Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/07/06
Update

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』映画公開日決定!太賀&吉田羊の画像新たに解禁

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ


©2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

俳優太賀&吉田羊による『母さんがどんなに僕を嫌いでも』の公開日は、11月16日に決定!

さらに演技派キャストの熱演が光る場面画像も新たに解禁されました。

なかには人気急上昇中、森崎ウィンも登場しています!!

スポンサーリンク

映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』公開日決定

注目の若手俳優の太賀が主演を務め、実力派女優の吉田羊と共演することで大きな話題となった『母さんがどんなに僕を嫌いでも』

映画公開日が、11月16日(金)より新宿ピカデリー、イオンシネマほか全国公開決定!

親からも友達からも愛されたことがない青年が壮絶な過去を乗り越えて、自分を拒絶してきた母から愛をつかみ取るまでの奇跡の実話『母さんがどんなに僕を嫌いでも』。

主人公のタイジを演じるのは、若手俳優のなかでも高い演技力を誇る太賀

母親を演じる実力派女優の吉田羊は、さわやかなイメージを覆すほどの鬼気迫る熱演を披露

共演には森崎ウィン、白石隼也、秋月三佳のフレッシュな顔ぶれに加え、木野花ら実力派も脇を固めています。

演出を担当したのは、映画『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』や、連続ドラマW『ダブル・ファンタジー』の御法川修監督が務めています。

親子の間の緊張感と友人の温かさが見られる場面画像が解禁


©2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

解禁された劇中の画像は、実話である本作の物語と真摯に向き合ったキャストたちの真剣な表情を伺えるものが多くなっています。

太賀演じる、今にも泣きそうな表情を母に向けるタイジと、ツンとした表情をたたえる母を演じた吉田羊を映した写真は、印象的な映画タイトルを象徴する1枚担っています。

また、母から見下し突き放したような視線を受けるタイジの表情からは、複雑な親子の関係性を垣間見ることができますね。

そのほか、スティーブン・スピルバーグ監督作品『レディ・プレイヤー1』でハリウッドデビューを果たした、森崎ウィンの演じる様子も画像にありました!

森崎ウィンが演じるタイジの親友キミツが、不安を見せるタイジを、厳しくも優しい目でまっすぐに見つめて励ます姿が伺えるものですね。

タイジを支える友人を演じた白石隼也、秋月三佳の画像もあります。

彼らがタイジを包み込むような優しさで、彼に微笑みかける様子は微笑ましいですね。


©2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

幼少期のタイジを務めたのは小山春朋。

子どもの頃のタイジを陰で支えた血のつながらない工場の婆ちゃんを演じたのは木野花。

彼女臥せりながらもタイジの手を握り、何かを懸命に伝えようとする姿も新たに公開されました。


©2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会


©2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

心に深く傷を負いながらも、母と向き合おうと懸命に前に進もうとするタイジを気にかけ、支える人々の温かな存在を感じさせてくれます。

20年以上、母の愛を諦めなかった息子の奇跡の実話は、人気ブロガーで漫画家や小説家としても活躍を見せる歌川たいじによる原作

彼が自身の母親との関係を描き、多くの反響を呼んだコミックエッセイ『母さんがどんなに僕を嫌いでも』を映画化。

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』は11月16日(金)より全国公開です。

スポンサーリンク

映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』のあらすじ


©2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

タイジは小さい頃から大好きな母親の光子に愛されないまま、壮絶な家庭環境の中で育てられました。

耐えかねて17歳で家を飛び出し、一人で生きてきたタイジだったが、友人の言葉に動かされ、母親と向き合う覚悟をしました。

大人になっても自分を拒絶していた母親に歩み寄り、タイジは“母さんからの愛”を取り戻すために立ち向かっていきます…。

まとめ

本作『母さんがどんなに僕を嫌いでも』の公開日は、11月16日(金)より新宿ピカデリー、イオンシネマほか全国公開

親からも友達からも愛されたことがない青年が壮絶な過去を乗り越えて、自分を拒絶してきた母から愛をつかみ取るまでの奇跡の実話。

主人公のタイジを演じる太賀と、母親を演じた実力派女優の吉田羊が共演を見せる、映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』。

ご期待ください!

関連記事

新作映画ニュース

映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』あらすじ/キャスト/日本公開日/上映館。社会派感動作にセバスチャン・スタンが初主演!

ベトナム戦争で自らの命を犠牲にして仲間を救った英雄。 名誉勲章は30年も却下され続けたのか。 1966年4月、ベトナム戦争で多くの兵士たちの命を救うために命を捧げた空軍兵がいました。 彼の名は、ウィリ …

新作映画ニュース

おすすめアニメ映画コンテンツを無料公開!ソニー・ピクチャーズのキッズコーナーで楽しめるお家遊び

歌って、踊って、英語の勉強にもなるアニメ映画コンテンツが盛りだくさん! ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントが、親子で楽しむことができる「ソニー・ピクチャーズ キッズコーナー」を2020年4月28 …

新作映画ニュース

映画『彼女は夢で踊る』あらすじ/キャスト/公開日。東京の上映館は新宿武蔵野館で予告編も紹介!

広島で多くの女性の支持を受け、ロングラン上映を記録。 広島でスマッシュヒットを記録した映画『彼女は夢で踊る』が、2020年10月23日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開となります。 (C)2019 …

新作映画ニュース

【2019年11月15日〜16日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 チョッとだけツウ好みな映画WEBマガジン【Cinemarche:シネマルシェ】 (C)Cinemarche 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマ …

新作映画ニュース

『一度も撃ってません』の映画舞台挨拶がリモート開催!阪本順治監督が上映劇場の広島シネマモードに登壇

映画『一度も撃ってません』は2020年7月3日(金)より続々と順次全国にて公開中!! 阪本順治監督が広島・福山駅前シネマモードにてリモート舞台挨拶を開催。 2020年8月現在、順次全国で公開中の映画『 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学