Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

母さんがどんなに僕を嫌いでも|ゴスペラーズの映画主題歌CD発売日は

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』のキャッチコピーは、の〝大好き〟をあきらめない。

そのことを体現するために作られた映画主題歌は、心を掴む歌声のゴスペラーズによる書き下ろしに決定しました。

太賀、吉田羊、演技派二人の競演を想像させるティザービジュアル解禁!

(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

スポンサーリンク

映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』の作品情報

【公開】
2018年(日本映画)

【原作】
歌川たいじ「母さんがどんなに僕を嫌いでも」KADOKAWA刊

【監督】
御法川修

【キャスト】
太賀、吉田羊、森崎ウィン、白石隼也、秋月三佳、小山春朋、斉藤陽一郎、おかやまはじめ、木野花

【主題歌】
ゴスペラーズ

映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』のあらすじ


©2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

タイジは小さい頃から大好きな母親の光子に愛されないまま、壮絶な家庭環境の中で育てられました。

耐えかねて17歳で家を飛び出し、一人で生きてきたタイジだったが、友人の言葉に動かされ、母親と向き合う覚悟をしました。

大人になっても自分を拒絶していた母親に歩み寄り、タイジは“母さんからの愛”を取り戻すために立ち向かっていきます…。

スポンサーリンク

映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』とは

若手俳優の中で注目集める太賀が主演を務め、今旬の実力派女優の吉田羊と共演することで話題となった『母さんがどんなに僕を嫌いでも』は、11月より全国公開されます。


原作:歌川たいじ KADOKAWA刊

本作の原作は、親や友達からも愛されたことがない青年が壮絶な過去を乗り越えて、母からの愛をつかみ取るまでの感動の実話『母さんがどんなに僕を嫌いでも』(原作:歌川たいじ/KADOKAWA刊)を映画化した作品です。

せつなくも、どこまでも温かい愛に包まれた物語は、多くの読者に支持さ瞬く間に話題作となりました。

愛に恵まれず屈折した母親に挑む息子タイジ役を太賀が演じ、また、吉田羊が裏の顔を持つ母親光子を見事に演じています。

共演には『レディ・プレイヤー1』で注目の森崎ウィン、白石隼也、秋月三佳に加え、木野花たちが脇をかためています。

また、本作の演出は、2012年に益田ミリ原作の漫画「すーちゃん」シリーズを映画化した『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』出会いられる御法川修監督が務めています。

参考映像:『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』(2012)

本作の映画主題歌はゴスペラーズ

本作の映画主題歌は、ゴスペラーズがこの作品のために書き下ろした新曲「Seven Seas Journey」が決定。

今回の作詩・作曲を担当した、ゴスペラーズのメンバー安岡優は、主題歌に込めた想いをこのように語っています。

「この映画には「愛されること」と「愛すること」、その両方が描かれています。主題歌には「ララバイ」であり「セレナーデ」である曲が必要でした。愛が受け継がれる歌、愛が捧げられる歌。そのどちらも感じてもらえたら嬉しいです」

「愛が受け継がれる歌、愛が捧げられる歌」として安岡優が書き下ろした主題歌は、7月4日にリリースされるニューシングル「In This Room」に収録されることも決定しました。

デビュー以来、老若男女の心をその歌声でつかみ続けているゴスペラーズが、映画にさらなる花を添えることは言うまでもありませんね。

【CDリリース】
ゴスペラーズ「In This Room」2018.7.4 発売。

【初回生産限定盤】
KSCL-3070~1 ¥1,400+税

【通常版】
KSCL-3072 ¥1,000+税

<収録楽曲>
・In This Room
・Seven Seas Journey ※『母さんがどんなに僕を嫌いでも』主題歌

スポンサーリンク

まとめ

本作『母さんがどんなに僕を嫌いでも』のキャッチコピー、「大好きをあきらめない」を演技で体現させた太賀は、闇を持つ母との関係を修復しようとしている息子タイジの秘めた闘志を演じきり。

それを受ける母光子役の吉田羊の初の母親役にも注目です。

そして、映画主題歌を歌うゴズペラーズが、“愛されることと愛すること”を、「ララバイ」であり「セレナーデ」とした楽曲で、「愛が受け継がれる歌と愛が捧げられる歌」に昇華させたのか。

ぜひ、映画主題歌にも注目したいですね。

映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』は2018年11月より全国公開。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『アウトサイダーズ』あらすじと感想。マイケル・ファスベンダーの演技力とは

映画『アウトサイダーズ』は、2018年2月10日(土)より、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにて全国順次公開! トラヴェラーズコミュニティの長であるコルビーは、絶対的な権力でカトラー・ファミリーを …

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ感想】検察側の罪人の結末はキムタクとニノの演技力で考察をするな。橘の真相は愛ではない⁈

映画の原作は雫井脩介の『検察側の罪人』という同題ベストセラーで、演出は『関ケ原』や『日本のいちばん長い日』など、スケール感のある作風で定評の原田眞人監督。 本作は往年の邦画や上質な洋画を観ているような …

ヒューマンドラマ映画

映画『サンダーロード』あらすじと感想レビュー。ジムカミングス監督が主演を務めた短編(サンダンス映画祭グランプリ)を長編作品へと昇華!

映画『サンダーロード』は2020年6月19日(金)から新宿武蔵野館ほか全国ロードショー予定。 家庭も崩壊し、仕事ではトラブル続きの警察官ジム・アルノーが、母親の葬式で踊りを披露した事で、新たなトラブル …

ヒューマンドラマ映画

『ミナリ』映画内容解説。キャストのスティーヴン・ユァンの演技力が韓国移民の誇りとアメリカンドリームの間で揺れるアイデンティティを体現する

アメリカ南部を舞台に韓国出身の移民一家を描く映画『ミナリ』。 2021年3月19日(金)より公開の映画『ミナリ』が映し出すのは、アーカンソー州に越してきた韓国出身の移民一家。 アメリカの大地で災難に見 …

ヒューマンドラマ映画

感動と涙のおすすめ映画『ミッドナイトスワン』【ネタバレあり】結末ラストこそ、日々の生活で生きづらさを感じた人に見て欲しい!

朝がくれば白鳥に戻ってしまう。 呪いをかけられた悲しいお姫様たちの物語。 トランスジェンダーで女性として生きる凪沙(なぎさ)と、母親に育児放棄された少女一果(いちか)の、血のつながりを超えた親子愛を描 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学