Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『鬼が笑う』あらすじ/キャスト。三野兄弟が半田周平を主演に“父親殺し”と再生を描く

  • Writer :
  • 石井夏子

兄弟映画制作チーム“MINO Bros.”による新作映画『鬼が笑う』完成。

兄の三野龍一が監督、弟の三野和比古が脚本を担当する兄弟映画制作チーム“MINO Bros.”。

MINO Bros.『⻤が笑う』

“MINO Bros.”による新作映画『⻤が笑う』が完成、来年2021年夏〜秋頃に劇場公開を目指しているそうです。

解禁された場面写真とともに、MINO Bros.と主演の半田周平によるコメントを紹介します。

スポンサーリンク

映画『鬼が笑う』について

MINO Bros.『⻤が笑う』
“MINO Bros.”(読み:みの ぶらざーず)とは、兄の三野龍一が監督、弟の三野和比古が脚本を担当する兄弟映画制作チームです。

処女作である『老人ファーム』(2019)では、兄弟独自の世界観を作り上げ、1作目にして「カナザワ映画祭 2018」等数々の映画祭やコンペにて高い評価を受けました。

その後、「さぬき映画祭」より正式招待を受け、2019年には渋谷・ユーロスペース他・全国の劇場で上映。

本作『⻤が笑う』は、そんな“MINO Bros.”の渾身の2作品目となります。

主演は、『老人ファーム』に続いて半田周平が務めました。

『老人ファーム』に続く“MINO Bros.”独自の世界観はもちろんのこと、登場人物全員の個性が巧みに描かれ、演出されています。

MINO Bros.のコメント

参考画像:『老人ファーム』インタビュー時の三野龍一(左)と三野和比古(右)

(C)Cinemarche

もしテレビで人殺しのニュースを見たなら、あなたは「ひどい人がいるな」「怖いな」「かわいそう」と思うでしょう。そしてそこで想像はストップするでしょう。 僕たちは、そこでストップしたくありませんでした。どうして?なぜ?そこになにがあった?誰も知りたくないようなことに深く興味を持ってしまいました。だから映画を使って、もっと深く掘り下げてみたかったのです。 例えば、父親を殺してしまった主人公にこんな生い立ちがあれば?その後の家族がこんな風に変わってしまっていたら?職場でいじめがあったなら?
自分たちは少し変わった家庭環境で育っています。常に大人に気を遣い、自分の生きる場所を守ってきました。その時に見てきたもの、考えたもの、目線が映画の中で生きているのだろうと思います。 もちろん僕たち兄弟よりも苦しい環境で育った人たちは世の中にたくさんいます。主人公がやってしまった父親殺しは、世間的に言って、絶対に許されるものではありません。 しかし、世間はいつも正しいか正しくないかで判断しすぎではないでしょうか。一度、正しいか正しくないかの天秤を捨ててみてほしい。僕たちは前作の「老人ファーム」から、一貫して共感のできない映画を作っています。山奥の老人ホームで懸命に働く⻘年の気持ちなんて誰もわからないし、父親殺しをして出所してきた⻘年の気持ちなんて知らないままに一生を終えるでしょう。なぜそんな映画ばかりを作るのか。それは、ニュースを見たときの一遍通りの非難や同情が感情の全てではないと思うからです。想像の羽根をもう少しのばしてみてください。あなただけの価値観が出てきませんか。こっそりと自分の中に見つけた価値観を持ち帰ってください。 あなたの胸の中に芽生えたものに、僕たちは興味が尽きません。

MINO Bros.のプロフィール

兄の三野龍一が監督、弟の三野和比古が脚本を担当する、兄弟による映画制作チーム。

処女作『老人ファーム』は、「カナザワ映画祭 2018」にノミネートされ、観客賞を受賞した他、「TAMA NEW WAVE ある視点部門」、「日本芸術センター映像グランプリ審査員特別賞」、「新人監督映画祭」など多くの映画祭で高い評価を受けます。

2019年には、本広克之監督がディレクションを担当している「さぬき映画祭」に正式招待され話題に。2019年には、渋谷・ユーロスペースほか、全国の劇場にて公開。

スポンサーリンク

主演・半田周平のコメント

MINO Bros.『⻤が笑う』

この作品の何に着目しどの部分に観る人の心が反応するのか分かりません。けれど観て下さった方には“生きて”ほしいと思います。生きるためには希望が、夢が、愛が、気力が必要です。そんなもの…とあなたは嘲笑うかもしれない。でもこの作品に向き合う時、人間誰もが持つ想像という力を深く働かせて、ささやかでもいい、自分の生を支えているそういったものが自分の中にも確かに在ることに気付いてほしい。それを死守し育み生き切ってほしい。大切なもの大切な人のために、今、今の自分に今何が出来るか。浅く生きるしかできない者が謙虚さを失い、深く生きようとする者が頭を垂れなければならない今の時代の多くの囚われ人に観て頂きたい映画です。

主演・半田周平のプロフィール

兵庫県出身。乗馬ライセンス4級、実戦護身武術 中級アドバイザー資格。

映像と舞台の様々な現場でコミカルからシリアスまで幅広い役を演じ、人間の真に根差し心に迫る演技の追究に取り組み続けています。

主人公・和彦を演じた『老人ファーム』では、映画初主演として見事にその大役を果たしました。

スポンサーリンク

映画『鬼が笑う』の作品情報

MINO Bros.『⻤が笑う』

【製作】
2020年(日本映画)

【監督】
三野龍一

【脚本】
三野和比古

【キャスト】
半田周平、梅田誠弘、岡田義徳、坂田聡、赤間麻里子、大谷麻衣、木ノ本嶺浩、ムーディ勝山、鳥居功太郎、小池誠徳、夢麻呂、柴田鷹雄、月亭太遊、大窪晶、齋藤博之、矢戶一平、和田昭也(ぱろぱろ)、大久保健(ぱろぱろ)、リロイ太郎、⻲岡園子、堤満美、小松勇司、落合亜美、中藤契、大里菜桜、池村咲良、バースデーこうだい、帆南、ちろ、三柴あゆな、瀬川実穂、結城あい、三枝翠、瀧航大、石田優奈、後藤龍馬、細谷優衣、高田みちこりあん、木村和幹、増子光、山田笑李菜、芝本智美、大迫芽生

映画『鬼が笑う』のあらすじ

MINO Bros.『⻤が笑う』

親父の暴力から母・妹(家族)を守るために親父を殺めてしまった正義感の強い石川一馬は、⻑い刑期を経て、更生保護施設で生活を始めました。

更生施設で無気力に生活し、職場であるスクラップ工場では「人殺し」と呼びばれますが、反論をせず、ただ淡々と業務をこなしています。

無為に日々を過ごす中で、⻑男として家族をまとめることが自分の生きがいとなっていました。

家に引きこもる母を心配し、一馬は足繁く母親のアパートに尋ねますが、母には、お前が家族を壊したんだと追い返されます。

一馬は自分にできることはもう何もないのだと全てを諦めかけていました。

ある日、スクラップ工場で、外国人労働者へのいじめに巻き込まれる一馬。

みんなが見て見ぬふりをしている中、なりふり構わず、止めに入った中国人労働者の劉(リュウ)の姿に一馬は目を覚めさせられます。

劉と交流する中で、自分が望む幸せの為に、もう一度立ち向かっていく一馬ですが…。

まとめ

MINO Bros.『⻤が笑う』

“MINO Bros.”による新作映画『⻤が笑う』。

今後は海外・国内の映画祭に順次出品予定で、来年2021 年夏〜秋頃に劇場公開を目指して活動しているとのことで、期待が高まりますね。

タイトルの「鬼」とは誰なのか。続報をお待ちください。




関連記事

新作映画ニュース

オンライン映画館STAY HOME MINI-THEATERがオープン!斎藤工の監督作などプレミア先行上映

オンライン映画館が4月29日(水・祝)〜5月1日 (金)プレオープン決定。 新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言を受けた外出自粛要請により、全国映画館の休館、映画祭のミニシアターをはじめ映画業界はじめ …

新作映画ニュース

映画『前田建設ファンタジー営業部』あらすじとキャスト。氣志團の主題歌が流れる予告編紹介!

魂を揺さぶる、熱き予告編、到着。 不可能を可能にした熱きサラリーマンたちの、感動の映画『前田建設ファンタジー営業部』。 主演に人気俳優の高杉真宙を迎え、『夜は短し歩けよ乙女』のヨーロッパ企画の上田誠が …

新作映画ニュース

映画『明日の食卓』キャスト石橋あすみ役は尾野真千子【プロフィールと演技評価】

映画『明日の食卓』は2021年5月28日よりロードショー 2002年、第42回講談社児童文学新人賞を受賞した『十二歳』で作家デビュー後、『しずかな日々』で第45回野間児童文芸賞、第23回坪田譲治文学賞 …

新作映画ニュース

『ばるぼら』配信上映会開催!手塚眞とクリストファー・ドイルが映画撮影秘話を暴露する!?

稲垣吾郎&二階堂ふみW主演映画『ばるぼら』 手塚眞監督、クリストファー・ドイル 豪華生出演! トーク付き配信上映会の開催決定。 1970年代に連載されていた手塚治虫の“問題作”を、実子である手塚眞が監 …

新作映画ニュース

映画特集上映『ワールド・エクストリーム・シネマ2019』がヒューマントラスト渋谷にて10月25日から開催!

いよいよ今年で6周年。 ジャン=クロード・ヴァン・ダム主演作から南米のモンスターパニックまで上映。 この度、「世界中のガツン!とくる映画集めました。」をテーマに東京・ヒューマントラストシネマ渋谷にて2 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学