Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『ピークレスキュー』あらすじネタバレと感想。最強の特殊部隊がテロ相手に立ち向かう姿を描く|未体験ゾーンの映画たち2020見破録36

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第36回

「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第36回で紹介するのは、テロ組織と闘う特殊部隊の活躍を描いた映画『ピーク・レスキュー』

欧米の映画やドラマでは、スパイや特殊部隊が国境を越え、世界を股にかけ活躍します。今や躍進著しい中国映画も、同様のアクション映画を作るようになりました。

そんな映画の代表「ウルフ・オブ・ウォー」シリーズも、2作目ではアフリカを舞台に描かれ、中国の歴代興行収入記録を塗り替えた、ヒットを記録しています。

そして新たに、東南アジアの地でASEANサミットを狙うテロリストに立ち向かう、中国特殊部隊の活躍を描いたアクション映画が誕生しました。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ピーク・レスキュー』の作品情報


(C)2019 ANYSOFT FILM AND TELEVISION, GUANGDONG ULTRA PICTURES CULTURE COMMUNICATION CO., LTD, GOLD STONE FILM MEDIA CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2020年(中国映画)

【原題】
嶺峰营救 / Peak Rescue

【監督】
ジン・ハオ(靳浩)

【キャスト】
ツァン・ヤキ(张亚奇)、フェイ・シンジェ(费馨洁)、ワン・ジチェン(王子宸)、ハイ・ヤン(海扬)、リュウ・シンザン(刘秦杉)

【作品概要】
テロ阻止に死力を尽くす、中国特殊セキュリティチームの活躍を描く、ミリタリーサスペンス映画。中国空軍精鋭部隊を描いた映画、『スカイハンター空天猎』の軍事シーンの撮影に参加した、ジン・ハオが監督を務めました。

主演は高校生時代から俳優として活躍し、アクション映画や武侠映画などで活躍するツァン・ヤキら、若手スターが集結した作品です。

映画『ピーク・レスキュー』のあらすじとネタバレ


(C)2019 ANYSOFT FILM AND TELEVISION, GUANGDONG ULTRA PICTURES CULTURE COMMUNICATION CO., LTD, GOLD STONE FILM MEDIA CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

北ミャンマー特別行政区。ドローンを飛ばして周囲を監視していた隊員が、車両の接近を報告します。その連絡を受けて装備を身に付け戦闘配置に着く、現地の特殊部隊隊員たち。彼らを指揮するのがハン・ハオ(ツァン・ヤキ)隊長でした。

車は彼らが追うターゲットと、武装したテロリストがたむろするアジトに向かっています。それに対し特殊部隊は射撃を開始、手際よく男たちを排除すると、その車を奪って乗り込みます。

特殊部隊が奪った車がアジトに近づくと、狙撃手が歩哨を射殺し援護します。任務を果たした狙撃手は位置を移動し、監視班はこのアジトに間違いなくターゲットの男がいると確認します。

アジトには別の車が到着し、中から1人の女が降りました。彼女は部下にケースを運ばせます。その中身は放射性物質をまき散らす大量破壊兵器、通称”汚い爆弾”でした。これを特殊部隊は追っていました。

爆弾とその起爆に必要なUSBメモリが取引されていましたが、交渉が決裂すると殺し合いが始まります。その瞬間に銃撃を開始し、突入する特殊部隊隊員たち。

武装したテロリストが駆け付け、敵味方入り乱れる激しい銃撃戦となります。そこに隊員が乗った車も到着し、銃撃戦に参加します。

車で逃走を図った男がいましたが、隊長から指示を受けた狙撃手が射撃します。しかしその男を逃しました。アジトを制圧すると、特殊部隊は爆発物を回収します。

しかし取引現場に現れた女はその場を離れると、1人川で船を操り姿を消します。

東南アジアの国オーリラン、ASEANサミット開催72時間前。襲撃されたアジトから逃れた女は、街の中で、スマホで入金を確認した上でUSBを取引します。相手は彼女を追ってきますが、女は巧みに尾行を巻きました。

しかし女が車に乗り込むと、白人の男が現れ銃を突きつけます。その男こそ、あの取引現場から逃げた人物で、彼こそテロリストのボスでした。

ボスは女から受け取ったUSBが偽物との連絡を受けると、本物を渡せと脅します。しかし動じることなく、自分を殺せばUSBの行方は分からなくなる、と告げる女。

車に乗り込んだボスは、銃で脅し女に車を走らせます。しかし僅かな隙をついて女は反撃し、銃を奪って発砲しますが、ボスは走る車から転がり降りて逃れます。

後続する部下の車に乗ると、彼は部下と共に女の車を追跡します。女はナビで中国領事館の位置を確認し、そこを目指し車を走らせました。

テロリストの車は市内で発砲しながら追ってきます。それでも女は領事館にたどり着くと、警備員の制止を振り切り車で敷地内に入ると、手を上げ投降の意志を示します。その姿を見送るしかないテロリストたち。

女は中国の特務機関の用意した、市内にある秘密のセーフハウスに連れていかれます。しかしその姿は何者かに目撃され、通報されていました。

ASEANサミット開催48時間前。オーリランのホントック国際空港に、旅客機が到着します。降り立った乗客たちの中に、4人の中国人男女がいました。彼らは皆冒頭の作戦に参加した、特殊部隊のメンバーです。

観光客を装った4人が運河を進む船に乗り込むと、連絡員が接触してきます。ハオ隊長は彼から写真を渡され、今回の任務がこの”ホワイトゴード(白羊)”と呼ばれる女の保護だと聞かされます。それは領事館に逃げ込んだ、あの女でした。

連絡員は現地のヤクザ、ジンヤー・トンから武器を調達しろと指示して立ち去ります。しかし”ホワイトゴード”の写真を見て、衝撃を受けうなだれるハオ。

その夜トンと取引を済ませ、武器を手に入れたハオは車に乗り込みます。車には部下のガオ・レイとその弟分のゴウズ、女隊員のジン・ナンがおり、4人は固い絆で結ばれていました。ハオは車を運転するジン・ナンに、セーフハウスへ向かわせました。

そのセーフハウスに、テロリストのボスが迫っていました。”ホワイトゴード”は危険を察したのか、護衛を気絶させるとセーフハウスから逃亡します。ここを襲撃したボスは残された彼女のパスポートと、赤いカードを手に入れます。

ハオたちがセーフハウスに到着すると、そこにはパトカーや救急車が停まっていました。直ちに連絡員に電話をかけ、護衛が殺されたものの、肝心の”ホワイトゴード”は行方不明だと知らされるハオ隊長。

ホテルでシャワーを浴びていたハオは、かつて付き合っていた彼女のことを思い出し、苦悩していました。そこにジン・ナンが現れます。ハオの態度の異変に気付いた彼女は、”ホワイトゴード”と隊長の関係について訊ねます。

ハオ隊長は”ホワイトゴード”の正体はかつての自分の妻、シュー・ビン(フェイ・シンジェ)だと答えます。しかし軍人のハオは任務のため、彼女が必要とする時に側にいることができず、ビンは彼の元から離れて行ったのです。

彼に心を寄せるジン・ナンは思わず抱きつきますが、ハオの首のネックレスには、ビンとの結婚指輪がかかっていました。思わずハオの部屋から飛び出したジン・ナンを、気まずそうな顔のガオ・レイとゴウズが迎えます。

2人はジン・ナンが隊長を好きだと気付いていました。彼女が姿を消してから、それを冗談のネタにするガオ・レイと弟分のゴウズ。

その頃ボスは部下に、”ホワイトゴード”ことシュー・ビンが、所持していたカードを調べさせていました。

セーフハウスから逃れた後、ホテルに宿泊していたビンを、カードから行方を突き止めたテロリストたちが襲撃します。高い戦闘スキルを持つ彼女は、次々敵を倒してゆきます。

しかし数で勝るテロリストに圧倒され、ついに絶対絶命の危機を迎えます。そこに現れて敵を倒し、彼女を救ったのがハオたち特殊部隊の面々でした。

以下、『ピーク・レスキュー』のネタバレ・結末の記載がございます。『ピーク・レスキュー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 ANYSOFT FILM AND TELEVISION, GUANGDONG ULTRA PICTURES CULTURE COMMUNICATION CO., LTD, GOLD STONE FILM MEDIA CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

ハオ隊長たち特殊部隊隊員の4名は、”ホワイトゴード”と呼ばれた保護対象の女シュー・ビンを乗せ、車を走らせていました。元妻のビンの隣に座るハオの姿を、ジン・ナンが気にしながら見ていました。

しかし核物質を利用した、”汚い爆弾”でASEANサミットの攻撃を企む、テロリストたちのボスは襲撃現場であるビンの部屋で、爆弾を起動に必要なUSBを手に入れていました。

なぜこんな事をしているのだ、と訊ねるハオに、あなたには関係ないと答えるビン。声を荒げる彼に、今も夫のつもりなのかビンは応じます。

まだ結婚していた頃、2人の子を身ごもったビンは、流産の危機に夫に助けを求め、電話をかけました。しかし任務中の彼とは連絡がとれず、この悲劇が2人の関係を壊しました。

かつて2人は、チョウ・ユンファが出演した映画『アンナと王様』の舞台になった国を訪れたいと語っていました。それがこんな形で叶い、運命の皮肉を感じるビン。

そんな2人の会話に割って入ったジン・ナンですが、ビンは隠し持っていたUSBが失われたと気付き、彼らの車を元のホテルへ戻させます。到着すると今まさに立ち去ろうとする、テロリストたちの車が見えました。

車から降りたハオはビンをかばいつつ、部下と共に銃を放ちます。テロリストも車から出て応戦、激しい銃撃戦となります。

人数に勝るテロリストを次々倒す特殊部隊隊員たち。しかしボスが手榴弾を投げ爆発させると、ハオは腹部を負傷して倒れ、彼にビンが駆け寄ります。テロリストは逃亡し、傷付いたハオを救おうと車を走らせる隊員たち。

病院には連れて行かず、彼らは自分たちで隊長を救おうと試みます。ビンは破片を摘出しなければ命が危険だと判断し、自ら処置を試みます。ハオの無事を願うジン・ナンですが、彼がうわ言で呼ぶのは元妻のビンの名でした。

生まれるはずの子供を喪った後、姿を消した妻と連絡が取れず、ハオは深い自責の念に囚われていました。一方のビンも泣き崩れて過ごしていたのです。

そんなビンに情報機関からの誘いがありました。今までの生活を忘れるためにも、ハオにも告げず今の仕事についた彼女は”ホワイトゴードとして、東南アジアの地で危険で、時に汚い任務を引き受け、対テロ工作に従事していました。

回復した元夫ハオに、ようやく別れてから今までの経緯を伝えることができたビン。

テロリストの情報を得ようと、武器を調達した地元のヤクザ、トンに接触したハオとビン。しかし裏社会に通じるトンは、起爆装置を動かすUSBの手に入れたテロリストが、3時間後にこの都市で爆破テロを実行するとの情報を得ていました。

それを伝えると、爆発から逃げ出すために立ち去るトン。ハオは地図を広げ、ビンや部下と共に爆破テロの実行される場所を検討します。

まもなく開催されるASEANサミットで、各国の首脳とそれを祝う多くの市民が集まる、ホントック市の中心部がテロの目標と判断します。そしてトンは、ここに来る前にテロリストと接触し、情報を得たはずです。

ハオがジン・ナンにトンの車の走行記録を調べさせ、立ち寄った場所を確認します。そして駅こそが、テロの実行される場所だと結論したハオ。

ホントック市の中心部にある、ロイヤル駅に向かったハオたち5人。ASEANサミット開催の2時間前でした。全員で手分けして駅構内を見張ります。ジン・ナンが怪しい人物がいる列車を発見し、ハオ隊長に報告しました。

ハオはビンとカップルを装い、列車を監視します。そしてハオは元妻に、子供を失う1ヵ月前に軍に退役届を出していたと打ち明け、結果として妻と産まれようとしていた子を守れなかったと、心から詫びます。

監視していた列車に、テロリストらしき人物が乗ったと確認すると、ハオたちも急いで乗り込みます。列車はすぐに動き出しました。

ハオは無線を通じ、ビンとジン・ナンに運転席に行き、列車を止めるよう指示します。ゴウズには乗客の避難誘導を、ガオ・レイと自分が車内を捜索すると伝えます。

花売りの少女がいる車内を、ガオ・レイと共に探し歩くハオ。銃を持っていた男に気付くと、周囲の乗客に悟られぬよう始末します。ゴウズも動き出し、見張りらしき男に悟られぬよう、慎重に先頭車両に向かうビンとジン・ナン。

怪しげな男と目が合ったガオ・レイ。テロリストが銃を抜く前に、ケースに隠し持った自動小銃を取り出し射撃します。銃撃戦が始まり、周囲の乗客が悲鳴を上げます。

逃げ出した乗客たちを誘導していたゴウズは、テロリストの前に残された、花売りの少女に気付きます。彼女を庇いながら敵を射殺したゴウズですが、彼も撃たれていました。

狭い車内でテロリストと格闘になったハオ隊長。ガオ・レイは自動小銃で援護し、さらに迫りくる敵を射殺します。格闘の相手を倒したハオですが、治療したばかりの腹部の傷が開き、血が流れ出します。

少女に逃げるよう言い聞かせた瀕死のゴウズは、最後に乗客を安全な客車に避難させたと隊長に報告すると、命を喪いました。弟分のゴウズを亡くし取り乱すガオ・レイに、多くの人命を守るため、今は任務を継続しろと指示するハオ。

ビンを先に行かせるために残り、テロリストに拳銃で立ち向かうジン・ナン。ハオとガオ・レイは敵を倒しつつ、爆弾が設置された客車へと進みます。ビンは運転席を乗っ取ったテロリストを射殺し、ついに列車を止めることに成功します。

しかしジン・ナンも撃たれました。駆け寄ったビンに、ハオとは二度と離れないように言い残し、息を引き取ったジン・ナン。

目的の車両に到着したハオとガオ・レイですが、ボスは危険な放射性物質をまき散らす”汚い爆弾”を積んだこの場所で、銃を使うつもりかとあざ笑います。ボスが差し向けた2人の男に対し、銃を捨て素手で立ち向かうハオとガオ・レイ。

激しい格闘の末、2人はそれぞれ敵を倒します。ハオはタイマーが動く起爆装置のパソコンを止めようと操作しますが、ボスは彼に銃を向けます。

ガオ・レイが立ち向かいますがボスに撃たれて倒れ、次にハオに銃が向いた時に銃声がします。駈けつけたビンが、ボスを射殺したのです。ビンは急いでパソコンを操作して、間一髪で爆発を阻止しました。

ハオにジン・ナンの死を伝えるビン。彼の脳裏にゴウズとジン・ナンの姿が浮かびます。負傷しながらも身を起こした、ガオ・レイの手を掴んで任務の達成を確認し、そして元妻シュー・ビンと抱き合うハン・ハオ隊長。

こうしてテロは阻止されました。この地を去ったハオのタブレットに、ASEANサミット開催のニュースが流れます。タブレットの待ち受け画面には、彼とガオ・レイとゴウズ、ジン・ナンを写した写真が使われていました。

そして今日もまたハオ隊長とガオ・レイは、仲間の中国特殊部隊員と共に、平和のために出動するのです。

スポンサーリンク

映画『ピーク・レスキュー』の感想と評価

参考映像:『スカイハンター空天猎』(2017)

成長著しい中国映画界。本国に厖大な数の観客を抱え、更にアジア圏を中心とする需要も大きく、ハリウッド映画をしのぐ興行成績を収める作品も、続々と誕生しています。

ハリウッドに肩を並べる存在に育った中国映画は、その内容もハリウッド映画に対抗できるスケールを持つようになりました。

この作品の中国特殊部隊が異国で、自在に活躍する姿に政治的意図を感じる人もいるでしょうが、そういった作品を求める、自国の発展に意気高揚する観客層のニーズに応える、という必要性はあるのでしょう。

そして今までイギリスのスパイや、アメリカの軍隊や捜査官が映画やドラマで、世界中で好き勝手に活躍するのを、抵抗なく受け入れてきた我々の姿勢は何だったのか。それを他の国の映画が行うと覚える違和感の正体は何なのか、という疑問を再確認させてくれます。

という堅苦しい話題は置いて、本作監督は『スカイハンター空天猎』(2017)の、アクションシーン撮影に参加したジン・ハオです。その手腕に注目してみましょう。

動画配信用に作られた中国の本格派アクション


(C)2019 ANYSOFT FILM AND TELEVISION, GUANGDONG ULTRA PICTURES CULTURE COMMUNICATION CO., LTD, GOLD STONE FILM MEDIA CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

映画にしては短い上映時間の『ピーク・レスキュー』、本作は中国の動画配信サイト”iQIYI(アイチーイー、爱奇艺)”で公開されるために製作されました。

視聴者を引きつける、世界を舞台にしたアクション映画を完成させるべく起用されたジン・ハオ監督。彼が生んだアクションシーンは見応え充分、ファンなら必見の出来栄えです。

冒頭のミャンマーを舞台にした特殊部隊が見せる軍事作戦的なアクション、中盤のホテルでフェイ・シンジェが室内空間を利用して単身テロリスト集団と闘うシーンはスパイ映画的で、それぞれならでは、の見応えがあります。

続く路上での特殊部隊隊員vsテロ集団の銃撃戦は、マイケル・マン監督の『ヒート』(1996)風の描写。そしてクライマックスは、列車内という狭い空間でのアクションと、様々な戦闘状況が意図して作られています。

様々なアクションを見せることにこだわり、完成度の高いシーンを生んだ作品と評価して良いでしょう。

何故か80年代B級香港映画ムードが漂う


(C)2019 ANYSOFT FILM AND TELEVISION, GUANGDONG ULTRA PICTURES CULTURE COMMUNICATION CO., LTD, GOLD STONE FILM MEDIA CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

ところでこの映画上映時間が短く、アクションシーン盛り沢山なのに、主人公らの恋愛模様に部下の壮絶な死と、エモーショナルな描写に実に時間をかけ過ぎです。

だったらもう少し、異国で行うスパイ活動的な描写や、説得力あるテロリスト捜索に時間をかけた方がいいぞと、誰もが言いたくなるでしょう。

終盤の列車内のシーンも、アクションは見応え充分ですが、主人公や避難する乗客がどう動いたか、あの列車はどうつながっているのか、位置関係がさっぱり理解できません。

そしてクライマックスでいきなり、ここぞとばかりに流れるムーディーな歌謡曲には、申し訳ないですが吹き出してしまいました。

一体これはいつの時代のセンスなんだ? その昔香港でB級アクション映画を手がけていた監督が、久々に中国に招かれて撮ったのか? と真剣に思いました……。

その後現れるエンドロールが、なぜか昔のフィルム映画のプリント処理が甘かったそれの様に、上下にカクカク動いて流れる光景に、トドメを刺されました(皆様の目に触れる際は、差し替えられているかもしれませんが)。

盛り上げ方や妙な所で、実に80年代B級香港映画のテイストに溢れているこの作品、実に愛おしくなりました。

まとめ


(C)2019 ANYSOFT FILM AND TELEVISION, GUANGDONG ULTRA PICTURES CULTURE COMMUNICATION CO., LTD, GOLD STONE FILM MEDIA CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

色々とB級映画感、そして古典的ベタな盛り上げ演出たっぷりの『ピーク・レスキュー』ですが、アクションシーンは一級品、日本映画が太刀打ちできるレベルではありません。

東南アジア某国を舞台にしたこの作品、…どう見てもタイ。ロケ地もタイで、劇中にセリフに出て来たチョウ・ユンファの映画『アンナと王様』(2000)、舞台はご存知の通りタイです。

実際の国名を出すのは遠慮したのでしょう。海外で自由自在に暴れる、ハリウッド映画よりは謙虚な姿勢である、ってことにしておきましょう。その割にはミャンマーって言葉は、ヤバイ場所を示す言葉として使用していますけど。

いろいろとツッこみながら見ても楽しい映画です。でも邦画の実写映画版『空母いぶき』(2019)も、妙な名前の国を登場させていましたから、人のことは言えません。

映画を作るための、大人たちの知恵と配慮ですから…。広い心で受け入れましょう。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」は…


(C)2019 Bazelevs Entertainment Limited All Rights Reserved

次回の第37回は連続殺人鬼の魂が乗り移ったドローンが美女を襲う!驚愕設定のホラー映画『DRONE ドローン』を紹介いたします。お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら


関連記事

連載コラム

地獄が呼んでいる1話ネタバレあらすじ感想とラスト結末解説。Netflix配信にて激コワホラーに新感染シリーズのヨンサンホ監督が挑む

Netflixドラマ『地獄が呼んでいる』を各話完全紹介 『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016)を発表し、ホラー映画ファンの注目を集めたヨン・サンホ。その前日譚となる長編アニメーション映画『ソ …

連載コラム

新作映画『ヘルボーイ(2019)』キャスト【デヴィッド・ハーバーのインタビュー:地獄から這い上がって大騒動】FILMINK-vol.7

FILMINK-vol.7「David Harbour: Raising Hell In Hellboy」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche」 …

連載コラム

映画『リトル・ガール』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。少女サシャのトランスジェンダーの人権と尊厳に“監督や母親”は如何なる視点であるのか|タキザワレオの映画ぶった切り評伝「2000年の狂人」3

連載コラム『タキザワレオの映画ぶった切り評伝「2000年の狂人」』第3回 今回はご紹介するのはフランスのドキュメンタリー『リトル・ガール』。 毎年11月20日に行われる、トランスジェンダーの人権と尊厳 …

連載コラム

映画『サイバーミッション』ネタバレ感想と評価。非現実的な世界で描かれるリアル|サスペンスの神様の鼓動9

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回、取り上げる作品は、ハッカー同士の激しい攻防戦を描い …

連載コラム

香港映画『ハッピーパッポー』あらすじと感想。パン・ホーチョン節の炸裂にブレはなし‼︎|OAFF大阪アジアン映画祭2019見聞録11

連載コラム『大阪アジアン映画祭2019見聞録』第11回 今年で14回目の開催となる大阪アジアン映画祭。2019年3月08日(金)から3月17日(日)までの10日間、アジア圏から集まった全51作品が上映 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学