Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

映画『イングリッド』ネタバレ感想と考察解説。ネットストーカーの女と化したSNS依存者の狂気をコミカルに描く

  • Writer :
  • 西川ちょり

SNS時代のダークコメディー

ネット・ストーカーと化したSNS依存者を主人公にした『イングリッド‐ネット・ストーカーの女‐』は、2017年サンダンス国際映画祭でオリジナル脚本賞を受賞した異色のドラマです。

ネットで憧れの対象を見つけると執着せずにはいられない女性を、リブート版『チャイルド・プレイ』(2019)などのオーブリー・プラザが演じ、標的になるインフルエンサーに、「アベンジャーズ」シリーズのエリザベス・オルセンが扮しています。

スポンサーリンク

映画『イングリッド‐ネット・ストーカーの女‐』の作品情報

【公開】
2017年(アメリカ映画)

【原題】
Ingrid Goes West

【監督】
マット・スパイサー

【キャスト】
オーブリー・プラザ、エリザベス・オルセン、ビリー・マグヌッセン、ワイアット・ラッセル、ポム・クレメンティエフ、オシェア・ジャクソン・Jr

【作品概要】
2017年サンダンス映画祭で話題となり、オリジナル脚本賞を受賞。SNSに依存するネットストーカーを主人公にした問題作で、作品賞にもノミネートされました。

オーブリー・プラザ、エリザベス・オルセンらが出演。日本国内では劇場公開されず、DVD、ネット配信されています。

映画『イングリッド‐ネット・ストーカーの女‐』あらすじとネタバレ


(C)2017 Taylor Made Media LLC. All Rights Reserved

instagramで友人となった女性から結婚式に招待されなかったことを逆恨みし、結婚式に乗り込んでいったイングリッドは、幸せの絶頂にいる女性の顔にスプレーを吹き付け取り押さえられます。

施設で更生したあと、彼女は死んだ母から6万ドルの財産を相続します。けれども彼女は再び懲りずに、instagramに素敵なフォトを上げているインフルエンサーのテイラーに接近しようと考えロサンゼルスに引っ越します。

バットマン好きで、脚本家志望の青年、ダン・ピントが大家をしているロサンゼルス西部のヴェニスにある家を気に入ったイングリッドは、家を借りることにしました。

本当に家賃が払えるのか不審がるダンに「お金ならある」とバッグの中身を見せ、契約をとりつけます。

テイラーがよく行くという店に入ると、本当にテイラーが店にやってきて、挙動不審になるイングリッド。

なんとか彼女に近づきたいイングリッドは、テイラーの家を見張り、テイラーと夫が出かけたすきを見て、彼女の愛犬を誘拐します。

愛犬がいなくなって悲しんでいるテイラーのもとに、犬を見つけたと届けに行くと、テイラーは大喜びし、イングリッドをもてなし食事の用意までしてくれました。

彼女の夫は、最近会社を辞めてアーティストに専念しているとのことで、作品を見たイングリッドが作品を一枚購入すると、テイラーは「あなたは最高よ!」と大喜び。

それをきっかけにすっかり親しくなった2人。翌日、イングリッドはテイラーに頼まれてダンからトラックを借り、テイラーの荷物運びを手伝うことにしました。

ダンは夕方から仕事の打ち合わせに車を使うからとしぶりましたが、イングリッドは夕方には返すと約束します。

テイラーと一緒の時間はまるで夢のようでした。テイラーの誘いを断れず、あっという間に時間が過ぎ去り、トラックを返す約束の時間はとっくにすぎてしまいました。その上、イングリッドは、帰宅途中にダンのトラックを破損してしまいます。

イングリッドはお詫びとしてダンと食事を共にすることになりました。その席で意気投合した2人は、そのままベッドイン。恋人関係になりました。

テイラーから親友のように扱われて、イングリッドもすっかりインフルエンサーの仲間入りを果たします。インスタグラムのフォロワーもあっという間に増えていきました。

そんな中、テイラーの弟であるニッキーがパリから帰国しました。ニッキーはテイラーから聞いていたとおり、かなりのやっかいもので、テイラーの夫は彼を嫌っていましたが、テイラーはニッキーを甘やかすばかりです。

ある日、イングリッドは、ダンと共に有名ファッションブロガーのハーレイのパーティーに参加しますが、テイラーはハーレイに夢中で、イングリッドが声をかけても2人で話し込んでいます。イングリッドは激しい嫉妬心を覚えました。

パーティー会場で、イングリッドはスマートフォンを落としてしまいました。すぐに見つかると思いましたが、なかなか見つかりません。実はスマートフォンはニッキーに拾われ、中身を見られていたのです。

テイラーをストーキングしていた事実がわかる写真が多数保存されており、イングリッドの正体を見破ったニッキーは、ティラーにばらされたくなかったら金を払えと脅してきました。

イングリッドはなんとか言い逃れしようとしますが、ニッキーは悪知恵だけは達者でまったく誤魔化しがききません。

思案したイングリッドは、日が暮れてから、数名でたむろしている男のもとに近づき、殴ってくれと頼みました。

一人の男が金を要求したので、イングリッドは金を払い、「全力で顔面を殴って」というと、男は本当に全力でイングリッドを殴りました。

イングリッドはそのままダンのところに駆け込みニッキーに殴られたと訴えました。「家に帰ったらニッキーがいたの。クスリか何かやってる雰囲気だった。スマフォを返せといったら5万ドル要求された。遺産のことを聞いたらしいの。遺産のことしゃべった?」

ダンは覚えていないけど、いろいろと質問攻めされたと答えました。ニッキーに電話しようとするダンを制止し、「誰かにしゃべったら殺すって言った」と泣きながら訴え、ダンに「バットマンになって」と頼みました。

イングリッドとダンはニッキーを誘拐し、脅しつけようとしました。ところが、ニッキーが思ったよりも強く、逆にダンを激しく殴り始めました。イングリッドは後ろからニッキーをバールで殴って昏倒させました。

砂漠にニッキーを置き去りにしてダンを病院に運ぶイングリッド。ダンは重症で眠り続けていました。テイラーから電話がかかってきてあわてて出ると、ニッキーの所在がわからないと言います。「パリに帰ったのでは?」とイングリッドはいい、お茶に誘いますが、テイラーはつれなく電話を切ってしまいます。

テイラーとすれ違う日々が続き、イングリッドは電話をかけることにしました。出たのは彼女の夫でした。彼はイングリッドに「テイラーは会いたくないと言っている。二度と私たちに関るな」と言います。

意識を取り戻したニッキーがスマートフォンの画像のことや誘拐のことなど、全てを話していたのです。「ニッキーが恐喝をしていなかったら君は刑務所行きだった」とテイラーの夫は言いました。

二度と電話するなと言われたにも関わらず、イングリッドは何度も何度もテイラーに電話して伝言を残しました。ついに電話がかかってきたと思ったらテイラーの夫で、「君はいかれてる!今すぐ電話をやめないと警察に電話する!」と告げられます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『イングリッド‐ネット・ストーカーの女‐』ネタバレ・結末の記載がございます。『イングリッド‐ネット・ストーカーの女‐』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

思いつめたイングリッドは、テイラーの家の隣の家を5万ドル出して買い、彼女の家を見張り始めました。しかし、有り金全てをはたいため、口座を開くことが出来ず、水も電気も止められてしまいます。

スマフォを充電することも出来ません。テイラーの家では賑やかにハロウィンのパーティーが開催されていました。

イングリッドはシーツで仮装して、テイラー家の庭に入り込み、コンセントを見つけてスマートフォンを充電します。

誰かがシーツの裾を踏んだため、イングリッドはひっくり返り、テイラーたちにバレてしまいます。

「5分だけ話せる?」というイングリッドにテイラーはいいわと答え、2人は移動しました。まったく悪びれていないイングリッドについにテイラーが切れ、「あなたは友だちじゃない。ただのフォロワーよ」と言い放ちます。「あなたは惨めで病んでいる。病院で診てもらうべき」と。

イングリッドが反論しようとすると「5分たった」とニッキーと夫がやってきて、立ちふさがりました。「忘れ物だよ」と夫は、スマートフォンをイングリッドに渡し、イングリッドはすごすごとその場を離れました。

家に戻ったイングリッドは、スマートフォンを自分に向けて動画を撮り始めました。「この2ヶ月のわたしの投稿は全部嘘だった」と。「私はどうかしてたけど、方向転換のやり方がわからないの」

正直に思うことを言葉にし、みじめな自分をさらして「これが本当の私よ」というと睡眠薬を大量に飲み始めました。そしてゆっくり目を閉じました。

イングリッドを呼ぶ声がしたので目をあけるとそこは病院のベッドでした。動画を見たダンが救急車を呼んだのです。お見舞いに来るまでに回復したダンは、スマートフォンをイングリッドに手渡しました。

遺言動画が拡散され、今や、イングリッドにはたくさんのフォロワーがいました。「#わたしはイングリッド」というハッシュタグまで出来ていました。

イングリッドは驚いた表情でまじまじとスマートフォンの画面に見入るのでした。

スポンサーリンク

映画『イングリッド‐ネット・ストーカーの女‐』の感想と評価


(C)2017 Taylor Made Media LLC. All Rights Reserved

ネットで憧れの対象を見つけると執着せずにはいられないSNS依存者・イングリッドが本作の主人公です。

更生して施設から出て来た途端、彼女に莫大な遺産が転がり込みます。新しい人生、新しい自分を生きるのにこれほどのチャンスはないように見えます。しかし彼女は再び同じ道をたどっていくのです。

目をつけたセレブのテイラーとお近づきになり、作戦通りみるみる親しくなっていきますが、テイラーの弟がパリからやってきたあたりから、テイラーはイングリッドに急激に興味を失くしていきます。

イングリッドを演じているのは『ダーティ・グランパ』(2016/ダン・メイザー)などで知られるオーブリー・プラザ。インフルエンサーと友達になりたいという執拗な欲求が彼女を突き動かしています。

インフルエンサーと交流が始まると、インフルエンサー側の違和感が目立ち始め、逆にイングリッドのほうが、案外まともな人間のように見えてくるのが面白いところですが、絶体絶命の危機に追い詰められた後半は、イングリッドは、危ないキャラとしかいいようがない、なりふりかまわない行動を取リ始めます。

一方のインフルエンサーを演じているのはエリザベス・オルセン。「アベンジャーズ」シリーズのワンダでおなじみです。

彼女は映画の終盤にイングリッドに「あなたはinstagramのただのフォロワー」と言い放ちます。インスタグラマーとただのファンだという言葉がこの女性の本質をよく表しています。

結局、このオシャレなワンダフルな女性は、自分にとって利用価値のある人としか付き合わないのです。愛犬を見つけてくれて(実はイングリッドが誘拐したのですが)、夫の作品を買ってくれた女だから使えると思ったのでしょうが、特に付き合うメリットがないと感じたらもう興味を失ってしまいます。

最初はとても魅惑的な女性に見えていたテイラーという女性の底の浅さが見えてくる仕掛けになっています。

「ネットストーカー」を扱った作品というとサスペンスタッチのスリラーを想起しますが、本作は、むしろウィットたっぷりのダークコメディーと言っていいでしょう。憧れる女性、憧れられる女性という2人の女性の関係をSNSというツールにからめて、コミカルに、シニカルに描いています

絶望したイングリッドはSNSに今までの自分の姿は全部、嘘。これが本当の私なのと告白して自殺を図ります。ダンの機転で一命を取り留めダンから差し出されたスマホを見ると、そこには自分の姿をさらけ出した彼女を礼賛するコメントが溢れていました。

これは、虚栄の中に自分を見失っていた人が従来の自分らしさを取り戻したという点で、一見、ハッピーエンドに見えるのですが、イングリッドが承認要求から逃れられるのか甚だ怪しく、このラストには一抹の不安を感じずにはいられません。

それにしても6万ドルの遺産のこれほどの無駄遣いもないのではないでしょうか。SNS狂騒曲ともいえる時代の空気をチクリと皮肉って見事です。

まとめ

イングリッドの大家さんで、のちに親しくなるダンは、脚本家志望。ロサンゼルスにはこのように別の仕事をしながら、映画業界の一員になろうと夢見る人がごまんといるといわれています。彼もそんな一人で、バットマンを愛する好青年です。

ダンに扮しているのは、ラッパー、アイス・キューブの長男で、「N.W.A.」の伝記映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』(2015/ F・ゲイリー・グレイ)でアイス・キューブ役をオーディションで勝ち取り俳優デビューを果たしたオシェア・ジャクソン・Jr.です。

この物語で唯一、まともな人間なので、果たして彼はこれで良かったのか、またまた一抹の不安が湧き上がります。何しろ、騙されて、犯罪に加担させられて、怪我までしているのですから。彼の幸福を願わずにはいられません。

関連記事

コメディ映画

いつだってやめられる10人の怒れる教授たち|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

2009年のイタリアは、ギリシャに始まった欧州危機が拡大し、大学の多くの研究者たちの収入が削減され、職を追われるものも後が立たない状態でした。 彼らの中には、海外に稼ぎを求めるものも多く、“国の頭脳流 …

コメディ映画

映画『KAPPEI 』ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。カッペイ演じる伊藤英明が初めての恋心との戦いに挑む!

終末を救うはずだった最強の戦士が、平和な日本で恋の戦いに挑む! 「1999年に世界が滅亡する」という、かつてのノストラダムスの大予言を受け、終末が訪れた日本を平和に導く為に戦う…はずだった「終末の戦士 …

コメディ映画

ショーン・ペンの映画演技力の原点『初体験リッジモントハイ』1982年公開

演技派俳優として知られるショーン・ペン。 彼の代表作はハートフルな障がいのある父親を演じた『アイ・アム・サム』や、アカデミー主演男優賞を獲得した『ミスティック・リバー』やLGBTのアメリカ初となる政治 …

コメディ映画

映画『オレの獲物はビンラディン』あらすじと感想。実話をコメディに

マジか⁉︎ ニコラス・ケイジの挑んだ仰天、驚愕の実話はコメディになった! 神の啓示を受け「ビンラディン捕獲」の作戦に独りで挑み、全米を騒がせた愛国オヤジの奇妙キテレツな行動と狂気は、まさに若者ならでは …

コメディ映画

コンフィデンスマンJPプリンセス編|あらすじと感想レビュー。キャストの長澤まさみに加え、劇場第2弾では白濱亜嵐&関水渚&古川雄大らも参戦

長澤まさみ主演の『コンフィデンスマンJP プリンセス編』2020年7月23日(木・祝)より公開。 映画「コンフィデンスマンJP 」シリーズ続篇『コンフィデンスマンJP プリンセス編』。監督は田中亮、脚 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学