Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

母さんがどんなに僕を嫌いでも|ゴスペラーズの映画主題歌CD発売日は

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』のキャッチコピーは、の〝大好き〟をあきらめない。

そのことを体現するために作られた映画主題歌は、心を掴む歌声のゴスペラーズによる書き下ろしに決定しました。

太賀、吉田羊、演技派二人の競演を想像させるティザービジュアル解禁!

(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

スポンサーリンク

映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』の作品情報

【公開】
2018年(日本映画)

【原作】
歌川たいじ「母さんがどんなに僕を嫌いでも」KADOKAWA刊

【監督】
御法川修

【キャスト】
太賀、吉田羊、森崎ウィン、白石隼也、秋月三佳、小山春朋、斉藤陽一郎、おかやまはじめ、木野花

【主題歌】
ゴスペラーズ

映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』のあらすじ


©2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

タイジは小さい頃から大好きな母親の光子に愛されないまま、壮絶な家庭環境の中で育てられました。

耐えかねて17歳で家を飛び出し、一人で生きてきたタイジだったが、友人の言葉に動かされ、母親と向き合う覚悟をしました。

大人になっても自分を拒絶していた母親に歩み寄り、タイジは“母さんからの愛”を取り戻すために立ち向かっていきます…。

スポンサーリンク

映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』とは

若手俳優の中で注目集める太賀が主演を務め、今旬の実力派女優の吉田羊と共演することで話題となった『母さんがどんなに僕を嫌いでも』は、11月より全国公開されます。


原作:歌川たいじ KADOKAWA刊

本作の原作は、親や友達からも愛されたことがない青年が壮絶な過去を乗り越えて、母からの愛をつかみ取るまでの感動の実話『母さんがどんなに僕を嫌いでも』(原作:歌川たいじ/KADOKAWA刊)を映画化した作品です。

せつなくも、どこまでも温かい愛に包まれた物語は、多くの読者に支持さ瞬く間に話題作となりました。

愛に恵まれず屈折した母親に挑む息子タイジ役を太賀が演じ、また、吉田羊が裏の顔を持つ母親光子を見事に演じています。

共演には『レディ・プレイヤー1』で注目の森崎ウィン、白石隼也、秋月三佳に加え、木野花たちが脇をかためています。

また、本作の演出は、2012年に益田ミリ原作の漫画「すーちゃん」シリーズを映画化した『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』出会いられる御法川修監督が務めています。

参考映像:『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』(2012)

本作の映画主題歌はゴスペラーズ

本作の映画主題歌は、ゴスペラーズがこの作品のために書き下ろした新曲「Seven Seas Journey」が決定。

今回の作詩・作曲を担当した、ゴスペラーズのメンバー安岡優は、主題歌に込めた想いをこのように語っています。

「この映画には「愛されること」と「愛すること」、その両方が描かれています。主題歌には「ララバイ」であり「セレナーデ」である曲が必要でした。愛が受け継がれる歌、愛が捧げられる歌。そのどちらも感じてもらえたら嬉しいです」

「愛が受け継がれる歌、愛が捧げられる歌」として安岡優が書き下ろした主題歌は、7月4日にリリースされるニューシングル「In This Room」に収録されることも決定しました。

デビュー以来、老若男女の心をその歌声でつかみ続けているゴスペラーズが、映画にさらなる花を添えることは言うまでもありませんね。

【CDリリース】
ゴスペラーズ「In This Room」2018.7.4 発売。

【初回生産限定盤】
KSCL-3070~1 ¥1,400+税

【通常版】
KSCL-3072 ¥1,000+税

<収録楽曲>
・In This Room
・Seven Seas Journey ※『母さんがどんなに僕を嫌いでも』主題歌

スポンサーリンク

まとめ

本作『母さんがどんなに僕を嫌いでも』のキャッチコピー、「大好きをあきらめない」を演技で体現させた太賀は、闇を持つ母との関係を修復しようとしている息子タイジの秘めた闘志を演じきり。

それを受ける母光子役の吉田羊の初の母親役にも注目です。

そして、映画主題歌を歌うゴズペラーズが、“愛されることと愛すること”を、「ララバイ」であり「セレナーデ」とした楽曲で、「愛が受け継がれる歌と愛が捧げられる歌」に昇華させたのか。

ぜひ、映画主題歌にも注目したいですね。

映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』は2018年11月より全国公開。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『アメリカン・スリープオーバー』あらすじとキャスト!感想レビューも

2017年12月16日より、下北沢トリウッドにて「歳末青春大セール!ティーンムービー傑作選」という特集上映が行われます!  日本未公開映画の紹介、上映を企画・運営するGucchi’s Free Sch …

ヒューマンドラマ映画

映画『ウエストサイド物語』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

シェイクスピアの有名な「ロミオとジュリエット」を基にしたブロードウェイ・ミュージカルをニューヨークを舞台に映画化。 『サウンド・オブ・ミュージック』や『雨に唄えば』とともに必ず名前が挙がる、ミュージカ …

ヒューマンドラマ映画

グッドウィルハンティング|動画無料視聴はこちら!結末ネタバレと感想も

『サバービコン』の主演マット・デイモンが自ら脚本を書き、天才でありながらも恵まれない過去を持つ繊細な青年ウィル役も演じています。 最愛の妻を亡くし、生きる希望を失ってしまった精神分析医ショーンを熱演す …

ヒューマンドラマ映画

映画『ビューティフル・ボーイ』ネタバレ感想。ティモシー・シャラメが朗読する詩が胸に迫る

すべてを超えて愛している 『君の名前で僕を呼んで』で大反響を巻き起こしたティモシー・シャラメがドラッグ依存で堕ちていく少年を演じた映画『ビューティフル・ボーイ』。 ドラッグ依存で苦しむ息子と、そんな彼 …

ヒューマンドラマ映画

映画『フォードvsフェラーリ』あらすじネタバレと感想。カーレスシーンで魅せたジェームズマンゴールドの卓越した演出

自動車の知識無しでもレースの醍醐味を味わえる映画『フォードvsフェラーリ』 映画『フォードvsフェラーリ』は1966年のル・マン24時間耐久レースが舞台。 GT40を運転しフォード社を優勝へ導いた伝説 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP