Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ】アフターサン aftersun|あらすじ結末感想と評価考察。シャーロットウェルズ監督が描く父娘のひと夏の休暇が意味するものとは?

  • Writer :
  • 星野しげみ

20年前の夏の思い出から新たな父親像が浮かびあがる『aftersun/アフターサン』

過ぎ去った子供の頃。父親と2人で過ごした夏休みを、20年後にその時の父親と同じ年齢になった娘の視点から綴った『aftersun/アフターサン』。その当時は知らなかった父親の新たな一面を見いだしていく姿を描いたヒューマンドラマです。

11歳の夏休み、思春期真っ只中のソフィは、離れて暮らす31歳の父親カラムとともにトルコのひなびたリゾート地にやってきました。父親というには若いカラムと思春期真っ只中のソフィ。兄妹のように見える2人は、かけがえのない宝物のような濃密なひと夏を過ごします。

監督・脚本を務めるのは、長編デビューとなる新星シャーロット・ウェルズ。父親カラムにポール・メスカル、娘のソフィは新人フランキー・コリオが演じます。

シャーロット・ウェルズがエモーショナルに描き出す、大切な人との大切な記憶、ひと夏の宝物。それはどんなものだったのでしょうか。

映画『aftersun/アフターサン』の結末をネタバレあらすじ有でご紹介します。

映画『aftersun/アフターサン』の作品情報


(C)Turkish Riviera Run Club Limited, British Broadcasting Corporation, The British Film Institute & Tango 2022

【日本公開】
2023年(アメリカ映画)

【原題】
Aftersun

【監督・脚本】
シャーロット・ウェルズ

【製作】
アデル・ロマンスキー エイミー・ジャクソン バリー・ジェンキンス マーク・セリアク

【製作総指揮】
エバ・イェーツ リジー・フランク キーラン・ハニガン ティム・ヘディントン リア・ブーマン

【撮影】
グレゴリー・オーク

【キャスト】
ポール・メスカル、フランキー・コリオ、セリア・ローソン=ホール

【作品概要】
『aftersun/アフターサン』の監督はこれが長編デビューとなる、スコットランド出身の新星シャーロット・ウェルズで、脚本も手がけました。

愛情深い父親カラムを演じるのは、テレビドラマ『ノーマル・ピープル』(2020)でブレイクしたポール・メスカルで、本作で第95回アカデミー主演男優賞にノミネートされました。娘のソフィは、オーディションで選ばれた新人フランキー・コリオが演じています。

映画『aftersun/アフターサン』のあらすじとネタバレ


(C)Turkish Riviera Run Club Limited, British Broadcasting Corporation, The British Film Institute & Tango 2022

11歳の夏休み。普段は別々に暮らしている父のカラムとトルコのリゾート地を訪れたソフィは、あと2日で31歳になるカラムにビデオカメラを向け、問いかけました。

「11才の頃、30才になったら何をしていると思ってた?」。答えられないカラム。

ソフィの夏休みに合わせて休暇を取ったカラム。2人で辿り着いたリゾート施設には、予約したはずのツインベッドの部屋ではなく、クイーンサイズのベッドのみが置かれた狭い部屋が用意されていました。

ソフィにクイーンサイズのベッドを譲り、仕方なく簡易ベッドに寝ることになったカラムは、ソフィが眠りについたあと、バルコニーでひとりタバコを吸い、闇の中で踊ります。

ソフィの兄と間違えられるほどに若く見えるカラムは、娘思いの優しい父親でした。この旅行のために最新の家庭用ビデオカメラを入手し、ソフィの姿を映します。

プールサイドでは、ソフィの背中に入念に日焼け止めを塗り、タバコは体に悪いと切々と語り、太極拳の護身術をソフィに教えます。

母親との暮らし、学校生活についての話をしながら、かけがえのない親密な時間を過ごす2人。ですが、カラムは、骨折したという腕にハメたギブスを取り外す時など、決して楽ではない人生を生きるカラムの苦悩が衝撃的に顔をのぞかせます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『aftersun/アフターサン』ネタバレ・結末の記載がございます。『aftersun/アフターサン』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ださい。

(C)Turkish Riviera Run Club Limited, British Broadcasting Corporation, The British Film Institute & Tango 2022

カラムとソフィは、滞在中に現地のハイティーンの少年たちと顔見知りになりました。カラムの許しを得て、彼らの遊びに参加したソフィ。

彼らがお酒を飲んで騒いだり、キスをしあったりする姿に興味津々です。11歳という思春期真っ只中にいるソフィは、そんな彼らからも刺激を受け、ディナーを食べにある会場へ行ったときに、ちょっとした自立心と反抗心から、些細なことでカラムと口喧嘩をしてしまいます。

「先に帰っている」とカラムに言われ、「まだ居る」とソフィは言い、別行動をとってしまいます。少し道に迷ってしまったソフィとばったり出会ったのは、同じリゾート施設のゲームコーナーで一緒にオートバイゲームをした少年でした。

彼としばらく一緒に過ごした後、ソフィが施設になんとか辿り着くと、部屋のドアは鍵がかけられたままでした。

仕方なく、ソフィはリゾート施設のフロントのソファーで寝てしまいます。夜中、ソフィに気が付いた施設のスタッフが部屋の鍵を持って、ソフィの部屋まで送ってくれました。

部屋の中には、大きなベッドで眠り込んでいるカラムの姿がありました。ソフィはそっと彼に毛布をかけ、自分も横の簡易ベッドで眠りました。

次の日、バスツアーを申し込んでいた2人は、フロントのモーニングコールで目を覚まします。夏の休暇もあと少し。2人はバスツアーに参加して残りの休日を楽しむつもりでした。

昨夜のことを謝るカラムにソフィは大丈夫と笑います。海を見下ろす丘の上でカラムとソフィは太極拳の型を一緒にやり、今日がカラムの誕生日だからと、カラムに内緒で他の参加者に一緒に歌ってくれるように頼み、カラムの好きな歌を皆で大合唱しました。

そして楽しかった休暇が終わります。飛行場まで送ってくれたカラムに、ソフィは搭乗口に向かいながらも、名残惜しそうにいつまでも笑顔を向けていました。

あれから20年。ひと夏のカラムとの思い出を鮮明に噛みしめる、大人になったソフィがいます。

再び、20年前の空港。ソフィを見送るカラムが、ドアの向こうに去っていきました。

映画『aftersun/アフターサン』の感想と評価


(C)Turkish Riviera Run Club Limited, British Broadcasting Corporation, The British Film Institute & Tango 2022

父と娘のひと夏の記憶

別れて暮らす父と過ごしたひと夏の思い出をエモーショナルに描いた『aftersun/アフターサン』。父親カラムは31歳。娘ソフィは11歳。カラムは若く見えるため、年の離れた兄妹と言っても通じるほどの年恰好です。

カラムの職業や娘と別れて暮らす理由などは一切語られていませんが、大人になったソフィがビデオカメラを見て、当時を回想する形で物語は進みます。

カラムはソフィが可愛くて仕方がありません。時間を決めて日焼け止めクリームを体に塗ってやります。眠りにつくソフィの顔を愛おしそうになぜます。ソフィを見つめるカラムの何とも言えない優しさを秘めた瞳がとても印象的です。

一方のソフィも、普段会えない父に彼女なりのユーモアを持って愛情表現しています。プールサイドで、海の上のゴムボードで、隣り合ったバスの席で……。父娘は手を重ね、抱き合って、お互いの絆を確かめます。

「たとえば、空を見上げて太陽が見えたら、パパも太陽を見ていると思える。同じ場所にいないし、離れ離れだけど、そばにいるのと同じ」

カラムは決して今の暮らしが裕福と言えません。この旅行も無理をしているのではないかと推測されますが、ソフィの言葉が彼を癒していたのは間違いないでしょう。

ですが、大人になったソフィは回想していくうちに、あの時、父がどんな思いでいたのかと気が付きます。戻れない過去に一抹の後悔がにじみます

カラムが扉の向こうに消えるラストも、観客にカラムとソフィの関係はどうなったのかと深い余韻を残していました。

言葉でなく感情で演じる


(C)Turkish Riviera Run Club Limited, British Broadcasting Corporation, The British Film Institute & Tango 2022

父親カラムを演じるのは、ポール・メスカル。彼の持つおおらかな人を惹きつける演技と相反する繊細な感情表現で、カラムの抱える悩みや苦しみも描き出します

また、娘の11歳のソフィは、オーディションを勝ち抜いた新人のフランキー・コリオが演じました。少女から女性へと変化する感情を器用に表現しています。

父親への付かず離れずの距離感を持った甘酸っぱい想い。大人の世界を垣間見て芽生える好奇心思春期の少女ならではの複雑な心理を自然体で演じているフランキー・コリオの今後がとても楽しみです。

本作の脚本・監督は長編デビューのシャーロット・ウェルズです。編集の参考となったのは、彼女が好きな小津安二郎の作品だと言います。リゾート地では毎日がほとんど同じことの繰り返しだから、小津が毎日の繰り返しをどのように描いていたのかを研究したのだそうです。

そして、完成したのは、言葉少なく演出も必要最小限まで省略した本作

観る人によって受ける映画の余韻はそれぞれ違うでしょうが、映画のワンシーンから切り取ったようなソフィの記憶から、忘れていた自分の大切な人との貴重な時間も思い出すことでしょう

まとめ


(C)Turkish Riviera Run Club Limited, British Broadcasting Corporation, The British Film Institute & Tango 2022

11歳のソフィが父親とふたりきりで過ごした夏休みを、その20年後、父親と同じ年齢になった彼女の視点で綴る『aftersun/アフターサン』。

真夏のリゾート地で、何もかもが太陽のように輝いて見える11歳のソフィアと、人生半ばにさしかかり独りで暮らす31歳の孤独な父・カラムが休暇を過ごします。

楽しいはずの休暇に時々起る不穏なカラムの行動。その背景は一切語られていません。そして、大人になったソフィの映像がときおり差し込まれ、無言の解説がされています。

監督が目指すという「多くを語らず、スペースを空けて観客に歩み寄ってもらう作風」に充分かなった作品でした。

クイーン&デヴッド・ボーイ『アンダー・プレッシャー』、ブラー『テンダー』、クイーンの『アンダープレッシャー』などのヒットソングも盛り込まれ、90年代へのタイムスリップも堪能!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

原田美枝子映画『愛を乞うひと』ネタバレあらすじと感想。演技派女優が可能にさせた対照的な性格の母親二役

傷みを伴う過去と、自分の知らない事実と向き合う映画『愛を乞うひと』 幼い時に台湾人で優しい父親を病気で亡くし、その後実母から凄惨な虐待を受けた少女が17歳になったとき、惨めで壮絶な暮らしと母親を捨てて …

ヒューマンドラマ映画

映画BPM ビート・パー・ミニットのあらすじとキャスト。カンヌグランプリ作品とは

実話から生まれた、魂を激しく揺さぶる鮮烈な愛と人生の物語! ロバン・カンピヨが監督・脚本を手がけた『BPM ビート・パー・ミニット』が、3月24日より公開されます。 CONTENTS1.映画『BPM …

ヒューマンドラマ映画

『愚か者のブルース』あらすじ感想と評価解説。広島最後のストリップ劇場「広島第一劇場」第3弾完結編を加藤雅也と横山雄二の再タッグで魅せる

映画『愚か者のブルース』は2022年11月18日(金)より全国ロードショー! 広島で絶大な人気を誇るアナウンサー、横山雄二が描いた「ストリップ三部作」の完結編『愚か者のブルース』。 広島最後のストリッ …

ヒューマンドラマ映画

A24映画『カモン カモン』あらすじ感想評価と考察解説。ホアキンフェニックスは監督の実経験を基に子育てが気付かせる“絆”を表現

映画『カモン カモン』は2022年4月22日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国ロードショー! NYでひとり生活するラジオジャーナリストのジョニーは、LAに住む妹から頼まれて、9歳の甥ジェシ …

ヒューマンドラマ映画

映画『世界一不幸せなボクの初恋』ネタバレあらすじ結末と感想評価。実話からマーティン・フリーマンが幸せを感じると倒れてしまう男の初恋を演じる

映画『世界一不幸せなボクの初恋』をご紹介 『世界一不幸せなボクの初恋』は幸せを感じると倒れてしまう症状を持つ男性を描いたラブコメディ映画。 主演は人気ドラマシリーズ「シャーロック」のマーティン・フリー …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学