Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/03/06
Update

映画『かぞくあわせ』感想評価と解説。しゅはまはるみと藤田健彦主演のオムニバスが動画配信サイト【シネマディスカバリーズ】にて視聴可能に!

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

インディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い映画を配信するサービス「CINEMA DISCOVERIES」。

2021年3月6日に、サイトがリニューアルされ、早くも劇場で話題を集めた映画『かぞくあわせ』や『ハッピーアイランド』

また他の動画サイトでは観ることのできない独占配信の映画『老人ファーム』など、続々と新着作品が登場しています。

今回はその中から、映画『かぞくあわせ』を中心にご紹介します。

本作は、同じ主演俳優、同じ撮影場所、同じ撮影日数(24時間)で、3本のオムニバスを制作するという、面白い試みの作品となっています。

スポンサーリンク

映画『かぞくあわせ』の作品情報


(C)2019 ルネシネマ

【公開】
2019年公開(日本映画)

【作品概要】
神奈川県・湘南の結婚式場「シーサイドリビエラ」を舞台に、長谷川朋史、大橋隆行、田口敬太の3人の監督が、結婚や家族をテーマに制作した3本のオムニバス映画。

映画『カメラを止めるな!』(2017)で、話題になった女優しゅはまはるみと、ベテラン俳優の藤原健彦が、3本共通で主演を務めています。

第1話『左腕サイケデリック』の監督とキャスト

長谷川朋史監督


(C)2019 ルネシネマ

【監督・脚本】
長谷川朋史

【キャスト】
しゅはまはるみ、藤田健彦、茎津湖乃美、田口敬太、奥村朋功

第1話『左腕サイケデリック』のあらすじ


(C)2019 ルネシネマ

徳一と和枝の夫婦は、娘のナオミの結婚式に出席します。

ですが、マリッジブルーに陥ったナオミは、徳一を突き飛ばして、バージンロードから逃げ出してしまいます。

突然の事に戸惑う徳一と対照的に、和枝は妙に落ち着いた様子を見せます。

和枝は、徳一との結婚式を思い出し「自分も逃げ出したかった」と振り返りますが、何故結婚したのか?が思い出せません。

徳一が、能天気な和枝の様子に呆れていると、結婚式場の上空に謎の飛行物体が出現します。

スポンサーリンク

第2話『最高のパートナー』の監督とキャスト

大橋隆行監督


(C)2019 ルネシネマ

【監督・脚本】
大橋隆行

【キャスト】
しゅはまはるみ、藤田健彦、奥村朋功、佐藤考哲、太田いず帆、宇佐美真仁、上久保汐李、黒田麻美、才藤えみ、林良、藤井杏朱、松坂慎治

第2話『最高のパートナー』のあらすじ


(C)2019 ルネシネマ
21世紀、人類は高性能コンピューターと共に生活をしていました。

ダイスケは、パーティーの席でユーコと出会います。

ダイスケは、自身の高性能コンピューターである、フジタを通して、ユーコと連絡を取り合い、ユーコと食事の約束をします。

ですが、その瞬間からフジタの様子がおかしくなります。

実は、フジタはユーコの高性能コンピューターである、シュハマに偶然触れた事で、シュハマの事が気になっていました。

フジタはダイスケとユーコの恋愛を成就させる為、ダイスケへの猛特訓を開始します。

第3話『はなればなれになる前に』の監督とキャスト

田口敬太監督


(C)2019 ルネシネマ

【監督・脚本】
田口敬太

【キャスト】
しゅはまはるみ、藤田健彦、小島彩乃、池田良、松澤可苑、てっぺい右利き、星野花菜里、茎津湖乃美、奥村朋功

第3話『はなればなれになる前に』のあらすじ


(C)2019 ルネシネマ
離婚する事になった夫婦、良雄と愛子。

良雄は二度目の離婚となり、前妻との間に詩織という娘がいました。

ですが良雄は、愛子の連れ子である円香も、実の娘のように可愛がっていました。

円香は良雄と愛子の離婚が許せず、2人に反発するように1人暮らしを考えるようになります。

それでも離婚の決意が変わらない愛子は、良雄と離婚前の最後の思い出を作る為、詩織が働く結婚式場へ良雄と円香と共に向かいます。

愛子の考えが理解できず戸惑う良雄ですが、さらに結婚式場で、詩織の恋人と初めて顔を会わせる事になります。

スポンサーリンク

映画『かぞくあわせ』感想と評価


(C)2019 ルネシネマ

「結婚式」にまつわる3つのエピソードを、長谷川朋史、大橋隆行、田口敬太の3人が監督・脚本を担当したオムニバス作品が展開される、映画『家族合わせ』。

3つのエピソードが「結婚式」を通して、さまざまな家族の形を見せています。

まず、コメディ色が強い第1話の『左腕サイケデリック』。

花嫁のナオミが結婚式から逃亡するという、なかなかの大事件が冒頭から起きますが、中盤から、さらにとんでもない事態が巻き起こります。

主演のしゅはまはるみと藤田健彦は、このエピソードでは倦怠期を迎えた夫婦を演じており「何で、あなたと結婚したのか分からない」というような、リアルなやりとりが繰り広げられます。

ですが、中盤以降のある展開を乗り越える事で、夫婦の絆が再び深まっていくまでが描かれています。

しゅはまはるみと藤田健彦の会話の応酬も含めて、かなり楽しいエピソードです。

続く第2話『最高のパートナー』は、高性能コンピューターが人間のパートナーとなった、21世紀の物語。

しゅはまはるみと藤田健彦が、擬人化された高性能コンピューターを演じています。

ダイスケとユーコの、人間の恋愛模様ではなく、2人をサポートする高性能コンピューターの恋路に焦点をあてた、変わり種の「家族の物語」なのですが、描かれている事は、男女の恋の始まりと、家族になるまでのエピソードなので、人間ドラマの王道とも言える物語です。

21世紀の物語なんですが、白黒の映像となっており、小津安二郎作品のような温かみのある印象を受ける、不思議な雰囲気の作品です。

最終話となる第3話『はなればなれになる前に』は、離婚を決意した夫婦の物語です。

愛子は、別れる夫の良雄との、最後の思い出作りの為に、ある事を計画します。

そこへ、良雄の前妻との娘である詩織や、愛子の連れ子、円香のさまざまな想いが交錯していく、家族の姿を描いた、群像劇となっています。

愛子と良雄の夫婦最後の時間を、ゆっくりとしたテンポで描いた作品で家族の終わりだけでなく、新たな始まりの物語でもあります。

映画『かぞくあわせ』は、3つのエピソードが、全く違う魅力を持っている作品です。

結婚というのは、人生の一大イベントになる為、そこに関わる人達の想いが交錯し、さまざまな人間ドラマが生まれるのは必然と言えます。

そして、本作で描かれる人間ドラマをの先にあるのは「優しさ」です。

ここで配信にあたり、プロデューサー兼務する長谷川朋史監督から、Cinemarcheへ届いたコメントをご紹介。

映画を観た皆さんが、明日も優しい気持ちで過ごせますように!
『かぞくあわせ』には、今あなたに必要な優しさがたっぷり込められています。
                              長谷川朋史

映画『かぞくあわせ』は、主演と撮影場所、撮影日数、そして扱うテーマが同じでも、監督によって、こんなにも描き方が変わっていくという部分が興味深く、映画の面白さを感じた作品でもありました。

2021年3月6日から独占配信!映画『老人ファーム』

シネマディスカバリーズで、2021年3月6日から配信となる作品を、もう一本ご紹介します。

本サイトでも2019年に紹介した、映画『老人ファーム』です。


映画『老人ファーム』あらすじ

病気の母親を支える為に、実家へ戻ってきた和彦。

和彦は、老人ホームの介護職員として、新たな職業に就きますが、慣れない仕事に当初は戸惑います。

家に変えれば母の小言が待っており、和彦にとって心が休まる時間は、恋人の遥と過ごす時間だけでした。

ですが、母親は遥との交際を良く思っておらず、和彦は頭を悩まします。

老人ホームで共に働く同僚や、施設管理者である後藤のサポートを受け、仕事にも慣れてきた和彦ですが、次第に施設のやり方に疑問を持ち始めます。

また、施設内の老人の中で、唯一職員に反抗的な態度を取る、アイコの存在に触発され、和彦は独自に施設を「過ごしやすい環境」に変えていこうとします。

ですが、時に施設内のルールも破る行動を取る和彦を、後藤は良く思っていません。

和彦は後藤から「規則を破らないでもらえるか?こいつらは動物と同じだから」と忠告を受けます。

それでも自分のやり方を貫こうとする和彦ですが、アイコが突然施設内から姿を消してしまい…。

老人ファームの感想と評価


兄の三野龍一が監督、弟の三野和比古が脚本を担当する、兄弟による映画制作チーム「Mino Brothers」初の劇場公開作品。

本作は「カナザワ映画祭2018」にノミネートされ、観客賞を受賞した他、「TAMA NEW WAVE ある視点部門」、「日本芸術センター映像グランプリ審査員特別賞」、「新人監督映画祭」など多くの映画祭で高い評価を受けています。

タイトルが『老人ファーム』ですが、老人ホームや介護問題を扱った作品ではなく、世の中に蔓延する「常識」や「当たり前」に疑問を投げかける内容で、2019年の公開当時は、賛否両論を巻き起こしました。

2021年は、「Mino Brothers」の新作『鬼が笑う』も公開予定なので、このタイミングで前作『老人ファーム』の世界に触れてみてはいかがでしょうか?


まとめ

同じく配信!渡邉裕也監督『ハッピーアイランド』


(C)ExPerson

2021年3月6日に、サイトがリニューアルされる、「CINEMA DISCOVERIES」から、『かぞくあわせ』と『老人ファーム』をご紹介しました。

また、福島県出身の渡邉裕也監督『ハッピーアイランド』の他にも、今後の「CINEMA DISCOVERIES」は、「第31回東京学生映画祭」の入選作の中から17作品を配信するなど、他とは一味違う作品が鑑賞できます。

「映画ファンとともに歩むプラットフォーム」を掲げ、ネクストステージに突入した「CINEMA DISCOVERIES」に、今後も注目です。




関連記事

ヒューマンドラマ映画

祈りの幕が下りる時あらすじとキャスト!ロケ地やエキストラ情報も

ますます人気とともに安定感を見せる俳優・阿部寛。 彼が演じる刑事の加賀恭一郎。東野圭吾の原作による『新参者』シリーズの完結編の映画化です。 2018年公開の映画『祈りの幕が下りる時』を一足先にご紹介し …

ヒューマンドラマ映画

映画『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』のあらすじとキャスト。山田洋次の作風とは?

山田洋次監督が贈る「家族はつらいよ」シリーズ待望の第三弾、5月25日(金)公開! 3世代の夫婦を描くことで幅広い年齢層から共感を得た『男はつらいよ』に続く山田洋次渾身の「つらいよ」シリーズ。 今回のテ …

ヒューマンドラマ映画

『最高の人生の見つけ方(2007)』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンがバケットリストを実行する

余命僅かの2人がやり残したことを叶えようとするヒューマンドラマ。 ロブ・ライナーが製作・監督を務めた、2007年製作のアメリカのヒューマンドラマ映画『最高の人生の見つけ方』。 余命僅かの豪放な大富豪と …

ヒューマンドラマ映画

映画『今日も嫌がらせ弁当』あらすじネタバレと感想。篠原涼子と芳根京子が本当の親子のように喜怒哀楽をぶつけ合う

親子の愛情の形はそれぞれ。お弁当に込められたメッセージに涙する。 シングルマザーの母親と反抗期の娘。母親がとった愛情表現に感服です。 実際にAmebaブログで「デイリー総合ランキング」1位となった「K …

ヒューマンドラマ映画

映画『そしてまた私たちはのぼってゆく』あらすじと感想評価。磯部鉄平監督がラストに描いた“美しくも悲しい”大人の階段を昇る若者たち

磯部鉄平監督作品が、アップリンク吉祥寺にてレイトショー公開 独特の優しい視点に定評のある、磯部鉄平監督作品『ミは未来のミ』併映作品(日替り)『真夜中モラトリアム』『そしてまた私たちはのぼってゆく』が、 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学