Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2022/06/30
Update

『劇場版 ねこ物件』あらすじ感想と評価解説。キャストはドラマに続いて古川雄輝が続投で「猫が招く幸せ」を考える|映画という星空を知るひとよ105

  • Writer :
  • 星野しげみ

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第105回

2022年4月より、テレビ神奈川、TOKYO MX、BS11ほかにて放送されたオリジナルドラマ『ねこ物件』。

ねこ×イケメン×シェアハウスの組み合わせで話題を呼び、テレビの放送前に『劇場版 ねこ物件』というタイトルで映画化決定の発表もありました。

舞台はあるシェアハウスの一軒家。テレビも映画も、ねこを愛しねこと共に暮らす男・二星優斗と夢を追う同居人たちの人生模様、そしてねこを通じて広がる人との繋がりや新しい家族の形を描いた、究極の癒しねこエンターテインメントとなっています。

イケメンたちも素敵ですが、同居する2匹のねこのクロとチャーの可愛らしさに、胸キュンとなることでしょう。ねこ愛にあふれた映画『劇場版 ねこ物件』をご紹介します。

『劇場版 ねこ物件』は2022年8月5日(金)新宿ピカデリーほか全国公開です。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

『劇場版 ねこ物件』の作品情報


(C)2022「ねこ物件」製作委員会

【公開】
2022年(日本映画)

【脚本・監督】
綾部真弥

【製作総指揮】
吉田尚剛

【企画】
永森裕二

【出演】
古川雄輝、細田佳央太、上村海成、本田剛文、松大航也、金子隼也、山谷花純、長井短、竜雷太

【作品概要】
おいしい給食』(2020)の綾部真弥が脚本と監督を務めた作品。2022年4月より、テレビ神奈川、TOKYO MX、BS11ほかにて放送されたオリジナルドラマの『ねこ物件』の劇場版です。

主人公・二星優斗を演じるのは、ねこドラマで初主演となる古川雄輝。シェアハウスの同居ねこは、愛らしい2匹の猫クロとチャー。

他に入居希望者としてやって来る、司法浪人生・立花修を細田佳央太が演じ、さらに長井短、上村海成、本田剛文、松大航也、金子隼也らも共演。ベテランの竜雷太も出演。

『劇場版 ねこ物件』のあらすじ


(C)2022「ねこ物件」製作委員会

幼い頃に両親を事故で亡くした二星優斗(古川雄輝)は、祖父・幸三(竜雷太)と2人暮らし。

ある日、幸三が病死し、それをきっかけに残された2匹の猫・クロとチャーと共に、“猫付きシェアハウス”を始めることにしました。

不動産会社の広瀬有美の手を借りながら、優斗を含むシェアハウス同居者5人とその飼い猫1匹を加えた3匹の、“二星ハイツ”が出来上がりました。

しかし、それぞれ同居人たちは、自分の夢を叶えて、ハウスを出て行きました。

1人残された優斗ですが、祖父が残した手紙から、幼い頃に離ればなれになった弟の存在を想い出して、探し出すことを決意。

その方法とは、“猫付きシェアハウス”と自分の存在を全国に知らしめて、再びシェアハウスの住人を募ることでした。

そんな優斗をサポートしようと、元の入居者だった、修、毅、丈、ファンの4人が二星ハイツへと帰ってきました。

『劇場版 ねこ物件』の感想と評価


(C)2022「ねこ物件」製作委員会

映画となった『劇場版 ねこ物件』は、ドラマの日常に主人公優斗の実弟探しというエピソードを加え、ドラマでいったん退去したイケメン同居人たちが再び集結します。

同居ねこのクロとチャーも登場し、2匹を愛してやまない優斗のねこたちと戯れる様子がたっぷりと映し出されます。

カッコいいイケメンたちがねこっ可愛がりにねこを愛でるシーンに、ねこになりたいと思う女性も多いのではないでしょうか。

男女を問わず人をひきつける魅力を持ったねこですが、しれっと‟我が道を行く”毅然とした態度もときには取り、これが本作の物語の謎解きのキーポイントにもなっています。

こんなプラスマイナス的な性格が、「ねこはツンデレ」などと言われる理由かもしれません。


(C)2022「ねこ物件」製作委員会

ねこも家族の一員とうたう「二星ハイツ」。やはり、ねこの扱いは人間並み以上です。

まず、家族そろっての朝食風景。同居人たちが揃ってテーブルを囲んで食事をしている足元で、ねこたちも一匹ずつ、専用のトレーに載ったお皿で朝食を食べます。

ねこたちが上品な仕草でもりもり食べる様子のなんと生き生きしていること。

そして、くつろぎの間のダイニング。壁一面に作られた猫のスペース用の大きな板が目を引きます。

そこには、踏み台のような「キャットシェルフ」や階段が取り付けられ、同居人たちが座っているそばの壁に、自分たちの居場所でくつろぐねこの姿が見いだせます。

人間とねこの距離感をほどよく保てる素敵なキャットグッズのおかげか、ねこと同居するシェアハウスの居心地良さがひしひしと伝わってきました。

ねこと暮らすメリットは何でしょう。この作品を観終わった後は、「ねこが好きだから」だけでない、ねこによってもたらさせるメリットを、自分でも求めてみたくなることは必至です。

まとめ


(C)2022「ねこ物件」製作委員会

ねこ好き必見な『劇場版 ねこ物件』をご紹介しました。

人との関わりを維持することの大切さをそれとなく教え、またねこの可愛さも洩れることなく伝える本作。

エンディングテーマで映し出されるねこの後ろ姿にも注目してください。イケメンたちの好演はもちろん、ねこたちの熱演も評価したい作品です。

『劇場版 ねこ物件』は2022年8月5日(金)新宿ピカデリーほか全国公開です。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

星野しげみプロフィール

滋賀県出身の元陸上自衛官。現役時代にはイベントPRなど広報の仕事に携わる。退職後、専業主婦を経て以前から好きだった「書くこと」を追求。2020年よりCinemarcheでの記事執筆・編集業を開始し現在に至る。

時間を見つけて勤しむ読書は年間100冊前後。好きな小説が映画化されるとすぐに観に行き、映像となった活字の世界を楽しむ。


関連記事

連載コラム

『イーグルVSシャーク』ネタバレあらすじ感想と結末ラストの評価。サメ映画じゃないよ!タイカ・ワイティティ監督の痛すぎオタク男女の恋愛模様|増田健の映画屋ジョンと呼んでくれ!2

連載コラム『増田健の映画屋ジョンと呼んでくれ!』第2回 この世には見るべき映画が無数にある。あなたが見なければ、誰がこの映画を見るのか。そんな映画が存在するという信念に従い、独断と偏見で様々な映画を紹 …

連載コラム

映画『タロウのバカ』感想とレビュー評価。大森立嗣監督が元々はデビュー作として構想した20年越しの力作|メランコリックに溺れたい1

はじめまして、こんにちは。 このたび、Cinemarcheで新コラム「メランコリックに溺れたい」を始めることになりましたライターの近藤です。よろしくお願いします。 映画の好みは人それぞれですが、最近話 …

連載コラム

今見るべき2020年映画ランキングベスト5|困難を極める時代だからこそ必見のセレクション《シネマダイバー:桂伸也選》

2020年の映画おすすめランキングベスト5 選者:シネマダイバー桂伸也 新型コロナウィルスの猛威という未曽有の障害が全世界を覆った2020年、感染拡大防止策のために人々の生活はさまざまな面で大きく制限 …

連載コラム

映画『南スーダンの闇と光』感想と考察評価。戦場カメラマンという存在の意義|2020SKIPシティ映画祭2

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020エントリー・ベン・ローレンス監督作品『南スーダンの闇と光』がオンラインにて映画祭上映 埼玉県・川口市にある映像拠点の一つ、SKIPシティにて行われるデジタルシネ …

連載コラム

『フランケンシュタイン対地底怪獣』『サンダ対ガイラ』映画解説。進撃の巨人に影響を与えた特撮作品|邦画特撮大全47

連載コラム「邦画特撮大全」第47章 2019年現在、NHKにてアニメ版が放送中で、2015年に樋口真嗣監督によって実写映画化もされた人気漫画『進撃の巨人』。 そのイメージベースとなった作品が、今回特集 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学