Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

『不倫ウイルス』あらすじ感想と評価解説。SF映画の要素を入れた恋愛コメディとして“本当の愛”を追い求めた群像劇

  • Writer :
  • 谷川裕美子

ラブコメディ『不倫ウイルス』は2022年10月28日(金)より池袋HUMAXシネマズにて劇場公開!

愛していない人間とも肉体関係を持ってしまうウイルスに感染してしまった人と、彼らをとりまく人々の姿を描く群像ラブコメディ『不倫ウイルス』が2022年10月28日(金)より池袋HUMAXシネマズにて劇場公開されます。

テレビドラマ「世にも奇妙な物語」などの脚本を手がけ、脚本家として活躍をされている長谷川徹による、長編映画の劇場デビュー作品。

本作のキャストには、映画初主演となる依田啓嗣、女性アイドルグループ「民族ハッピー組」の馬渕恭子によるダブル主演。また、お笑いコンビ「インパルス」の堤下敦、『カメラを止めるな!』のしゅはまはるみといった、実力のある人気俳優も出演しています。

浮気は当人に責任があるのか、それともウイルスによる不可抗力なのか。そして本当の愛とはどこに存在するのか。真実を追い求める人々の姿がユーモアたっぷりに描かれます。

スポンサーリンク

映画『不倫ウイルス』の作品情報


(C)無限の猿定理

【公開】
2022年(日本映画)

【監督・脚本】
長谷川徹

【編集】
西川祐司

【出演】
依田啓嗣、馬渕恭子(民族ハッピー組)、堤下敦(インパルス)、しゅはまはるみ、川上なな実、金子みひろ

【作品概要】
感染すると愛していない人間と不倫してしまうウイルスに向き合う人々の混乱するさまを描いた群像ラブコメディ。

監督は、バラエティ番組の放送作家から脚本家に転向し、テレビドラマ「世にも奇妙な物語」「ひぐらしのなく頃に」などの脚本を手がけてきた長谷川徹。本作が長編映画監督デビュー作となります。

不倫ウイルスに感染してしまう主人公・輝男役を舞台作品を中心に活躍する俳優の依田啓嗣、妻の蓮役を女性アイドルグループ「民族ハッピー組」のメンバーで本作が映画初出演となる馬渕恭子が演じます。

お笑いコンビ「インパルス」の堤下敦、『カメラを止めるな!』(2018)のしゅはまはるみら豪華キャストが共演。

映画『不倫ウイルス』のあらすじ


(C)無限の猿定理

小石蓮は夫の輝男の不倫を疑っていました。休日出勤だと言って家を出た夫のあとをつける蓮。彼が向かったのは病院の不倫科でした。

院内で不審な動きをしていた蓮は夫と女医の桐島真理子にみつかり、「不倫ウイルス」というものの存在を初めて教えられます。それは感染すると不倫せずにはいられなくなってしまうものでした。

輝男は自分が感染していることを話し、蓮に謝ります。飛沫感染してしまった彼は、ウイルスによって不倫するようになっていました。

本人には非がなく、病気のせいだと説明されても、蓮には受け入れることができませんでした。

輝男は蓮への愛を証明しようと努力しますが空回りばかり。その後、彼は次々に周囲の人々に感染させてしまい…。

スポンサーリンク

映画『不倫ウイルス』の感想と評価


(C)無限の猿定理

“本当の愛を求めた”人たちをユーモアたっぷりに綴る

不倫がなくならない社会を風刺したユーモラスな一作です。

愛する人から愛されたいという思いの裏で、遊びの愛にも憧れてしまう人間の弱さ。それを「不倫ウイルス」という架空の存在に乗せて、掘り下げて描き出します。

「浮気の虫」という言葉通り、不倫は本人には非がなくウイルスのせいだと責任転嫁するブラックなユーモア。ピリリと効いた皮肉がおかしく、開き直り的なセリフの数々に思わず笑ってしまいます。

罪を憎まず患者を支える方法を考えようという内容の啓蒙ビデオなどシニカルな小ネタも満載です。

その一方で、不倫ウイルスに感染した夫を持つ妻が、どれが本当の愛なのかわからず苦悩する姿はとてもリアルです。

浮気しても「病気のせいだから」と言えば許してもらえる世界。しかしそんな虫のいい話があるはずもありません。不倫する側もされた側も病気だから仕方がないといって、簡単に気持ちの上で割り切れるものではないからです。

笑いを交えながらも、そんなぐっと胸に迫る人の心の真実も丁寧に描かれています。

主演を務める実力派の依田啓嗣、気の強い主婦を演じるしゅはまはるみがさすがの演技をみせており、本作が映画初出演となる馬渕恭子も悩める主人公の妻を好演。「インパルス」の堤下敦も感染患者をコミカルに演じ作品を盛り上げます。

まとめ

人に不倫させてしまう架空の感染ウイルスをめぐる人間模様を描くラブコメディ『不倫ウイルス』。愛を求める人の思いや、家族のつながりの温かみを丁寧に描いたヒューマンドラマでもあります。

笑いを交えながらも、重症になると脳炎などの恐ろしい事態を招く恐ろしいものとして描かれるなど、現実の不倫の怖さとも通じるものを感じさせる作品です。

群像ラブコメディ『不倫ウイルス』は2022年10月28日(金)より池袋HUMAXシネマズにて劇場公開です。





関連記事

コメディ映画

映画『引っ越し大名!』あらすじネタバレと感想。星野源×高橋一生×高畑充希らで描く等身大時代劇

映画『引越し大名!』は2019年8月30日(金)より全国ロードショー公開! 泰平の時代を迎えた江戸時代。 その時代を生きた大名たちにとっての一大事業「国替え(=引っ越し)」をテーマにした等身大時代劇を …

コメディ映画

Netflix映画『ザ・ランドロマット』ネタバレ感想と評価考察。実話事件パナマ文書流出に隠された意味をソダーバーグ監督が問う

結婚40周年の代償が、世界規模で起こった「正直者が馬鹿を見る」巨大違法取引の巻き添えに…それは詐欺事件だった!? 今回ご紹介する『ザ・ランドロマット -パナマ文書流出-』は、お金に関する実際に起きた事 …

コメディ映画

『ヴィーガンズ・ハム』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。肉屋夫婦が人間狩りを始めた最後の運命とは⁈

廃業寸前の「肉屋」が販売を始めたのはヴィーガンの肉だった!? お店の経営と夫婦間の危機を迎えた肉屋が、あることをキッカケにヴィーガンの肉を販売し始める、フランスのブラックコメディ『ヴィーガンズ・ハム』 …

コメディ映画

映画ラヂオの時間|ネタバレ感想とあらすじ結末の考察解説。伏線/名言だらけの渡辺謙出演コメディは三谷幸喜の初監督作

映画『ラヂオの時間』は三谷幸喜監督による初の長編作品。 熱海で主婦と漁師が恋に落ちる内容のラジオドラマが、主演女優のわがままで設定が変わったことをきっかけに、アメリカを舞台にしたスケールの大きなシナリ …

コメディ映画

韓国映画『死なない夫』あらすじ感想と評価解説。人喰猪と悪霊の次は⁈SFコメディでもシン・ジョンウォン監督の作風はどこまでも笑いに満ちている

「夏のホラー秘宝まつり 2021」にて上映の韓国映画『死なない夫』 2021年今夏もホラー映画マニアの恒例イベント「夏のホラー秘宝まつり 2021」が開催されます。 2014年より東京のキネカ大森で始 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学