Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2022/03/25
Update

ブラジル映画『SNS殺人動画配信中』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ラスト怒涛の展開でサイコサスペンスを描いた問題作!|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー73

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第73回

深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞することも可能です。

そんな気になるB級映画のお宝掘り出し物を、Cinemarcheのシネマダイバーがご紹介する「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第73回は、『SNS殺人動画配信中』(2016)のご紹介です。

SNSに夢中な、17歳のシベーリが遭遇する、恐怖のライブ配信。ブラジル発の、SNSの恐怖にスポットをあてた本作は、31個もの映画賞を受賞しています。

いったい、どんな内容なのでしょうか?

【連載コラム】「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら

映画『SNS殺人動画配信中』の作品情報


(C) 2016 ArteBarata Production

【公開】
2016年制作(ブラジル映画)

【原題】
#babynymph

【監督・脚本】
アルド・ペドロサ

【キャスト】
ダンダラ・エイドリアン、ジョバンナ・アルメイダ、ロドリーゴ・シャガス、メイロン・エンゲル、ラファエル・フェレイラ

【作品概要】『
SNSに夢中のシベーリが、友達のダイアナと初めての「お泊り女子会」を開催したことで起きる、殺人ライブ配信の恐怖を描いたサイコサスペンス。

「ニューヨーク世界映画祭賞」「ロサンゼルス独立映画祭賞」等、世界中で31個の賞を受賞した注目の作品!

映画『SNS殺人動画配信中』のあらすじとネタバレ


(C) 2016 ArteBarata Production

片時もスマホを離すことなく、少しエッチなライブ配信で人気者になっている、17歳のシベーリ。

ミュージシャンの父親と共に、プール付きの豪邸に住み、楽しい毎日を送っています。

父親がツアーに出かけ、家を留守にしたことをキッカケに、シベーリは友人のダイアナを呼び「お泊り女子会」を開催します。

ダイアナは自由奔放なシベーリとは真逆で、厳格な家庭で育てられた、真面目な性格です。

シベーリとダイアナが部屋で話をしていると、シベーリの父親の元恋人デイユが屋敷を訪れます。

シベーリは、デイユが父親と別れた後に、父親が新しい恋人と写った写真をSNSにアップしました。

それにより、デイユから嫌がらせのような、300通のメールが送られたことで、シベーリはデイユを嫌っています。

ダイアナにデイユの悪口を聞かせていると、デイユが部屋に入って来ました。

一方的に「私たちは友達」と主張するデイユのペースに、シベーリは適当に合わせて、部屋からデイユを追い出します。

ダイアナと2人になったシベーリは、真面目なダイアナに、お酒を飲ませる為のゲームを始め、その様子もスマホに録画します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『SNS殺人動画配信中』ネタバレ・結末の記載がございます。『SNS殺人動画配信中』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

初めて飲むお酒に酔ってしまい、ベッドで寝転がるダイアナ。ダイアナは、酔った勢いでシベーリの母親のことを聞きます。

シベーリの母親は、風呂場で自ら手首を切って絶命し、母親の死体を最初に見つけたのが、幼い頃のシベーリでした。

ダイアナは、シベーリの悲しい過去を聞いてしまい、慰めようと抱きしめます。

酔いつぶれてしまったダイアナに、シベーリはナイフで身体を突っつく悪戯をしますが、ダイアナが眠ってしまった為、退屈になります。

シベーリは、麻薬の売人であるジョニーシスに連絡をし、マリファナを自宅に持って来させます。目覚めたダイアナは、いきなり屋敷に、面識の無い男性ジョニーシスが来たことで動揺します。

さらに、シベーリとジョニーシスが麻薬を吸い始めた為、ダイアナは再び寝室に戻ります。

麻薬で眠気に襲われたシベーリが、ベッドで眠り始めると、ジョニーシスが無理やり、シベーリの服を脱がそうとしてきました。

抵抗したシベーリは、先程悪戯で使用したナイフを、ジョニーシスに突き刺します。倒れたジョニーシスを、何度もナイフで刺すシベーリ。

物音で起きたダイアナに止められたシベーリは、ジョニーシスの死体を風呂場に隠します。

ダイアナは、自分が殺人に加担したことに耐えられず「あれは正当防衛だった」と、シベーリのスマホに録画します。

そこへ、シベーリが現れ「何をしているんだ!」と怒り出します。2人が揉めていると、金属音のような物音が屋敷中に響き渡ります。

謎の侵入者が現れた為、ダイアナは地下室に隠れ、警察に通報します。

ですが、警察への電話がバレてしまい、ダイアナは覆面姿の男に、地下室から連れ出されます。

侵入者には、もう1人覆面を被った女性の仲間がいて、風呂場に隠したジョニーシスの死体も見つかってしまいます。

覆面を被った女性は、隠れていたシベーリに「出て来い!」と叫びます。シベーリが姿を見せると、女性は覆面を脱ぎます。

侵入者の正体はデイユで、シベーリが自分の悪口を言っていたことを、全て聞いており、逆上して侵入して来たのでした。

もう1人の覆面の男は、シベーリの同級生ユリシースで、以前にシベーリがユリシースのことを、配信でバカにしたことを知り、デイユに協力していました。

ですが、逆上するデイユを、止めようとしたユリシースは、頭を撃ち抜かれて死んでしまいます。

さらに、ダイアナもデイユに殺されてしまいます。シベーリは泣きながらデイユに許しを請いますが、デイユに銃口を向けられます。

その瞬間、警察官が突入してきて、デイユを射殺します。シベーリは、ジョニーシス殺害もデイユの仕業にしようとし、嘘の証言を始めます。

しかし、ダイアナの通報で、住所を聞いていなかった警察官は「変な配信があり、ここが現場だと分かった」と伝えます。

シベーリが自分のスマホを見ると、これまで録画した映像が、全て配信され、さらに拡散されていたことが分かります。

人生の終わりを悟ったシベーリは、叫び声をあげます。

映画『SNS殺人動画配信中』感想と評価


(C) 2016 ArteBarata Production

スマホを手放すことなく、自身の配信に夢中の17歳のシベーリが遭遇する、ある殺人事件の恐怖を描いた『SNS殺人動画配信中』

本作で起きる全ての出来事は、シベーリが持っているスマホ画面を通して、映像として伝えられます

その為、スマホのバッテリーが切れて、いきなり画面が暗くなり、映像が戻ると別の場所に移動していたり、スマホを置いたままシベーリが何処かに行くと、物音だけが聞こえてきて「何が起きているか?」が、正確に分からなくなります。

シベーリの配信を実際に見ているような感覚に陥る、面白い演出の本作ですが、映画としては、なんというか独特なので、その独特ぶりをご紹介します

「孤独な内面」が読み取れる後半までの50分

『SNS殺人動画配信中』は、79分の比較的短い作品です。

ですが、その内50分は特別な何かが起きることも無く、小悪魔のようなシベーリに、観客はダイアナと共に、振り回されるような感覚に陥ります

本作の原題は「#babynymph」で、シベーリの学校でのあだ名のようですが、小悪魔的な意味があるのでしょうか?

ただ、この何も起きない後半までの50分では、小悪魔のようなシベーリの「孤独な内面」が読み取れる場面が多数あります。

まず本作の冒頭では、シベーリが自身のライブ動画を配信している場面から始まります。

ライブ配信のコメントの8割が「脱げ!」なので、まぁ、そういう人達が見ているのでしょう

シベーリも「このアプリはバカしか見てない」と言っていましたので、本人も了承済なんでしょうね。

そして、友人のダイアナが泊まりに来るのですが、このダイアナが非常に真面目な性格で、自身のアプリで、見ている人達を挑発するようなシベーリとは、正反対という印象です。

そして中盤にかけて、シベーリがダイアナにお酒を飲ませるゲームをやらせたり、恋バナをしたりするのですが、ダイアナはゲームを拒否したり、聞いてくる質問も「初めてのキスはいつ?」など、ハッキリ言って面白味がありません。

シベーリは何故、父親が3日もいない自由な時間に、ダイアナとのお泊りを企画したのか?不思議なぐらいです

シベーリは「9歳の頃から、バーに出入りしてお酒を飲んでいる」と言っていますが、おそらく、そんな遊んでいることもなく、本当はダイアナしか友達がいないのではないでしょうか?

自宅にプールがあるのに「しばらく、自宅でのパーティーはやっていない」とも語っています。

シベーリは、幼い頃に母親を亡くしており、表には出しませんが、心に傷を負っています。

その傷を隠すかのように、ライブ配信で、見ている人を誘惑する「違う自分」を演じているのでしょう

そして、広い屋敷で3日間も1人になることに耐えられず、ダイアナを泊まりに来させたのではないでしょうか?

本作の開始から50分は、シベーリが何かやりそうで、何もやらない展開が続きますが、そこに見え隠れするのは、シベーリが心の奥底に隠した「孤独」です。

後半30分の怒涛の展開とあまりにも残酷なラスト

シベーリの「孤独」がにじみ出ながらも、前半から中盤にかけて、特に大きな展開が無い『SNS殺人動画配信中』

ですが、シベーリが麻薬の売人である、ジョニーシスを家に呼んでから、展開が大きく変わります

ダイアナとの時間が、予想以上に退屈だったのか、シベーリはジョニーシスに連絡をし「父親は家にいない」など、余計なことを言ってしまいます。

そして、麻薬でハイになったジョニーシスに襲われたことで、シベーリは身を守る為に、ジョニーシスに刃物を突き刺します。

そこから、ジョニーシスの死体をダイアナと隠し、事実をスマホの映像に残そうとするダイアナとシベーリの間で確執が起き、謎の侵入者の登場、暴走したデイユの恐怖という、後半30分間で怒涛の展開が巻き起こります

シベーリとダイアナが遊んでいた、前半から中盤の50分間とは大違い! そして、デイユの暴走の結果、シベーリはダイアナを失います。

ただ、ジョニーシス殺害もデイユに押し付けようとする辺り、シベーリもなかなかの神経をしています。ですが、この一部始終はアプリを通して配信されてしまいました。

「バカしか見ないアプリ」と呼んでいた、そのバカな人達に動画が拡散され、17歳にして人生が終了したシベーリ。

考えてみると、なかなか恐ろしい結末です。

まとめ


(C) 2016 ArteBarata Production

ブラジルのサイコサスペンス『SNS殺人動画配信中』は、独特の魅力がある作品でした。

あまりブラジルの作品は観たことが無いのですが、以前観賞した『死体語り』(2019)も、一風変わった映画でした。

国によって、それぞれの作風が違うのも、映画の面白い部分ですよね。

ただ、どこの国にもデイユみたいに、下手に関わると危険な人間っているんですね

SNSは世界と繋がることが出来ますが、どこにでも刺激するとヤバいタイプはいるので、軽い気持ちや遊び半分で、人をバカにした配信をすると『SNS殺人動画配信中』のような、恐ろしい目にあってしまうかもしれません






関連記事

連載コラム

『生まれてよかった』あらすじ感想評価と内容解説。韓国映画が大阪アジアン映画祭にて受賞“来るべき才能賞”の快挙!|OAFF大阪アジアン映画祭2021見聞録5

第16回大阪アジアン映画祭「来るべき才能賞」受賞作 『生まれてよかった』 2021年3月14日(日)、第16回大阪アジアン映画祭が10日間の会期を終え、閉幕しました。グランプリと観客賞をダブル受賞した …

連載コラム

映画『沈黙の終焉』ネタバレ感想。シリーズ最新作でスティーブン・セガールは死ぬのか!?|未体験ゾーンの映画たち2019見破録8

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第8回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の「未体験ゾーンの映画たち2019」で、58本の映画がまとめて上映されています。 日本公開が見送られていた …

連載コラム

映画『北風アウトサイダー』あらすじ感想と評価解説。崔哲浩が在日朝鮮人兄妹の絆を描く|銀幕の月光遊戯 86

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第86回 映画『北風アウトサイダー』は2022年2月11日(金)よりシネマート新宿他にて全国順次ロードショー! 劇団野良犬弾の主宰者で俳優の崔哲浩が自身の半生を基に監督・脚 …

連載コラム

Netflix『全裸監督』第2話あらすじネタバレと感想。黒木香の登場と無修正ビニ本ビジネス|パンツ一丁でナイスですね〜!2

連載コラム『パンツ一丁でナイスですね〜!』二丁目 Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』が2019年8月8日より配信されています。 第二話ではビニ本ビジネスで大成功する村西とおるや、新たな仲間、 …

連載コラム

鬼滅の刃名言/名場面刀鍛冶の里編|ネタバレ有でねずこ/禰豆子感動シーン×冨岡の意味深発言を解説【鬼滅の刃全集中の考察19】

連載コラム『鬼滅の刃全集中の考察』第19回 大人気コミック『鬼滅の刃』の今後のアニメ化/映像化について様々な視点から考察・解説していく連載コラム「鬼滅の刃全集中の考察」。 前回記事に引き続き、今回も「 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学