Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/10/20
Update

映画『私は確信する』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。実話の未解決事件が基の裁判サスペンス!

  • Writer :
  • 大塚まき

口コミで広がり40万人動員の大ヒット裁判サスペンス。
ヒッチコック狂の“完全犯罪”と物議を醸した未解決事件を映画化。

フランス全土で議論を巻き起こした話題のサスペンス裁判劇がいよいよ日本公開します。


(c)Delante Productions – Photo Séverine BRIGEOT

本国フランスで40万人を動員した大ヒット裁判サスペンス『Une intime conviction』の日本語タイトルが『私は確信する』と決まり、2021年2月12日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開となりました。

場面写真とともに、本作『私は確信する』についてお伝えします。

スポンサーリンク

映画『私は確信する』について


(c)Delante Productions – Photo Séverine BRIGEOT

本作は、ヒッチコック狂による“完全犯罪”とメディアや世間を騒がせた、フランスで実際に起こった“ヴィギエ事件”の映画化作品

2000年2月、スザンヌ・ヴィギエは3人の子供たちを残して忽然と姿を消しました。殺害されたと思われる数々の証言や疑惑によって、夫である大学教授のジャックが容疑者として裁判にかけられます。

彼の無実を確信するシングルマザーのノラは、敏腕弁護士デュポン=モレッティに事件の弁護を懇願。そして自らアシスタントとなり、真実を探すことに。刑事、ベビーシッター、スザンヌの愛人らの食い違う証言。

嘘をついているのは果たして誰なのか…。

裁判と事件の調査が同時進行で描かれ、映像と音を効果的に使った演出で、スリリングかつ緊迫感溢れる展開には思わず呼吸を忘れるほど

役者陣は、フランスを代表する実力派が正義を追い求める姿を見事に熱演しています。

実在の敏腕弁護士デュポン=モレッティに、ダルデンヌ兄弟の『息子のまなざし』などで知られるフランスの名優オリヴィエ・グルメ

ヒロインのノラ役には、フランスではコメディエンヌとしても人気の高い演技派マリーナ・フォイス

相棒でありながらも、時に対立する二人の迫真の演技バトルは、人間同士の魂のぶつかり合いをリアルに感じさせます。

映画『私は確信する』の作品情報


(c)Delante Productions – Photo Séverine BRIGEOT

【日本公開】
2021年(フランス・ベルギー合作映画)

【原題】
Une intime conviction

【監督】
アントワーヌ・ランボー

【キャスト】
マリーナ・フォイス、オリヴィエ・グルメ、ローラン・リュカ、フィリップ・ウシャン、インディア・ヘアほか

スポンサーリンク

映画『私は確信する』のあらすじ


(c)Delante Productions – Photo Séverine BRIGEOT

10年前に失踪した妻を殺した容疑で、裁判にかけられたジャック。250時間に及ぶ電話記録が、隠された真実を暴き出しました。

彼の無実を信じるシングルマザーのノラは、敏腕弁護士エリックと裁判と事件に挑みます。

三人の子供たちを残して姿を消したスザンヌ。夫である大学教授のジャックは妻殺害の容疑者となり、彼の無実を信じるシングルマザーのノラは、敏腕弁護士デュポン=モレッティに弁護を懇願、アシスタントになり事件の調査を始めます。

新たな真実と疑惑が浮かび上がる、スリリングな展開。冤罪か、有罪か。裁判の行方は…。

まとめ


(c)Delante Productions – Photo Séverine BRIGEOT

本国フランスでは「息をのむ展開に目が離せないサスペンス」(マリアンヌ誌)「裁判映画の傑作」(プレミア誌)と、多くのメディアが絶賛しています。

実在の未解決事件を基に描くサスペンス裁判劇の幕開けです。

映画『私は確信する』は、2020年2月12日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

映画『シュレーディンガーの猫』あらすじ/キャスト。無観客のエチュード劇を映像化した作品が製作決定!

休業中の誰もいない映画館で繰り広げられた無観客のエチュード劇から生まれた映画。 緊急事態宣言の自粛を経て、開業を待つ「横浜シネマ・ジャック&ベティ」のとある一日。 (c)映画『シュレーディンガーの猫』 …

新作映画ニュース

映画『この世はありきたり』あらすじとキャスト。公開日は2020年1月4日と決定の塩出太志監督作!

塩出太志×岡田あがさ。 奇才と鬼才の狂演。 『死神ターニャ』(第26回・東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ)、『時時巡りエブリデイ』『ロード・オブ・ツリメラ』など独自の世界観の映画を創り続けている塩 …

新作映画ニュース

ポーランド映画『メモリーズ・オブ・サマー』の日本公開日は6月1日!アダム・グジンスキ監督が描く夏の記憶

ポーランドの風景のなか紡がれる新しい夏休み映画 日本初劇場公開となる、ポーランド映画界の新たな才能アダム・グジンスキ監督の映画『メモリーズ・オブ・サマー』。 本作の日本公開初日が、2019年6月1日( …

新作映画ニュース

ジュディ・デンチ映画『ヴィクトリア女王 最期の秘密』公開日情報。予告編とビジュアル解禁

©2017 FOCUS FEATURES LLC. ヴィクトリア女王と英領インドからイギリスへとやってきた若者アブドゥルとの交流を、壮観の映像美でユーモラスに綴る、愛すべき珠玉の人間ドラマ! ジュディ …

新作映画ニュース

映画『クシナ』キャスト廣田朋菜インタビュー動画。監督や共演者と過ごした舞台裏を語る

映画『クシナ』は2020年7月24日(金)よりアップリンク渋谷ほか全国順次公開。 鹿宮(カグウ)役の廣田朋菜インタビュー動画 女だけが暮らす山奥の集落を舞台へ、人類学者の女性が現れた事で、村に暮らす母 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学