Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/06/22
Update

『500ページの夢の束』日本公開予告とポスター解禁【ダコタ・ファニング主演作】

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『500ページの夢の束』は、9月7日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー

人気女優ダコタ・ファニングと、『JUNO/ジュノ』や『マイレージ、マイライフ』のプロデューサーが贈る、人生をあきらめないあなたを応援する映画!

9月7日(金)より新宿ピカデリーほかで公開となる、ダコタ・ファニング 主演最新作『500ページの夢の束』の日本オリジナル予告編とポスターが完成しました。

スポンサーリンク

映画『500ページの夢の束』の作品情報

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
PLEASE STAND BY

【監督】
ベン・リューイン

【キャスト】
ダコタ・ファニング、トニ・コレット、アリス・イヴ

【作品概要】
『セッションズ』で知られるベン・リューイン監督が、スタート・レック好きのウェンディ役に、『I am Sam アイ・アム・サム』などの子役時代を経て活躍する女優ダコタ・ファニング迎え、人生をあきらめないためのハートフル・ストーリー。

共演に『リトル・ミス・サンシャイン』のトニ・コレット、『スター・トレック イントゥ・ダークネス』のアリス・イヴが脇を固めます。

日本オリジナル予告編&ポスター、堂々完成!

お待たせしました〜!

9月7日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショーとなる、ダコタ・ファニング主演最新作『500ページの夢の束』の日本オリジナル予告編とポスターが完成になりました。

ウェンディが500ページの脚本に込めた本当の願い⁈ そして、絆が生む勇気と優しさに満たされた予告編が解禁です。

何やら、どこかで見かけたようなSF映画のような始まりの本作『500ページの夢の束』の映画の予告編。

激しい砂嵐のなか、宇宙服を着た2つのシルエットが、まずは登場します。

一見、SF映画に思える場面は、ダコタ・ファニング演じる主人公ウェンディが書いた脚本内の1シーンです。

そんなウェンディはコミュニケーションが苦手な女の子。

家族と離れて暮らしている施設で、毎日のように大好きな『スター・トレック』のオリジナル脚本を書き続けています。

ある日、ウェンディは『スター・トレック』脚本コンテストが開催されること知ります。

彼女はコンテストに自ら書いた脚本を応募しようとしますが、何と施設を抜け出して数百キロ離れたハリウッドを目指します!

ウェンディがいなくなったことに気が付いたソーシャルワーカーのスコッティと、妹を想いながらも離れて暮らさざるを得ず、複雑な感情を抱えていた姉のオードリーは、ウェンディを追いかけます。

自閉症を抱えたウェンディは、誰よりも独創的な才能を持ってはいましたが、スコッティや姉オードリーは、ウェンディを後追いすることで、その魅力や、彼女1人で目的地を目指す勇気と行動があることに気付かされます。

やがて見えてくる姉妹の絆、そして、ウェンディを温かく見守るソーシャルワーカーの姿などを見つめるなかで、何よりも魅力的なのはトラブルに見舞われながらも懸命に目的地を目指すウェンディが、とても印象的に描かれています。

さらにウェンディの警戒心を解くため、“クリンゴン語”で話しかける警察官が登場したりもします。

かなりの『スター・トレック』好きだけが使いこなせる、同シリーズに登場する架空言語で意思疎通を図るシーンからは、ウェンディの“『スター・トレック』好き度”が伝わってもきますし、同時に彼女の周囲の人々の優しさやユーモアでもあります。


(C)2016 PSB Film LLC

今回あわせて解禁された日本公開時のポスターは、<届けたい物語がある。届けたいひとがいる。>というコピーが載り、脚本を抱えて前を見据えるウェンディの姿がみてとれます。

そのほか、姉オードリー、ソーシャルワーカーのスコッティ、そして、可愛い愛犬のピートの姿なども一緒に掲載されています。

世界中から元天才子役と呼ばれた、ダコタ・ファニングのセカンドステージへの決定版になること間違いなしの作品ではないでしょうか。

ダコタは7歳で映画デビューを果たし、『I am Sam アイ・アム・サム』や『宇宙戦争』の名演技で映画ファンを魅了し、一躍世界に名を知らしめました。

ウェンディという難しい役どころを、繊細なまでに表現したダコタは、最初に脚本を読み終えたとき、

「他の人に演じてほしくなかった。ウェンディに命を吹き込めるのは、私だけだと思った」

このように語ったそうですよ〜!

スポンサーリンク

映画『500ページの夢の束』のあらすじ


(C)2016 PSB Film LLC

ウェンディの大好きなものは、不滅のSFドラマとして知られる『スター・トレック』。

彼女は好き過ぎ、その知識なら誰にも負けないことを自負しています。

そんなウェンディの趣味といえば、自分なりにカーク船長やスポックが活躍する『スター・トレック』の脚本を書くことでした。

しかし、自閉症を抱える彼女は、ある理由があることから、唯一の肉親である姉と離れて暮らしていました。

ある日、ウェンディにとって最も良い知らせが舞い込みます。

それは大好きな『スター・トレック』脚本コンテストが開催されることを知ったのです。

ウェンディは渾身の作品を書き上げましたが、もう、郵送では締切に間に合わないと気付きます。

そこで脚本コンテストの開かれるハリウッドまで、愛犬ピートとともに数百キロの旅に出ることを決意します。

ウェンディは書き上げた500ページにも及ぶ脚本と、胸に秘めた“ある願い”を携えて…。

まとめ


(C)2016 PSB Film LLC

大人の女優となったダコタ・ファニングの新たなる代表作になることは間違いない本作『500ページの夢の束』。

プロデューサーは『JUNO/ジュノ』や『マイレージ、マイライフ』を手掛けたダニエル・ダビッキと、『マネーモンスター』のララ・アラメディン。

また、演出は『セッションズ』で、数々の国際的な映画賞を獲得したベン・リューイン監督を手掛けました。

人生で初めて大きな願いを遂げるため、つまずきながらも目的地へ近づいていく、『スター・トレック』大好きなウェンディとその家族たちを、愛とユーモアを込めて描いた、注目の作品です!

映画『500ページの夢の束』は、9月7日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー

ぜひ、ご期待くださいね。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ショック・ドゥ・フューチャー』感想評価と解説レビュー。アルマホドロフスキーが未来の⾳楽を作るミュージシャンを好演

映画『ショック・ドゥ・フューチャー』が、2021年8月27日(金)より新宿シネマカリテ、渋⾕ホワイトシネクイントほかにて全国順次公開! 本作は、電⼦⾳楽の黎明期にその⾳⾊に魅了され、男性優位の音楽業界 …

ヒューマンドラマ映画

映画『裁かれるは善人のみ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

スポンサーリンク CONTENTS映画『裁かれるは善人のみ』作品情報映画『裁かれるは善人のみ』あらすじとネタバレ権力と戦う 神の不在 『裁かれるのは善き人のみ』の感想と評価まとめ 映画『裁かれるは善人 …

ヒューマンドラマ映画

映画『偽りの忠誠 ナチスが愛した女』ネタバレ結末感想とあらすじ解説。原題の意味から読み解く隠されたメッセージ

リリー・ジェームズとジェイ・コートニーが共演の映画『偽りの忠誠 ナチスが愛した女』 第二次世界大戦下のオランダ、ドイツ最後の皇帝ヴィルヘルム2世が亡命している公邸に、ナチス政権から派遣された一人のドイ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。歌手Siaが楽曲の音楽にのせておくる“愛と感動の調べ”

“顔なきポップスター”として活動する歌手Siaが初監督をつとめ、Siaならではのポップでカラフルな世界観を作り上げました 世界的注目を集める歌手Siaが監督をつとめ、自身の半生を投影させて描き、12曲 …

ヒューマンドラマ映画

映画『スラッカー(1991)』あらすじとキャスト!感想レビューも

2017年12月16日より、下北沢トリウッドにて「歳末青春大セール!ティーンムービー傑作選」という特集上映が行われます!  日本未公開映画の紹介、上映を企画・運営するGucchi’s Free Sch …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学