writer :
  • 星野しげみ

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第176回

第79回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門に出品され独立賞5部門を受賞した、イタリアのジャンニ・アメリオ監督が手がけた映画『蟻の王』。

本作は2023年11月10日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA、アップリンク吉祥寺ほかで全国順次公開を迎えます。

映画『蟻の王』は、同性愛者の存在すら認められなかった時代の史実「ブライバンティ事件」にインスパイアされた物語を描き出します。

蟻の生態学者アルド・ブライバンティ役には『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』(2018)などのルイジ・ロ・カーショ。アルドと恋に落ちる青年エットレ役を、ルーキーのレオナルド・マルテーゼが務めました。

史実に基づく、禁じられた愛の行方の物語をご紹介します。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

映画『蟻の王』の作品情報


(C)Kavac Srl/Ibc Movie/Tender Stories/(2022)

【日本公開】
2023年(イタリア映画)

【原題】
Il signore delle formiche

【監督】
ジャンニ・アメリオ

【脚本】
ジャンニ・アメリオ、エドアルド・ペティ、フェデリコ・ファバ

【キャスト】
ルイジ・ロ・カーショ、エリオ・ジェルマーノ、レオナルド・マルテーゼ、サラ・セラヨッコ

【作品概要】
実在した詩人・劇作家であり、蟻の生態学者としても知られているアルド・ブライバンティとその教え子をめぐる史実「ブライバンティ事件」を誘引とし、“人間の尊厳”を問い直した映画『蟻の王』。

本作を手がけたのは、ヨーロッパを代表する映画監督ジャンニ・アメリオ。アルドを演じたのは、イタリア映画界が誇る名優ルイジ・ロ・カーショ。本作が映画デビューの新星レオナルド・マルテーゼが青年エットレを演じ、ヴェネチア国際映画祭では独立賞で新人賞2冠を受賞しました。

映画『蟻の王』のあらすじ


(C)Kavac Srl/Ibc Movie/Tender Stories/(2022)

1959年の春。イタリア・ポー川南部の街ピアチェンツァには、詩人で劇作家、そして蟻の生態研究者でもあるアルド(ルイジ・ロ・カーショ)が住んでいます。

「この国に“同性愛者”はいない」とされていた、過酷な時代のこと。“同性愛者”との噂があるアルドは、一部の人からは要注意人物とされていました。

彼は、教え子の若者エットレ(レオナルド・マルテーゼ)と恋に落ち、ローマに出てともに暮らし始めます。

しかし、以前からエットレに「アルドに近づかないように」と注意をしていた彼の家族は、2人が住むアパートを見つけて、エットレを連れ帰ります。

その後、アルドは“教唆罪”に問われ逮捕。エットレは同性愛の“治療”を受けさせられるため、矯正施設へと送られました。

世間の好奇の目に晒されながら、アルドの裁判が始まります。新聞記者エンニオ(エリオ・ジェルマーノ)は熱心にその事件の取材を重ね、不寛容な社会に不満の声を上げるのですが……。

映画『蟻の王』の感想と評価


(C)Kavac Srl/Ibc Movie/Tender Stories/(2022)

映画『蟻の王』は、実際に起こった「ブライバンティ事件」を基にしています。

ファシスト政権下のイタリアにおいて“同性愛者”は存在すら認められず、それを禁ずる法律はありませんでした。ですが、その一方で“教唆罪”という犯罪が成立します。

1968年に詩人・劇作家のアルド・ブライバンティは、若者をそそのかした“教唆”の罪に初めて問われて逮捕され、裁判にかけられました。これに、小説家や映画監督ら芸術家たちが強く反対し、世に激しい議論が巻き起こったのが、のちに「ブライバンティ事件」と呼ばれた出来事です。

蟻を愛する生態学者でもあったアルドが心惹かれた相手は、自分の言葉を真っ直ぐに信じる青年エットレでした。

幸せそうな2人の姿を描く一方で、息子が同性愛者と知った時のアルドとエットレの母たちの苦悩も対照的に描かれています。当事者家族の相手への憎しみもヒートアップし、当時の社会に存在すら“否認”される恋の過酷さも思い知らされます。

またアルドが受けた裁判では、「アルドの性趣向の犠牲者」と告白する者が何人も現れ「年上の教授からの誘いだったから断れなかった」と法廷で証言。裁判がさらに揺れ動く中で、矯正施設での“治療”を受けた後、呆然とした様子で法廷に現れたエットレの証言が、裁判の行方を左右させることになります。

苦しくてもつらくても、自分の気持ちに正直になろうとするエットレを、本作で映画デビューを飾る新星レオナルド・マルテーゼが、哀しみを込めながらも雄々しく演じていますので、お見逃しのないように。

まとめ


(C)Kavac Srl/Ibc Movie/Tender Stories/(2022)

‟同性愛”と蔑まれながらも、互いに惹かれ愛し合うアルドとエットレの史実に基づく愛の物語『蟻の王』をご紹介しました。

当時の社会が許さない禁じられた愛を貫こうとするアルドとエットレ。

“教唆罪”に問われ逮捕されたアルドは、法廷で裁かれます。自分の気持ちを正直に語るエットレもまた、治療施設で頭を壊されるようなつらい治療を施されます。

果たして彼らの行いは、罪に値するものなのでしょうか。恋に落ちた者同士でも、それは罪に問われるのかと疑問が残ります

アルドが愛してやまない蟻の世界のルールも作品内ではたびたび登場し、タイトルに込められた意味を考えさせられることでしょう。

映画『蟻の王』は2023年11月10日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA、アップリンク吉祥寺ほかで全国順次公開

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

星野しげみプロフィール

滋賀県出身の元陸上自衛官。現役時代にはイベントPRなど広報の仕事に携わる。退職後、専業主婦を経て以前から好きだった「書くこと」を追求。2020年よりCinemarcheでの記事執筆・編集業を開始し現在に至る。

時間を見つけて勤しむ読書は年間100冊前後。好きな小説が映画化されるとすぐに観に行き、映像となった活字の世界を楽しむ。



関連記事

連載コラム

映画『スパロークリーク』あらすじネタバレと感想。元ネタがレザボアドックスだけにB級ファンなら見逃すな!|未体験ゾーンの映画たち2020見破録4

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第4回 映画ファンにとって新年初の大イベント、劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020」が、今年も1月3日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷 …

連載コラム

『ランディ・ローズ』映画考察評価。没後40年の永遠のギタリストの軌跡をたどる【だからドキュメンタリー映画は面白い75】

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第75回 今回取り上げるのは、2022年11月11日(金)から新宿シネマ・カリテ、渋谷シネクイントほか全国ロードショーの『ランディ・ローズ』。 80年代 …

連載コラム

映画『ザ・スパイ ゴーストエージェント』ネタバレ感想と考察評価。潜入スパイを巡るアクション巨編|未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録3

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」第3回 ポスト・コロナの時代に、世界の埋もれた佳作から迷作、珍作映画を紹介する、「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」。第3回で …

連載コラム

映画『名もなき歌』感想評価とレビュー解説。ペルーのリマに移り住んだ原住民女性に起こった悲劇とは|銀幕の月光遊戯 81

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第81回 実話をベースにしたペルー映画『名もなき歌』が2021年7月31日よりユーロスペース他にて全国順次公開されます。 1988年、政情不安に揺れる南米ペルーを舞台に赤子 …

連載コラム

『シュガーラッシュオンライン』あらすじ。映画で同様にゲームの世界を舞台にした作品を紹介|SF恐怖映画という名の観覧車28

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile028 ゲーム好きなら一度は行ってみたい「ゲームの中の世界」。 2012年に公開されたゲームの中の世界を題材としたディズニー映画『シュガーラッシ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学