Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/07/05
Update

映画『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』あらすじとキャスト。予告編と場面写真紹介!

  • Writer :
  • 石井夏子

公開4館からわずか三週間で1084館に急拡大。
口コミで話題を呼び全米大ヒット!!

『レディ・バード』『ムーンライト』などの話題作を手がける新進気鋭スタジオ「A24」が製作、2018年のサンダンス映画祭で大喝采を浴び、各国の映画祭で数々の賞を受賞した映画『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』。


© 2018 A24 DISTRIBUTION, LLC

オバマ前米大統領が2018年の年間ベスト映画に選出、『ROMA/ローマ』で第91回アカデミー賞外国語映画賞を受賞したA・キュアロン監督も「ここ最近で一番、泣いた映画」と大絶賛するなど多くの著名人を魅了。

現在インディペンデント映画界最大の話題作『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』が2019年9月20日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、シネクイントほか全国公開されます。

本記事では、解禁された予告編と、本作の魅力についてご紹介して行きます。

スポンサーリンク

映画『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』について

© 2018 A24 DISTRIBUTION, LLC

本作は、中学校卒業を1週間後に控えた、クラスで目立たない一人の少女ケイラ(エルシー・フィッシャー)を主人公に、生まれたときからwebサイトやSNSが当たり前のように存在する「デジタルネイティブ」な“ジェネレーションZ世代”と呼ばれるティーンたちのリアルな葛藤や恋、父親とのめんどくさい関係、そして成長の物語を可笑しく痛烈に、そして優しく描く感動作です。

精一杯の勇気とともに“青春”に真正面から立ち向かっていくケイラの姿に共感する人たちが続出、大きな社会現象を巻き起こし、公開当初はわずか4館でのスタートながら口コミによってわずか3週間で全米1084館に拡大、大ヒットを遂げました。

監督のボー・バーナムとは

参考:ボー・バーナムの公式インスタグラム

この投稿をInstagramで見る

#nationaldogday

Bo Burnhamさん(@boburnham)がシェアした投稿 –


監督を務めたのは本作が初監督作品となる、ボー・バーナム

Youtuber出身という異色の経歴を持つ彼は人気コメディアンであり、俳優としても『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』などに出演しています。

彼の青春時代の実際の経験をもとにした本作の企画が『レディ・バード』などを手がけたA24製作陣の目に止まり、映画化が実現。

監督とともにオリジナル脚本も手がけています。

主演女優エルシー・フィッシャーとは

参考:エルシー・フィッシャーの公式インスタグラム

主人公ケイラを演じるのは『怪盗グルーのミニオン危機一発』で主要キャラクター「アグネス」役で声優を務め、その他数々のドラマや映画で活躍する今第注目の若手女優エルシー・フィッシャー。

2003年4月3日生まれアメリカ出身のエルシー・フィッシャーは、2009年、6歳のときに子役として活動をはじめ、人気シリーズ「ミディアム 霊能者アリソン・デュボア」でTVドラマに初出演し、女優としてのキャリアをスタートさせました。

本作では何度も壁にぶつかって、落ち込んだり悩んだり…それでも一歩ずつ前に進んでいく等身大の少女を演じ、ゴールデングローブ賞の最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル部門)にノミネートされました。

その痛々しくも愛おしい姿は、青春時代を経験した人なら誰もが共感必至です。

映画『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』予告編

本予告はケイラが自身で発信するSNS動画の模様を映す場面から始まります。

「今日のテーマは自分らしく」「人目を気にせず、自分を出すのが大事よ!」と、まるで自分自身に言い聞かせるような動画を日記のように毎日投稿するケイラ。

ネットの中ではハキハキと喋る明るい女の子に見えるけれど、リアル世界の彼女はクラスでも地味な存在。

そんな彼女の動画は、今日も視聴回数0回を更新中。

高校生になる前に自分を変えようと一念発起して、クラスのおしゃれな女の子たちに話しかけてみるけれど、速攻で撃沈。

それでもめげずに、人気者ばかりが集うイケてるプールパーティに勇気を出して参加します。

“なりたい自分”になるために、ぽっちゃり幼児体型だって、ニキビが気になったって、どんなにカッコ悪くても、「怖さに勝ってホントの自分を出すの」と必死で自分を変えていこうとするケイラの姿はとても健気。

かつてティーンだった全ての大人たち、そして現在青春真っ只中のティーンたちも、まるで自分のことのように彼女を応援したくなってしまうんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

映画『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』の作品情報

© 2018 A24 DISTRIBUTION, LLC

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
EIGHTH GRADE

【監督・脚本】
ボー・バーナム

【製作】
A24

【音楽】
アンナ・メレディス

【日本語字幕】
石田泰子

【キャスト】
エルシー・フィッシャー、ジョシュ・ハミルトン、エミリー・ロビンソン、ジェイク・ライアン

【作品概要】
生まれたときからウェブサイトやSNSが存在する“ジェネレーションZ世代”のティーンたちのリアルな葛藤や恋、家族との関係を描き、全米で評判を集めた青春ドラマ。

『怪盗グルーのミニオン危機一発』(2013)で主要キャラクター・アグネスの声を務めたエルシー・フィッシャーが主演を務め、第76回ゴールデングローブ賞の主演女優賞(コメディ/ミュージカル部門)にノミネートされました。

YouTuber出身という異色の経歴を持つ人気コメディアンで、『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』(2017)などで俳優としても活躍するボー・バーナムが自身の経験をもとに脚本を執筆し、監督を務めます。

映画『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』あらすじ


© 2018 A24 DISTRIBUTION, LLC
中学校生活の最後の一週間を迎えたケイラは、「クラスで最も無口な子」に選ばれてしまいます。

不器用な自分を変えようと、SNSを駆使してクラスメイト達と繋がろうとする彼女の前に立ちはだかるいくつもの壁。

人気者のケネディは冷たいし、好きな男の子にもどうやってアプローチして良いか分からない。お節介ばかりしてくるパパはウザイし、待ち受ける高校生活も不安でいっぱい。

高校生活が始まる前に、憧れの男子や、クラスで人気者の女子たちに近づこうと頑張りますが・・・。

スポンサーリンク

まとめ

時代が移り変わっても、青春時代はいつだって痛くて甘酸っぱくて、愛おしい。

本作は、誰もが共感できる等身大の少女の成長物語であるとともに、父娘の絆を描き出した珠玉のファミリードラマでもあります。

『ROMA/ローマ』のアルフォンソ・キュアロン監督は「ここ最近で一番、泣いた映画」と本作を紹介し、その他、エドガー・ライト、ショーン・ベイカー、アリ・アスター、ハンナ・フィデル、ジョナ・ヒルなど、数々の映画監督が年間ベストに選出しています。

誰もが虜になる青春映画『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』は2019年9月20日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、シネクイントほか全国ロードショーです。

ご期待下さい!

関連記事

新作映画ニュース

ホアキン・フェニックスの新作映画『ドント・ウォーリー』の日本版ポスタービジュアルと予告編解禁!

ガス・ヴァン・サント監督の3年ぶりの待望の新作映画『ドント・ウォーリー』は、2019年5月ヒューマントラストシネマ有楽町・ヒューマントラストシネマ渋谷・新宿武蔵野感ほか全国順次公開! © 2018 A …

新作映画ニュース

佐野勇斗&本郷奏多映画『凜-りん-』あらすじとキャスト。又吉直樹の舞台を映画化

芥川賞作家・又吉直樹が、2007年に舞台用に書き下ろし、当時話題となった長編作品「凛」が映画化されました。 注目の若手俳優、佐野勇斗&本郷奏多のW主演で贈る映画『凜-りん-』。 5人組の高校生が物語の …

新作映画ニュース

『東南アジア映画の巨匠たち』有楽町スバル座にて開催!7月3日より文化交流の祭典【響きあうアジア2019】の関連イベント情報

ワールドクラスの巨匠監督が集結! 国際交流基金アジアセンター主催、公益財団法人ユニジャパン(東京国際映画祭)共催で、2019年7月3日(水)から10日(水)まで、躍進が目覚ましい東南アジアの巨匠にスポ …

新作映画ニュース

『ある少年の告白』あらすじとキャスト。実話映画化の“同性愛治療”という問題作に演技派俳優ルーカス・ヘッジズが挑む

ジョエル・エドガートン監督による、ルーカス・ヘッジズ主演作『BOY ERASED (原題)』の日本公開タイトルが『ある少年の告白』に決まり、2019年4月より、TOHOシネマズシャンテほか全国公開する …

新作映画ニュース

【映画オリジナル猫グッズ3名様プレゼント】倍賞千恵子&藤竜也共演の『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』公開記念《ごろにゃんマグネット》

『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』は2019年5月10日(金)より全国ロードショー 西炯子の漫画を小林聖太郎監督が実写化した映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』。 倍賞千恵子と藤竜也 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP