Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/09/27
Update

映画『人魚の眠る家』あらすじとキャスト。東野圭吾原作に篠原涼子が挑戦

  • Writer :
  • 石井夏子

11月16日の全国公開に先駆け、東京国際映画祭GALAスクリーニング作品として先行上映される超大作人魚の眠る家』

篠原涼子の、かつて見せた事がない狂気の演技でも話題になっています。

発売から1か月で発行部数27万部を記録した東野圭吾のベストセラー小説を原作に、日本映画界の鬼才・堤幸彦がメガホンを取り、篠原涼子と西島秀俊が夫婦役で映画初共演を果たしたヒューマンミステリー。

スポンサーリンク

映画『人魚の眠る家』の作品情報

【公開】
2018年(日本映画)

【監督】
堤幸彦

【原作】
東野圭吾

【キャスト】
篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、山口紗弥加、田中哲司、田中泯、松坂慶子

【作品概要】
東野圭吾の作家デビュー30周年を記念して書かれた同名小説を、『SPEC』『明日の記憶』の堤幸彦監督が映画化。

愛する子供に訪れた“脳死”という悲劇に直面し、究極の選択を迫られた夫婦を、初共演の篠原涼子と西島秀俊が真に迫った演技で観客の心を震わせます。

西島秀俊演じる播磨が経営する会社の研究員として、人気俳優坂口健太郎。その恋人役には元AKB48川栄李奈。その他のキャストに田中泯、松坂慶子、山口紗弥加、田中哲司ら豪華実力派俳優陣が作品の説得力を際立たせます。

映画『人魚の眠る家』のあらすじ


(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会

2人の子どもを持つ播磨薫子(篠原良子)とIT機器メーカーを経営する夫・和昌(西島秀俊)は現在別居中。

娘瑞穂の小学校受験が終わったら離婚することになっていました。

そんなある日、瑞穂がプールで溺れ、意識不明の状態に陥ってしまいます。

回復の見込みがないと診断され、このまま生かし続けるか、死を選ぶか、究極の選択を迫られた播磨夫婦。

悩み抜いた末に、和昌の会社の最先端技術を駆使し前例のない延命治療を開始することにしました。

治療のおかげで、ただ眠っているかのような美しい姿を取り戻した瑞穂。

しかしその姿を見て、次第に薫子の行動は次第にエスカレートしていきますが…。

スポンサーリンク

誰も見たことがない篠原涼子


(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会

歌手活動や、コント番組の出演にもいつも全力投球だったデビュー当時の篠原涼子

年齢と経験を重ね、コメディ、シリアス、どちらも右に出るものは居ないという程の演技派女優へ華麗に転身しました。

『人魚の眠る家』では、過酷な運命に翻弄されながら、狂気ともいえる行動でわが子を守り抜こうとする母親を演じます。

自身も子供を持つ母親である篠原涼子は撮影開始前に、次のように語っていました。

「初めて原作を読んだときから、同世代の子どもを持つ親として自分だったらどう向き合うのか?薫子の様に強くなれるだろうか?なかなか答えの出ないテーマの作品だと、ずっと心の中に残っていました。」

また、先日解禁された予告編では、「瑞穂が死んでるなんて誰にも言わせない!」と叫ぶシーン、「人は2度は死なない」と娘に向かって包丁を振り上げるシーンなどが確認できます。

クライマックスでの演技は「こんな自分もいたのかと驚きを感じた」と篠原自身が仰るほど、鬼気迫っています。

誰も見たことのない狂気の篠原涼子。いち早く劇場でご覧下さい!

原作者東野圭吾も泣いた一級品の娯楽作品

人気・実力ともに日本を代表する作家、東野圭吾

数々の傑作を生み出し、実写映像化されてきた大ベストセラー作家です。

引き込ませるストーリー、魅力的な登場人物描写に定評があります。

実は東野圭吾、『人魚の眠る家』はその重たいテーマから、実写は敬遠されるだろうと考えていたそう。

しかし完成した映画を見て、その考えが覆される程感動したとのこと。その絶賛のコメントをお読み下さい!

「自分の愛する存在が、健やかに眠っているようにしか見えないのに、もう命はありませんと宣告されたらどう感じるか。そしてどうするか。単純そうで複雑なこの問題に向き合うことから、私の執筆作業は始まりました。

自分は受け入れられるだろうか、自分が受け入れられたとしても、受け入れられないという者たちがいたらどうすればいいのか。物語を進めれば進めるほどに次々と難問が立ちはだかります。

今回は、あらすじを立てて肉付けしていく、という書き方はできませんでした。

壁に当たるたびに立ち止まり、苦悶しました。書き上げた今も、何らかの答えに到達できたという自信はありません。ただし、エンタテイメント作家としての役割だけは果たせたのではないかと自負しておりました。

この物語を映画化したいという話を聞き、驚きました。拙作が映像化されることは多いのですが、この重たいテーマだけは敬遠されるだろうと予想していたからです。

映画を観て、自分の認識が間違っていたのだと気づきました。やはり映像のプロは違いました。プロの役者は違いました。描かれているテーマは重く、ドラマは深く、派手なアクションシーンはありません。しかし間違いなく一級品の娯楽作品になっていました。

私が密かに自負していた原作の「売り」を、見事に再現してもらっていました。原作者が泣いたらかっこ悪いという思いから懸命に涙は堪えましたが、皆さんは遠慮なく泣いてくださって結構です。」

原作者をここまで唸らせる実写映画は少ないんじゃないでしょうか。

東野圭吾が密かに自負していた原作の「売り」・・・これは気になりますね!

スポンサーリンク

まとめ


(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会

東野圭吾のベストセラー小説を原作とした映画『人魚の眠る家』

原作者である東野圭吾が絶賛する、衝撃と感動の超大作に仕上がりました。

堤幸彦監督の手腕で、篠原涼子が女優として更なる飛躍を遂げたのも見どころのひとつです。

これは執念なのか、欲望なのか、それとも“愛”なのか…

愛するわが子を思う薫子の魂の叫び、ぜひ劇場で体感して下さい



関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ちいさな独裁者』あらすじネタバレと感想。ラストまで実話の出世物語として描き同調した観客の本心の姿とは⁈

映画『ちいさな独裁者』は、偶然にもナチス将校の軍服を手に入れた名もなき一兵卒が、瞬く間にヒトラーをも想起させる怪物という“独裁者”になり、変貌を遂げていく姿を描き出した実話映画です。 『RED レッド …

ヒューマンドラマ映画

映画『summer of 85』あらすじ感想と解説評価。フランソワ・オゾン最新作は80年代の楽曲にのせて“少年のひと夏の初恋”を描く

映画『summer of 85』は2021年8月20日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ、グランドシネマサンシャイン池袋ほか全国順次ロードショー。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『たまゆらのマリ子』感想レビュー。瀬川浩志監督がオリジナル脚本で挑む現代社会に潜んだ日常

友人や夫に裏切られた主婦、マリ子の暴走を描いた人間ドラマ『たまゆらのマリ子』。 普通に生きる事を強要されているとも言える、現代の日本において、誰もが抱える不満やストレス、隠し持った本音の危うさを、鋭い …

ヒューマンドラマ映画

映画『滑走路』あらすじ/キャスト/公開日。原作の歌集を大庭功睦が人生賛歌として紡ぎあげる!

夭折の歌人、遺作となった唯一の歌集が完全映画化。 夭折の歌人・萩原慎一郎の遺作となった「歌集 滑走路」。 「歌集 滑走路」を原作とした映画『滑走路』の公開日が2020年11月20日(金)に決定しました …

ヒューマンドラマ映画

映画『検察側の罪人』のあらすじとキャスト。原作の雫井脩介の魅力とは

2018年8月24日(金)よりロードショーされる映画『検察側の罪人』。 『犯人に告ぐ』『火の粉』の雫井修介原作同名小説がついに映画化。 元SMAPの木村拓哉と嵐の二宮和也の共演が話題となった作品がつい …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学